テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月13日(木)は、加藤諦三&中川潤。里帰り中に家に19歳の女を連れ込んで不倫していた夫。口紅のついたペットボトルや夫の会社同僚女性からのLINEで発覚。女から慰謝料をとるも、夫は開き直り逆ギレ実家に戻る。姑が出てきて口を挟み、嘘の情報を流し、鵜呑みにした夫。離婚問題に発展する。2歳と0歳の子を抱え、離婚すべきかどうか悩む相談者。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:28歳女性 夫27歳 長男2歳 長女0歳

加藤諦三氏の〆の言葉『子供にとって最も望ましいのは、両親が仲良いこと。次は別れる事。子供にとって最悪は、不和な両親です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

28歳の女性から、夫は27歳、子供は2人で、上が男の子の2歳、下が女の子の0歳です。

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

里帰り出産中に夫が不倫

旦那さんと、離婚をするべきなのか?・・迷っています。(相談者)
あぁ・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、恋愛結婚?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

ん、でぇ、恋愛期間、どれぐらいあったの?(加藤諦三)
7年です。(相談者)
あっ、随分、長かったんですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

7年間、恋愛していて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ん、で、結婚して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ん、何年ぐらい経つんですか?(加藤諦三)

3年です。(相談者)

3年で・・上手くいかなくな・・ま、結婚してすぐ、上手くいかなくなりだしたの?(加藤諦三)

えっと、半年前に、急に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
えっと・・わたしが下の子を・・産んだ後ですね・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

里帰り中に・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

旦那さんの方に、女の方ができてしまって・・(相談者)

・・ああ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
女性が、できたっていうのは、具体的にもう、その女性・・との恋愛関係ってのは・・もう、成立して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
別れるの、別れないのって話しになってるわけ?(加藤諦三)

はい、あの、慰謝料を、いただきました。(相談者)

・・・

あっ・・(加藤諦三)

・・・

もう、もう、そうすると・・形式的にはもう、その女性との、関係は、終わってるということですね、ご主人は?(加藤諦三)
(後ろで赤ちゃんの声)

終わってると、思うんですけど、そこはわかりません。(相談者)
わからない?(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけどまぁ、形式的には、慰謝料とったということで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まあ・・(加藤諦三)

本人は、一応、別れるというふうに、言ってるわけ?(加藤諦三)
はい、そうは言っていました。(相談者)
(赤ちゃん、グズってます)

ん、言ってたけれども、どうも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
怪しいの?・・会ってるかもしれないということ?(加藤諦三)

その後に、えっと、旦那さんの、お義母さんが入ってきて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
で、その・・そこから話が、ややこしくなって・・(相談者)

はぁい(やっぱりかって感じで)。(加藤諦三)
離婚・・ってことに、なってます。(相談者)

この、ご主人のお義母さんが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、離婚しなさいってこと?(加藤諦三)

はい。(相談者)
と、言ってるの?(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

で、あなたとしては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚したいの?(加藤諦三)

わたしとしては、できれば、子供もまだ、小っちゃくて、すごく・・なついているので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・どう、どうにかして・・旦那さんを、呼び止めて・・(相談者)
(赤ちゃん、グズってます)
この関係を続けたいなと、思ってるんですけども。(相談者)

女を家に連れ込む

義理のお母さんは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚を望んでる、あなたは、離婚を望んでいない・・肝心な、ご主人はどうなんですか?(加藤諦三)

主人は・・あの、お義母さんが・・あること、ないことを吹き込んでいて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

それを信じてしまって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

で、誤解をしたままで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
離婚をしたいっていうふうに・・(相談者)

あ、ご主人の方も、離婚したい・・ということですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ん、で・・結婚前に、7年、恋愛期間があったわけですけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

女性関係は、常にあったわけ?(加藤諦三)

は、ないです。(相談者)
なかったの?(加藤諦三)

はい。(相談者)

この恋愛期間中は?(加藤諦三)

恋愛期間中はないです。(相談者)

・・・

でぇ・・(加藤諦三)

結婚後・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ、あなたが、里帰りしてる時に、女性ができたっていうのは・・これは、初めての女性問題?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

あの、年齢は、相手の女性は・・いくつですか?(加藤諦三)
・・19歳です。(相談者)

19歳(驚く)!?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、なんで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
わかったんですか、それが、あなたが里帰りしてる時に、こういことがっていうのは?(加藤諦三)
はい。(相談者)

里帰り・・から・・家に帰った時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ペットボ・・ぁ、口紅のついた、ペットボトルが・・ぁ、家に置いてあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、そこから、怪しいな?って思って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、旦那さんを、問い詰めたんですけども・・(相談者)

産んでる時に、ま、旦那さんが、来てるっていうことと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと、同じ・・日に、あの会社の・・女性の方から・・仲良くしてる女性の方から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

旦那さんの会社のですね・・から、あのぅ・・LINEをいただいて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

たぶん、この方と、不倫をしてるかもしれませんという・・あのぅ・・LINEをいただいて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうところで・・発覚しました。(相談者)

あのぅ、絶えず女性がいないと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もたない男性・・なんでしょうね。(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
で、あなたからすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

要するに、自分の家に、その女性を・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

呼び込んだっていうのは、結局、許せない・・(加藤諦三)

ですね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ。(相談者)

・・・

あなたが居ない間に、あなたの本拠地である・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そこの家に、その女性が来てるわけでしょ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

(赤ちゃんの声・・)

発覚後に別居

そいで、あなた・・が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

それでも、離婚したくないっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

上の子が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

すごく、お父さん子で・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ぁ、急に、本当にその・・えっと・・不倫が発覚するまで、すごく仲良い家族だ・・(相談者)

(たぶん、赤ちゃんがなんかやった)

うん。(加藤諦三)
急に、お父さんがいなくなってしまって・・(相談者)

すごく・・(相談者)
ん、急にお父さんがいなくなってしまった・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ということは、別居してるっていうこと?(加藤諦三)
・・そうです。(相談者)

で、別居はいつからですか?(加藤諦三)

半年前です。(相談者)

半年前から別居・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

ふーん・・(加藤諦三)

それで、じゃあもう、別居期間中は、この・・あなたのご主人が、なにをしてるかは、ちょっとわからないね?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

それで、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

ま、こういう関係の中で、夫はもう既に、離婚したいと言っている。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは、離婚したくない。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

(ねぇ、ねぇ、と赤ちゃんをあやす声がかすかに入る)
でぇ・・どうしたら・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚を防げるか?・・っていうこと?(加藤諦三)

・・・

もう・・離婚をした方がいいのか?(相談者)

それとも・・(相談者)

なんて言うんですかね・・(相談者)

離婚を、もうして、このまま強く・・こ、ふた、子供二人を、わたしが育てた方が・・子供のためなのか、ど・・(相談者)

どうなのか?っていうの・・はい。(相談者)
ああ、そういうことですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
離婚・・離婚したくないという気持ちはあるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚した方がいいのか?(加藤諦三)

はい。(相談者)
離婚をしない方がいいのか?って、相談っていうのは、そちらですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

どうしたら、離婚しない・・(加藤諦三)

・・・

離婚しない方法は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ありますか?という、相談ではないんですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日は、スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
弁護士の中川潤先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと、思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク