テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月16日(木)は、加藤諦三&中川潤。婚姻15年の息子夫婦、結婚当初からイザコザが絶えず。子供を授かっても9年前に3週間程、別居状態になる。ほぼ反省文の和解案を息子が書いて一旦収まるも、息子が離婚を決意。中2の孫娘はパパに付いて行くと言ったが、嫁は離婚する気はなさそうだし親権を手放すとも思えない。心理的乳離れが出来ていないマザコン息子と嫁姑問題で親権はどうなる?
加藤諦三氏の〆の言葉『カラスは白いと言えば、問題は複雑になります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:64歳女性 夫66歳 子供二人 長男40歳 長女37歳 長男(結婚して15年)の子供二人 (中2女の子・小5男の子)

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、こんにちは。(相談者)
はい。(加藤諦三)
お世話になります。(相談者)

最初に・・(加藤諦三)
え・・(相談者)
年齢、教えてください。(加藤諦三)

はい、わたくし64歳です。(相談者)
64歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ぇ、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
66歳です。(相談者)
66歳・・お子さんは?(加藤諦三)

上が男の子で長男が、40歳です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、下が37歳で・・女の子です。(相談者)

はい・・わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

息子夫婦のイザコザ

えっと、息子夫婦のことで・・ご相談なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

結婚当初から、ちょっとあのぅ・・(相談者)

ぃ、いざこざが絶えないで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ただ、子供が・・もう、すぐに授かったものですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、あのぅ・・わたくし共も、なるべく・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・仲良くやっていただきたい・・っていうことで・・(相談者)

ずっと、見守ってまいりました。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたにとってお孫さん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
このぅ・・息子さんにとっての・・お子さんって、何歳?(加藤諦三)

今、中2で、女の子です、上が。(相談者)
中2の女の子・・(加藤諦三)

はい、で、下の子が、小5で男の子です。(相談者)
小5の男の子・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
いざこざ・・しつつ・・15年間、一緒にいたってこと?(加藤諦三)

はぁい・・まぁ・・一度・・ですから、お嫁さんの方から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
9年前ですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、別れたいですっていうふうなことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたくしの所に、メールが来まして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それであのぅ、どういう状態なのか、伺ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、お嫁さんは・・あのぅ、孫が産まれて・・(相談者)

いろいろと、育児とか、家事とかの、手伝いをしない・・っていうことで・・(相談者)

手伝ってもらいたい・・っていうふうなことで、別れたい・・って・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
いうことを言われまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ええ、で、いろいろ・・説得したりして・・(相談者)

やったんですけれど・・(相談者)

はい、それで息子も・・一度・・(相談者)

うちの実家の方に、戻ってきまして・・(相談者)

ということは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
別居の期間があったっていうことですね?(加藤諦三)
ええ、そうです。(相談者)
ハイ。(加藤諦三)
3週間ぐらいなんですけれど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、それで、お嫁さんの方も・・(相談者)

間に入ってくれる人がいて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その人を・・ちょっと・・介しまして、それでまぁ、一応、和解案みたいな形で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

息子があの、はい・・(相談者)

和解案を書いて、持って行って、一応・・また家に戻ったっていう状態なんですね、9年前頃に。(相談者)

・・

あの、和解案まで、そんな、紙に書くっていうのは、いったい・・ぉ・・おおよそ、どんなこと書いたんですか?(加藤諦三)

スゥ・・えっと、はん・・反省文って言うんですか?(相談者)

反省文?(加藤諦三)
息子が・・あの、これから・・(相談者)

家の事とか・・子供の面倒みるとか、そういうことだったと思うんですけど・・まぁ・・一応、ちょっと・・(相談者)
あ、あなたまだ、よん・・それは、読んでないわけね?(加藤諦三)

ええ、わたしは見てないです。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ウーン・・(加藤諦三)
それを書いて、まぁ、一応・・また、家に戻りました。(相談者)

功を奏さない

それでぇ、えっと・・(相談者)

その後も、ま、いろいろと・・あはっ・・あのぅ・・ちょっと、お嫁さんが、また喧嘩なんかすると、口きかないっていう状態が・・(相談者)

えーっと、お互いに、ずーっと平行線みたいな形で・・(相談者)
ソウカ・・(加藤諦三)
1ヶ月でも2ヶ月でも続くっていうふうな・・事だった・・こともあったみたいです。(相談者)
それは・・そうでしょうね、だって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

結婚で、和解案で、これから、手・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
手伝いますっていう・・(加藤諦三)

紙だして、また、一緒に生活するなんて・・(加藤諦三)

・・

いざこざの原因は・・まったく、解・・あの本質は、解決されてませんもんねぇ。(加藤諦三)

ええ、そうですねぇ。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
はい、おっしゃる通りだと思います。(相談者)

まぁ、続きますわぁ・・(加藤諦三)
それで、およ・・お嫁さんも・・長女の方、産んだ時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えっと、実家に里帰りしまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はい、向こうの・・あの、親御さんも、二ヵ月ぐらいは、みてくださるっていう、お話だったんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はい、それが、1週間で・・あのもう、赤ちゃんの泣き声が、五月蠅いっていうことで・・(相談者)

帰ってきました。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
はい、それ、それ以来、全然・・(相談者)
ということは、なに?(加藤諦三)
ええ。(相談者)
向こうの・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
実家も・・(加藤諦三)

ええ・・行ったり来たりして・・はい。(相談者)
それほど歓迎しなかったってこと?(加藤諦三)

はい、もう全然あの・・行ったり来たりしておりません、それ以来。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

ですから、いろいろな意味で・・あのぅ、わたくし共が、あのまぁ・・(相談者)

お嫁さんの実家とは、行き来してないので、こちらが、フォローするっていう形で・・(相談者)

はい、何かにつけては・・あの、孫達を・・今、あの大きくなってきましたけれども・・あの、小さい時からずっと・・(相談者)

あの、週末は、いっつも迎えに行って、孫だけ連れてきて・・(相談者)

ちょっと、フォローして・・きたっていうような、状態ですねぇ。(相談者)

ええ。(相談者)
で、その目的は・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

あのぅ・・なるべく、仲良くして欲しいっていうこと・・(相談者)

あ、そういう意味ですか。(加藤諦三)
が、常にありました。(相談者)

だけどそれぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
功を奏さなかったでしょう?(加藤諦三)

・・

・・

ええ、そうですねぇ・・はぁい・・(相談者)

孫の親権

でぇ・・(加藤諦三)

今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
まぁ、とにかく、それでも・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

子供が二人・・(加藤諦三)

親権が・・あのぅ、やっぱり・・どうなるのか?っていうことが、一番・・(相談者)
あっ・・親権が、どうなるのか?・・っていうことは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

離婚をもう既に、考えてるってことですね?(加藤諦三)

ええ、わたくし共も、そういうふうに・・あのもぅ・・主人も、仕方ないかな・・っていうふうなことなんですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

息子の方は・・(加藤諦三)
考えております。(相談者)
り・・それで、そん時に・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

親権がどうなるとか・・要するに、親権は、息子さんはもちろん・・欲しいっていうことですよねぇ?(加藤諦三)

ええ、そうですねぇ・・(相談者)

わかりました・・(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)
今日は、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク