テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年5月23日は、加藤諦三&大原敬子。高校3年生の娘が部屋に閉じこもり親に姿を見せず引きこもり状態、中学生の頃から不登校だったと母親。そもそもの相談は不登校についてだったが、加藤諦三が引き出す。2ヶ月前に離婚したという相談者。子供2人を連れて実家に戻る。その前から引きこもり気味だったが、実家に戻って部屋を与えられてから、部屋の電気もつけず、姿を隠すようになる。大原敬子は、問題は母親にありと断定。

テレフォン人生相談2016年5月23日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:51歳女性 2ヶ月前に離婚 実家に戻り子供2人と暮らす 長男20歳 長女18歳

加藤諦三氏の〆の言葉『死にもの狂いで不幸にしがみつく人がいます。心の底にもの凄い怒りがあります』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

51歳の女性、2ヶ月程前に離婚して、実家に戻り、子供2人と住んでいる。
子供は、長男20歳と長女18歳。
不登校になっている高校3年生の娘の事で、相談したい。

夫婦仲はずっと良くなかった

いつから不登校ですか?(加藤諦三)
中学・・の・・3年の・・(相談者)
あ、中学から・・ようは3年?(加藤諦三)
はい、まったくではないんですけれども・・ほぼその頃から・・(相談者)

ということは、高等学校はほとんど・・行っていないということですか?(加藤諦三)
そうですね、あの・・入学した夏休み頃までは・・はい・・(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
少し行けておりました。(相談者)

それで、 2か月前に離婚したばっかりということですけど、夫婦関係は、あまり上手くいってなかった?(加藤諦三)
つまり、お譲さんからすると、お父さんとお母さん、仲良くないっていう・・そういうかん・・感じですか?(加藤諦三)

ま、それは、分かっておると思います・・(相談者)
はい、あの、離婚は2ヶ月前でしたが・・やはり、上手くいってないのは・・はい、下の娘が小学校・・入る頃からなんですが・・(相談者)
表面的にはね、子供には、あの、分からないようにっていう、あの・・はい、配慮はしてきたつもりなんですけれども・・はい・・(相談者)

かなり長い期間ですよね・・10年以上、上手くいかないまま、ずっと・・(加藤諦三)
はい、やはり・・ま、子供の為ということで、はい、私がずーっと、はい・・(相談者)
我慢した?(加藤諦三)
あの・・そうですね・・(相談者)

引きこもり

うーん・・あの・・不登校だけですか、問題は?(加藤諦三)
いえ、もう今の生活がホントに、普通と・・異様な形になっておりまして・・(相談者)
はい、異様な形って、どういう事ですか?(加藤諦三)

ま、部屋に引きこもっても、もちろん、とにかく親に・・私にですね、あの、気配・・とにかく、姿を見せたくない、言葉・・とにかく気持ち・・何も発しない、メモとか、ああいう物でも何も伝えない・・とにかく昼間は、昼間も夜もずーっと電気を消して、部屋も・・部屋がちょっとガラス戸なんですけれども・・はい、ガムテープを貼ったり、中を布で・・貼って見えなくしたり・・はい・・っていう・・(相談者)

ということは、不登校というよりも、引きこもりというふうに、理解した方がいいわけですね。(加藤諦三)
はい、そうですかね、はい。(相談者)

そうですよね・・で、その引きこもったのは何時頃からですか?(加藤諦三)
離婚して引越して来る前・・も、多少はあの・・あったんですけれども・・はい、やはり引越してですね、私が離婚して・・(相談者)
引越しってっていうのは、2ヶ月前という話しですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、引っ越して・・(加藤諦三)

で、まあ、子供が・・に部屋が一つ与えられて・・はい、そこに来た・・時からまあ特に・・そうなったっていうのはあります。(相談者)
うーーん・・要するに引きこもるって言っても、なんか、軽症のもん・・じゃないですよね。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
もう、全然出て来ないということですよね。(加藤諦三)

手に負えない

あの・・ま、学校・・もですね、私が知らない間とか、仕事しておるので、あの、日中のこと分からないところあるんですが・・はい、たまに出てったとか、あの、洗濯物が出てると、あっ、出かけた・・のが分かるなと・・いうのがありますが、はい、お洗濯物とか、お風呂とか、そういうのもほとんどあの・・たまにしか入らなかったり、洗濯物もでなかったり、トイレにも下りて来なかったり、水分も摂ってるのか、摂らないのか、なに食べてるのか、ま、もちろん家に、食べれる物置いといて、はい、持ってく物もあるんですけど・・こう・・はい・・(相談者)

そうすると・・はい・・それでその、あなたとご主人の離婚の原因っていうのは何ですか?(加藤諦三)
10年以上のことだから、そう簡単に・・これで別れましたって言えないでしょうけども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

ま、あの・・そうですね、ま、まあ・・簡単に言えば、その、相手の方の性格・・というか人間というか、はい・・うぅ・・そういうものを全てが私が嫌になったという・・だけのことなんです。(相談者)

全てが嫌になったのね・・うん・・で、今日のあなたの相談としては、まあ、こういう形で離婚して、今実家に来て・・この下の18歳のお譲さんが、引きこもってしまって・・失望とか絶望とか、その段階を、もう1歩超えちゃったという感じが・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
あるわけですね。(加藤諦三)

それでもう、手に負えなくなったけど、どうしたらいいかという事ね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.