テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月30日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
42歳男性から、妻の母が他界、築40年の家と再建築不可の土地、借金が500万ほど見つかる。義妹と妻が相談し相続放棄の方向でまとまる。家の中に財産価値はないが亡義父のギターとかあり、持ち出してもいいのか?この先、古くなった家の管理はどうなる?

目次

スポンサーリンク

5分で読める今日のまとめ

相談者42歳、妻42歳、息子13歳、一人暮らしだった義母63歳が他界、義父は5年前に他界、結婚し子供のいない義妹36歳

妻のお母さんが亡くなりまして、財産が少しあったのですが、借金も見つかり、放棄しようと考えているんですが、そのことについて、色々問題があり。

ー揉めた?どういうこと?

亡き父と母で自営業をやっていた。
その時に借金があったようで、財産と借金と考えた時、相続放棄した方がいいのでは・・という結論になった。

ー借金は、どのくらいあるんですか?

500万・・はっきりした金額は、わからない。

ー財産、残ってるようなことをおっしゃってたけど?

土地と建物がありまして、義母が一人で住んでいた家。

ー建物はいくらぐらい?

建物、不動産屋さんに聞いてみたが、「金額はちょっと出せませんね」ということを言われた。築40年ぐらいの建物。

土地も、新築許可が出るような土地ではない。
面してる道路が狭いので、「新しく家を建てることは、ちょっと難しいですね」と言われたので、大した財産ではない。

ーお母さま自身、自営でどんなことをされていたのか?

別に店舗を借りていて、5年前に亡くなった義父と一緒にやっていて、義父の他界と同時に自営も辞める。

結婚している義妹36歳、子供はいないと、妻が二人で、相続放棄しようと結論を出した。

ーなにを揉めたのか?

相続放棄の手続をする際に、調べてもわからなかったので、相談。
建物と土地は相続放棄しようと思っているが、家の中の物について、財産というほどの物はないが、思い出のある義父のギターとか、テレビなどの家電関係がある。

家の中の物、相続放棄したら持ち出したらいけないのか?

ー相続放棄によって、どんなものが自分の手を離れるか?それが知りたくて電話する。

もう一点、相続放棄した後の、建物の管理について、空き家になってしまうのだが、その空き家で万が一のことがあった場合、建物が古くなり、瓦が落ちたのなんだので、誰かが怪我したりした場合はどうなるのか?

ー相続放棄後の建物は、放棄したから自分の管轄ではないよ・・というふうなことでいいのか?

更地にして放棄したいのだが、その余裕もないので。

ー姉妹で考えて、あなたにも相談があって、それであなたが考えを巡らせて、テレフォン人生相談にお電話をくださったっていうこと?

そうです。
相続放棄をした後の、家の中から持ち出していい物があるのかどうか?
相続放棄した後の、建物の管理について責任があるのかどうか?




坂井眞アドバイス

ー放棄した場合に、ギターや家電関係があるんだけどと・・いう話で、先ほど、「建物と土地は相続放棄をしたんだけれども」という言い方があった。

相談者:まだ、してはいない・・

ーするんだけれども・・という意味でおっしゃった。けれども相続放棄とは、相続財産の、これとこれ・・と選んで出来るものではない。

ー建物と土地は相続放棄したけれど、ギターは持っていっていいでしょうか?というのはナシ。

ー注意しなきゃいけないこと、『法定単純承認』というのがある。
『単純承認』の場合、プラスもマイナスも引き継ぎます・・という結論になる。

ー普通、3ヶ月以内に放棄をしないと「承認」になる。(家庭裁判所で手続が必要)
放棄する前に、「単純承認」とみなされる場合があるので注意。
相続人が、相続財産の全部、または一部を処分した時は、単純承認をしたとみなす・・という条項がある。

ー相続財産に勝手に手をつけると、単純承認とみなす場合があるので、お父さんのギターや家電が、お母さんの物で、お母さんの相続財産だとしたら、放棄するつもりなのに、勝手に処分したりすれば、単純承認とみなされる場合があるので、それは注意が必要。

明らかにゴミみたいなもの、掃除、片付けはしたらダメってことですか?

ー理論所は。
ただ、掃除したいけないという法律はない。
ギターを見てないので何とも言えないが、お母さんが亡くなった後、綺麗に掃除しました・・ということで、相続財産を処分したことにはならない。

ー保存行為はいい・・となっている。
そういうふうにみなされる行為だったらいいと思う。
経済的価値がないのなら、それで、相続全体が単純承認とみなされるとは限らないが、弁護士として心配なのは、借金がある・・ということ。

ー500万の借金があるなら債権者がいるはず。
債権者からしてみたら、厳しい債権者なら、放棄されるより、相続人を追求できた方がいい。

ーそういう人が、ギターの話に気付き、ギターは自分の家に持って行ったじゃないか・・という話になったら、面倒臭いなと・・いうことはあるかもしれない。

ーお父さんが約5年前に亡くなられた時、お父さんについての遺産分割はしたのか?

相談者:いいえそのまま・・

ー分割協議書を作らず、そこに住んでいたままなのか?
奥さんと妹さんは、お母さん一人で相続すればいいと言って、遺産分割協議書を作ったのかどうか?

相談者:協議書もなにもなく、そのまま、その家に今まで通り・・

ーそうすると、どうしたらいいのか?簡単に説明できない部分がある。
今の話なら、お父さんが5年前に亡くなった時の遺産分割は終わっていない。
事実上、住んでいるだけ。

ー遺産分割をちゃんとしないで、10年、20年、経っている話はたくさんある。
空き家の管理については、相続放棄するけれども、問題は土地建物が誰の物か?っていうこと。

相談者:もともと義理の父の物です。

ーそうすると、お母さんの相続を放棄すると、持ち主が居なくなると考えておられたようだけれど・・
お父さんの相続を終えていない。
内心は、お母さんの物だと思っていても、法律的にはなっていないので、そこの処理をするため、お父さんの遺産相続と、お母さんの遺産相続をきっちりしておく必要がある。

ーそうでなければ、土地建物、わたしたちの物じゃないと簡単に言えない。
法律家、弁護士の所に相談に行かれた方がいいと思う。
根っこから処理をしないといけないと思う。

今井通子:お母さまのことより、お父さまのことの方が大変になっちゃいましたね。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.