テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

よろしくお願いします。(相談者)

・・

まず・・(坂井眞)

今のお仕事でぇ・・(坂井眞)

ぃ・・相談窓口とか・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
あ・・公的な所っていうのは、労基署ですか?労働基準監督署ですか?(坂井眞)

労働基準監督署もハローワークも行きましてぇ・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)

労働基準監督署、「うちの管轄じゃない」と言われて。(相談者)
うん。(坂井眞)

ハローワークに行きまして。(相談者)
うん。(坂井眞)
雇用通知書とか・・(相談者)

あのぅ・・勤務表・・あの・・明細書全て見せて・・(相談者)
うん。(坂井眞)

でぇ、就業時間・・(相談者)

月、何時間働きました、そういう明細書を見せて・・(相談者)
うん。(坂井眞)
それなら・・(相談者)

「あ、これ入らないといけない」と、言われたんですよ。(相談者)
うん、そうでしょうね。(坂井眞)

でぇ、行って、「じゃあ、(電話を)掛けましょうか?」って言われたんですけど、わた・・「あなたの名前を出すよ」って、言われたのでぇ・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)

「そ、それはちょっと、止めて欲しい」って、言ったんです。(相談者)
・・
絶対、自分しかいないんで、100%、今の・・(相談者)

雇用状態で、働いてるのが・・(相談者)
うん。(坂井眞)

ハローワーク

あのぅ・・まず、前提の問題からねぇ・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
一つ一つ、お話をしてきたいんですけれども。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
えーっと、雇用保険、もうすでに、答えは出てると思うんですけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
雇用保険にはい・・入ることが出来るかどうかってことは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あの、雇用保険の適用の対象となる事業所であるかどうかということと・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
それから・・働いている人は雇用保険の対象となる、要件を満たしてるかどうか、ま、じょ・・条件・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
満たしてるかどうかっていうことで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
おそらくハローワークは、そうおっしゃってるんだから、そこは問題ないと思うんですが・・(坂井眞)
あ、はぁい。(相談者)
週に20時間以上働く・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
それから・・(坂井眞)

基本的に30日以上・・(坂井眞)

働く。(坂井眞)
はい。(相談者)

月にですね。(坂井眞)
はい。(相談者)
あ・・継続してってことですね。(坂井眞)

はい、働いてます。(相談者)
え・・それで、生活を支えていると。(坂井眞)

学生さんアルバイト・・みたいなのだと、駄目だっていうような規定があるんですけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そうでは無いわけですよね?(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

え・・月には、かなり働いてらっしゃる?(坂井眞)

・・

週、だいたい・・(相談者)

えっと、平日が・・よっか(4日)と、あと・・(相談者)

土日、どちらか一日出てるんで、だいたい、週5日出てます。(相談者)
週5日で?(坂井眞)

週どのぐらい?(坂井眞)
でぇ、ちょっとあのぅ・・(相談者)

行事とかあって、出れない時もあります、だいたい、よっか(4日)から、いつか(5日)は、出てます。(相談者)
一日何時間、働いてらっしゃるんですか?(坂井眞)

学校がある時は、6時間30分でぇ・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)

でぇあのぅ・・(相談者)

ない時は、7時間45分、働いてます。(相談者)

でぇ、そうすると、5日間でぇ・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
さ・・6時間から、7時間は、働いてらっしゃるわけだから・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
週20時間なんていうのは、軽く・・超えてるわけですよね?(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

それでぇ・・それで生活を支えている、通常その・・(坂井眞)

補充的に収入を得てるっていうのは、雇用保険の対象にならないんだけど、そうではなくて・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ・・あなたの場合は・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

勤労学生、夜・・って、おっしゃいました?(坂井眞)
・・
夜です。(相談者)

に、通ってらっしゃる・・ってことですね?(坂井眞)
夜に通ってます。(相談者)

でぇ、ほん・・(坂井眞)
特に、平日毎日。(相談者)
なるほど、でぇ、法律の細かい規定は、ここで言いませんけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・例えば、普通の・・大学生が・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
かなりたくさんアルバイトしても、雇用保険の対象にはならないんだけれども・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あなたのように・・(坂井眞)

夜間・・みたいなね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
え・・学校の場合、それで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
こうやって、働いてらっしゃって、生活支えてらっしゃるわけでしょ?(坂井眞)

はぁい。(相談者)

でぇ、そうするとね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あのぅ・・基本的にもう答えは最初からあのぅ・・お聞きになっておられるようだけれども。(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)
あなたが・・雇用保険に、は・・入ることの出来る・・(坂井眞)

立場だって事はあんまり・・(坂井眞)

問題なさそうなんですよ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ、ハローワークも、そう言ってるみたいだし、相談に行ったところも・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あなたは・・(坂井眞)

あのぅ・・間違いないと。(坂井眞)

「あなたは加入できません」って言ってるのは、会社の・・ま・・(坂井眞)

准看護師とおっしゃったから、病院になるのかな?(坂井眞)

病院になります。(相談者)
ねえ・・の・・人事の方だけみたいなんだけど・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
これは、人事の方の言ってることが、どうもおかしいなと。(坂井眞)

はい・・(相談者)
いうこと・・だと思うんですよ。(坂井眞)
でぇ、以前、それで言ったんですけど・・(相談者)
うん。(坂井眞)
「あなた、ましてや勤労学生ですから、入れない」と言われたんですよ。(相談者)

うん。(坂井眞)
ええっ?!と思って・・(相談者)

ちょっと止めてくれ

あのねぇ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
さっき、言ったように・・(坂井眞)

大学生・・(坂井眞)

はい。(相談者)
普通、昼間、大学に通っていて・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
余った・・時間というか、空いてる時間でぇ・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
え・・アルバイトしてる・・というような人は、入れないんですよ。(坂井眞)

あ、はぁい。(相談者)
原則ね、でも、あなたのように・・(坂井眞)

昼間は働いてる。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ、それで生活を支えてる・・っていうような人は・・(坂井眞)

はい。(相談者)
学校へ行ってても、入れる・・っていうのは、法律の・・規定なんですよ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
だから・・(坂井眞)

勤労学生だから・・(坂井眞)

は、は、入れない。(坂井眞)
・・
っていう、単純な話ではなくて・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ・・ど、どうも・・(坂井眞)

おかしいので、説明が・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
病院のほうね。(坂井眞)

でぇ、かなり大きな病院なんですか?(坂井眞)

あのぅ、た・・(坂井眞)
かなり大きいです・・ふふっ・・(相談者)
うん・・そうするとねぇ・・(坂井眞)

そ、そういうところが、雇用保険の扱いを、そんなにあの、おかしな・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ことは普通、やらないはずなんで・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・小さいとこだと、あんまり、あの・・無知でやらないところもあるかもしれないし。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
え・・いい加減な考えで、やらないところもある、でも、それだけ大きいところだと・・(坂井眞)

あのぅ、職員の雇用保険は、きっちり処理されてるはずなんですよね。(坂井眞)

はぁい・・(相談者)

でぇ・・だから・・(坂井眞)

しかるべきところに相談に・・行けばね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ・・あなたの場合はもう・・掛けられる・・ことは、どうも間違いなさそうなんで。(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

ぇ、それはホントは、はい・・入るべきだし、入らないきゃいけないと、思うんだけれども・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)
でぇ、ご相談はね、結局、ポイントは・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

あのぅ・・波風立てないで・・(坂井眞)

っていうところが、ポイントのようなんだけれど。(坂井眞)

はぁい・・(相談者)

そこを、どうするか・・っということをですよね・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
おそらく今日のご相談は。(坂井眞)
そうなんです・・(相談者)
入れるでしょうか?・・ってことではないわけでしょう?(坂井眞)
・・
ぁ、はぁい。(相談者)

でぇ、そこは難しくて・・(坂井眞)

そのぅ、連絡してくれたっていうのはどこ?ハローワークが連絡してくれたんですか?前?(坂井眞)

もめちゃった・・(坂井眞)
ハローワークが前、「連絡する」って言われて、もう掛けそうだったので、「ちょっとやめてくれ」って言って、ちょっと手を押さえたんですけども。(相談者)
前職の時に何か・・(坂井眞)

言った・・(相談者)
あ、前職はそれは、もう、ムカついたので、もう、電話しもらったんですよ。(相談者)
ハローワークから?(坂井眞)

はい。(相談者)
うん。(坂井眞)

でぇ、そしたら翌日・・缶詰になっちゃったと?(坂井眞)
もう・・(相談者)

はぁい、ちょっとあのぅ・・(相談者)

あの、ぅ、上の・・(相談者)

うん・・(坂井眞)
人事とか、社長とか、その辺だから・・(相談者)

いらっしゃって、個室で・・(相談者)

まぁ・・(坂井眞)
だぁだぁ、だぁだぁ、文句・・もう・・それこそ・・(相談者)

それはなんか、ど、どういう話だったんですか?(坂井眞)

その時は・・(相談者)
うん。(坂井眞)
夜勤があったのでぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)
夜勤したんですけど。(相談者)
うん。(坂井眞)

あのぅ・・ホテル・・別のぎょう・・仕事してた時に・・(相談者)
うんうん。(坂井眞)
でぇ・・(相談者)

10時から・・(相談者)

夜中・・次の日の・・7時までだったんでぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)

通常ですと、夜勤じゃないですけど、そういう手当があるはずなのに、ないって書い・・(相談者)
深夜業の手当ってことだね、うん。(坂井眞)

なかったのでぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)
「ちょっと、これないんですけど、どうですか?」・・って言って・・(相談者)
うん。(坂井眞)

「いや、ないよ」って言われて・・ええっ?!っと思って、正社員で働いてたのに、それは・・ないなと思って・・(相談者)
ま、だから・・前の時というのは・・雇用保険の話ではないんですね?(坂井眞)
はい、それではないですし、違います。(相談者)
時間外労働の手当とか・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
深夜業の手当について、というお話ですね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

穏便に

なるほど、ちょっと話が違うんだ。(坂井眞)

あっ、すいません、違います。(相談者)
うん、あのぅ・・それもね、だから、あのぅ・・そういう割増を払わないのは、いいっていうことは、全然ないんで、それはそれで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
問題だけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

今回は、そのご相談ではないのでぇ・・(坂井眞)
はい、すいません、全然、違います。(相談者)

でぇ・・僕、同じ話かなぁ・・と、思ったんで、ちょっとお聞きしたんですが・・(坂井眞)
ぇ、違います、違います。(相談者)

でぇ、今回はね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちょっとまた、制度・・の・・(坂井眞)

そのものに関わるじゃないですか?(坂井眞)

はぁい。(相談者)
まぁ、前もそうかもしれないけど。(坂井眞)

あの、明らかに、雇用保険に入らなきゃいけないのに、入ってないと・・で、おそらく、それだけ大きな病院ですから・・(坂井眞)

通常はちゃんと、対処してるはずなんですよ、他の職員の方。(坂井眞)

ああ、はぁい。(相談者)

病院全体の体制に関わることだから・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

そんなにいい加減にはできないと思うんですよ。(坂井眞)

ああ、はぁい。(相談者)

でぇ、問題は・・(坂井眞)
はい。(相談者)
今回も、やっぱりハローワーク、行ったら・・あなたの名前出して、電話かけそうだったんですか?(坂井眞)

ぁ、はぁい。(相談者)

うん、それは・・(坂井眞)
やっぱ・・(相談者)

だ、出さないと出来ないって?(坂井眞)
はぁい。(相談者)

はい、やっぱ、出来ないって言われたんです、匿名は出来ませんと言われたのでぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)

まぁ、あのその理由も、わかんなくないですけど・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
無責任な話には出来ないから・・っていうことだと思うんだけれども。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、そうすると、え・・でぇ、あなたとしては、今の病院・・(坂井眞)

でぇ・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
そういうことになっては・・(坂井眞)
はい。(相談者)
一番、困ると思ってらっしゃるわけ?(坂井眞)

そうですね、本当は、続けて・・資格取って・・(相談者)
うん。(坂井眞)
その仕事で・・(相談者)

その・・もう、転職とかしたくないので、骨は埋めたいなと思っていたんですけど・・(相談者)
うん。(坂井眞)
そん・・(相談者)

そういうの、されるんでしたらなんか、会社不審じゃないですけど・・(相談者)
うん。(坂井眞)

あなたのは・・そのぅ・・(坂井眞)

ぅ・・要求っていうかね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
求めていることっていうのは・・(坂井眞)

当たり前の待遇にしてくださいと。(坂井眞)

ぁ、はぁい。(相談者)
「法律を守って下さい」っていうことなので。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・あなたが・・こう、卑屈になったり、恥ずかしがったり、する話じゃないじゃないですか。(坂井眞)

ああ、はぁい。(相談者)
恥ずかしいのは、そういう、法律を守らない・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
事業所なんでね。(坂井眞)

でぇ・・(坂井眞)

えーっと、ハローワークに行って、聞いたんだけど、適用があると言いました・・って、そういう相談はされた?(坂井眞)

もうそれからはもう、なんか特に、話さずには・・してます。(坂井眞)

じゃあ・・えーっと、まず、ハローワークから、言われてるとか、名前を出して言う・・前にね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
え・・この間、あなたが加入できませんと言われたけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ハローワークへ行ったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あなたは当然、入れると言われたんでぇ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
その考えって、あの、病院の考え方が、間違ってるんじゃないですか?ちゃんと、調べてください・・っていうのは、どうですか?(坂井眞)

はぁい。(相談者)

それだったら・・(坂井眞)

だいぶ違いません?名前出されて、ハローワークから・・(坂井眞)

騙されたって言われるより。(坂井眞)
ああ・・はぁい、そうですねぇ。(相談者)

あの、人事の方が、そう言ったのでぇ・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
え・・調べてきましたと、自分も。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
法律の制度、よく、わからないので。(坂井眞)
ああ、はぁい。(相談者)
そうしたら・・あの、今、言ったようなこと・・は・・(坂井眞)

わたしが言ったようなことね、週に・・20時間とか。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

一ヶ月以上とか・・いう、要件があるじゃないですか。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
でぇ・・えっと勤労学生の話しについても、ひょっとしたら、ハローワークに行って、もう一度、確認されたらどうでしょうか?(坂井眞)

ああ、わかりました。(相談者)
うん、あの、勤労学生一般は、ダメな時もあるけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
こう・・その、定時制とか、夜間の・・(坂井眞)
はい。(相談者)
学校に行ってる時は・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それは、除外の除外っていうことでぇ・・(坂井眞)

ああ、はい。(相談者)
え・・適用対象者になるということを・・だと、わたし思うので。(坂井眞)

あっ、わかりました。(相談者)
それも確認をして・・(坂井眞)

はい。(相談者)
え・・勤労学生はダメだと、おっしゃったけれども、こういわけで入れるんだと、ハローワークの人から、教えてもらいましたと。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
だから・・(坂井眞)

もう一度調べて・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ちゃんと、法律に則った(のっとった)・・こと、やってくれませんか?と。(坂井眞)
はい・・(相談者)

あっ・・(相談者)
自分としては・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あのぅ・・ここで、ずっと、勤めたいので・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

えーっと、考えていて、一生懸命、働こうと思ってるんだけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)
やっぱり、雇用保険が入れないと。(坂井眞)

はい。(相談者)
入れるのに・・入れない・・っていうんでは、心配だから・・(坂井眞)

はい。(相談者)
お願いできませんか?・・っていう、まぁ、なんて言うのかなぁ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
穏便に・・って言うの?(坂井眞)

という辺りだと、思うんですけどねぇ。(坂井眞)

ぁ、わかりました。(相談者)
はぁい。(坂井眞)
ありがとうございます。(相談者)
はい、よろしいですかね、こんなことで。(坂井眞)
・・
あっ、すいません。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。