テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2015年3月31日(火)は、今井通子&三石由起子。現金支給のボーナスを6年位出ていないと嘘をついて気前よく使っていた夫。1週間位前に発覚してショックを受ける相談者。毎日毎晩責めても心の整理がつかず、残りの20年ほどを明るく楽しく過ごすためにはどうしたらいいのか。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:57歳女性 夫58歳 息子3人(32歳 31歳 30歳)下二人は外に出ている

三石由起子の言葉:「人のせいで不幸になっていることばかり探していると幸せに気付かない」

自分のお金は自分のお金、相手のお金も自分のお金

主人が6年前くらいから、ボーナスが入っているのを相談者に隠していて、「ない」って言っていたが実は入っていたことが1週間くらい前に発覚。妻はあまりにもショックで夫に問いただしたら「バレないと思ってやった、悪かった」と言ったが、相談者の気持が切り替わらないで、毎日毎晩責めて、喧嘩になって離婚だ何だという話になる。本気でお互いに離婚という話にはならない。これから残り20年ぐらいを明るく、楽しく過ごすためには、どういう形をとったらいいのか、自分でも整理がつかない。どうしたらいいのか?という相談。
バレたきっかけ。お金の出し方があまりにも気前良過ぎたのが、虫の知らせみたいに気が付いて、主人の後輩の奥さんに「おかしいな、ボーナスってでてるの?」と聞いたところ「だいぶ前から出ているよ」という返答だった。
給料は振込、ンボーナスは一部だけ少しだけ給料に上乗せだが、残りは現金支給。
信じていたので、まさかボーナスをポケットに入れるとはわからなかった。
相談者は週に3、4日パートに行っている。パート代は家計費には入れず、小遣いとして使わないが自分の老後にという感じでとってあるお金。
根本的に価値観が違う。相談者である妻は以外と堅実、ケチというか10円でも安い物、勿体ないという感じだが、夫は昔から、とった物は全部使うタイプ。その為、子供達を学校へやるためには渡せられないというので相談者が管理してきた。
夫は余裕が欲しかったのだと思う、小遣いでは足りないというのもあったし、外でいい格好をしたいというのもあるので驕ったりあげたりしたと本人も言っていた。
夫が謝っているのを聞いても、こうやって使った、ああやって使った、これだけ出て行ったという用紙を見せられると余計に、何でそのお金がこんなに大きいのにと思って、気持ちが落ち着かなくなりイライラして、朝になると責めてしまい。夫からだったらいいよという繰り返しになる。
ボーナスは、何故渡さなかったと言う割には、相談者のお金は相談者が貯金している。けして家計費に入れる気はない。
お互いに本気で離婚では無いという気持ちはわかるが、それ以外に夫の酒癖の悪さとか不満に思っていて、この人ダメだと、現実味はないが離婚用紙だけもらってきている。いくら言ってもお酒に癖は治らない。
離婚を言いだしたのは相談者。夫は「俺はお前が幸せになってくれるのが一番だ。何で俺はこんなことしたんだろう。お前にそう言われたらうるせえ馬鹿野郎と言っちゃうし、別れないとは思うけれど怒鳴るだろうし、無理なんだろうな。」と言ってしまう。
一人でやっていく決断、自信はないという相談者。一人になったら遊んでいられないし、働かなきゃいけない。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


管理人のちょっとひと言

三石先生も言ってますが、100%妻が悪い!

同感です!

パート代を家計の足しにしていたのだったら
旦那がとった行為は、許せないことですが
パート代を、自分の老後の蓄えにしていては、アウトです

相談者、ちょっと口を滑らせてますよね
「遊び・・・」ってw

子供達は独立していて、
夫の給与だけで生活できていて
飲み食いできるわけです

パートも無理にする必要もなく
そのお金で、楽しく過ごしているのでしょ
何となく想像できます

どっちかって言うと、老後も自分が遊びたいから
蓄えているんであって
ベースのお金は旦那の年金をあてにしてるよね

今回は、なかなかいい言葉がありましたので
もう一度、書き込んでおきますね

自分の幸せをよくわからないと
人の責で不幸になっていることばっかり探していると
幸せに気が付かない

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。