テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談2014年12月10日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
自分の居場所がなかったと言う相談者。母親として妻として嫁として、人間関係がうまくできずに悩んでいる相談者。大原敬子先生から具体的な居場所を確立する方法のアドバイス。加藤諦三氏からそれを実践する方法を教えてもらう。「自分の価値を否定されて生きてきた」に「ひとりで寂しかった」と号泣する相談者。泣いて落ち着き、実践していきます。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は38歳女性 夫43歳 娘7歳

加藤諦三氏の〆の言葉『自我の確立ということは、使い分けができるということです』

目次

スポンサーリンク

人間関係が上手くいかない

加藤諦三:もしもし?
相談者:あ、もしもし?・・はい、
加藤諦三:もしもし、はい、テレフォン人生相談です。
相談者:あ、よろしくお願いします。
加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:えっと、38歳です。
加藤諦三:38歳、独身ですか?結婚してますか?
相談者:あ、結婚してます。
加藤諦三:ん、ん、ご主人、何歳ですか?

相談者:えっと、43です。
加藤諦三:43歳、お子さんは?

相談者:っと、7歳です。

加藤諦三:男の子?女の子?

相談者:えっと、女の子です。
加藤諦三:女の子・・はい、わかりました。
相談者:はい、
加藤諦三:でぇ、どんな相談ですか?

・・

相談者:わたし・・が・・人間関係を上手く、
加藤諦三:うん、
相談者:を、作り出していけなくてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:主人だったりぃ、
加藤諦三:うん、
相談者:子供のぉ、ことだったりぃ、
加藤諦三:うん、

・・

相談者:まっ、ご近所だったりぃ、そ、いろいろ取り巻く環境の中でぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:上手く、こう、対応・・出来ないもんですからぁ、
加藤諦三:うん、
相談者:他のぉ・・・・人たちがこう、や・・やってるようにぃ、上手く人付き合いが出来なくてぇ、
加藤諦三:うん、

・・

相談者:母親だし、妻だし、嫁だし、いろんなぁ・・・場面、場面を使い分けなきゃいけないんだけども、
加藤諦三:うん、
相談者:そういうのがぁ・・・・うまく出来なくてぇ、あ・・
加藤諦三:うん、

・・

相談者:苦しい・・です。
加藤諦三:ふぅーん、 具体的に言うと、例えばど、どんなぁ・・
相談者:もうこれは、今始まったことでなく、何年か、前からもう、こうなってるんですけども、
加藤諦三:うん、

相談者:いいようにいかなくてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:避けられてしまったり、無視されたりとかぁ・・っていうのが、なるのでぇ・・ 1回ちょっと、そういうのでぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:ちょっとトラウマになったことがあってぇ、主人・・
加藤諦三:うん、トラウマみたいになったのは、ん、具体的にどんなこと?どんな事件?
相談者:えーっと、

相談者:何年か前なんですけどもぉ、
加藤諦三:うん、
相談者:やっぱりこう、保護者の・・集まりっていうのが、ありましてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:そこにぃ・・ちょっと遅れて行ってしまったんですけどもぉ、
加藤諦三:うん、
相談者:そのときにあのぉ、ちょっとしか遅れてなかったんだけど、なんか、わたしが来たら、ザワザワとなってぇ、空気が変わったんですよ、
加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、

相談者:それがぁ、わたしのことなんか・・・言ってるような内容のことだったみたいでぇ、でぇ、わたしが、来た・・ちょうどそこに来ちゃったっていう・・感じでぇ・・ そのときを境にぃ、
加藤諦三:うん、
相談者:子供の、

相談者:世話とかぁ、
加藤諦三:うん、
相談者:そういったのも、出来なくなかったりっていうのも、ひと時ありましたけどもぉ、
加藤諦三:うん、

相談者:これじゃいけないと思ってぇ、
加藤諦三:うん、
相談者:なるべく考えないようにしてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:それ、そういうふうに思っちゃうとぉ、
加藤諦三:うん、
相談者:子供にも伝わってぇ、
加藤諦三:うん、
相談者:な、なるべくぅ・・
加藤諦三:子供はなんかぁ、目が合っただけでぇ、お互いに、何を言ってるか、わかるとかぁ、

相談者:はい、
加藤諦三:そういうような関係にはなっていないということねぇ、
相談者:完全にではない、ですけどもぉ、
加藤諦三:うん、

相談者:学校関係の話はぁ、
加藤諦三:うん、
相談者:話しなくなりました。

相談者:だから何か、あったの?って聞いても、別に何もないよってぇ、
加藤諦三:うん、
相談者:でぇ、たわいもない普通の話は・・・したり・・はするんですがぁ、

加藤諦三:たわいない話はするの?

相談者:はい、ただ学校の話になるとぉ、
加藤諦三:うん、
相談者:かたくなにぃ、口を閉ざすんですよ、
加藤諦三:うん?
相談者:聞かれたくないのか・・言いたくないみたいで、
加藤諦三:うーん・・ご主人とは?

相談者:主人はぁ、
加藤諦三:うん、
相談者:ちょっと仕事・・・等で、ちょっといろいろトラブル・・ありましてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:正直、し、してないっていうよりも、今は出来ないという状況だなぁと思ってぇ、
加藤諦三:うーん、
相談者:うん、

加藤諦三:なんか、今、あなたの一番そのぉ、
相談者:うん・・
加藤諦三:さっき、人間関係上手くいったのにってぇ、主人とも、子供とも、近所も・・ってぇ、いろいろ言いましたけれども、

相談者:はい、
加藤諦三:学校関係がすごい気になってる・・ということはないですかぁ?特に、

相談者:ん、学校関係者とかぁ、
加藤諦三:うん、
相談者:からがぁ、わたし完全にぇ・・・無視っていうかぁ・・なんか、いないようなぁ・・空気のような存在になっててぇ、

加藤諦三:でぇ、今こういう状態でぇ、
相談者:さ、***、はぁい、
加藤諦三:どう、人に対応していていいかよくわかんないんでぇ、どうしましょうかぁ?・・っていう相談ですねぇ?
相談者:はぁい、

加藤諦三:はぁい、わかりました。今日はですねぇ、
相談者:はぁい、
加藤諦三:幼児教育の、大原敬子先生がいらしてんのでぇ、
相談者:はい、
加藤諦三:伺ってみてください。
相談者:はぁい、

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA