テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2015年01月24日 土曜日
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
いつも自分が悪くないと主張する夫、子育てに協力してくれない。口喧嘩だけでなく手をあげたりする夫、大喧嘩になることも度々で常に離婚しようかなと思っているという相談者。長女に影響が出てたのか外では暴力的で遊びに度が過ぎて友達を蹴ったりするようになった。マドモアゼル愛先生は夫婦の意地の張り合いを指摘。その背景には夫の人間的な未熟さがある。

目次

スポンサーリンク

夫婦喧嘩が子供に悪影響、離婚すべきかどうか

相談者は29歳女性、夫は30歳、結婚7年目、子供は3人、長女(小学校1年生)、長男5歳、次女0歳7か月

今井:今日はどういったご相談ですか?

相談者:主人との夫婦関係が、ちょっとあまり良くないので、それが子供にちょっと影響して・・るので、ちょっとご相談させていただきたいなと思ったんですけど。

今井:まずですね、ご主人とうまくいかなくなった・・というのは変ですけど、いつ頃から?

相談者:子供が生まれたぐらいから、ちょっと自分が主じゃなくなったのが、まぁ・・嫌から始まったんですけど。

相談者:長女が1歳の頃に、こう車を・・に、車が後ろについて、よちよちしてた時に・・主人が戸を、バン!と閉めたのに、娘の手があって、挟んでしまったんですけど・・

相談者:それを、「大丈夫?」じゃなくって、「何しとんや?」「お前は、こんなとこに手を挟んで!」って言うところを、怒ったんですね。

今井:お子さんに怒ったの?

相談者:子供にです、1歳の(苦笑)・・

今井:ああ・・手、大丈夫だった?

相談者:その辺・・あ、手、すぐわたしが、ちょっと行って、冷やしたんですけど、で、誰も責めてないんですけど、「こいつが勝手にやった」と言うんですよね。

相談者:要するに、自分が悪くないというのを、日ごろから言いたいみたいで。

今井:うん・・

相談者:もう、娘も大きいんですけど、自分が、ちょっと力加減が、主人も強すぎてっていう時に、「痛い」って子供が言ったら、「そんなことしてへんやろ!」「してへんやろうがなぁ!」みたいな・・

相談者:こう、急にカァーっと、血が上っちゃって。

今井:ええ。

相談者:自分が悪くないっていうの必死に、こう訴えだす・・

今井:ご主人がね。

相談者:はぁい、で、娘が、「痛くねぇやろう!」って言われると、何も言えなくなっちゃって、なんか愛されてるのか、なんか手ぇ繋いで優しいパパなのか、複雑な・・感じが子供の中で・・あってぇ・・

相談者:それ、わたしが娘とか、息子をカバーする・・と、余計にヒートアップしちゃって、「出て行け!」とか、そういう風になってくるんですけど。

今井:ふぅーん・・でぇ、あなたに対してはどうなの?

相談者:え・・手はあげたりはするんですけど・・まぁ、わたしも言葉がちょっと、「やめさない!」とか、言うこと言うので、「偉そうに言うな!」ということで、胸倉掴まれたりとか・・そういうのを、まぁ、子供も見てて・・怯えてる感じなんでぇ。

今井:ということは、夫婦喧嘩は・・ただ口喧嘩だけじゃなくって、行動を伴うわけね。

相談者:はいそうですね。

今井:それででも、大喧嘩になっちゃって離婚するとかっていう話にはならないんでしょう?

相談者:いや、ずっとなってるんです。

今井:「離婚しようかな」とも思っているわけ、あなたは?

相談者:はい、常に思ってます。

相談者:でもやっぱり、「パパは頑張ってるし、お仕事頑張ってるし」っていう・・の生活見てたら、わたしが奪うのかとか、というふうに思ってしまいます。

今井:あなたの、お父様お母様ってお元気?

相談者:はい元気です。

今井:おいくつぐらいかしら?

相談者:えっと・・50代ですね。

今井:50代・・あの、別にお住まいなんでしょう?

相談者:はい別に・・ 30分ぐらいの、距離の場所に、住んでます。

今井:まだ50代だと現役でいらっしゃる?

相談者:はい、現役・・

今井:お父様は、じゃあ、会社か何か・・で、お勤め?

相談者:いや、自営業してます。

今井:自営業・・はい・・お母様は?

相談者:それは事務・・してますね・・一緒に、はい。

今井:じゃあ、ご一緒に自営業をやってらっしゃるのね?

相談者:はいそうです。

今井:で、あなたご兄弟は?

相談者:えっと、3人兄弟で、兄と妹が・・います。

今井:あ、じゃあ、あなたが真ん中?

相談者:はい。

今井:はい・・一方で、ご主人のほうのお父様お母様は?

相談者:自営です、自営で事務で同じです。

今井:あ、同じ、はい。

今井:でぇ、やっぱりご兄弟も、何人かいらっしゃる?

相談者:はい、さ・・3人男・・ですね。

今井:おほっ・・男兄弟ばっかりなんですね(笑)。

相談者:はぁい・・うふふ。

今井:ああ・・そうすると、ご主人は男兄弟の何番目?

相談者:真ん中です。

今井:真ん中・・境遇的には割と近いものがあるんですね、男女の違いだけで。

相談者:そうですね、はい。

今井:うーん・・なるほど・・でぇ・・あなたのご実家の方の、お父さんお母さんにはご相談されたことあるの?

相談者:はいありますね。

今井:お母さんとか、あの、ご意見は?

相談者:あ、母は早い段階から・・「別れて戻ってきてほしい」っていうふうには、ずっと言われてるんですけど。

相談者:お父さんは・・そのぅ、家に入ったんだから、自分がもっとお母さんに・・向こうのお母さんに訴えていきなさいと・・言うんですけど。

今井:なるほど。

相談者:はい。

今井:それで・・結局・・そうすると?今日のご相談は・・小学校のお子さん?

相談者:はい。

今井:のことが心配なんですか?それとも・・どうしたもんでしょう、この・・おほっ・・夫をっていう話なんですか?

相談者:ちょっと・・なんか娘が・・家では・・そういう事はしないんですけど・・ちょっと下校のときとかに・・なんかチラッと聞いた・・のが、あの、なんか、暴力的やなぁ・・っていうのを聞いたのでぇ・・

今井:あのぅ・・暴力的っていうのは、お友達に対して?

相談者:そうですね。

今井:どっちかって言うと、イジメっ子側になってるの?

相談者:イジメるというか、遊びが度が過ぎてるというか、蹴ったりとか。

今井:蹴ったりはなに?お友達を蹴る?

相談者:はぁい。

今井:ああ・・そういうことなんですか。

相談者:はぁい。

今井:そのことについて、話はした?

相談者:えっと、まだ・・した事はあるんですけど・・「なんで俺に言うんや?」とか、「お前の育て方が悪いから」とか・・

今井:おっとっととと、そこまで言う?

相談者:はぁい、あの、「お前が育てたらアホな子になる」とか(笑)。

今井:ふふふ・・

相談者:そういうことばっかりしか・・言わなくって、怒って終わりなんです。

今井:もう、かなりの反抗期ですね(笑)。

相談者:あははっ(笑)・・だから話にはならないのでぇ。

今井:うーーん・・

相談者:ちょっと「どうしたらいいか?」「どうしたらいいか?」って自分で・・

今井:じゃあもう一度、伺いたいんだけれども、今日のご相談のポイントは、じゃあ、何にします?

相談者:子供の・・ために、別れた方がいいのか?とか、これから影響が大きくなるのか?という感じですね。

今井:うんうん、わかりました、今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井:先生よろしくお願いいたします。




マドモアゼル愛のアドバイス

マド愛:いろいろお話を聞いてくると、どちらがいいとか悪いとかっていう問題になっちゃって、ややこしくなるので、そこ分かりませんが、何であれ旦那さまの、未熟さ?

マド愛:人間的未熟さというものが、背景にあるのは間違いないですよね、やっぱりね。

マド愛:そいで・・旦那さん優しい時があるとかいう話をしたけれども、たとえばよくテレビのニュースなんかで、虐待して、子供を殺しちゃったような、ケースってたまにあるじゃないですか、年に何回かね。

マド愛:そいで、そこの家が、テレビで写ってみると、なんか可愛いおもちゃが置いてあるとか、軒先に何か、かわいらしいキャラクターのタオルがかけてあるとか。

マド愛:見えるわけですよ、たまにね。

マド愛:そうすると、「ああ、機嫌がいい時は、優しく接してたんだな」っていうのが、分かるわけよ。

マド愛:だからね、愛情というのは、良いとき、また人間関係もそうです。
良いときで考えちゃダメなのよ。

相談者:うーーん・・

マド愛:最低でもこの人は、ここ以下にはならないという安心感がどこにあるかなのよ・・子育ても同じです。

マド愛:お父さんお母さん、どんなに怒っても、どんなに荒れても、「ああ、お父さん、あれ以下にはならない、絶対ぶたれっこないから」って知ってれば、子供はお父さん怒りだしても安心してるんですよ。

マド愛:しかし、いくら良い時があると言ったって、下があてにならなきゃ、はっきり言って気持ちは安定しません、子供は、非常に不安定になってくるよね。

マド愛:大事なことは、あなたにしろ、旦那さんにしろ、何があっても私たちはこれ以下にはなることがない、この時点では絶対に子供を守るという・・安心感というのはそこからしかできないのよ。

マド愛:子育てに対して旦那様は理解して、どの程度やってくれてるの?

相談者:いや、何も手伝わないです。

マド愛:問題外じゃない、もうそれ。

相談者:うふふ・・

マド愛:なんで怒んないの?

相談者:いや怒ります、怒るんですけども、それはもう・・もう、あきらめましたね、いろいろ訴える事は諦め・・て、もう・・あのぅ・・お姉さんと、そのぅ、下の・・弟と手伝ってもらって、一生懸命、ゼロ歳の子を・・お風呂に入れたりとか・・そういうのを・・***・・

マド愛:旦那さん、旦那さんは会社ではどんな顔をしているの?

相談者:今までは・・会社勤めだったんですけど・・今はその自営の方に入りまして。

マド愛:あっ・・

相談者:実家の方に・・入ったので、多分結構・・ヨイショというか、いい・・待遇はされているとは・・思うんです、うふふ・・

マド愛:ああ・・それは実家からの、招きで?それとも・・

相談者:招きですねぇ。

マド愛:招きによって。

相談者:はい。

マド愛:そうするとさぁ・・彼自身は・・何か自分を顧みる・・調教、ないよね、今ね。

相談者:そうですね、もう今は、もうすごい天下取ったじゃないですけど、すごい・・機嫌いいですね、もう、な・・

マド愛:機嫌・・がいいのはいいけれども、プライドが傷つと、こういう、すぐそういう反応に出るわけでしょう?

相談者:そうですね、はい・・そうですね。

マド愛:それってさ、女として、一緒に居ても、一番つまんない人だと思わない?

相談者:いや、なるんですけど、なんか実家からも・・あまり・・お母さんの方は・・長男と弟に、結構、目が行っていて・・まぁ、悲しい人だなっていうふうにも、思う気持ちも、ちょ・・1割か2割くらいはあって。

マド愛:だから旦那さんとしては、一生懸命なれるのは、自分の両親に対してだけなわけでしょう?

相談者:そうなんです、はい。

マド愛:結局、愛情に対する自信がないからだよね。

相談者:はいそうなんです。

マド愛:そこで目一杯なわけだから、お母さんもある意味で歪んでくるよね、そうなってくるとね。

相談者:そうですねぇ。

マド愛:そうするとやっぱり、お父さんの影響だけじゃないんね。

マド愛:もう、大荒れになっていくよね、やっぱりね。

マド愛:僕はね、やっぱり、変なものは変だって、言った方がいいっていう考え方なんですよ。

マド愛:その結果、修羅場が来たら、来た方がいいっていう・・考え方なのよね。

相談者:そうですね、もうストップしてしまえば、子供も単身赴任中は、すごいノビノビとしてたので。

マド愛:うーーん、じゃあいない方が、全然いいってことじゃない。

相談者:そうですねぇ、うふふ・・そうなんですけど、なんか、思いやりもすごいそこで・・

マド愛:だから、そうするとそういうこと言い出すのは、あなたが離婚恐れてるっていうことじゃない、したいけれども。

相談者:うーーん、そうですねぇ・・

マド愛:ホントはそういう問題だったことじゃない。

マド愛:例えばすごく・・一面で、人間の真実味を感じることってあるよね。

マド愛:例えば、本当に、例えば仲が良い夫婦でも、取っ組み合いのケンカまでして、そいででも、その後は、嵐が引いたようにすごく仲良く、それ故に自然になれるとか・・要するに・・夫婦が上手くいくには・・その2人だけのやり取りの、形があって・・

