テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月27日(火)は、加藤諦三&塩谷崇之。四ヶ月前に妻の不倫が発覚。相手は妻と同じPTA役員。相手の奥さんからの調停の呼び出しで、妻を問い質したところ浮気の事実を認める。友達と一緒に旅行に行くと言って何度も不倫旅行をしており、子供三人と一緒に新幹線の駅まで見送ったこともある。有責配偶者の妻から離婚を突き付けられるも、離婚したくない相談者。どうすればいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『小さい頃、愛着人物との関係が不安定な人は、嫉妬深くなります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:47歳男性 妻46歳 長女14歳 次女11歳 長男7歳

もしもし?(加藤諦三)

はい、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい・・よろしくお願いします。(相談者)

さ・・最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

えっと、47歳です。(相談者)
47歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ぇ・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

えっと、46歳・・(相談者)
46歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと、長女が14歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ、次女が11歳。(相談者)

はい。(加藤諦三)

えーっと、長男が7歳。(相談者)

・・

・・

不倫旅行に行く妻をお見送り

はい、わかりました・・それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと、不倫した妻との修復についてなんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

んでぇ・・(加藤諦三)

不倫・・・は・・いつわかったんですか?(加藤諦三)

えっと・・四ヶ月程前ですね。(相談者)
四ヶ月前に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、不倫の相手というのは・・(加藤諦三)

えっと・・(相談者)
あの、独身の男・・人ですか?それとも結婚しているの?(加藤諦三)
・・
えっと、結婚している方でぇ・・えっと・・同じ小学校のPTAの・・役員の方ですね。(相談者)

そうすると・・お互いに、家庭を持っていたということですね?(加藤諦三)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

四ヶ月前に、わか・・(加藤諦三)

ったと言うんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、不倫と言うからには・・(加藤諦三)

ま、内容的には・・(相談者)

結婚しようとかなんか、そういうことではなくて・・(加藤諦三)

えーっと、まぁ・・何回か一緒に、旅行とかには、行ってるみたいなんですよね。(相談者)

旅行に行ってる?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あっ、二人で?(加藤諦三)

ええ、そうです、そうです。(相談者)

っていうことは、かなり大胆だねぇ・・だって・・(加藤諦三)

旅行っていうのは、泊りがけでしょう?(加藤諦三)

そうですねぇ、だからその時あのぅ・・(相談者)

「友達と一緒に旅行に行くんだよ」って、出・・(相談者)

出掛けてたんですね、いつも。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、わたしもまぁ・・(相談者)

たまには・・いいのかなぁ・・と思って・・(相談者)

出してたんですけど・・はぁい。(相談者)
ああぁぁ・・(加藤諦三)

・・

・・

なんか、そ・・その時、こう・・(加藤諦三)

感じることはなかったんですか?(加藤諦三)

えっと・・まぁ、そのぅ・・(相談者)
「友達と行くんだよ」って言うけども・・(加藤諦三)

要するに、不倫の相手と行くわけだから・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
なんとなく・・(加藤諦三)

態度が・・(加藤諦三)

落ちつかないとか・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

ただその・・(相談者)

新幹線の駅のホームまで、家族みんなで送ったりとかしてるんですよ。(相談者)

家族みんなでってことは、この、子供三人・・(加藤諦三)

と、わたしとでそのぅ・・駅まで、送っていったんですよね。(相談者)

・・

・・

駅まで送っていった・・新幹線・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

それで、当然・・(加藤諦三)

友達と行くと言いながら、友達はそこに、いないんですよねぇ?(加藤諦三)
えっと、そうですよねぇ、違う駅で、待ち合わせてるんで・・ということだったんですけど。(相談者)

ああ・・ああ・・あぁぁ・・(加藤諦三)

・・

・・

それで、堂々と、「じゃあ、さいなら、行ってきまーす」って・・ニコニコして出かけて行ったわけですね?(加藤諦三)
ええ、ええ、そうです、そうです。(相談者)

これはあなた・・(加藤諦三)

わかった時、すごいショックだったねぇ・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

あのぅ・・だから、全然、疑ってなかったんですよねぇ。(相談者)

うん・・まぁ・・(加藤諦三)
まさか、そういうことだとは思わなかったんでぇ・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

これは・・どのぐらい続いてたんですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)
PTAの・・役員同士では・・(加藤諦三)

だいたい・・(相談者)

半年ぐらいですかね。(相談者)
半年ぐらい?・・はぁ・・それほど長く・・(加藤諦三)
はい、半年・・(相談者)
ないんですねぇ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
もしかしたら、半年から、1年の間かもしれないですけど・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
だいたい、それぐらですね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

元の生活に戻りたい

でぇ・・(加藤諦三)

なにでわかったんですか?そういうことが?・・不倫だってことが?(加藤諦三)

・・

向こうの・・相手方の奥さんから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

調停の呼び出しが来たんですよ、うちの・・妻宛に。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

でぇ、それでぇ・・まぁ、問い質したところ、うちの妻も認めて・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

ぅ・・あのぅ・・「浮気をしていました」ということで・・それは認めたんですよねぇ。(相談者)

・・

あぁぁ・・(加藤諦三)

向こうのご主人が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

バレてしまったということですねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)

はぁい・・(相談者)
ぁぁ、そうですかぁ・・(加藤諦三)

それでぇ・・(加藤諦三)

今の、あなたの感情としては・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
どういうことなんですか?あの、ま・・もう、妻とは別れるって感情か、それとも・・(加藤諦三)

妻とは、まだ、別れないで、このまま続けたい・・という・・(加藤諦三)

できることなら・・(相談者)

元の生活に戻りたいんですよねぇ。(相談者)

あ、出来る事ならねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あの、家族五人で、ずーっと暮らしたいって、なんかありますんで。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

・・

・・

出来る事ならって・・(加藤諦三)

あなたの奥さんの方は・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
遊びなのか?(加藤諦三)

本気なのか?っていうことですけれども・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

・・

・・

完全な、遊びなん・・(加藤諦三)

ですかねぇ?(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)

本気になりかけてたのかな?という、気はするんですけどねぇ。(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)

それで今、奥さんは、なんて言ってんですか?あなたに・・(加藤諦三)

妻の方は・・(相談者)

離婚したいというふうに言ってるんですよ。(相談者)
ああ、離婚したいと言ってるわけ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はぁい。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

・・

まぁ・・離婚届・・に、自分の名前だけ書いて・・(相談者)

あっ!(加藤諦三)
突き付けてきたりは、するんですよね。(相談者)

ぁ、もう、そういう段階ですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということは、別れたいっていうよりも・・(加藤諦三)

もう・・「別れます」っていうことですよねぇ。(加藤諦三)

そう・・そうですねぇ、意思としては、そうだと思うんですよねぇ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

それでもあなたとしてはやっぱり・・(加藤諦三)

元に戻りたわけですねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ、やっぱ、子供のこととか、考えると・・(相談者)

・・

うん・・でも、子供の事・・考えると、ここまで言われちゃってると、あの・・あんまりよくないですよねぇ。(加藤諦三)

・・

だって、お父さんとお母さんが・・(加藤諦三)

すごい関係になってることを・・(加藤諦三)

わかって、一緒に暮らすっていうのは、辛いですよねぇ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
子供にとって・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

・・

でぇ・・そうすると、今日のあなたの相談として、まぁ、奥さんとして、こういう・・(加藤諦三)

考え方であると・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あなたの方は、こういう考え方であると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、奥さんは、こういことを言ってきているっつ・・(加藤諦三)

・・

さぁ、どうしたらいいでしょうか?・・っていう・・(加藤諦三)

そうですね、はい。(相談者)

ということですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

大変、あの、難しい・・(加藤諦三)

相談だと思うんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
相手の気持ちが、は・・入りますからねぇ・・(加藤諦三)
ええ、ええ・・そうですか、はい。(相談者)
大変、難しい相談だと思いますけれども・・(加藤諦三)

あのぅ・・今日はスタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 相談者さんが、やり直し方を相談してるから、この回答になってしまうのかもしれませんが…。お子様も手がかからない年齢だし、そんな酷い母親だけ、家族から完全離脱してもらって父子4人仲良く暮らすほうがお子様にとっては良い家庭環境な気がします^^;

  2. 他人の家庭の出来事ですが、なんなんですかね…この妻は。自分勝手過ぎる。反省のかけらも無いでしょうね。たった4ヶ月位で何事も無かった様にする考え。とっと家から追い出して独りぼっちにするべきです。

  3. 妻に裁判所からの通知の件、もう少し詳しく話してもらいたかったですね。
    相手の奥さんが、どのような対応してきてるのとか。慰謝料請求してきているとか。
    相談者さんも浮気発覚で相手の浮気相手になんらかの対応したか?色々ありそうですけどね・・・

  4. 私も他の方たちと同意見ですね。
    離婚するのが正解だと思いますよ。
    不倫された被害者なのに、被害者の側が卑屈に機嫌とらなくちゃならないなんて理不尽です。
    不倫した妻の側は夫に申し訳ないとか、償わなくちゃいけないなんて気持ち無いでしょう。自分の都合しか考えてないと思いますよ。

  5. 酷い話。
    離婚しかないんじゃない?
    子供たちのためには、持家も売却して転居して。簡単にはいかないだろうけど

    貴方の元妻のことは、もう過去にしてしまうしかない、と思います