テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月3日(火)は、今井通子&坂井眞。相談者は53歳の全盲の女性。民謡を習っている相談者。6年前から稽古のやり方や叱られた内容、それから師匠の悪口を書いたりしていた。去年、師匠がエゴサーチでブログの存在を知り怒られる。先生の名前を消し題名を変えて、ブログに鍵を掛けて誰にも見れないようにするも、日記を続けている事を先生に話したら、破門、訴えると言われた。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:53歳女性(全盲) 母87歳 二人暮らし 3年前に他界した姉(享年53歳) 民謡のお師匠44歳

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)
も・・はい・・(相談者)

よろしくお願いします。(相談者)
はい、こちらこそ・・今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

民謡を習っていて、その先生はすごく怒っているんですけど・・裁判にするって言われてるんで・・どうしよう・・と思って。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

どうでもいい子

あなたはおいくつ?(今井通子)

53歳です。(相談者)
53歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

お一人ですか?それとも・・あの・・(今井通子)
あっ、あのぅ・・(相談者)
ご家族・・(今井通子)
独身で、母と二人で暮らしています。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)
お母様は、おいくつ?(今井通子)

87歳です。(相談者)
87歳、お元気?(今井通子)
はい・・(相談者)

ん・・ま、元気じゃないけど、ま、なんとか・・あはっ・・(相談者)

ぉ・・お互いに助け合って・・って感じです(笑)・・ふふふ・・(相談者)
あっ・・じゃああの、寝たきりだったりとか・・(今井通子)
いえ・・(相談者)
介護が必要じゃない・・(今井通子)
ないです。(相談者)

はい、ないです・・はい。(相談者)
あ、それは、いいですねぇ。(今井通子)
ああ・・(相談者)
はい。(今井通子)
でも・・ちょっと、物忘れがだいぶ・・酷くなって・・はい(笑)。(相談者)
まぁねぇ・・(今井通子)
はい・・(相談者)

わたし・・はい。(相談者)
あなた自身は、ご兄弟は?(今井通子)

ぁ、えっと、居ましたけど、亡くなりました。(相談者)

お兄さん、お姉さん?(今井通子)
ぁ、姉です。(相談者)

姉が亡くなりましてぇ・・(相談者)
お姉さん・・が・・はい。(今井通子)
昨日、お母さんが・・はい。(相談者)
亡くなったのは・・(今井通子)
やっぱり・・(相談者)
何年前ぐらい?(今井通子)
えっと・・50・・そう、53の時なんですけども。(相談者)

今から、3年前です。(相談者)

3年前、これは・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご病気で?(今井通子)

はい、脳・・出血だか、脳梗塞だか、そういう・・(相談者)
あららららら・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい、それで、うちの母がちょっと・・弱っちゃって・・(相談者)
はい。(今井通子)
ん・・な・・あの・・「あ、あんたが先に死ねばいいのに」って(笑)・・ふふふ・・(相談者)
ええっ?!(今井通子)
ふふふふ・・(相談者)
ふふふ・・(今井通子)

それはまた・・(今井通子)

あの・・(今井通子)
ええ。(相談者)
お姉さんも、そうすると独身だったの?(今井通子)

いえ、結婚して、子供もいます。(相談者)
ああ、そうなんですか?(今井通子)
はい。(相談者)

ちょっと、お母さんのその(笑)・・ふふふ・・(今井通子)
へへへ・・(相談者)
お母さんの・・(今井通子)
あの・・(相談者)

あんた・・(今井通子)
あの、わたし・・(相談者)
うん。(今井通子)
全盲なもんですから、あの、んっと・・「なんともない子は・・死んじゃって、どうでもいい子が生き残った」って、常に(笑)・・うふふ・・ふっ・・(相談者)

ああ・・まぁ、そりゃ、お母さまも凄いわね。(今井通子)
うふふふ・・(相談者)

ふふっ・・(相談者)
なるほど。(今井通子)
はぁい。(相談者)

ブログが師匠にバレる

それでぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
まず・・(今井通子)
はい。(相談者)

お師匠さん・・って言うの?そういう時は?(今井通子)

民謡・・(今井通子)
えーっと、まぁ、先生とか、師匠とか・・(相談者)
先生でいいの?(今井通子)

ぁ、師匠?(今井通子)
どっちがいいか、わかんないけど・・(相談者)

まず最初に、わたしの・・(相談者)

日記が・・バレたのが・・(相談者)

ちょっと・・しばらく前なんですけど、そん時は・・(相談者)

先生のお名前があったり・・(相談者)

まぁ、先生の、稽古状況があったりして・・(相談者)

んっと、これじゃあ・・(相談者)

「うちの・・教室で、どのように教えてるか、わかっちゃうじゃないか」・・って、すごい怒られて。(相談者)

先生は・・おいくつぐらいの方?(今井通子)

40・・4です、はい。(相談者)
あ、随分、若い方ね。(今井通子)
そうですねぇ。(相談者)

えっと・・日記がバレた・・って、おっしゃったけど、なに?(今井通子)
はい。(相談者)
それは、どういう経緯だったの?(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

インターネットに・・(相談者)
ネットに?(今井通子)
書くやつ・・はい。(相談者)
あっ・・要するにあなた、ブログ書いてるわけね?(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

それでぇ、あのぅ・・検索しちゃったらしくって。(相談者)

その時に・・(相談者)

先生の、お名前やら・・(相談者)

稽古の状況やら・・(相談者)

あんっと、それだけじゃなくって・・(相談者)

部分的に悪口やら・・うふふ・・出て来ちゃったんです。(相談者)

日々のことを、書いてる中に・・(今井通子)

はい・・今日は・・(相談者)
民謡の稽古に今日は・・(今井通子)
うん。(相談者)
行きました。(今井通子)
た・・はい。(相談者)
そこでぇ・・(今井通子)

こんなことがありました。(今井通子)

そうそうそう、そんな感じ。(相談者)
え・・こんな感じでした・・っていうのでぇ・・(今井通子)
はい、今日はこういうアドバイスを受けたとか。(相談者)
うん。(今井通子)
ここを直せと言われたとか。(相談者)
うん、そういうことを・・(今井通子)
こういう・・注意を受けたとか、はい。(相談者)
との・・はい、それを書いちゃったのね?(今井通子)

そうなんです。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

そういうのを、ずーっと、日記・・日記っていうか、その・・(今井通子)

はい。(相談者)
ぇ・・書いてるうちに・・(今井通子)

はい。(相談者)
どれぐらい経ってから・・(今井通子)

先生が気付いたんだろう?(今井通子)

6・・(相談者)
なん・・何年ぐらい・・(今井通子)
6年前から、書いてるって、去年気づいたから・・(相談者)

まぁ、5年・・(相談者)

**が、経ってからですかねぇ・・(相談者)

・・

5年後に、き、気付かれたわけね?(今井通子)
そうですねぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

そんでぇ、すごい昔のものも・・あのぅ・・わたしの忘れてるのも、出て来ちゃって・・(相談者)
うん。(今井通子)

ふっ・・(相談者)

んでぇ・・おな・・(相談者)
でぇ、そして・・まず、まず、怒られた・・(今井通子)

はい。(相談者)
怒り方は・・(今井通子)

はい。(相談者)
先ほど、ちょっと、チラっておっしゃってた、その・・(今井通子)
はい。(相談者)

教室で、何をやってるかが、わかっちゃうっていう・・(今井通子)

その・・(今井通子)
はいはい。(相談者)

それは・・(今井通子)
はい。(相談者)

あなたに対して、先生が、どういうアドバイスしてるかが、わかっちゃうっていうのか。(今井通子)

それとも・・(今井通子)
ああ・・(相談者)
えーっと、お教室・・(今井通子)
先生は、わたしへのアドバイスを読んで。(相談者)
うん。(今井通子)

あの・・誰か、第三者が・・(相談者)
うん。(今井通子)
「まぁ、あそこの先生は、こういう教え方なのか」って、わかっちゃうっていう・・(相談者)
ああ、いや・・なるほど・・(今井通子)

うん。(相談者)
その、教え方のノウハウが知られちゃうってことね。(今井通子)

そうですね、そういうことの・・はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

それで怒られた。(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

ブログに鍵をかけるが

それでぇ・・(相談者)

一旦、消して・・(相談者)

うん。(今井通子)

一旦、消してっていうのは、お名前のところとか、全部・・このぅ・・題名からして、判断できるところ全部消して。(相談者)

はい。(今井通子)

それでぇ・・(相談者)

・・

ぃ、一回、終わったように思ったんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

わ、わたしがちょっと、馬鹿だったのか、なんなのか・・(相談者)

あの、鍵を掛けて・・(相談者)
はい。(今井通子)

誰にも見ない・・見れないようにして、日記をまた、書いてるって・・言っちゃたんです。(相談者)

それ誰に?(今井通子)

先生に。(相談者)

ふぅ・・(相談者)
うん。(今井通子)

今度、お名前も書いてないし・・(相談者)
うん。(今井通子)
鍵も掛かってるから・・(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・見れないと思います。(相談者)
・・
でも、わたしなんか、日記書くの好きなので・・書いてます・・って言ったら。(相談者)
はい。(今井通子)

まだ懲りないのか!・・っていう感じで。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

怒られちゃって。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・あのぅ・・まぁ、破門すると。(相談者)

うん。(今井通子)
ら・・来月から、連絡が行かないぞ・・と。(相談者)

・・

はい。(今井通子)

でぇ、そういう感じなのでぇ・・(相談者)

うん、そんだけ・・言われちゃったらもう・・しょうがいないんですけども。(相談者)

はい。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

裁判になったら、どうしようと思って・・(相談者)

鍵を掛けてるんだったら、怪しい・・って、言われて。(相談者)

どんな、ハッカーがいるかわからないんだぞ・・って。(相談者)
なるほど。(今井通子)

か、鍵開ける人はいる・・ぐらいの人は、いるんだぞ・・って。(相談者)
うん、うん、うん。(今井通子)

日記を書くのが好きなんですか?(今井通子)

そうなんです。(相談者)
それとも、その日記を人に見てもらう事が好きなの?(今井通子)

いえいえ・・日記を書くのが好きみたいなんです、わたし。(相談者)

・・

あの、点字とかはやってる?(今井通子)

はい。(相談者)

点字で書いたらどうだ・・って、怒られたんですけど。(相談者)
うんうん。(今井通子)

点字って・・えへへっ・・(相談者)

はい。(今井通子)
すごいあのぅ・・(相談者)

あの・・(相談者)

場所をとる・・(相談者)
うん、それは確かにそうね。(今井通子)

うふっ・・(相談者)
うん。(今井通子)

営業妨害で訴訟?

んでぇ・・見てもらいたい・・っていうのは・・その、ごくわずかの友達には、見てもらいたいかもしんないですね、もしかしたら、もしかして、ただ・・いち、一番目的は、自分の為に・・(相談者)

いやぁ・・一年前、あ、あ、これ買いに行ったんだ。(相談者)
記録を残したい・・っていう方が、先なのね、オッケー。(今井通子)
そうそうそう、はぁい、はぁい。(相談者)
そこは、じゃあ、わかりました。(今井通子)
はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

そこでぇ・・(今井通子)

うん。(相談者)
この先生じゃなきゃダメなの?民謡を教わるの?(今井通子)
うんっと・・それなんですけども。(相談者)

あのぅ、先生が言うには・・(相談者)
はい。(今井通子)

こういう悪い生徒は・・他の先生にも、受付ないでくれって、全先生に言うぞ・・って言うんです。(相談者)

・・

うん。(今井通子)

言われた先生だって・・(相談者)
うん。(今井通子)
そんな・・稽古の状況、書くような人を、受けるわけないぞ・・って。(相談者)
先生を、代える気はあるの?(今井通子)
民謡は続けたいので・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん・・先生を代えても、続けていけるものなら、続けていきたい・・ただ・・(相談者)

民謡の中で・・(相談者)

「あ、あの人よ、あの先生の所、あの嫌われた人、あの人よ」・・なんて・・(相談者)

他の人に言われたら嫌だな・・と思ったり(笑)。(相談者)

なるほどねぇ(笑)。(今井通子)
うふふふふ・・(相談者)
いろいろ考えられるわけね。(今井通子)
うふっ、うまく言えないですけど、はい(笑)・・(相談者)
でも、本当に民謡が好きで・・(今井通子)

はい。(相談者)
人に、なんと言われても・・(今井通子)

自分は、民謡が・・(今井通子)
民謡が好きで・・(相談者)
出来ればいいわ・・(今井通子)
はい。(相談者)
って・・じゃあない・・ってこと、言いたいわけね。(今井通子)
そう、民謡が好きなんだけど・・(相談者)
うん。(今井通子)
先生も、大好きなんだけど。(相談者)
うん。(今井通子)

そのぅ・・これだけ嫌われたらしょうがないし・・(相談者)

ただ・・(相談者)

民謡は、続けたいな・・と、思うんですけど。(相談者)

うん。(今井通子)

うん・・(相談者)

人からこう・・あの、後ろ指をさされるのも、嫌だっていう・・(今井通子)
嫌だ・・うふふふふ・・(相談者)
うん、それくらいの・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
熱意しかないってことね。(今井通子)
うん、そうですかねぇ(笑)・・ふふふ・・(相談者)
民謡に対しては・・まぁ、それでぇ・・(今井通子)

とりあえず民謡は続けたいし・・(今井通子)
はい。(相談者)
他の先生になってもいいんだけれども。(今井通子)

はい。(相談者)

そうすると問題は・・(今井通子)

はい。(相談者)

裁判になったら・・(相談者)
要するに、裁判・・(今井通子)
どうしよう・・って。(相談者)

それが一番?(今井通子)
わたしは、どうしたら***なんだろう?・・はい、そうですねぇ・・(相談者)

でぇ・・その先生が言う、裁判っていうのは・・(今井通子)

営業妨害です。(相談者)
営業妨害ね。(今井通子)

はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)

はい。(相談者)
じゃあ、今日はですねぇ・・(今井通子)

はい。(相談者)
弁護士の・・坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 師匠が怒ってる理由は簡単。
    礼節がなってないから!
    ブログに悪口書いておいて
    よくまた教えてくださいって言えますなあ。
    私ならもう合わす顔もないと思うけど。

  2. どうしてあんなに笑いながら話していたのかわからない。。。

    やや、空気が違う?

    ともあれ、今井通子さんが言われていたように、名前を書いたりするのはいけないです。それは、ダメなことですよ。

  3.   まるで 中学 高校 女子生徒 みたいに 世間知らずの ご相談者でしたね? 世間知らず そのものでした。
     それにしても お母上の お言葉 「お前が代わりに死ねばよかったのに」
     全く 相手の気持ち 心を 思い計る 事のできない 親ですね。

     ご相談者 重い ご 障害を お持ちですが もっと 大海に漕ぎ出て 世界を広めた方が 良いですね そんな 狭いエリアに凝り固まっているから 民謡の師匠の 顔色を気にしなければいけないのです。

  4. 「裁判で訴えるぞ」とまで激怒したのには、それなりの理由があるはずです。
    その点についての説明がまったくありません。
    ここが問題の核心部分に違いないのですが・・・・

    この相談者さんはその重大性に気付いていないのか?それともそれを明かしてしまうと自分に非があることがあからさまになってしまうから隠したのか?
    いづれにしても、ヘラヘラした態度からは非常に不自然な印象を受けました。