テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)

その先生が・・(坂井眞)

はい。(相談者)
「破門だ」と。(坂井眞)

言ったんですよね、最後には。(坂井眞)
はい。(相談者)

これ、最終決定なんですか?(坂井眞)
うーん・・(相談者)
だったらこっち、いろいろ考えてもしょうがないよね、それ、それについては。(坂井眞)
うーん・・(相談者)

最終決定かどうか、実はよくわからないです。(相談者)

ブログを辞める決断

稽古の日付っていうのが・・(相談者)

わたしんとこに、連絡が来ないって言うんです。(相談者)

いつも何、あの、「次の日付はこうだよ」って、いうふうに、先生の方から言われて、その日に行くんですか?(坂井眞)
そうなんです。(相談者)

そうすると、連絡来なきゃ、行きようがないよね。(坂井眞)

そうなんです。(相談者)

でぇ、来なかったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
もしあなたが、それでもその先生に教えてもらいたいって言うんだったら・・(坂井眞)

はい。(相談者)
なおのことその先生に連絡をとって。(坂井眞)

あの、先生もう来なくていいと・・破門だと、連絡もしないぞと言ったから、連絡いただけないんだけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
わたしはどうしても先生のところで、教えてもらいたいから・・(坂井眞)

はい。(相談者)
なんとか続けさせてくださいって言わなきゃいけないって、こういう話だよね?(坂井眞)

あ、そうですね、はい。(相談者)
でぇ、そういうことするつもりはあるの?(坂井眞)

あります。(相談者)

ただ・・(相談者)
うん。(坂井眞)

うんっと・・受けてくれるかどうかわからないけど。(相談者)
もちろん、もちろん・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
そうじゃなくて・・(坂井眞)
はい。(相談者)
受けてくれるかどうかじゃなくて、あなたはそういうことをするつもりがあるのね?(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・(相談者)
先生が怒ってるのは・・ネットにつながってるとこで書くのはもうやめろ・・って言って、怒ってるわけだよね?(坂井眞)
あ・・そうなんです。(相談者)

人に見られるから。(坂井眞)
ええ・・(相談者)

でぇ、そういうのはやめる気があるかどうかっていうことをまず決めないと・・(坂井眞)

ああ・・そうですねぇ。(相談者)
それがないのに言って・・(坂井眞)

はい。(相談者)
先生、騙して続けるってのは、あんまりそりゃあ、あのぅ・・(坂井眞)
そうですよねぇ。(相談者)
師弟関係として、いかがなものと思うから(笑)。(坂井眞)
はい、そうですよねぇ。(相談者)

で、現実にそういう事有るかもしれないけども・・(坂井眞)
はい、はい。(相談者)
それは、謝りに行くっていう話とあんまり相容れないので・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あなたにそういう気があるかどうかだよね。(坂井眞)

はい・・はい。(相談者)
でぇ、そういう気があるんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あのぅ・・ちゃんと自分でどこまでどうするかって考えて。(坂井眞)
はい。(相談者)

ぇ、とにかく今、やってるようなブログないし、ネットの中で書くのはやめる・・と、思えるのかどうか。(坂井眞)
はい・・はい。(相談者)

さっきの話だと、それでもいいようには思うけれども。(坂井眞)
うーん・・(相談者)
まぁ・・今・・(坂井眞)

出た話だから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
決断してないと思うんで、そこはちゃんと考えて・・(坂井眞)
うーん・・はい。(相談者)
もし、この先生に教えてもらうのが一番だって言うんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そこの結論を出してからじゃないと。(坂井眞)

そうですねぇ・・(相談者)
でぇ、謝りに行って・・(坂井眞)

はい。(相談者)
それでも、もう今更ダメだって言われたら、しょうがないよね。(坂井眞)
そうですねぇ・・(相談者)

どうしてもこの人に習いたいって言うんだったら・・(坂井眞)
はい・・はい。(相談者)
一ぺん、そういうことを考えてみる必要があるというのが、一つだね。(坂井眞)

教えるなは問題行為

はい。(相談者)
でぇ・・(坂井眞)

他の先生の話。(坂井眞)

はい。(相談者)
あのぅ・・破門したんだから、こいつは、こんな酷いやつだから、教えるな・・っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
その先生がやったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
その行為自体が、問題になるわけで。(坂井眞)

うーん・・(相談者)
あんまりそこ考えてもしょうがないと思いますよ。(坂井眞)
あっ・・そうですねぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)

その先生が、仮にそういう・・まぁ、あんまり・・(坂井眞)

感心しないことをやったとしても・・(坂井眞)
うん。(相談者)
他の先生たち、師匠達が・・(坂井眞)

うん。(相談者)
その人の言う通りにするとは限らないから。(坂井眞)
ああぁぁ・・(相談者)

その新しい先生のところへ行って、あなたがどういう人に見えるかっていうだけの話じゃないですか。(坂井眞)
うん・・(相談者)

はい。(相談者)

でぇ、ホントにそんなこと言うかどうか。(坂井眞)

うん・・(相談者)
っていう話であって・・(坂井眞)
わからない・・(相談者)
わからないし・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
やり方によったら、その先生だって・・(坂井眞)

問題を抱えちゃうかしれないしね。(坂井眞)

ああぁぁ・・(相談者)

でぇ、もう一つ考えられるのは。(坂井眞)

はい。(相談者)
あの・・わたし、民謡の世界知りませんけど。(坂井眞)

ええ、ええ。(相談者)
どんな師匠と弟子の間だって。(坂井眞)

うん。(相談者)
折り合いが悪くなって、飛び出しちゃう弟子は、いるはずだから。(坂井眞)

ああ、なるほどね。(相談者)
考えても、仕方がないことだと思います。(坂井眞)
うん・・(相談者)

何を書いてもいいわけではない

それでぇ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
えっと、あと・・営業妨害だから・・(坂井眞)

訴訟してやる・・っていう話だけど。(坂井眞)
はい。(相談者)
まぁ、結論から言うと・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そんな簡単な話じゃないと思うので。(坂井眞)
あっ・・(相談者)

そうなんですか?(相談者)
あんまり心配する必要がないと思います。(坂井眞)
ああ・・(相談者)

これは、あのぅ・・(坂井眞)
うん。(相談者)
あくまで・・(坂井眞)

あなたが何を書いたかを、知らないで言っているので。(坂井眞)
ああ・・なるほど。(相談者)

わたしが、もっと・・(相談者)
書いた内容によっては・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
そういうふうになるかもしれないけど。(坂井眞)
ああ・・(相談者)

はい。(相談者)
そんなに、こと細かに・・名前を出して・・(坂井眞)
うーん・・(相談者)

え・・営業妨害になるようなことをやったのか?(坂井眞)

でぇ、もう一つ・・実際に・・営業妨害されたのか?(坂井眞)

最初のお話・・(坂井眞)
まだ実際、被害はないと言ってるんですけど。(相談者)
うん・・そうすると、そういうことでね。(坂井眞)

はい。(相談者)
ブログに、ちょっと書いたことで、営業妨害だ・・っていうのは、そう簡単に、言えないと思いますから・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)
そんなに心配しても・・(坂井眞)
あっ、そうなんですか?(相談者)
する必要がなに・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そうなんですか?って、結論だけ聞くのは、やめてくださいね。(坂井眞)
うふふ・・(相談者)
何書いたか、僕聞いてないから。(坂井眞)
あっ、そんな・・はい。(相談者)

あなたがとんでもないことを書いていたら。(坂井眞)

成り立つかもしれない、可能性としたら。(坂井眞)
とんでもないこと書いたかななぁ・・うふふ・・(相談者)
だけど・・(坂井眞)
とんでもないこと・・(相談者)
あんまりそんな、そんなこと、書いてないでしょう?(坂井眞)

うん、まぁ・・(相談者)

その、稽古の状況と・・あと、先生の言ってた・・そのぅ・・誰かの悪口。(相談者)

うん・・(相談者)
あなたの説明だと・・(坂井眞)

習ってる時の、自分が悪い部分だとか。(坂井眞)

はい。(相談者)

その程度のことなんで。(坂井眞)

うん・・(相談者)

それがそのぅ・・法律的に保護される企業秘密だとか、ノウハウだとか言う・・のは、そう簡単ではないな・・とは思います。(坂井眞)
うん・・(相談者)

なのでぇ・・(坂井眞)

ま、怒って訴訟するぞ・・と、言っているけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

そう簡単なことではないから・・(坂井眞)
うーん・・(相談者)
そんなに心配しなくてもいいんじゃないかなと。(坂井眞)
ああ・・はい。(相談者)

思います。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、え・・基本的にその、自分で・・(坂井眞)

日記を書いたりブログを書く。(坂井眞)

もちろん・・(坂井眞)

自由はあるじゃ・・ないですか。(坂井眞)
はい・・(相談者)
あるわけですよ。(坂井眞)
ええ。(相談者)

でぇ、それはもちろん自由にやっていいんだけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
そこで、そのぅ・・(坂井眞)

何を書いてもいい・・っていうことでは、ないわけですよね、それが・・(坂井眞)

ネットの中で、人に見られるような形で・・(坂井眞)

誰か他人のことが特定できて。(坂井眞)

うん・・(相談者)
でぇ、その人についての、その名誉を毀損するような事実だとかっす。(坂井眞)

はい。(相談者)
誹謗中傷する事実を書いてあると。(坂井眞)

それから、まぁ、あの・・漏らしてはいけない企業秘密。(坂井眞)
ああ・・(相談者)

これを書いちゃうと、それはそれで、法的問題になることはあります。(坂井眞)
ああ・・はい。(相談者)
ネットによる名誉棄損なんていうのはもちろん、あのぅ・・裁判になることもありますから。(坂井眞)
はい。(相談者)

そういうことを注意してやれば、基本的には・・問題にならない・・(坂井眞)
ああ・・そうなんですか?(相談者)
話だと思います。(坂井眞)

ただまぁ、あんまり人の固有名詞書いたりね。(坂井眞)

うんうんうん・・(相談者)
するのは、注意した方が、いいとは思いますよ。(坂井眞)
ああぁぁ・・(相談者)

わかりました。(相談者)
そんな感じで、よろしいですかねぇ?(坂井眞)
はい、わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 師匠が怒ってる理由は簡単。
    礼節がなってないから!
    ブログに悪口書いておいて
    よくまた教えてくださいって言えますなあ。
    私ならもう合わす顔もないと思うけど。

  2. どうしてあんなに笑いながら話していたのかわからない。。。

    やや、空気が違う?

    ともあれ、今井通子さんが言われていたように、名前を書いたりするのはいけないです。それは、ダメなことですよ。

  3.   まるで 中学 高校 女子生徒 みたいに 世間知らずの ご相談者でしたね? 世間知らず そのものでした。
     それにしても お母上の お言葉 「お前が代わりに死ねばよかったのに」
     全く 相手の気持ち 心を 思い計る 事のできない 親ですね。

     ご相談者 重い ご 障害を お持ちですが もっと 大海に漕ぎ出て 世界を広めた方が 良いですね そんな 狭いエリアに凝り固まっているから 民謡の師匠の 顔色を気にしなければいけないのです。

  4. 「裁判で訴えるぞ」とまで激怒したのには、それなりの理由があるはずです。
    その点についての説明がまったくありません。
    ここが問題の核心部分に違いないのですが・・・・

    この相談者さんはその重大性に気付いていないのか?それともそれを明かしてしまうと自分に非があることがあからさまになってしまうから隠したのか?
    いづれにしても、ヘラヘラした態度からは非常に不自然な印象を受けました。