テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月18日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
71歳男性から、7年越しの裁判で離婚が成立して2ヶ月、裁判途中から元妻が世帯分離して戸籍と現住所が相談者の所有し住む土地建物上になっている。住んでもいないし役所に言っても何もしてくれない。気持ち悪いのでどうにかして欲しい。

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:71歳男性(会社役員・鬱) 元妻68歳(会社代表) 離婚して2ヶ月 婚姻生活40年ほど 子供3人 長女43歳 長男41歳 次男37歳

もしもし?・・テレフォン人生相談です。(柴田理)

今日はどのような・・ご相談ですか?(柴田理)

妻と離婚したんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田理)

妻の戸籍と。(相談者)
はい。(柴田理)
現住所ですねぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)

市役所の方で・・(相談者)

「ちゃんとわたしにわかるようにしてくれ」って言ったですね。(相談者)
ああ・・はぁい。(柴田理)
・・
離婚・・それまで、7年近くかかってですねぇ。(相談者)

ん、7年・・(相談者)
7年近く・・(柴田理)
近くかか・・(相談者)
ああっ・・はぁ・・(柴田理)
かかって。(相談者)

結婚して40年経ったんですけど。(相談者)
はい。(柴田理)
その間は・・(相談者)

離婚裁判が始まるまでは・・(相談者)

自宅に住んでたわけですね。(相談者)

それでぇ・・トラブルが起きたら・・(相談者)
・・
会社に・・(相談者)

ベッド持ち込んで、ね・・寝泊まりするようになってしまってぇ。(相談者)
はぁい・・(柴田理)
・・
あのぅ・・(柴田理)

あなたは今おいくつですか?(柴田理)

71です。(相談者)
はい・・(柴田理)

奥様は?(柴田理)

ん?(柴田理)
68・・ぐらいですかねぇ。(相談者)
68・・(柴田理)
・・
はぁい。(相談者)
でぇ・・何年前に、離婚なさったんですか?(柴田理)
・・
1ヶ月ぐらい前か?(相談者)

でぇ、離婚・・までに、7年かかったんですか?(柴田理)
そうです。(相談者)
その前が、40年ぐらい・・(柴田理)

結婚生活があったっていうことですね。(柴田理)
そうですね、はぁい。(相談者)

お子様はいらっしゃるんですか?(柴田理)
3人います。(相談者)
ハァ・・(柴田理)
長女で43歳、長男が今・・40・・1歳ですかねぇ・・(相談者)
はぁいはぁい。(柴田理)
次男は・・37歳。(相談者)
財産の分割とかは・・(柴田理)

ん、ん、7年近くかかったのは、ほとんど財産分与の・・(相談者)

問題だけなんですねぇ。(相談者)
・・
原告側の方から、なかなか・・自分の財産を出してこないもですからぁ。(相談者)

あ、ああ、奥様の方が?(柴田理)
ええ。(相談者)
はぁい。(柴田理)
わたしの方で、いろいろ調べて・・ここにもあるんじゃないですか?・・って。(相談者)

関係のやつも、資料も出してください・・って。(相談者)

裁判所命令で、相手側に・・言ったら・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
相手が・・(相談者)

わたしの知らない・・銀行の方の・・(相談者)

通帳、出して来たんですね。(相談者)
・・
でぇ、そういうことが何回もあってぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

原告側のほうの財産がいくらあるか・・(相談者)

おおっぴらになんなかったんですよ・・(相談者)
はあ、ああ・・(柴田理)

裁判官が、三人も替わっちゃってぇ・・(相談者)
・・
結構、長くなっちゃったんですけど。(相談者)

どういう財産があるんですか?奥様のほうに?(柴田理)

ほとんどが不動産です。(相談者)
不動産?!(柴田理)

それからぁ・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
あとは・・え・・短期貸付って、会社に貸付けてる金ですねぇ。(相談者)

それはあなたの会社に貸付けてるってことですね?(柴田理)
いやいや女房が一応、代表に・・代表やってて、わたしが取締役やってるんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田理)
貸付金が・・(相談者)

会社に対して1億円ぐらいあったんですけど。(相談者)
ええ。(柴田理)
それが、財産分与の中にも出てきてるんですけど。(相談者)
・・
そういうのを・・全部・・(相談者)

双方で出しあって・・(相談者)
・・
やっとこの前、決着がついたんですけど。(相談者)

