テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
もう 大原先生の ことで・・尽きてると思うんですけどね

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっと具体的なこと イチ ニ 申し上げると 先・も言いましたけど トマトを盗んだ時でもなんでもね

相談者:
はい

加藤諦三:
「どうしてそういうことをするの?」って

相談者:
はい

加藤諦三:
言ってますよね

相談者:
はい

加藤諦三:
で 「何でこんなことするの?」っていうのは 多いんです

相談者:
はい(泣く)

加藤諦三:
これは止めた方がイイですね

相談者:
はい

加藤諦三:
あの これ ダン・カイリーっていう人が まぁアメリカの心理学者なんですけども

相談者:
はい

加藤諦三:
男の子を

相談者:
はい

加藤諦三:
を 心理的に成長させることに 失敗したね

相談者:
はい

加藤諦三:
母親の・・よく言う・言葉を こう 調べた人がいるんですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ Why can’t you be so and syndrome?と つまり「何故 あなたは」

相談者:
はい

加藤諦三:
「こう なれないの?」っていう・・これが多いんです 例えば

相談者:
はい

加藤諦三:
親戚のおじさんで 凄く立派な人や いるとね

相談者:
はい

加藤諦三:
「何であなたは あのおじさんのようになれないの?」っていう

相談者:
はい

加藤諦三:
だから 「何故こうし・できないの?」っていうのは 疑問の振りをして子供を責めてるんです・・だからこれはもう アメリカ日本を問わず

相談者:
はい

加藤諦三:
洋の東西を問わずですね

相談者:
はい

加藤諦三:
子供を成長させる 障害になることです

相談者:
はい

加藤諦三:
だから これはひとつ 止めた方がイイということですね

相談者:
はい 改めます

加藤諦三:
子供3人 こうして育てて

相談者:
はい

加藤諦三:
十分 頑張ってやってきてるんですから

相談者:
はい

加藤諦三:
未来を信じて

相談者:
はい

加藤諦三:
必ず この子たちは 望ましい・人に育つというふうに信じてね

相談者:
はい

加藤諦三:
「もう 子供信じられなくなった」なんて言わないで

相談者:
は・・はい 二度と言いません(泣きながら)

加藤諦三:
うん 信じて・・今言ったことを やってみてください

相談者:
はい ありがとうございました

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
ありがとうございます




YouTube

管理人のちょっとひと言

どうして?なんで?
その先には、比較があります。
それで、ここで述べられてませんが、きっと言われただろう言葉があるはずです。

「お兄ちゃんなんだから」

子供にしたら、関係ない話しですよ。
たまたま、先に生まれただけで、なんで自分が我慢しなきゃいけないのか。
頭でわかっていたとして、心の方は、そうはいきません。

小学生の低学年の頃に、年子で生まれた妹と弟。
お母さんも、育児で大変だったと思います。
とすると、子供が親の気を引こうと思ったら何を考えるか?

考えるというか、衝動的かな。

することに、意味はないです。
ミニトマトを盗み喰いしたのだって、視線の中にミニトマトが入ってきただけ。
給食の中に、削りカスを入れたのも、手元に削りカスがあっただけ。

さらに、父親の態度が「お前はダメな人間だ」って感じたら・・・
ちょっと、考えたくないですね。
直接、言われなくたって、加藤先生も言ってますが、メッセージとして伝わってきます。

まぁ、どの子でも、万引きしたり、嘘をついたりするとは限りませんが、この子はそうなっちゃったんです。

「ダメな人間」って言われ続けたり、態度をとられたら、子供なんて、その枠内でしか育ちません。
結果的に、俺はダメな奴だってなりますから、万引きしたって、嘘をついたって、ダメな奴の既定路線ですからね、罪悪感なんか感じないでしょう。

大原先生は、子どもの問題行動があった時に、食べ物を介在させるように言う事が多いです。
おそらく、たくさん事例があるんでしょうね。
子供が、親の話しを受け入れやすい体制になるのかも、しれません。

子育ては実践しかない。
どの子も、違うわけですから、やってみるしかないって事ですね。

なんか、勝手に頭の中で、今、話題になってる曲が流れましたけど(笑)

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA