週1で浮気する女

テレフォン人生相談
%e5%a6%bb%e3%81%ae%e6%b5%ae%e6%b0%97

テレフォン人生相談2016年10月19日は、ドリアン助川&三石由起子。夫といろんな感情を共有したいという妻。夫との心のつながりがないと、誘われるまま、既婚男性とカラダの関係を持つ。週1で飲み屋で会い浮気を繰り返す妻。朝帰りをするので、夫は気づいているはずなのに、気づかないフリをしている。話し合いを持とうとしても、離婚話しに結びつけて取り合ってくれない。どうすれば、夫が関心を向けてくれるのか。

テレフォン人生相談2016年10月19日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:45歳女性 夫49歳 もうすぐ結婚して21年 20歳の息子一人の3人暮らし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

45歳の女性から、夫の関係と自分自身のことなんですけども・・

夫と感情を共有したい

えっと、夫と結婚して、ま、もうすぐ21年になるんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
その結婚生活の中で・・えーっと、私が一番なんか、あの、大切にしたいなぁと思っているものが・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あのぅ、夫とのいろ・・いろんな感情を、やっぱ、共有したいとかっていうのが、一番あって・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

でぇ、ま、どんないろんな問題とかも、一緒に乗り越えて・・っていうふうな、まあ、夫婦関係っていうのか、そういうのが、すごく私の中で、理想で・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

で・・なんかそういう、あの関係性を、ずっと築きたいって、ずっと思ってるんですけど、なかなか、それが叶わないっていうのが・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

悩み・・で・・で、それが、あの悪い方に、なんか自分自身にも、向いて行ってるような、感じが今、してて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

もう、どうしていいのか、ちょっと、わからないんですけど・・(相談者)
では、あの、少し具体的に、聞いていきますね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

結婚当初から心の繋がりがない

はい、まず、あなたはおいくつですか?(ドリアン助川)
えっと、45歳です。(相談者)
45歳・・旦那さんは、おいくつですか?(ドリアン助川)
えー、49歳です。(相談者)
49歳・・お子さんは?(ドリアン助川)
えーっと、一人、20歳・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
あの・・はい・・息子が一人います。(相談者)
えー、息子さんが、20歳・・今、学生さんですかね?(ドリアン助川)
あ、学生です。(相談者)
学生・・ええ、旦那さん、普通のお勤めなんですか?(ドリアン助川)
・・は、会社員です。(相談者)
会社員・・あなたは、仕事は?(ドリアン助川)
してないです。(相談者)
してない。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
ああ、まあ、じゃあ、専業主婦ということですね、今は・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

それで、えー、その二人の気持ち、大切にしたいとか、感情を共有して、何かにっていうのは、例えば・・それは、どういうことなんでしょう?つまり・・(ドリアン助川)

一緒に子供の成長を喜ぶとか・・(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)
あるいは、休日になったら、二人で映画を見に行って・・(ドリアン助川)
もう・・(相談者)

えー、こんなこと思った、あんなこと思ったって、語り明かしたいとか・・(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)
そういう、ことなんですか?(ドリアン助川)

ど、ど・・(ドリアン助川)
ま、そういう・・ことですね、あの・・(相談者)
ということ・・(ドリアン助川)
簡単に、言えば・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
まあ・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
簡単に言えばというのは?(ドリアン助川)

も、もちろん、その子供の成長を一緒に喜ぶとか・・もそうですし・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

まあ、息子が、学校でね、いい事したりとかしたら・・・・(相談者)

・・・・

・・・・

もしもし・・(ドリアン助川)
ばい(泣いている)・・(相談者)

すいません・・(相談者)
うん、大丈夫ですよ・・(ドリアン助川)

一緒に、喜んで欲しいし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あの・・つまりこれは、アレですかね・・旦那さんと今、心・・の、繋がりがなくなっちゃってるっていうことなのかな?(ドリアン助川)

ズズっ・・って言いますか、あの・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

初めから、あんまりそういうのを、感じたことがなくて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

話し合いにならない

えっと、恋愛結婚なんですよね、お二人?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
それで・・(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)
あの、旦那さん、もともと、無口なタイプですか?(ドリアン助川)

はい、すごく、無口です・・もともと・・(相談者)
もともと、無口なんですね?(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
お家に帰ってきて、何してるんです?・・旦那さん・・(ドリアン助川)

うんっと・・そうですねぇ、一番にもう、テレビをつけて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

うん、もうなんか・・くつろいでるって感じですね・・ご飯、食べて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

自由なのが、お互いの・・私との、お互いの関係性・・を・・一番大切にしたいものが、これ・・なんだよっていうことを、ずっと言ってるけど、もう、それに対して、わかってもらえないので・・(相談者)

あの・・話し合いをしようよって、いうふうなこと言うと、こう、なんか、すぐ・・そういう話しをしようとすると・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あの、私がもう、話し合いをしようって、思ってること自体が・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

離婚に向けて、考えてるやろ、みたいな・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
あのふうに、とる・・とるんですね、なんか・・(相談者)
はあぁ・・(ドリアン助川)

男に誘われるとついて行く

・・ぉ・・旦那さんのことは、愛してらっしゃる・・んですか?(ドリアン助川)

もう・・結局は旦那さんのことは、私は、好きだと思います。(相談者)
ああ、好き・・好きっていう気持ちは、あるんですね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
うん、うんうん・・(ドリアン助川)

けどもう、あの・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

だから、そういう・・あの、状態が続いて・・くると・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あのぅ、なんか・・あのぅ・・(相談者)

外でぇ・・そういうなんか・・いろんなお誘いがあったりとかってすると・・フラフラっとこう自分が、ついていってしまう・・あのぅ・・(相談者)

そういうことはもう・・(ドリアン助川)
でぇ・・(相談者)
おきてしまったんですか?(ドリアン助川)

もう・・はい・・(相談者)
ああぁ・・(ドリアン助川)

それはなに、あの一回きりですか?それとも、よくあることなんですか?(ドリアン助川)

もう、ちょっと、続いてますねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
そこでまた、問題なのが・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

私が、そういうふうなことしてても、何も言わないんですね。(相談者)
うん?それはちょっと待って・・(ドリアン助川)

うふっ・・(相談者)
旦那さん、知ってるってことなの?(ドリアン助川)

もう、そんなの・・わかってると思います・・私が、帰って来ないんで・・家に・・(相談者)
あ、家に帰ってこないの?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あれまあ・・(ドリアン助川)

あの、朝、帰ってきたりとか、したことあるんで・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

でも、全然、怒らないんですねぇ。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
なんか、それも、なんか私が、腹が立って・・(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
もう、ホントに、この人は・・私のことを、とことん、大嫌いなのか、無関心なのか・・とかしか、思えないんですね。(相談者)

家庭のある男とカラダの関係

うーーん・・あなたは・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)
ちょっと待ってくださいね・・(ドリアン助川)

その、あの・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
他の男について行っちゃったりするっていうのは・・相手は、一人なの?(ドリアン助川)

うーん・・はい。(相談者)
うん、このぅ、相手の男性っていうのは、えっと、ご家庭のある方なんですか?(ドリアン助川)
ああ、はい、あります。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

えー、週・・週1回とか、月1回とか、どのくらい会う・・会ってるんでしょう?(ドリアン助川)

週・・週に、1回ぐらい・・ですね。(相談者)
週1ぐらい・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、まあ、カラダの関係も、あるわけですね?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

でぇ、どういうとこに今、行ってるんですか?・・二人で・・(ドリアン助川)

あのぅ、主人は飲む・・お酒は飲まない人なので・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
だからそのぅ・・飲み屋さんとか・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

で、あなたは、飲めるわけですね?(ドリアン助川)

あ、楽しいですね。(相談者)
飲んで、楽しいし・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
もう、胸に・・こう、染み込んでくるような言葉も、相手、言ってくれるし・・(ドリアン助川)

どうすれば夫が関心を向けてくれるか

ホントに、本当は、こういうことは、旦那さんと・・あのぅ・・こういう感情とか・・こういうことを・・あの、したいなぁと思っているのに・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

