テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月27日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
49歳女性から、私立高校に通う高校1年生の息子についての相談。学校から短期留学を任意で勧められているが、息子本人は乗り気じゃない。51歳の夫は無理矢理にでも行かせろと言っているが、内気で変化を嫌う受け身な息子に無理矢理行かせてもいいものなのかどうか?

スポンサーリンク

5分で読める今日のまとめ

相談者は49歳女性、家で仕事をしている。夫は51歳で会社経営、長男は私立の高校1年生、長女は13歳、中学2年生。

今日の相談、高校1年生の長男の三ヶ月ほどの短気留学について。
学校の方から、任意ではあるが是非参加して欲しいと言われている。
学校の方は、留年するわけではないので、グローバルな体験をしてもらい、いろんな人達とのコミュニケーションを通して、積極的に英語習得を頑張るように・・とのこと。

親としては是非参加させたいと思っている。
息子の性格は、内気で変化を嫌い、受け身な性格。
本人に話たところ、「いやぁ・・ちょっと、どうかなぁ・・」みたいな感じで、あまり積極的な感じではない。

そうした場合、親の意向で無理矢理ではないが、行かせてしまっていいものかどうか、それとも、あまり積極的でないならば、無理に行かせない方がいいのか?というところで悩んでいる。

ー息子、今後、どういう方向へ進もうと思っているのか?

うちの子供、性格もあって、将来について本人、全く見えていない状態。漠然とでも、こういう職業がいいとか、全くない状態。

このような状態なので、親として心配?焦り?・・小さい頃からある。
小学校、中学校、なんとなくこれになりたい・・という将来の夢みたいなものっていうのは、一切、「わかんない」っていう感じで、(将来の夢を)口にしたこともない。

親としては、出来るだけいろんな経験をさせて、刺激を受けることによって、自分が将来やりたいもの・・っていうのを、見いだせていくのかな?・・っていう思いもあり、短期留学、経験させたいな・・っていう気持ちがある。

こういう息子なので、本人の気持ちとしては、全く積極的ではない。
行きたくないというか、そんな長い間、「えーっ?」って感じ。

ー行きたくないと、はっきり言ってるわけじゃあない?

「絶対に嫌だ」「何がなんでも行きたくない」と、そこまでの拒否を示すのであれば、嫌なことを無理矢理にしたくはないし、しない。
だけど、そこまでのことは言わない。

ーご主人はなんて言ってるの?

主人は、何が何でも参加させろ・・って感じ。
「三ヶ月ぐらいなんだ」っていう感じ。
「うじうじ言ってないで、とにかく行って来い」みたいな感じ。

ーあなた自身、相談したい、電話した理由はなに?
ご主人は絶対に行かせろと言い、息子さんの方は、「えーっ?三ヶ月?」・・本人が言ったわけじゃないので、意味がわからないけれど、あなた自身、何を相談したいの?

親としては、行ったら行ったで学ぶべきものは大きいだろうなと思うので、親の考えとしては、是非参加して、いろんなことを学んできて欲しいという気持ちがあるが・・

ただ、子供の性格によっては、あまり行きたくない、気が進まなかったということを、無理矢理親にやられて、それが後々、傷になったり、行かなければよかった・・っていう結果になってしまうのか?

それとも、多少乗り気でなくとも、行ってみたら、「すごく良かった」って、思って帰ってきてくれる・・ってこともあるかもしれないので、そこに賭けて、もう高校生なので、ちょっと背中を押してみるか・・

この子の性格、こういう性格の子供の場合、どちらの方を選らんだ方がいいのかな?・・っていうところで悩んでます。




三石由起子アドバイス

ー性格に関係なく、行かせた方が良い。

ー留学は面白い、した人はみんなそう言う。
わたしも面白かったし、わたしの子供達もそう言っている。
気が進まないの一つは、知らないから。
親も知らない・・あなたのことだけど、留学の経験ないと思う。

相談者:少しならある、大学を卒業してから、ヨーロッパに三ヶ月ほど。

ー面白かったでしょう?

相談者:はい、もちろん、でも・・

ーその面白さをよく思い出してください。
どんなに面白いか・・って勧め無いと駄目。
「あなたの将来の為なんだから、きっといい事があるから」みたいのでは、全然乗らない。
「こんなの面白かった」「あんなの面白かった」って、あなたが面白かった話をいっぱいしてあげないと駄目。

ー留学は楽しい。
教え子から聞かれれば、絶対に楽しいって言う。
行けることがどれだけ幸せなことか。

ー私立の高校に行っている・・学校が側が、是非参加させて下さいというものは、親は参加させる、私立というのはそういうこと。
100年の展望を持ってやっていること。
親がグズグズ考えなくても、いいようにやってくれている。
それが、私立のお任せしていい企業努力・・それは信用していいと思う。

ー肩を押す・・良かったね、あなた幸せね。
そう持っていかないと駄目。
三ヶ月行けば、またちょっと行ってくるかな・・となりやすい。
出会ってないっていうことと、選択肢がないということは、本当に貧しいことで、出会わせる価値観、友人なり、別の文化なりに、出会わせるチャンスがあって、財力があるならば、是非行かせるべき。

ー息子が、足をバタバタして、「嫌だ、嫌だ、嫌だ」というのを引きずっていくのは出来ないこと。
気持ちよく、行かせる。
100人以上から、こういう相談を受けているが、必ず行くように勧めているし、後悔したことはない。いいチャンス。

ー今のことだから、昔のことは参考にならないと思うけれど、自分の娘が留学した時には、電話、国際電話禁止でした。
電話がかかってきたら、カシャっと切った。
手紙も、英語で書いてくれば、返事を書いてあげます、でも、日本語で書いてきたら返事はしません・・とした。
20年も前だけど、今でもメールがあるが、英語で書いてきたら返事するよって。

-幼稚園の子を合宿に連れて行くのと同じで、母親の匂いがすると心が弱る。
三ヶ月、別の文化で楽しんできなさい。
なるべく、思いださないようにしなさい。
緊急の場合は、英語で寄越せと。
そのくらいのこと、言ってやれば面白がるかも。

ーあなたが留学して面白かったことを、言ってやることが大事。
いい機会なので、たった三ヶ月の間でも、日記を書きなさいと言ってみる。
出来れば英語で書いて欲しいが、三ヶ月間、とにかく日記でも書いて、新しい自分に会うこと。

ー環境を変えるということは、16歳になったら、新しい自分にどうやったら会えるか?いつ、会えるか?って、自分でビックリするような新しい自分がある。
だから、それは親としては背中を押してあげなきゃいけない。
「どんなあなたに会えるかね?」ぐらいの事を言い、励まして、背中を押してあげて欲しいと思います。

ーどんな性格の子でも。




今井通子まとめ

相談者:安心しました、どんな性格の子でもっていう・・ところが安心しました。

ーどんな性格もなんですけど、たぶん息子さんはお母さんが愛情を注ぎ過ぎな為に、お母さんの顔色を伺って、生活してるんじゃないか・・って気がする。

ーお母さんから離れちゃ悪いなぁ・・って思っているから、「三ヶ月も?えーっ?」みたいな言い方をしているが、本心は行きたいのかも。

相談者:満更でもない感じ?

ー本当に、「嫌だ、嫌だ」とおっしゃるんだったらわかる。
感嘆詞だけで誤魔化した。
なので、三石先生がおっしゃった、正論では、どんな子供でもこのチャンスなら・・息子さん、実は嫌じゃなさそうだな・・っていうのが後ろに見えてた。
今日の相談を語るコーナー要約

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.