テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年9月14日は、加藤諦三&大原敬子。10日ほど前に、生後2ヶ月になる長女を連れて実家に戻った妻。会話もあり、いつものように電話して、いつ実家から帰ってくるかと聞いたら、帰らないと言う妻。母屋の母との折り合いが悪く、嫁姑問題が原因ではあるが、もともと同居は嫌だと言っていたが、軽く聞き流して本気で聞いてくれない相談者にも問題があったとのこと。どうすれば戻ってきてくれるのか。

テレフォン人生相談2016年9月14日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳男性 妻31歳 長女2ヶ月 3人暮らし 婚姻1年

加藤諦三氏の〆の言葉『心の成長とは、心の未解決の問題を解決することです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

43歳の男性から、家族は妻、31歳と2ヶ月になる長女の3人。

で、今3人で暮らしているんですね?・・そうすると。(加藤諦三)
そうですね、一応・・私の家・・実家で・・(相談者)
あ、実家で・・?(加藤諦三)
えーと、母屋と・・はい、離れで、 3人で暮らしています、(相談者)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
妻は、えっと、子供を連れて、10日ほど前に・・えっと、実家に帰って・・しまいました。(相談者)

あの・・10日ほど前に・・妻が帰るとき、どういう・・ことで・・(加藤諦三)
えーっと、もとと・・そうですね、普通に、えー、子供産まれて2ヶ月ぐらい経ったんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、実家の方に・・あの、妻の実家の方に・・まあ、ゆっくりしておいでっていう感じで・・行く予定やったんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、まあ、行って・・電話して、「いつ帰って来るの?」って聞いたら・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
もう、帰りたくないという・・(相談者)
はああ・・(加藤諦三)
・・話しになってきたと・・(相談者)

そうすると、10日前に、実家に、帰る時には、本音は言わなかったですね?(加藤諦三)
そういうことです、ハイ。(相談者)

で、まあ、2ヶ月ということですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
結局・・かなり・・長い事、上手くいってなかったんでしょうね。(加藤諦三)

いや、私はそこまでとは感じてませんでしたね・・普通に・・毎日、話しもしてましたし、電話もし・・あの・・時間あれば電話も、してましたし・・(相談者)

うん、いや、10日間の話しでなくて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
結婚以来ずーっと、という意味です。(加藤諦三)

いや、あの、わたし的には、そんなに仲悪かったっていうふうには感じませんでした。(相談者)
・・っていう感じじゃないの・・あの、結婚してから何年・・どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)

ええっと・・らい・・げつで、1年です。(相談者)
1年ぐ・・(加藤諦三)

で、恋愛結婚ですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

で、あなた・・から見ると・・恋愛結婚して、1年間、別に・・上手くいかなか・・ったという事は、なくてきた・・(加藤諦三)

そうすると、帰りたくないって言われた時には、もう・・(加藤諦三)

驚きですね。(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

えーっ・・(加藤諦三)
そうですね、何で?っていう感じですね、はい。(相談者)
耳を疑うっていう・・(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

・・事ですよね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それであなた、その後、どう・・解釈しました?・・ショックで・・もうなんにもわからないとか・・(加藤諦三)

そうですね、とりあえず、何で?何で?っていうことで、理由を・・なんべんか、聞いてはみたんですけれども・・(相談者)
電話で聞いた・・聞いたわけですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
そうです・・はい・・(相談者)

したら?(加藤諦三)
・・ま、なん点か、ありまして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もともと、あの、向こう・・親との同居は嫌っていうことやったんですけれども・・(相談者)
はいはい・・(加藤諦三)

まあ、わたし、あの・・ま、家もありますんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ま、家のローンも抱えてますんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、どうにかこっちに来てっていう形で、なんとか説得して・・まあ、来てもらったんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

結局・・まあ、それが・・まあ・・まだ、私が言うから、仕方がなく折れたけど・・もう、本当は納得してなかったっていう感じですかね。(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あと・・うちの母親との折り合いも悪かったみたいです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あとまあ、私の方が・・まあ、あんまり・・・なんでもかんでも、あの、妻の言う事を、軽く聞き流して、本気でとりあってなかったっていうことも、あるみたいです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

で・・お母さんとの折り合いが悪かったって、まぁ、同じ敷地内に居たら、しょっちゅう顔を合わすから大変でしょうけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これ、言い合いがするっていうようなことじゃなくて、奥さんの方が全部、我慢してたっていうこと?(加藤諦三)
そうですね、あの、何かをされるとかじゃなくって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、うちの母親が、まあまあ、悪気はないと思うんですが、結構、無神経なこととかを・・普通に、相手方に、言って・・(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)

それがまあ、積み重なって、だんだん、だんだん、嫌いになってきたっていうのが、現状みたいですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だから、表立って、喧嘩してるとかではないんですが・・(相談者)
そうですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、お母さんと上手くいかなくって・・いうのは、わかるんですけど、お父さん・・とは、どうだったんですか?・・それは、あんまし接しなかったから、わか・・(加藤諦三)

あ、父親もうあの・・10年ほど前に亡くなってるんで、ぜんぜん、接点はないです。(相談者)
あ、そう、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そうするとその・・いわゆる、嫁姑の問題っていうのが、あったということですね。(加藤諦三)
そうですね、嫁姑の問題も、あったとは、思います、はい。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

あの、実家同士は、どうだったんですか?(加藤諦三)
はい、実家同士、向こうの母親も・・まあ、うちの母親に・・まあ、無神経なことを言われて、非常に家の事を、嫌ってます。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

ですんで、それを、母親に、無神経な事を言ってるのを聞いて・・うちの妻も、だんだん、だんんだん・・嫌いになってきたっていうのが、尋常かとは、思うんですが・・(相談者)

で、今日のあなたの相談っていうのは、こういう環境の中で・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

えー、もう今、帰りたくないと言ってるけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
わたしはどうしたら、いい・・でしょうか?ってことですかね。(加藤諦三)

そうです・・ってよりも、どうしたら、帰ってくるのかっていうことです。(相談者)
あ、どうしたら、帰ってくるのかと・・いう・・(加藤諦三)
はい、嫁と・・妻が、どうしたら、もう一回、元の・・はい、状況に戻れるのかっていうことです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今日は、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしているので、うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

【おすすめ記事】



≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.