テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月3日(月)は、加藤諦三&大原敬子。夫婦のすれ違いから離婚して1年半、女友達の、元妻が大金を掴んだか、浮気が原因という冗談から、元妻のフェイスブックを見た。すると婚姻関係中に妻のパート先の上司と浮気を疑う関係。相手の男性のフェイスブックにも元妻の写真。相手の男性の家は庭から見えるほど近いので、朝、起きる度にイライラする。心の持ち方をどうすればいいか、アドバイス欲しい。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳男性 1年半前に離婚 子供は2人 長男19歳は自分が、次男18歳は妻が引き取る

加藤諦三氏の〆の言葉『人生のある時期に、価値観の修正。これは非常に大切なことです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

43歳の男性から、離婚してから1年半ぐらい、子供は2人、19歳の長男は、自分が引き取り、18歳の次男は、元妻が引き取る。

元妻の婚姻中の浮気疑惑

はい、わかりました、それで、どんな相談でしょうか?(加藤諦三)
えーっとですね、離婚して、1年・・経ったぐらいにですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

仲の良い友達が、「どうして離婚したの?」ってことを、ようやくふってきたんですよ、わたしに。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、その、ことを、経緯(いきさつ)を説明したらですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、女の・・女性なんですけど、その友達は。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それは、大金(たいきん)を手にしたか・・男が、できたから別れたんだよって、冗談で言われまして・・(相談者)
でぇ・・はい。(加藤諦三)

でぇ・・・妻が、フェイスブックやってたんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっとそれを、覗いてみたんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしたら実は・・(相談者)

婚姻関係が続いてる時から・・どうも・・男がいたらしかったです。(加藤諦三)

その・・男・・がいたらしいっていう、その男性っていうのは、どういう・・(加藤諦三)

えっとねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと妻が、パート2つ、掛け持ちしてるんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
してたんですけど、当時。(相談者)

はい。(相談者)
その一つの方の・・仕事の・・(相談者)

上司っていうか、そのぅ・・(相談者)

ああ・・職場・・(加藤諦三)
経営者です、はい。(相談者)

それで、そのぅ・・ま、上司というのは、もちろん、結婚してるわけですね?(加藤諦三)
いやしてない、してないんです。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

結婚、してなかったんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ということは・・あなたの・・前の奥さんというのは・・(加藤諦三)

この上司と、結婚、してんの?・・ですか?(加藤諦三)
それが、まだ・・してないらしいんですよね。(相談者)

風の噂で・・割と近くに居るんですけど・・(相談者)

だけど、付き合うは、付き合っている?(加藤諦三)
確定ではないんですけど、でも、その・・(相談者)

フェイスブックのですね・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

その・・彼のページに・・うちの妻の写真があったり・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
それまで、わたしが、婚姻関係中・・(相談者)

ですね・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

で、2人・・(相談者)
ということは・・その、あなたの奥さんは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してる間に、この・・(加藤諦三)

上司の方ですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

との関係を、隠しては、いなかったということ?(加藤諦三)
そう、隠してなかったことを、わたしがだから・・(相談者)

興味がなかったんで、そういうことに。(相談者)
絶対、大丈夫だと思ってたんですかね?(相談者)

うん・・(加藤諦三)
だから・・(相談者)

孤立感

それで?(加藤諦三)

どちらが・・から、その離婚しようって話しがでたんですか?(加藤諦三)
えっとですねぇ・・わたしです。(相談者)

で、別にあなた、好きな人がいるわけでもない?(加藤諦三)
あ、ないです・・あのぅ、もう、生活が・・イヤでした。(相談者)

もう、すれ違い、すれ違いで、わたしが会社員で、彼女がサービス業のパートを・・短い時間の2つ、掛け持ちしてまして・・(相談者)

あ、2つっていうのは、これは、サービス業ということなんです・・はい。(加藤諦三)

会う時間もなければ・・(相談者)

で、わたしも仕事が忙しかったりして、ホントにもう、ぐちゃぐちゃに・・なっちゃったんですよね、ふ、夫婦間が。(相談者)

もうとにかく、嫌だったんですか?・・この生活そのものか?(加藤諦三)
えっとですね、ちょうどだから、わたしが離婚・・の、話しを切り出す・・前、3ヶ月が・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
とにかくわたし、仕事、忙しくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、その3ヶ月の間にですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一度も、「夕ご飯、なに食べたい?」とか、聞かれなかったんですよ、つまらないことですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、用意はしていってくれるんですけどね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで、もうね・・(相談者)

嫌だと思っちゃった。(相談者)

要するに、この・・妻が嫌いだった?(加藤諦三)

嫌いでは・・ない・・けど・・(相談者)

なんちゅうんだろう?・・(相談者)

自分だけ・・(相談者)

と、思っちゃったんですよね、たぶん。(相談者)

孤独感?(加藤諦三)

あぁ、あったかもしれないです。(相談者)

孤独感っていうか、孤立感かな?(加藤諦三)

はぁ・・はい。(相談者)

でぇ、今一つ、僕にはわかんないのは、その孤立感を持・・持っていると、普通なんか・・(加藤諦三)

孤立感から、目を背けるって人が多いんだけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

むしろあなたはその、孤立感・・を、きちんと意識して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
こんな人生、ダメだと思ったわけですよね?(加藤諦三)

そうかもしれません。(相談者)

うーん・・・(加藤諦三)

まあ、もし、そうだとすればってのすごく・・失礼な言い方だけど・・立派だね。(加藤諦三)

朝からイライラ

で、その空虚な・・(加藤諦三)

生活を、変えなければいけないと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
いうふうに、思ってるわけですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん、そこらへんの・・こう、決断・・(加藤諦三)

の・・(加藤諦三)

心理的な・・プロセスっていうのかなぁ・・(加藤諦三)

それは・・(加藤諦三)

妻が嫌いじゃないけど、嫌・・嫌だ・・った・・(加藤諦三)

いや、わからないです、あのぅ・・(相談者)
妻じゃなくて・・(加藤諦三)
あまりにすれ違いが多いんで・・(相談者)
ええ。(相談者)

1週間に1度しか、休みがなかったんですよ、夜の仕事が。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だからそれをね、なんとかもう少し、減らしてくれってことを、お願いしたんですよ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でも、「それはできない」って、妻から言われて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ああ、もうそうなんだって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
自分の中で・・うん、思っちゃいました。(相談者)

その時に、奥さんに・・その、男性がいるっていうことは・・感じなかった?(加藤諦三)

夢にも思わなかったです、そういうことは、そういうふうには。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・・

なるほどねぇ、わかりました、そうして、今日のあなたの・・相談っていうのは、そうすると、どういうことになるんですか?(加藤諦三)

いやだから・・離婚して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
1年経ってから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

実は・・婚姻継続中の時に、妻が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
たぶん、浮気をまあ、してただろうっていうことが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わかったわけですよ。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、それがわかって、ちょっと・・自分、精神的に・・おかしくなりまして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
あの・・怒りで。(相談者)

精神的に、おかしくなったってのは・・(加藤諦三)
い・・い、飲酒が・・(相談者)

増えすぎてしまいまして・・(相談者)

お酒を飲むのが・・(相談者)

でぇ・・その、相手の家が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

朝、起きると、目の前に・・から、家から、見えるんですよ。(相談者)

相手というのは、この上司の話しですよね?(加藤諦三)
上司・・ええ・・が、家が見えるんですよ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの家から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
庭から。(相談者)

はい。(加藤諦三)
だから、どうしても、朝からイライラしちゃって・・その辺の、心の持ち方とか、そういうか・・いったことを・・(相談者)
んん・・(加藤諦三)

アドバイスいただければ・・と思ったんです。(相談者)
あ、なるほどね。(加藤諦三)

はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあのぅ、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク