テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月22日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
50歳女性から、元会社同僚の66歳家庭のある男性との2度目の浮気が夫にバレる。夫は相手を責めても私を責めないのはどうしてなんだろう?15年鬱病で、朝、死んでいたらいいと思っている私、三度自殺未遂をした。
加藤諦三氏の〆の言葉『うつ病は、重症でも2週間で治る』アドラー

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:50歳女性 夫47歳 長女24歳 長男22歳 浮気相手の男性66歳(元会社同僚)

もしもし?(加藤諦)

もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に年齢教えて下さい。(加藤諦)

えっと50歳です。(相談者)
50歳・・結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

ご主人何歳ですか?(加藤諦)
47歳。(相談者)
47歳・・お子さんは?(加藤諦)

えっと、24の娘と・・(相談者)
あ、はぁい。(加藤諦)
22の息子がいます。(相談者)

はぁいわかりました、どんな相談ですか?(加藤諦)

今月の初めにですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あの、旦那に浮気がバレてしまってぇ・・(相談者)

旦那に・・浮気が・・(加藤諦)
あたしが浮気をして・・(相談者)
あっ、あなたの浮気が・・(加藤諦)
してたんですよ。(相談者)
バレた・・はぁい。(加藤諦)
いつから浮気・・してたんですか?(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

1年・・半ぐらい前に一回バレてぇ、同じ人なんですよ。(相談者)
あっ・・はぁい、どういう人ですか?(加藤諦)
会社が一緒だった人なんですけど・・(相談者)
会社一緒?はぁい。(加藤諦)

でぇ・・(加藤諦)
でぇ・・(相談者)
60・・ぅ・・6歳になりますかねぇ。(相談者)
66歳・・ということは、当然相手は、家庭・・があってということですねぇ。(加藤諦)
はぁい、そうです。(相談者)

でぇ、同じ会社だから、しょっちゅう・・会っていた?(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
お昼から早退してみたり・・(相談者)

浮気っていうのは・・(加藤諦)

どこ、どこでしてるんですか?(加藤諦)

ホテルですねぇ。(相談者)

それでぇ・・1年半にバレちゃった時という時は・・ご主人との話し合いはどうなったんですか?(加藤諦)

えっと・・旦那と・・向こうの奥さんの前で土下座をしてぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
「これからもう、こういうことはいたしません」っていう証明書を、書かされたんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

奥さんと、うちの旦那に各自・・それぞれ1通ずつですね。(相談者)
ウン・・はぁい。(加藤諦)

でぇ・・半年ぐらいしてぇ、また・・(相談者)

連絡が来てぇ・・(相談者)

顔・・合わせますよねぇ、同じ会社だったら。(加藤諦)

え・・あたしが辞めたんですよ・・(相談者)
あっ!・・(加藤諦)

・・

会社辞めたんですか?・・はぁいはぁい。(加藤諦)
はぁーい。(相談者)

向こうから電話?メール?・・(加藤諦)
突然、れん・・LINEが来てぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

「今でもお前のことが好きだから・・」(相談者)
あっ、はぁい・・(加藤諦)
「会いたい」・・っていうLINEだったんでぇ・・(相談者)
うん、はぁい。(加藤諦)
あたしも嫌いで別れたわけじゃなかったんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

もう今度は上手くやろうと思う気持ちと・・(相談者)
はぁい。(相談者)
どうしよう?って思う気持ちと・・交差してぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それでも、会ってしまったんですよ。(相談者)
・・
でぇ・・(相談者)
それでぇ・・(加藤諦)

近くの・・(相談者)
あ・・(加藤諦)
ところで、待ち合わせしてたのを・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦)
車でスタートしてぇ・・(相談者)

後ろ振り返って見たら・・(相談者)

つけられてたんですよぉ・・(相談者)

や、「つけられてたんですよぉ・・」って非常に残念そうな・・(加藤諦)

うーーん・・(相談者)
え・・うん。(加藤諦)
そうなんですよ・・でぇ、もうビックリしてぇ・・(相談者)
それ・・(加藤諦)

車は当然、彼が運転してたの?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

でぇ・・(相談者)
でぇ、バックミラーでぇ・・(加藤諦)
あたしの車を旦那が・・運転してたものでぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦)

もう、ビュンビュン飛ばして、逃げたんですけど・・(相談者)

結局・・バレてしまってぇ・・(相談者)

「ビュンビュン飛ばして逃げた」って、すごい、危ない話ですよねぇ、交通事故でも起こしかねないでしょう。(加藤諦)
はぁーい、もうその時はもう必死でぇ・・(相談者)
・・
振り切って逃げたんですよ。(相談者)

それで家で・・ご主人と会った?(加藤諦)

会った。(相談者)

「逃げたやろ」って言われてぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

「いや・・」(相談者)

「あたしじゃないよ」・・って言ったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

「いや、乗ったし」・・って言って・・(相談者)

・・

うん。(加藤諦)

・・

責めないんですよ、全然。(相談者)

うん・・(加藤諦)

でぇ・・(加藤諦)
相手に電話をしました。(相談者)

主人が。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そしたら相手は・・(相談者)

「俺じゃない」って言った・・そうです。(相談者)
・・
あたしが「嘘をついてる」って、言う・・いうふな感じで言ったみたいでぇ・・(相談者)

相手がねぇ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
うん・・(加藤諦)

あたしが嘘をついてるから「俺じゃない」って言って、電話を何回も切られた・・みたいでぇ。(相談者)

うーん・・(加藤諦)
「こういう男やろ、わかった?」「こんな男ってわかったんならもう二度と連絡するな」って言ってぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

でぇ、わたしには一切・・(相談者)

うん。(加藤諦)

「怒ってないからね」・・って言う・・ふうな優しい感じでぇ・・話しかけて来るんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦)

「なんとも思ってないよ」「そんなことはどうでもいいよ」・・って。(相談者)

・・

言って来るんですよねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦)

1回目の時はすごい烈火の如く怒ってましたけど、2回目の時は全然おこーらなかった(怒らなかった)んですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
・・
なんか・・(相談者)

自分もしてるから言えないんじゃないのかなぁ・・と思ってぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

・・

そこら辺を疑ってるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦)
なんにも証拠が出て来ないからですねぇ・・(相談者)

うん、うん、うん、うん。(相談者)
責めるわけにも行かないし、悪いことしたのはあたしの方だから・・(相談者)

うん。(加藤諦)

でぇ・・今自分は・・(加藤諦)

どうなっていいんだかわからないっていうことね?(加藤諦)
・・
えっとですねぇ・・(相談者)
・・
もう、鬱になって15年ぐらい経つんですよ。(加藤諦)

・・

鬱に・・なって15年?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

最近、わかった時には・・(加藤諦)
うん。(相談者)
鬱が酷くなっててぇ・・(加藤諦)
うん。(加藤諦)

薬がふ・・(相談者)

増えてるんですよねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

ということは。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
ご主人は・・(加藤諦)

あっ、自分の妻は・・(加藤諦)

・・

うつ病なんだと。(加藤諦)

・・

それで今それが、悪化してるんだというふうに思ってるということ?(加藤諦)
うーーーん、そうですねぇ・・(相談者)
・・
なんにも信じるものもないし・・目的もないです、もう・・朝起きてタヒんでたら・・(相談者)

もう、いいなぁって思うぐらいでぇ。(相談者)

生きていることに意味を・・(加藤諦)
でぇ、3回ほど自殺未遂したんですよ。(相談者)

はぁい。(相談者)
これは、あの浮気の話かと思ってたら・・そんな、その生易しい・・話では、ないですよねぇ、これはね。(加藤諦)

ああ・・(相談者)
それでねぇ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あなたが言うように、あなたは今・・(加藤諦)

なんのために生きてるかわからない。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
生きている目的がない。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
心の支えもない。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
なんにもない。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
こ、この中でわたしは、どう生きたらいいか・・っていうことだよね?(加藤諦)
そうですねぇ。(相談者)

今日はねぇ、ホントにあなたはラッキーです。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
今日はスタジオにですねぇ・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
シンクロの銅メダリストでぇ、メンタルトレーナーの・・田中ウルヴェ京先生いらしてんです。(加藤諦)
・・
お話して下さい。(加藤諦)
・・
はぁい・・(相談者)

よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。