マド愛:それって一般的では無いケースがすごく多いと思うのよ。

マド愛:それ、あんた方もそれを・・もし見つけることができたらね・・だから、それはどういうものか、僕はわからないけれど・・

マド愛:2人の関係の中で、愛情が通い合うパターンが、何か手ごたえとして一個持てると・・さぁ・・っと問題は引いていく気がするのね。

相談者:うーーん・・

マド愛:あなた相当頑固ですよはっきり言って。

相談者:あはっ。

マド愛:相当頑固ですよ、旦那さんもそう思ってると思うよ。

相談者:そうですね。

マド愛:人に愛情を与えてないよ。

マド愛:すごいケチだよ、そういう意味で。

マド愛:そいで旦那さんは、それだけが欲しい人だよ。

マド愛:そう思わない?・・だって子供なんだもん。

相談者:いや、そうです。

マド愛:子供なんだもん。

マド愛:なんであなた、あげないの?

マド愛:あなたの中にもあるのよ、そういうものが。

相談者:うーーん・・

マド愛:だ、これは・・意地の張り合いでもあるよ。

相談者:うーーん・・

マド愛:それには一度、ぶつかってもいいんじゃないの、本当に。

マド愛:そうすると、お互い子供だったってことで・・また、子供としての、お互い子供の中の道の作り方が出来てくるような気がするのよ。

相談者:うん、うん。




今井通子・管理人

今井:おわかりいただけましたかねぇ?

相談者:そうですねぇ・・うふっ・・結構、あの、思い当たるところだなと、思いやりが・・欠けるのは、すごい・・

今井:あはは、3人もお子さんがいて、ご主人が手伝ってくれないと、思いやり欠けちゃうのはもう、しょうがないと思うんだけど。

相談者:はぁい。

今井:でも、そこのところが思いやりか、それとも甘えてみるとか?

相談者:うん・・

今井:甘えも、必要かもしれないみたいなところはあると思うんですね。

今井:ただその、お嬢さん、こんなことしちゃっただけれど、みたいな話は、真剣に大人である、ご主人に相談するみたい、どうしたらいいの?言葉で?

相談者:はぁい。

今井:聞いてみる、そういう時はよ。

相談者:はい。

今井:で、ご主人が暴れてる時には、またこんなことすると・・お嬢さんがマネするよ・・って、子供の前ではやっちゃダメよ・・っていうふうに言うか。

相談者:うんうん・・はい。

今井:それもあんまり命令口調で言うとダメかもよ。

相談者:そうですね。

今井:ちょっと頑張ってみましょうかね。

相談者:はい、もう一度、頑張ってみます。

今井:はぁい、じゃあ、そういうところで。

相談者:すいません、ありがとうございました。

相談者:失礼します。

今井:失礼しまーす。

管理人のちょっとひと言

子育ての参考になる話でした
さすが、マドモアゼル愛先生ですね

特に気を付けたいポイントは
「子育ては、お父さんお母さんがどんなに怒っても、どんなに荒れていても、あれ以下にならない、絶対にぶたれっこないと知っていれば、子供の気持は安定する」

どのぐらい怒られるのだろうと考えてしまうからこそ、おどおどしたり精神的にも不安定になったりしてしまうんですね
たくさん怒られたので、よくわかりますw

それにしても、旦那の幼稚さはどうでしょう?
お互いがぶつかり合っても話になるとはとても思えません
冷静に話も聞かず、自分は悪くないと繰り返すばかりだと思います

相談者の頑固というのは、話し合いができるだけの余地はあるでしょうが
旦那の方は、欠如してしまっているので
かなり幼稚なやりとりになってしまうことが、目に見えるようです

相談者は子供の為にも、お父さんがいた方がいいと言ってますが
はっきり言って悪影響にしかなっていないので
すぐに離婚すべきですね

検討の余地なんかありません
大人になりきれない親の悪影響は
間違いなく、子供の性格に反映されてしまうからです

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。