テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

もしもし?(加藤諦三)

はい?(相談者)

名前を出したくないってあの・・気持ち、わかるんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

要するに、個室で1時間・・(加藤諦三)

ギャアギャア、ギャアギャア、言われたからっていうことでしょう?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

だけど今、あなたのやっ・・(加藤諦三)
それが、すごく・・(相談者)

あの、やることは、名前を出したくないって、普通・・に、ちょっと、恥ずかしいことだとか・・悪い事と・・(加藤諦三)

では、ないですよねぇ?(加藤諦三)

ぁ、はぁい。(相談者)

・・

・・

なんか・・(加藤諦三)

そ、そんなに、恐れる・・ことかなぁ?(加藤諦三)

あっ、わかりました。(相談者)

勇気持って、頑張ります。(相談者)
そうですか、はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

今の体験に、過去の体験と似通った事で反応しないこと。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

聞いてる分には、人事担当の人、分が悪そうだ
看護師不足から「勤労学生」を
都合よく、使ったのか?と、思ったり・・

詳細は、わかりません
ただ、気になったんですよね
いろんな意味で

冒頭の相談者の説明では

『正社員とほぼ変わらず』

『保険がなにもなくて・・雇用保険とかがなくて・・辞めた時になにも・・もらえなくて、それで・・あの、辞めた時に・・』

なるほど、その不安、わかります
でも、ちょっと待って
こんなこと、言わなくてもいいのに

『もう、転職とかしたくないので、骨は埋めたいなと思っていたんですけど』

あら?どうやって骨を埋めるの?
今現在、正社員じゃないのに
ちょっと、アレですか?

まぁ、勇気をもって、会社に言えば
それこそ、骨云々は関係ない
間違いを、正してくれて「ありがとう」

という線は、かなり薄い

勝手な想像だけど、おそらく
前回の雇用保険を利用して
准看護師の資格を取得したんじゃない?

『もう、転職したくないので』ね
この言葉が、そこへ至る
苦難を表してないかい?

そして、准看護師の資格をもってしても
アレ?・・ってな感じで、「勤労学生」に辿り着いた
それはまぁ、本人の性格によるところも「大」な気がするけど

あくまでも、想像ですよ、想像

正論を言うのは、番組的にも個人としても
カッコイイけど
言わない、言えない回答もあっていい

坂井先生の『穏便に』
この柔軟さは、素敵じゃない?

テレフォン人生相談2018月6月4日(月)予告

夫の両親との同居生活を解消したい女性からの相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。