テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
よろしくお願いします

大原敬子:
はい あのね 万引きってのも色々あって 要するに小学生の万引きと 中学生時代の万引きと

相談者:
はい

大原敬子:
大人の万引き

相談者:
はい

大原敬子:
違うんです心が でも 全て共通して一貫してるのは 愛です

相談者:
愛・・

大原敬子:
その物が欲しいっていうのは ほとんどないんですね

相談者:
はぁい・・

大原敬子:
衝動的なものです

相談者:
はい

大原敬子:
わかりますかしら?

相談者:
は・はい

大原敬子:
そうすると ここに共通しているものは このお兄ちゃまは 1年生ぐらいで 妹が生まれましたね

相談者:
はい

大原敬子:
そっから 突然自分に触れていた愛が なくなったって事は ま 1つの証でもありますよね

相談者:
はい

大原敬子:
っていうことは「お母さん」って 「僕もお母さんの子供だよ」ってことです

相談者:
グスッ(鼻をすする)・・・はい

大原敬子:
「お母さん 僕を見ていて」ってことです

相談者:
・・・はい(泣く?)

大原敬子:
そして今一番気になるのはですね このお子さんすごくお母さん好きですよ・・だからまずこれは

相談者:
はい(泣き声)

大原敬子:
うーん・・子供を理解しようって目で見て欲しいことが一点

相談者:
はい

大原敬子:
そして 小学校までの万引きとか嘘

相談者:
はい

大原敬子:
これを あなたは この子が・・なぜ私を困らすだろう の裏返しは

相談者:
はい

大原敬子:
「なぜ お母さん 僕に気付いてくれないの?」「僕もお母さんの子供だよ」ってことを あなたが理解して欲しい事なんですね

相談者:
はい(泣き声)

大原敬子:
そこまでよろしいでしょうか?

相談者:
はぁい

大原敬子:
次の段階はですね

相談者:
はい

大原敬子:
兄弟関係はうまくいってるんだと思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
で 喧嘩をした場合は お兄ちゃんのフォローはできますよね?

相談者:
はいできます

大原敬子:
できますね

相談者:
はい

大原敬子:
で 今聞きますと この万引きが 中学校で来てるって事は

相談者:
はい

大原敬子:
もう 寂しくて寂しくて 寂しさの裏返しは憎しみです

相談者:
はい

大原敬子:
今に 僕が大きくなった時に

相談者:
はい

大原敬子:
何かをするっていうことになっていますから

相談者:
はい

大原敬子:
こっからの兄弟喧嘩の場合には

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんを どっか隅に行った時に「お兄ちゃん 今日お母さん 買い物に行くけれども 一緒に行かない?」とか

相談者:
はい

大原敬子:
「アイスクリーム買ってあげようか?」ってことで お兄ちゃんだけに 口唇欲求を満たすものを・・渡して あ・欲しいんですね

相談者:
はい

大原敬子:
大きなものじゃないですよ

相談者:
はい

大原敬子:
おにぎりでもいいです わかります?

相談者:
はぁい

大原敬子:
で あとは「お兄ちゃん 大好き」って

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さん 今まで気づかなくって 本当にありがとう」って 「これからはもっともっと 優しいお母さんになるからね」ってことで 言・・

相談者:
グスッ(すすり泣き) ・・ 言ったことなかったです(泣く)

大原敬子:
ああそうですか・・

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さんは あなたが今までどんなに寂しい思いでいたのかを」

相談者:
はい

大原敬子:
「今初めて気付いたの」

相談者:
はい

大原敬子:
「我慢してたのね」ってことで 今まで努力したもの

相談者:
はい

大原敬子:
見えなかった どりょ・努力のものを

相談者:
はい

大原敬子:
引き揚げて

相談者:
はい

大原敬子:
表に出して

相談者:
はい

大原敬子:
それを・・あなたは感謝の言葉で返してほしいんです

相談者:
はい

大原敬子:
さて 次の問題です

相談者:
はい

大原敬子:
この万引き・・お父さんとの関わりですけども

相談者:
はい

大原敬子:
お父さん これだけ責めるってことは 今度は夫婦関係です・・ あなたこの 今までの今まで 万引き 嘘あるでしょ

相談者:
はい

大原敬子:
全部 ご主人様に 話しました?「こんなことやっちゃったのよ」とかっての

相談者:
いえ・・1回目の時は

大原敬子:
うん

相談者:
みんなで あの 学校の先生も含めて 謝罪に回ったので あの 夫も知ってますが・・2回目の時に これ以上 親子関係を壊すのが怖くて 実は夫には言ってないんです

大原敬子:
うん それは言ってないのは 最後の万引きの時?

相談者:
はい 2ヶ月前の万引きの時です

大原敬子:
今 私が伺っているのは

相談者:
はい

大原敬子:
事が起きた問題を 聞いてるんではなくって

相談者:
はい

大原敬子:
日常生活で

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんに対する 愚痴を言ってませんかってことです

相談者:
ああ・・・「今日また お菓子が無くなってたけど また 上の子が 盗んだんじゃないのかね?」みたいな 話を日常生活で してます

大原敬子:
私は そちらの方 聞きたかったんです

相談者:
はい

大原敬子:
あのね 夫に話す時には 表に出た問題は

相談者:
はい

大原敬子:
夫婦で 話すことよね

相談者:
はい

大原敬子:
だから あなたが感じたもの お菓子を全部 食べちゃったとか

相談者:
はい

大原敬子:
そういうものは 男の人が聞いて何を感じるかというと

相談者:
はい

大原敬子:
心の中で また・・またかってなるんです

相談者:
はい 思ってると思います

大原敬子:
できるだけ男の人は

相談者:
はい

大原敬子:
細かい グチグチした問題を 聞くのが嫌なんですね 男の人は

相談者:
はい

大原敬子:
だんだん その子供の顔を見て 憎らしくなる

相談者:
はい

大原敬子:
「この子がいなければ 俺もっと 気楽に夕飯 食べれるのに」と思ってしまう

相談者:
あ・・

大原敬子:
そして だんだん だんだん小学校6年 中学校になってくるにつれて

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは烙印を押してきた

相談者:
はい

大原敬子:
夫も完全に烙印を押した

相談者:
はい

大原敬子:
「こいつはダメだ」ってなったんですね

相談者:
はい

大原敬子:
そういう流れだと思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
いかがでしょうか?

相談者:
(すすり泣く) ん・・正しいと思います

大原敬子:
そしたら あなたは・・もう 万引き云々 わかりましたね

相談者:
はい

大原敬子:
子供の心を汲んで 今日からです

相談者:
はい

大原敬子:
子供は すぐに変わりますから

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは 気付かなかった 必ず 子供と会話する時は

相談者:
はい

大原敬子:
食べ物を介在してくださいね

相談者:
はぁい

大原敬子:
パンでも何でもいいです

相談者:
はい

大原敬子:
ふかふかした物とか

相談者:
は・・

大原敬子:
おせんべいとか そういう物です

相談者:
はい

大原敬子:
その時 「今日 学校 なにあった?」じゃなくって

相談者:
はい

大原敬子:
「ちょっと ここ座って」「お母さんね 昔のね 小さい頃 いろいろ考えたんだけれども」

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さん お兄ちゃん どれだけ・・お兄ちゃん お守して我慢してるなってこと 気付いていなかったか 初めてわかったの」

相談者:
はい

大原敬子:
「ありがとね」 「これ食べて」って それだけでいいです

相談者:
はい

大原敬子:
騙された と思ってですね

相談者:
はい

大原敬子:
私の話しを

相談者:
はい

大原敬子:
子育ては 実践しかないんですね

相談者:
はい

大原敬子:
で この子は いいですよ

相談者:
(すすり泣き)

大原敬子:
お母さん 大好きですよ

相談者:
(泣く)

大原敬子:
ですから 今日から あの 心の中から抱き留めて欲しいんです

相談者:
はい

大原敬子:
で ご主人様の関係は 万引きしたことやなんか もう今は 大きな問題は ご主人様と 協力すること

相談者:
はい

大原敬子:
日常のある 小さなことは 話さない事

相談者:
はい

大原敬子:
これが 私からの アドバイスです 今 加藤先生に伺いますね

相談者:
はい

大原敬子:
先生 どうでしょうか?

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA