テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月11日(月)4ヵ月ほど前から、美容室で働き始めた妻。仕事は日中だが、閉店後に練習と称し、夫の帰宅後に出掛けて行く。週の半分、3~4日は、4時か5時といった朝帰り。証拠はないが、妻の浮気を疑う夫。夫自身も、頻度は違うが、帰宅が午前様になることもあり、話し合いをすると、その話しを持ち出して平行線。離婚も考え、親権も取りたいというが、現実逃避している、覚悟しろと指摘される。
加藤諦三氏の〆の言葉『外化の結果、人間はどうなるか?虚無感と依存心の増大です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:36歳男性 妻36歳(4ヵ月前から美容室で働き始める) 娘6歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です(加藤先生、声がかすれる)。(加藤諦三)

あ・・すいません、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を、教えてください。(加藤諦三)

え・・36歳です。(相談者)
36歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

してます。(相談者)
奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・同じ、36です。(相談者)
36歳・・お子さんは?(加藤諦三)

え・・6歳の娘が・・一人、今、おります。(相談者)
はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

妻の朝帰り

はい、えーっとですね・・妻・・が・・(相談者)
・・・
え・・最近・・(相談者)

ま、帰りが遅くてですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、不倫をしていると・・いうような・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
節が、あるので・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)

あと、確証はないんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、ちょっとそういうところも・・ま、今後の人生含めて・・(相談者)

あのぅ、相談したいなと思いまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると・・まあ・・(加藤諦三)

そう思って見出すと、そう思えてくるという事はたくさんあるんですけれども・・(加藤諦三)
うん、はい。(相談者)
例えば、どんなことですか?(加藤諦三)

スゥ・・あのぅ・・ま、帰りが遅くて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)
奥さん、それ・・働いてるの?(加藤諦三)

4ヶ月前ぐらいから、働きだしたんですけれども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ、美容・・業界で働きだし始めまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

スゥ・・まあ・・は、働いてるのは、日中なんですが・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ま、夜・・(相談者)
・・
そのぅ・・閉店後に、練習に行くとか・・(相談者)

ああ、なるほどね、はい。(加藤諦三)
そういったことが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
多々ありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

練習が、終わって・・同僚と・・(相談者)

こう、食事に行ったりするみたいなんですけど・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ま、その帰りが・・あのぅ・・(相談者)

最初は、1時、2時・・(相談者)

だったものが、今は・・(相談者)

週、3~4で・・(相談者)

朝・・4時、5時に帰って来るっていうような・・状況が続いてまして・・(相談者)

朝の4時、5時・・って・・いうのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ほとんど、泊まりみたいなもんだねぇ。(加藤諦三)

まあ、そうですねぇ・・(相談者)
で、それがなに?・・週、3日、4日?(加藤諦三)

週、3日、4日ですね、はい。(相談者)

・・・

・・・

これはあなたがさっき・・証拠が何にもないけどって、おっしゃったけども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

証拠はないけど、やっぱり・・(加藤諦三)

普通の生活としては、異常ですよね。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
だって、6歳のお子さんが、いるわけでしょう?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

やっぱり・・(加藤諦三)

・・

生活の・・しかたとして、異常ですよね。(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
・・
まぁ・・(相談者)
それで、そのぅ・・帰りの・・が、こういうふうに異常だ・・っていう以外に、なんか・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

なんか、これもおかしいなぁ・・ってことって、他にないの?(加藤諦三)

矛先

あのぅ・・(相談者)

・・

一度・・(相談者)

妻の・・(相談者)

鞄を・・(相談者)

見たことが、あってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、その時に・・あのぅ・・誕生日も近かったせいか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

鞄の中に・・(相談者)

腕時計が入っていたんですけど・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

スゥ・・その腕時計を見たときに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、まぁ、自分の誕生日の物かなと思って、そこの場では、そぅ・・そっとしておいたんですが・・(相談者)

なるほど。(加藤諦三)

後日・・(相談者)

まぁ、欲しい物がある・・っていうことを、打ち明けられた時に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

・・・

・・・

その時計を、こう・・(相談者)

・・・

み・・見せてきたんですね。(相談者)

あのぅ・・携帯で。(相談者)

はい。(加藤諦三)
スゥ・・(相談者)

でもう、そん時には・・自分はもう・・(相談者)

持ってるのに、そう言ってくるって事は・・(相談者)

誰かに・・もらった物を・・(相談者)

自分で買えば・・(相談者)

・・

そぅ・・常に、身に付けてられる物・・として・・(相談者)
・・
扱えるのかな・・っていうような、感じで僕は、解釈をしたんで・・(相談者)
あぁ・・はぁ・・(加藤諦三)

なるほどねぇ・・(加藤諦三)

ま、そん時に、自分は、逆上してしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

あのぅ・・「もう、持ってんじゃねぇか」と・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
あの鞄の・・中にある物は、何だ?みたいな話には、なったんですけど・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
まあ・・(相談者)

・・・

なぜかそのぅ・・向こうが・・怒る矛先が・・(相談者)

鞄の中を見たことに対してものすごく・・(相談者)

逆上し出して・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

それって、なぁに?(加藤諦三)

・・・

もともとの・・(加藤諦三)

はい?(相談者)

喧嘩の原因は・・この腕時計を・・持ってたことなんだけど・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もともとの原因が・・なんか、争いが変わって来ちゃったわけね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
鞄の中、見たでしょう?・・っていうのにねぇ。(加藤諦三)
そうですね、まあ・・(相談者)

最初はその、帰りが遅いことを・・に、対して・・(相談者)

ちょっ・・あのぅ・・少しずつ、注意はしてたんですよ・・(相談者)
ぅ・・(加藤諦三)
「何時だと、思ってるんだ?」・・と。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

まぁ、そういったものが、あんまり改善されないまま・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
そういうことが出てきたので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

より、こう、溝が深まると言いますか・・(相談者)
・・
うーーん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

それで、今の状態は、どうなってるの?これは、あなた、証拠はないけれども、不倫だって言ってるけど・・(加藤諦三)

まあ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
常識的にはなんか、不倫ですよねぇ・・(加藤諦三)

そうですね、まぁ、今の状態でも、週、3~4は・・(相談者)

当然、夜・・自分が、仕事終わり・・でぇ・・家に、戻・・ったら・・(相談者)

出て行くような感じ・・(相談者)

ですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

離婚も視野に

それで・・(加藤諦三)

そうすると・・(加藤諦三)

あなたの生活・・そ・・そのものは、どうなってるの?(加藤諦三)

あの・・夜ご飯は、一緒に食べないわけね、もう?(加藤諦三)

あ、そうですね。(相談者)
食べてないことが・・多いわけね?(加藤諦三)

ほぼ、食べてないですね。(相談者)

だから、まあ・・作り置きしてある物が、あったり・・お弁当があったり・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、子供は当然、その時分には、寝てるんで・・(相談者)

ああ、あなたも結構・・(加藤諦三)
・・
まあ、遅い時が、多いわけか。(加藤諦三)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)
だいたいでも、9時か、10時くらいの間には、帰り・・ってますけど・・(相談者)

・・

それでねぇ・・(加藤諦三)

はい?(相談者)

あなたの奥さんは、ここまで、こういう・・・生活をしていてですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ぉ・・あなたが、「おかしいじゃないか?」って言った時、どういう・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
はん・・反論するんですか?(加藤諦三)

なんて言うんですかねぇ?・・ま、自分もこう・・外に・・(相談者)

飲みに・・(相談者)

行ったりして・・(相談者)

午前様じゃないですけど・・そういったことになることが、ま、たまにはあるんですね。(相談者)

うん。(加藤諦三)
ま、そんなに・・(相談者)

あのぅ・・頻度はないですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

なぜかその・・ことを・・(相談者)

かなり出される・・(相談者)

っていうか・・(相談者)

自分・・(相談者)
ああ、あなただって、お、遅くなる時、あるじゃない・・っていう言い方?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

うん、うーん・・(加藤諦三)
でぇ・・まあ・・(相談者)

・・

全然今はもう、話しもできてないような状態で・・(相談者)

ああぁ・・(加藤諦三)
・・
はぁい・・(相談者)

で、まあ・・(相談者)

自分・・が遅くなるっていうのもあるんです・・まぁ・・(相談者)
・・
それは・・(相談者)

ありますけど・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
・・
そっちの頻度ほどではねぇだろう・・みたいな・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それでねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

離婚・・を、考えてるんですか?(加藤諦三)

まぁ、そこも、そうですね、視野には・・ふっ・・入れては、いる・・状態です、もう・・はい。(相談者)
入れてはいる・・状態ですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
今日は、あのぅ・スタジオにですね・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク