子供を連れて実家に戻った妻

テレフォン人生相談
夫婦関係

テレフォン人生相談2016年9月14日は、加藤諦三&大原敬子。10日ほど前に、生後2ヶ月になる長女を連れて実家に戻った妻。会話もあり、いつものように電話して、いつ実家から帰ってくるかと聞いたら、帰らないと言う妻。母屋の母との折り合いが悪く、嫁姑問題が原因ではあるが、もともと同居は嫌だと言っていたが、軽く聞き流して本気で聞いてくれない相談者にも問題があったとのこと。どうすれば戻ってきてくれるのか。

テレフォン人生相談2016年9月14日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳男性 妻31歳 長女2ヶ月 3人暮らし 婚姻1年

加藤諦三氏の〆の言葉『心の成長とは、心の未解決の問題を解決することです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

43歳の男性から、家族は妻、31歳と2ヶ月になる長女の3人。

で、今3人で暮らしているんですね?・・そうすると。(加藤諦三)
そうですね、一応・・私の家・・実家で・・(相談者)
あ、実家で・・?(加藤諦三)
えーと、母屋と・・はい、離れで、 3人で暮らしています、(相談者)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
妻は、えっと、子供を連れて、10日ほど前に・・えっと、実家に帰って・・しまいました。(相談者)

あの・・10日ほど前に・・妻が帰るとき、どういう・・ことで・・(加藤諦三)
えーっと、もとと・・そうですね、普通に、えー、子供産まれて2ヶ月ぐらい経ったんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、実家の方に・・あの、妻の実家の方に・・まあ、ゆっくりしておいでっていう感じで・・行く予定やったんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、まあ、行って・・電話して、「いつ帰って来るの?」って聞いたら・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
もう、帰りたくないという・・(相談者)
はああ・・(加藤諦三)
・・話しになってきたと・・(相談者)

そうすると、10日前に、実家に、帰る時には、本音は言わなかったですね?(加藤諦三)
そういうことです、ハイ。(相談者)

で、まあ、2ヶ月ということですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
結局・・かなり・・長い事、上手くいってなかったんでしょうね。(加藤諦三)

いや、私はそこまでとは感じてませんでしたね・・普通に・・毎日、話しもしてましたし、電話もし・・あの・・時間あれば電話も、してましたし・・(相談者)

うん、いや、10日間の話しでなくて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
結婚以来ずーっと、という意味です。(加藤諦三)

いや、あの、わたし的には、そんなに仲悪かったっていうふうには感じませんでした。(相談者)
・・っていう感じじゃないの・・あの、結婚してから何年・・どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)

ええっと・・らい・・げつで、1年です。(相談者)
1年ぐ・・(加藤諦三)

で、恋愛結婚ですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

で、あなた・・から見ると・・恋愛結婚して、1年間、別に・・上手くいかなか・・ったという事は、なくてきた・・(加藤諦三)

そうすると、帰りたくないって言われた時には、もう・・(加藤諦三)

驚きですね。(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

えーっ・・(加藤諦三)
そうですね、何で?っていう感じですね、はい。(相談者)
耳を疑うっていう・・(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

・・事ですよね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それであなた、その後、どう・・解釈しました?・・ショックで・・もうなんにもわからないとか・・(加藤諦三)

そうですね、とりあえず、何で?何で?っていうことで、理由を・・なんべんか、聞いてはみたんですけれども・・(相談者)
電話で聞いた・・聞いたわけですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
そうです・・はい・・(相談者)

したら?(加藤諦三)
・・ま、なん点か、ありまして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もともと、あの、向こう・・親との同居は嫌っていうことやったんですけれども・・(相談者)
はいはい・・(加藤諦三)

まあ、わたし、あの・・ま、家もありますんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ま、家のローンも抱えてますんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ま、どうにかこっちに来てっていう形で、なんとか説得して・・まあ、来てもらったんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

結局・・まあ、それが・・まあ・・まだ、私が言うから、仕方がなく折れたけど・・もう、本当は納得してなかったっていう感じですかね。(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あと・・うちの母親との折り合いも悪かったみたいです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あとまあ、私の方が・・まあ、あんまり・・・なんでもかんでも、あの、妻の言う事を、軽く聞き流して、本気でとりあってなかったっていうことも、あるみたいです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

で・・お母さんとの折り合いが悪かったって、まぁ、同じ敷地内に居たら、しょっちゅう顔を合わすから大変でしょうけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これ、言い合いがするっていうようなことじゃなくて、奥さんの方が全部、我慢してたっていうこと?(加藤諦三)
そうですね、あの、何かをされるとかじゃなくって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

まあ、うちの母親が、まあまあ、悪気はないと思うんですが、結構、無神経なこととかを・・普通に、相手方に、言って・・(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)

それがまあ、積み重なって、だんだん、だんだん、嫌いになってきたっていうのが、現状みたいですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だから、表立って、喧嘩してるとかではないんですが・・(相談者)
そうですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、お母さんと上手くいかなくって・・いうのは、わかるんですけど、お父さん・・とは、どうだったんですか?・・それは、あんまし接しなかったから、わか・・(加藤諦三)

あ、父親もうあの・・10年ほど前に亡くなってるんで、ぜんぜん、接点はないです。(相談者)
あ、そう、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そうするとその・・いわゆる、嫁姑の問題っていうのが、あったということですね。(加藤諦三)
そうですね、嫁姑の問題も、あったとは、思います、はい。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

あの、実家同士は、どうだったんですか?(加藤諦三)
はい、実家同士、向こうの母親も・・まあ、うちの母親に・・まあ、無神経なことを言われて、非常に家の事を、嫌ってます。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

ですんで、それを、母親に、無神経な事を言ってるのを聞いて・・うちの妻も、だんだん、だんんだん・・嫌いになってきたっていうのが、尋常かとは、思うんですが・・(相談者)

で、今日のあなたの相談っていうのは、こういう環境の中で・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

えー、もう今、帰りたくないと言ってるけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
わたしはどうしたら、いい・・でしょうか?ってことですかね。(加藤諦三)

そうです・・ってよりも、どうしたら、帰ってくるのかっていうことです。(相談者)
あ、どうしたら、帰ってくるのかと・・いう・・(加藤諦三)
はい、嫁と・・妻が、どうしたら、もう一回、元の・・はい、状況に戻れるのかっていうことです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今日は、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしているので、うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

【おすすめ記事】



大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
こんにちは、よろしくお願い致します。(相談者)

大変ですよね、愛する人がいなくなってしまった寂しさは・・(大原敬子)
それはもうはい・・(相談者)
すごくよく分かる。(大原敬子)
はい・・(相談者)
寂しいですよね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

だけど・・第三者から見ると・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
今、いろんな情報、仰ってました、姑さんとか全て・・(大原敬子)
はい、はい・・(相談者)

そうして自分の心を、人間は楽にするんですね。(大原敬子)
はい、そうですね、はい・・(相談者)
これ、シンプルにまとめると・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

どうして、ここまでさしたのかな?・・と思うんですね・・つまりですね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

女性が・・あなたと直接話しをしないで・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
ごたつきもなく・・あなたと手の触れることも避けて・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

出るには、この方法ですよね。(大原敬子)
そうですね、はい。(相談者)
そこまでが・・この、今回の原因なんですよ、実は・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたが、姑さんとかって、いろいろあります、そりゃ世間一般あります。(大原敬子)
はい、はい・・(相談者)
でも、夫と触れていたら・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

こんな出かたは、しないんです。(大原敬子)
はい・・(相談者)
もっと言うと・・最悪な状況っていうのを、申し訳ない、言うんですけどね。(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたと・・縁を切る・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
見るのも嫌い・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

そして、とにかく、後から追い駆けられないで・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
早く・・自分の砦に逃げる方法となると・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

行く寸前まで・・「うん、赤ちゃんは、実家に連れて行くわね」・・「また、帰ってくるから」・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

じゃあ、ちょっと、行ってきますって、言った時点まで・・もう、抑えて抑えて・・(大原敬子)
うーん・・(相談者)

あなたという人間から・・離れて・・帰っちゃったってことですよ。(大原敬子)
ここが、イチバンな問題なんです、実は・・(大原敬子)
・・そんな、まさにそんな・・はい・・そんな感じです、はい・・(相談者)
そうでしょう・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

なぜ、ここまでさしてしまったかtってこと、なんですね。(大原敬子)
そうですね、はい。(相談者)

こういう逃げ方は、私だったら・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
相手が見えない・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

相手がわからない・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

相手がね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
どんな人か、わからない時ってのは、怖いですよね?
はい・・(相談者)

