テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はい、こんにちは。(塩谷崇之)

お願いします。(相談者)

お話を伺ってる限りでは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
どうもやっぱりあなたはねぇ、奥さんの事を・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
なんかこう、労働力としか捉えてないような、そういう印象を受けるんですよ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

でぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
わたしが傍(はた)からそう・・話を聞いてて、そう思うんですから・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
奥さんは、わたし以上にそう思ってるんだと思うんですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

わたしはいったい、何なの?・・というふうに・・(塩谷崇之)
はぁ・・(相談者)

はい。(相談者)
うーん・・でぇ、しかもそのぅ・・今まで、15年間・・ウウン(咳払い)・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
の結婚生活の中でぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
奥さんがどういう気持ちで・・この15年を過ごして来たか・・っていう事については、全然・・(塩谷崇之)

あのぅ・・あなたの話の中からは・・見えて来ないんですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
その15年間で奥さんといろいろ話した内容っていうのが・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あるんじゃないんですか?(塩谷崇之)

・・

えーっと・・(相談者)

妻の方は・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

わたしに・・(相談者)

任せる・・っという、考えでした。(相談者)
・・
ずっと。(相談者)

で、わたしは・・ある程度お金を貯めて・・ふふっ・・(相談者)

「別になろうね」って、「それが最終目標だね」・・っという話は、ずっとしていました。(相談者)

だからずっと奥さん、我慢してたんじゃ・・ないんですかねぇ?(塩谷崇之)

はい。(相談者)
うーーん・・(塩谷崇之)
それは・・認めます。(相談者)

はい。(相談者)
だから・・(塩谷崇之)

あなたの事は好きだけれども・・(塩谷崇之)

このまま・・(塩谷崇之)

前の生活に戻る事はできない・・っていう・・(塩谷崇之)

はい・・それは・・(相談者)
そういう話になってるんでしょ?(塩谷崇之)

はい、それは・・わかります。(相談者)
うーん・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

もう、最後の訴えですよねぇ・・もう。(塩谷崇之)
・・
ウウン(咳払い)・・だったら離婚したいと。(塩谷崇之)
・・
もう、あの家に戻って・・前のような生活をするぐらいだったら離婚したいと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ、それに対して・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

あなたは・・(塩谷崇之)

それでも・・(塩谷崇之)

前の・・生活・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
に、戻そうとしてるんですよねぇ?(塩谷崇之)

・・

そうです。(相談者)

そうですねぇ、はい。(相談者)

あっ・・(相談者)
奥さんはそこまでね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
口に出してハッキリ言うっていうのは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
相当の覚悟を持って言ってるんだと思いますよ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
だって今まで15年間、ずーっと・・(塩谷崇之)

あのぅ、我慢して・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

「お任せします」と。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

「お任せします」っていうのは、「あなたを信じてます」っていう事でしょ?(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

でもあなたはその言葉に甘えてぇ・・(塩谷崇之)

きちんと奥さんの気持ち、汲んであげられてなかったん・・ですよね?(塩谷崇之)

はい、それは認めます。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

それがあなた、わかるんであれば・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

どうすればいいのか・・ていうのは・・(塩谷崇之)

ぅ、ぅ・・(塩谷崇之)

見えて来るんじゃないんですか?(塩谷崇之)
いや・・(相談者)

・・

・・

・・

はい。(相談者)
あなたは奥さんと一緒に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
家を出るっていう選択肢は考えられないんですか?(塩谷崇之)

いえ・・**(回線状況悪化)**・・(相談者)

・・

・・

・・

かん・・考えてみます。(相談者)
・・
それ・・それが・・(相談者)

先生たちが・・おっしゃる・・られるように・・(相談者)

お金の話・・とかに・・なるんですね。(相談者)

うーん・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
でもねぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
今、お話を伺ってる限りでは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
奥さん決して、贅沢な・・暮らし、望んでない・・わけですよねぇ?(塩谷崇之)

・・

はぁい。(相談者)
そのぅ、市営のアパートで・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
汲々(きゅうきゅう)になりながら生活するんでもいいと。(塩谷崇之)
・・
手当をもらいながら生活をするんでもいいと。(塩谷崇之)

はう・・(相談者)
・・
そうですねぇ。(相談者)
でぇ、そこまでの覚悟が、奥さんにあるんであれば・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
じゃあ、大変だけども頑張ってみるか・・と。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

いうふうな提案を、あなたの方が奥さんにね・・ひと言・・(塩谷崇之)

言ってあげればねぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
奥さん、随分気持ち楽になると思うんですよねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

まずはねぇ・・じゃあちょっと一度・・(塩谷崇之)

家から出て・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
一緒に家から出てやってみようかと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

提案をしてね・・(塩谷崇之)

そこで初めて奥さんとの間で・・(塩谷崇之)

こう、なんていうんでしょうかねぇ、一緒に考えるっていう・・そういう、テーブルが出来上がるわけですよねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

なんか、いろいろ・・ん、ん、なんとでも方法はありそうな・・気がするんですよ、その、大事なのは、その、いろんな方法がある・・ことについて・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

え・・奥さんと一緒にあなたがそれ考えるって事ですよねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
・・
実家の事は・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

また考えて行けばいいわけですし・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
例えばその労働力が足りないんであれば・・(塩谷崇之)

誰かをね・・(塩谷崇之)

え・・雇うとか・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

そういう事だって選択肢としては、あるわけですよね?(塩谷崇之)

はい。(相談者)
今までの生活に戻すっていうこと・・を・・(塩谷崇之)

その考えを頭から一旦捨て去って・・(塩谷崇之)
ああ・・(相談者)

そうですねぇ。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
そうですよねぇ・・はぁい。(相談者)

ぁ、そうですね・・なにか・・(相談者)

ぇ、得るには、やっぱなにか捨てなきゃダメですね。(相談者)

そうですねぇ。(塩谷崇之)

はぁい、わかりました(泣く)・・(相談者)
・・
はぁい。(塩谷崇之)

はぁい・・ありがとうございます。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  昔の農家の考え方そのものを 引き継いでおられますネ(・・? それだから
    農家に嫁が来なくなり 挙句の果ては 東南亜細亜方面からの 花嫁を (この手の相談も過去にありました)と 言うことになってきているわけですから 考え方を変えないといけませんねぇ!
     その昔 金環本舗の コマーシャルソングにこんな歌詞がありました
    ♪カンカン キンカン キンカンコン
    カンカン 鍛冶屋のおじいさん
    肩こり 腰の痛みには
    キンカン塗って また塗って
    元気に陽気に キンカンコン
    ☆ミカン キンカン サケノカン
    ヨメゴモタセニャ ハタラカン

     ※ 嫁は労働力 また 自由になる金銭も無いので 自ずから薬局に出向いて医薬品を買うなどと言うこともできなかった そこで 塗り薬を買い与えないと 働かない と 言った意味でしょうか(・・?
     今のご時世では とても放送できませんね あの頃(昭和三十年代)東京タワーからの放送で 素人民謡名人戦 と 言う番組で 流れてました確か土曜日の午後の放送でしたねぇ 懐かしい。