やっぱり・・辛いっていうか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)

なるほど・・どういうふうにしたいと、思われてますか?・・今・・(ドリアン助川)

ま、それがもう・・どうにも、することができなくて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

だから、どうやったら・・(相談者)

道が見えてくるか?(ドリアン助川)

そうですね、その夫が、もう少しこう、わたし・・の・・に、関心を、向けてくれるのかなぁとか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

ん・・・(相談者)

わかりました、では、伺ってみましょう。(ドリアン助川)
今日の回答者の先生・・三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

【おすすめ記事】



三石由起子アドバイス

はい。(三石由起子)(相談者)
こんにちは。(三石由起子)
あっ・・こんにちは。(相談者)

若い頃を思い出せ

はぁい、私ねぇ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
あなたのお話し聞いていてね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

あなたは、いくつもいくつも、勘違いをしていると、思いながら聞いてましたよ。(三石由起子)
え?そうです・・(相談者)
ダメ、ホントにダメ。(三石由起子)

あのねぇ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
まず、い、一番の勘違いはね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

あなたの、主張は、なんとかして、夫に構ってもらいたいっていうことじゃないの。(三石由起子)
ああ、うん・・はい・・(相談者)
そんな話しじゃないから、コレ。(三石由起子)

あのね、よくあなたね、若い頃のこと、思い出して欲しいんだよね。(三石由起子)
はい・・(相談者)

あの・・たぶんねぇ、たまに会う彼氏がね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
たまに・・話すくらいのことはね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

絶対、旦那、言ってくれてるんだよ。(三石由起子)

若い頃ね。(三石由起子)

あなた、忘れちゃってるだけなのよ。(三石由起子)

それね、ちゃんと思い出して欲しいと思うしね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
うん、ほん、ホントですよ、それ・・よく胸に手をあてて、思い出してください。(三石由起子)

自分の物差しで見ない

それとね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
あの、夫婦のこの、今後の・・話しをしましょうよ、なんていう・・物言いっていうのはさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ホント全然なんか・・馬鹿にされてるような気がするんだよね。(三石由起子)

だって・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
旦那は、家で、くつろいでるんですよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)

ねえ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
くつろいでるってことはね、旦那にはね・・やっぱり、自分は、家庭を守っているっていう誇りがあるんだと思うんだよ。(三石由起子)

うんふん・・(相談者)
それと、もう一個ね、あなたがすごい誤解してるのはね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

20歳の息子・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
これ、20歳の息子って成人してるんですよ。(三石由起子)

はい・・はい・・(相談者)
子育ての悩みってね、悩んじゃダメだよ、20歳の子なんか・・(三石由起子)

放っときなさいよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)
自分の物差しで・・この息子とか見て・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

しかもその悩みを、夫と一緒に、なんかしたいなんて、思ってる限りはね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

息子は、母親以上には、なれませんよ。(三石由起子)

つまりさぁ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
そういうものをねぇ、やっぱり、夫婦のね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

こう、しかもこう、共通の話題の為の悩みをさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
として・・こう認知したら、ダメ、これは、あの、この子も、可哀想と思いますよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん。(三石由起子)

夫も息子も軽蔑してる

それとね、その・・その、恋人だかなんだか、知らんけどさ・・(三石由起子)
うーん・・(相談者)

これ、息子にバレてないでしょうね?(三石由起子)

あ、わかってると思います。(相談者)

それ、どう思う?あなた・・そしたらさぁ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
もし、わかってるとしたら、母親がそういうことをしてるっていう・・ことをね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

もし息子が知ってるとしたらさぁ・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
その自分の将来を・・一緒になんが、絶対に悩んで欲しくないよね、そうしたら・・(三石由起子)

そうですよね・・(相談者)
うーん・・そうよ、で、あなたはね、軽蔑されるだけなんですよ。(三石由起子)
ホゥ・・(相談者)

ホゥって、軽蔑してると思いませんか?・・息子。(三石由起子)

思います。(相談者)
思うよ!(三石由起子)
はぁい。(相談者)
だって、旦那だって、軽蔑してると思うよ。(三石由起子)

心の中で・・(三石由起子)

ねぇ。(三石由起子)
そうですよね。(相談者)
そう、そういう女がさ・・(三石由起子)

夫婦の・・今後の向き合い方について・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ちゃんちゃらおかしいですよ、なに話すんですか?(三石由起子)

馬鹿じゃないの!(三石由起子)

嫌ですよ、そんな話すの・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

あなたは魅力のある女じゃない

うん・・(相談者)
私、あなたが、出来ることって・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ただ、ヘラヘラ嬉しと、笑ってることしかないと思うよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
もう駄目だ、こんなのは・・付き合っちゃ。(三石由起子)

あなたが・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
一人でね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)

今後、生きていかれるんだったら別よ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
家を出て・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

生活をたてて・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
一人で、生きていかれるんだったらいいですよ。(三石由起子)
はい・・(相談者)

でも、そうでないんだったら・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
あなたは、家に居たいんだからさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

もう二度と、会っちゃダメですよ。(三石由起子)

はい・・(相談者)
で、夫に変わってもらいたいじゃないよ、あなたが変わんなくちゃ。(三石由起子)

こういうだらしない生活をやめて・・(三石由起子)
はあ・・(相談者)
うん、なんとかしてね、その軽蔑をさ、忘れさせないとダメだこれ。(三石由起子)

面と向かって、あなたが何を説教することがあるんだ。(三石由起子)

もう、なんかこう、聞いてて、恥ずかしいです、あなた。(三石由起子)

あぁ・・(相談者)
うん、その男だって家庭があるわけだしさ・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

あのぅ、自分の持ってる家庭をね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
捨ててまで、一緒になりたいほど、あなた、魅力のある女じゃないからさ・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん、それ、ちゃんとわかってるはずよ、あなただって・・(三石由起子)

はい・・(相談者)
うん、そう、わかってたら、やめようよ、この幼稚なこと言ってないで・・(三石由起子)

ああ、ホントに・・(相談者)
うん・・まずやめて・・軽蔑されちゃったかもなぁっていうのを、挽回するのは、もう、知らんぷりして・・ヘラヘラ、笑ってるしかないと思うよ。(三石由起子)

変わるのは、あなた

はい・・(相談者)
あとは、やっぱり、自分で楽しい話題を提供することですよ。(三石由起子)
うん・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

でぇ、だから、この家がいいんだって、あなた、言ってるわけでしょ。(三石由起子)
この家で、ずっと暮らしたいんだみたいなことを。(三石由起子)

はい・・(相談者)
言葉の端々に言ってるじゃん、でも、男の人って、言ってやんないと、わかんないんだからさぁ。(三石由起子)
うーん・・(相談者)

いつも女房が、不満を持ってんじゃないかなぁ、なんか・・変な話しをしたがるなぁみたいなことって・・不安でしょうがないじゃん、そんなの・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
だから、あ、あ、この家で良かったわ、この家、楽しいわ、わたしホントに幸せだわ、くらいのことをさ・・(三石由起子)

うん、息子にはそれは、よく言ってます・・(相談者)
息子に言ったって、伝わんない、そんなの・・(三石由起子)
へへへへ(笑う)・・(相談者)

何言ってるの?馬鹿じゃないのホントに・・あのね、子供をね、メッセンジャーボーイみたいに使おうったって、そりゃできませんよ。(三石由起子)
はははは・・(相談者)
ねえ・・(三石由起子)

はい、へへへへ・・(相談者)
もう、ダイレクトにやってよ。(三石由起子)
あはっ・・(相談者)

うん、頭、悪すぎ・・(三石由起子)
あの・・(相談者)
ホントに頭悪いと思う。(三石由起子)
ふふ・・いやだ・・(相談者)

反省してください。(三石由起子)
いや、もう、ホントに・・はい・・(相談者)
うん、それとねぇ、ホントにね、若い頃のこと、思い出してごらん。(三石由起子)

旦那、なんか言ってくれてるから・・(三石由起子)

ああ、こんなことも言ってくれた、あんなことも言ってくれたって・・思い出したらホント、泣けるよ、やっぱり。(三石由起子)

ええぇっ・・(相談者)
すっかり、忘れてるから、そんな、「えー」とか言ってるの。(三石由起子)
うへへ(懲りずに笑う)・・そうですか?(相談者)
今日、寝ないで、思い出してごらん。(三石由起子)

はい(笑いながら、小声で)・・(相談者)

うーーん・・(相談者)
オイ!(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
そうだよ。(三石由起子)

思い出してね、忘れないように、紙に書いておいて・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
うん・・(三石由起子)

うーん・・わかりました。(相談者)
うん、あなた勘違いです、あなたのお悩みは勘違い。(三石由起子)

これは、ご主人に変わってもらいたいという、ご相談じゃない。(三石由起子)

はい・・(相談者)
あなたが、今すぐに変わんなきゃいけないっていう、ご相談よ。(三石由起子)

はい・・(相談者)
だから、電話くれて、良かったと思うけど・・(三石由起子)
はぁい・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

ね、しっかりしてください。(三石由起子)

はい、わかりました。(相談者)
はい、頑張って。(三石由起子)

はぁい、ありがとう・・(相談者)

ドリアン助川まとめ

もしもし・・(ドリアン助川)
あ、はい・・(相談者)

今日は、いっぱい、きっかけいただいたと思いますので、三石先生から・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
ありがとうございました。(相談者)
失礼しまーす。(ドリアン助川)
はい・・失礼しまーす。(相談者)

管理人のちょっとひと言

相談者の為に、ひと言。
たぶん、旦那の無口の件と、若い頃に、心に沁みる話しを言われたかどうか・・・
について、相談者は話しをしてると思いますよ。

流れから考えると、編集でカットされちゃっているか、三石先生が暴走して、話しを受け付けなかったか(笑)
なので、言い分としては、何某かあると思います。
でも・・・

ちょっと、お話になりませんな。

押えておくべきは、旦那は今すぐに離婚する気がないということ。
それは、妻が浮気してようが、どうであろうが、ということでしょう。
それが、なんで?ってことになると、好きだからなのか、世間体なのか、わからないですけどね。

それをベースにして考えれば・・・

話し合おうとしても、のってこないのは、当然です。
浮気してる妻から、話しがあるって言われたら、普通は「離婚」したいって言い始めると思うんじゃない?
だったら、話しなんか、したくもないでしょうね。

基本、自分を中心にしか物事を考えられないってこと。
自分の行動より、感情が優先ってことなんでしょう。
時々、こういう方、いますけどね。

浮気相手がしてくれてる事を、本当は旦那にしてもらいたいんです。

馬鹿だ馬鹿、どうしようもない馬鹿(三石先生のように見事な言い方はできませんけど)。
浮気相手がしてることは、絶対にやりたくない!
ま、この旦那にしてみれば、当然のことでしょうね。

なんで、浮気してる妻を、喜ばせてあげなきゃいけないの?
そこ気づけよって話しです。

旦那、無口なだけに、シレっと証拠集めしてるかもしれませんね。
まあ、息子が社会人になれば、お役御免でもありますし。
きっと、その頃もまだ、男に誘われて、ヒョコヒョコ、ついていってるでしょうからねぇ。

スポンサーリンク

コメント

  1. 久しぶりに面白かった。
    とんでもないキャラでたなーと思ったら、担当が三石先生で「お!?」となった。
    案の定コテンパン。
    あたまおかしいんじゃないの?ばかじゃないの??
    と出てくる言葉は痛快。
    おまけに、「あんたはもうヘラヘラ笑ってるしか無い」だって w
    確かに、誰かのことを批判なんて一切できないクズ女だった。

  2. 旦那はもう無料の家政婦雇ってる気分じゃないの?
    あんまり役に立たないけどw
    証拠を集めて時が来たら放り出す気かね?
    そうなると良いなあ
    何で結婚したんだろう?性格だって判ってただろうにね

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.