その場合には、とにかく、妊娠中は逃げてもどうしようもないから・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
子供ができて・・だって、妊娠中あなた、迎えに来ますもん。(大原敬子)
うーーん・・(相談者)

とにかく、子供げできて、で、実家に帰るわねって、気持ちよく帰るようなふりをして・・(大原敬子)
そうです、はい。(相談者)
ドアを閉めちゃったってことです。(大原敬子)
はい・・(相談者)

それは・・あなたの独善的な愛ですよね。(大原敬子)
はい・・(相談者)
今、いや、こういうことしてあげましたよ・・こういうことしてあげましたよと、仰ってるんです。(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたが狐さんで、奥さんが兎さんの場合に・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
狐の好きな物を、奥さんにあげてたんですね。(大原敬子)
はい・・(相談者)

奥さん、兎さんですから・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
狐さんが、こんなにいい料理だよって言っても・・兎さんは、この人、私を見てないんだわ、と思いませんか?(大原敬子)
そうですね、はい。(相談者)

だから、僕はこんなにやってあげた、こんなにやってあげたって言うんですよ。(大原敬子)
ああ、言うから、そう言ってました。(相談者)
相手を無視して・・そうでしょう。(大原敬子)
はい、言ってました・・はい。(相談者)

なんて?(大原敬子)
嫁の為、子供の為って言って、いつも、「これしてあげた」「あれしてあげた」っていうふうに言ってました、はい。(相談者)

相手をも見ずして・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
自分の世界観の価値観で・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

相手に恩を売った、愛し方なんですよ、コレ。(大原敬子)
そうです、それはもう、よく、あの、妻にも、そんな感じの事は言われてます。(相談者)

そしたらね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
あなた自身が先ほど原因でね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

いやー、姑とこう悪口を言ってしまった云々ってことは・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
夫婦が上手くいってれば・・こんなことないんですね。(大原敬子)
そうですね、それも重々・・はい、あの・・(相談者)
わかります。(大原敬子)

感じてます、はい。(相談者)
い・・あの、男と女の別れってね・・直接自分が原因だったら辛いんですね。(大原敬子)
はい・・(相談者)

だから、きっと、あの状況でしょ・・ああいうことも、あったでしょ・・ああいう条件もあったでしょう・・だから、こうなってしまったってのは、楽なんですけれども・・(大原敬子)
うーん・・(相談者)

あの、仏教で、「念々歩々唱々」(ねんねんぶぶしょうじょう)ってあるんですよ。(大原敬子)
はい・・(相談者)

絶対に、僕は今までの男として、僕は変わる・・変わるんだって・・なぜ変わるか?
はい・・(相談者)

この妻が、自分には必要だって・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

まず、僕が変わらなくて・・土台が変わらなくて・・妻が戻ってくるわけがないと、あなたが思うことですよ。(大原敬子)
そうですね、はい・・うーん・・(相談者)

そうすると、いつも頭の中の意識、自分は・・俺は変わろうと・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
意識ですね。(大原敬子)
うん・・(相談者)

念々・・なぜか?
うん・・(相談者)

歩々・・なぜかっていうと、僕が、妻を求めてるから・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

唱々・・行動することです。(大原敬子)

それは、毎日、規則正しい生活をしながら・・妻の事を・・実家の事を考えながら・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたが、外側で、やるべきことをやるってことですよね。(大原敬子)
うーーん・・(相談者)

それが、1年かかっても、構わないという強さ・・ダメですよあなた・・(大原敬子)
あぁ、1年間かかっても、構わないっていう・・(相談者)
うん・・(大原敬子)

こ・・気持ちがないと、アカンっていう事なんですね?(相談者)
そうです。(大原敬子)
はい・・辛い・・は、は、は、は・・(相談者)

もっと言うと・・どっかに・・なるようにしかならないっていう・・腹をくくること大事・・腹をくくるってことは・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

悪い事に、みなさんとってますけども・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
絶対に、僕はこの彼女、いなくちゃいけないと思ったなら・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

1年、2年は、かまわないと・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
10年でも、かまわないってことが、腹をくくるって事なんですね。(大原敬子)
あぁ・・(相談者)

そうすると・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
10年と思ったら・・10日は、なんてことないでしょ?(大原敬子)
ま、そうですね、はい。(相談者)

その動き・・そのあなたの心理的動きが、相手にわかるんですよ。(大原敬子)
うーん・・(相談者)

若いから、わからないかもしれませんけれども・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
腹をくくるってことはね・・答えが出るんです。(大原敬子)

なるほど・・(相談者)
腹をくくる・・僕にとっては、謝るとか、今までに言ったことを、変えようって事ですよね。(大原敬子)
ふーん・・(相談者)

で、姑とかなんかじゃなくて、僕なんです、俺が原因なんです。(大原敬子)
ええ、まあ、仰る通りです、はい。(相談者)
ね。(大原敬子)
はい・・(相談者)

キツイこと言って、申し訳ないんですけども・・(大原敬子)
いえ、うーん・・(相談者)

そしたら・・今、このまま、帰って来ないじゃないかと思うことならば・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

今、ここで繋がっていて・・(大原敬子)
うーん・・(相談者)
1年帰って来なくてもいいって方が、どっちがいいですか、あなた?(大原敬子)

そうですね、ちょうど1年、帰ってこなくっても、いい方がいいですね、帰って来ないよりは、はい。(相談者)
それが、腹をくくることなんです。(大原敬子)

決断の時なんです。(大原敬子)
はい・・(相談者)
それを、いや、1年は嫌だな・・でも、このまま行ったら、妻は二度と帰って来ないだろうって・・自分の都合のいい・・(大原敬子)
うーん・・(相談者)

不安感と恐怖の中で、答えを出すことではないんですよね。(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたのも・・目的が、妻と子供が・・戻って来て欲しい・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
月日は関係ない。(大原敬子)
はい・・(相談者)

例えそれが、10年かかろうとも、という・・その、太っ腹が・・(大原敬子)
うーん・・(相談者)

愛なんじゃないでしょうかね?(大原敬子)
はい・・(相談者)

もっとあなたが、腰を落ち着かして・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
男であるならば・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

腹をくくって・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

もう10年でも待つって、それだけの価値のある女性だったと思えば・・あなた、変わると思いますよ。(大原敬子)

わたしこれ、安易に言ってるんじゃないんです・・時ってほん・・っとうに、本当に、ありがたいことよ。(大原敬子)
はい・・(相談者)

時を、上手く使って欲しいんですよ。(大原敬子)

・・はい。(相談者)
ね、キツク言ってしまうけど・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
加藤先生に代わりますね・・先生、お願いします。(大原敬子)
はい。(相談者)

加藤諦三まとめ

あの・・行動を変えるっていう事はね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
大原先生が言いましたように・・さらに心を変えなきゃならないんですよね。(加藤諦三)
はい・・うーん・・(相談者)

その・・あながた、愛する能力があって、奥さんからね・・あなたは、こういう人だって、言われないよ・・人間になるためには・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

この過去の・・心理的な問題を解決することなんです。(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

だから、す・・奥さんと今、別居しているわ・・んで、奥さんも帰りたくないって言ってんだから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

も、しっかり自分を見つめて・・過去に自分が解決しなかったことを・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
しっかりと、ひとつひとつ、解決してってみたら?(加藤諦三)

そうですね、わかりました、仰る通りです。てず・・ん・・私はやっぱり、うん、ホントに人を好きだって・・いうことが・・自分では、たぶん・・わかってないと思います。(相談者)

うん、だから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
近くなると、束縛に感じちゃうんです。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

そうですね、はい。(相談者)
結婚後・・自己実現でなくって、束縛になっちゃうんですよ。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

だけど離れると・・一緒に、いなければならない気持ちになっちゃうんだすね・・(加藤諦三)
はい・・うーん・・そうですね・・(相談者)

ですからね、だけど、あなた、とにかくね、驚くほど素直だわ。(加藤諦三)
・・いえいえ。(相談者)
いや、ホント。(加藤諦三)

いや、僕は相当反論されるかと思ってね・・(加藤諦三)
いや、最近そのことに、ま、薄々なんですけど、気付きつつあるんで、この歳でやっと・・はぁい。(相談者)

うん・・驚くほど素直ですからね・・これあの・・当然、僕の言った事、大原先生の言われた事を・・理解していただければ・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

どんどん解決していきます。(加藤諦三)
わかりました・・そう、そう・・はい・・(相談者)
もっともいい、解決の仕方になります。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

よろしいでしょうか?
はい、ありがとうございます、はいそのように・・(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございます、すいませんでした。(相談者)

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.