わたしはそれで終わりと思ったら、弁護士が・・(相談者)

いやいや、裁判所で、なんだかの書類を2通貰ってきてぇ・・(相談者)
・・
うん・・(柴田理)
それを・・(相談者)

市役所に出さないと終わりませんよ・・って言うもんだから・・(相談者)
うん・・(柴田理)

本来はそれは、原告が先に出すべきものを・・(相談者)
うん・・(柴田理)

え・・市役所に言ったら、「まだ奥さんの方から出てません」って言うもんだから・・(相談者)
うん・・(柴田理)
「どうしても奥さんが期日まで出さないんであれば・・」(相談者)
うん・・(柴田理)

「旦那さんのほうのものを・・使います」ってことにだったんですね。(相談者)

はい。(柴田理)

でぇ、それでぇ・・え・・戸籍だけは見せてくれたんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田理)
戸籍だ・・の・・新住所が・・(相談者)

わたしの住んでる所になってるんですね。(相談者)

はあああ・・(柴田理)
・・
一緒に住んでないのに?(柴田理)

住んでないのに・・(相談者)
うんうん。(柴田理)
ええ・・「現住所は・・どこになってるんですか?」・・つったら・・(相談者)
うん。(柴田理)
教えてくれないですよ。(相談者)
うん・・(柴田理)

うーーん・・(柴田理)
だけど・・(相談者)

途中で世帯分離してぇ・・(相談者)

赤の他人になったんだったら・・(相談者)
うん・・(柴田理)
女房が、どっか他の・・(相談者)

新しいとこに、現住所作るべきじゃないですか・・って、それが市役所の方で・・きちんと調べてあるんですか?・・って聞いたら・・(相談者)
うん。(柴田理)
何にも言わないんですね、市役所は。(相談者)
うん、うん・・(柴田理)

教えてくれないです。(相談者)
奥さんは・・(柴田理)

ええ・・(相談者)
どうして・・(柴田理)

まだ・・あなたと一緒に住んでる現住所にしてるんですか?離婚したのに?(柴田理)
土地と建物が欲しくてしょうがないんですよ。(相談者)

でも離婚しちゃったらそんなものは、権利ないんじゃないですか?(柴田理)
・・
な、ないんですけど・・(相談者)

な、なんでもいいから欲しがるんです。(相談者)
・・
もう・・他人(ひと)のもんでも、なんでももう・・(相談者)

欲しがり屋なんですよ。(相談者)

でぇ、裁判の時に・・(相談者)

うん。(柴田理)
裁判官が・・(相談者)

「不動産と欲しい物を挙げてください」っていう・・(相談者)
うん。(柴田理)
用紙を寄越したんですね。(相談者)
うん・・(柴田理)

でぇ、わたしは・・女房が持っている、こういう土地を、欲しいって、言ったんですね。(相談者)
はぁい。(柴田理)

そうしたら女房は・・と、今、わたしが住んでいる現住所の・・土地と建物が欲しいって言いだしてぇ・・(相談者)
うん。(柴田理)

でぇ、それでそれを弁護士に、「これどういうことなんですか?」っつって、「こんなこと聞いて・・最終的に・・判決の中に入ってくるんですか?」って聞いたら・・(相談者)
うん。(柴田理)

「いやいやそんなの入りませんよ」っつって・・(相談者)

「じゃあなんでこんなおかしなことを裁判官は聞いてくんのかな?」と思って・・(相談者)
うん・・(柴田理)
しかも・・(相談者)

自分の物は・・どこでも、家でも、住んでないところの・・(相談者)

うん・・(柴田理)
土地と建物を欲しいって言いだして。(相談者)
うん・・(柴田理)
その、女房の考えてることが、全然、わからないんですねぇ。(相談者)
うーーーん・・(柴田理)
でぇ・・今やってることが、わたしに対する嫌がらせなのか・・イジメなのか・・(相談者)

でもその離婚というのは成立したんですよねぇ?(柴田理)

成立しました、ええ。(相談者)
でぇ、それとともに財産分与も、もう・・***・・(柴田理)
終わりました・・ええ・・(相談者)
そうしたら、それ以上のことは・・(柴田理)
なんか・・はい。(相談者)
あるんでしょうか?(柴田理)

いや、ないはずなんですけど、それぇ・・で・・住所だけは決めなきゃいけないですから。(相談者)
はぁーーん・・(柴田理)
今までずーーっと、ここに・・(相談者)

世帯分離して住所置いてた訳ですね。(相談者)
うーーん・・(柴田理)
でぇ、最初の頃なかったんですけど・・女房の下に、今度・・次男坊が入ったんです、世帯分離の・・(相談者)

中に。(相談者)

はぁい?(柴田理)

今までは、わたしと・・(相談者)

子供たち3人と、女房とで入っていたところに・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

女房が勝手に世帯分離だけして、女房が移ったんです。(相談者)

はい。(柴田理)
でぇ、しばらくしたら今度・・ちょっと、他の件で・・あのぅ、住民票が必要だもんですから・・取りに行って・・(相談者)

見たら今度、次男坊が抜けてるんですね。(相談者)

でぇ、「次男坊、どこへ行ったんだ?」って市役所に聞いたら・・(相談者)
うん・・(柴田理)
「奥さん側の方の、世帯に入ってます」って・・(相談者)

言うことですから・・(相談者)
はああ・・じゃあ・・(柴田理)
「ええっ?!なんでぇ?!」・・って。(相談者)

ことで。(相談者)
奥さんは・・(柴田理)

ええ・・(相談者)
次男坊・・さん・・を、連れてっちゃったってことですか?(柴田理)

もう、大人ですよね?37歳の方だったらば・・(柴田理)
そうです、はぁい、はぁい、はぁい。(相談者)

世帯・・っていうのは、ご自分で・・一つ、持ってらっしゃるもんじゃないんですか?(柴田理)
い、いやぁ・・アパート持ってるんですけど・・(相談者)

わたしずっとサラリーマンでいたもんですから。(相談者)
うん・・(柴田理)

サ・・今でいう、サラリーマン大家だったんですねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理)

でぇ、それでいて・・(相談者)

会社の方から社会保険、ずっと引かれてましたから・・(相談者)
うん。(柴田理)

あんまり・・そういうの、気にしてなかったんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理)

わたしも定年退職して・・しばらくしたら・・(相談者)

なぁーんかに・・健康保険の金額が大きいねぇ・・って。(相談者)
うん・・(柴田理)

毎年、は・・80万ぐらい払ってましたから・・(相談者)
うん・・(柴田理)
「こんなに・・高いの、なんですか?」って。(相談者)

「女房は別に、ちゃんとした法人で働いてるんですよ」って。(相談者)

でぇ、市役所に聞いたら・・「いやいや、奥さんは・・社会保険として・・会社としての法人で、保険には入ってませんので・・」(相談者)

「ぜーんぶ(全部)、旦那さんのとこに来ます」って言われてぇ・・(相談者)
それ、扶養家族だってことですね?(柴田理)
そうです、そうなんです、そうなんです。(相談者)
でぇ、でも、離婚したら・・扶養家族ではなくなりますよねぇ?(柴田理)
ええ・・(相談者)

ええ、いやまぁ・・(相談者)
でぇ・・(柴田理)
それがわかったから・・「お金早く、俺んところに40万、寄越せ」っつったんですね。(相談者)

「お金を出さない」って言いだして・・(相談者)
うん・・(柴田理)

それで世帯分離にしちゃったみたいな・・ですねぇ・・(相談者)
はああ・・(柴田理)
・・
奥さんは自分で・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
保険料払うことにして・・(柴田理)

はぁい。(相談者)
次男坊さん・・を、扶養家族として、また、連れてったってことですねぇ。(柴田理)
ええ・・そうです、そう、そうですねぇ。(相談者)
ふぅーん、ふん、ふん・・(柴田理)
ええ・・(相談者)

今回のご相談はねぇ・・(柴田理)

はぁい。(相談者)
何を、どうしたい・・のか・・っていう・・(柴田理)
まぁ、という・・(相談者)
・・
夫婦世帯分離したものが・・(相談者)

妻が離婚したら・・(相談者)
うん・・(柴田理)
そっから・・(相談者)

除かれるんじゃないのか・・っていう・・(相談者)

市役所に聞いてるんですけど。(相談者)

はぁい・・(柴田理)
明快な答えを出してくれないんですよ。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理)

でぇ、それを聞きたいんです。(相談者)
あっ・・わかりました。(柴田理)

はぁい。(相談者)
今日の回答者の先生は・・(柴田理)

塩谷崇之先生です。(柴田理)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.