テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年8月3日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
72歳女性から、3年前に父が他界し8ヶ月前に母が他界、父の相続は法定相続通りだったが、2年5ヶ月前に母の遺言で妹に3分の2、自分が3分の1とあった。それは承諾したが、2年半前、妹が母から現金1500万円を贈与していたが分かった。遺言に異議申し立てしたいのだけれど。

スポンサーリンク

5分で読める今日のまとめ

相談者は72歳女性、夫は1年半前に77歳で他界、実父は3年前に93歳で他界し、実母が8ヶ月前に93歳で他界、自身には妹が一人いる。

相続のことについてお願いしたい。
3年前、父が亡くなった時、相続した財産は、長女の自分と次女の妹、二人で二分の一ずつ分けた。(母二分の一、子供達で四分の一ずつ)

8ヶ月前に母が亡くなり、土地があった分は売買が進行中。
今から半年前、母の遺言書もあり、自分が三分の一で、次女が三分の二と売買の時に持ち分がつけられた。

争うよりはいいと思い、土地の持ち分、三分の一で承諾したが、この間、書類を見せられ、母から妹への贈与があったことがわかった。

※人の話を聞かない相談者、今井通子の問い掛けに、一方的に被せて話す。

土地についても、法定通りの相続で、母二分の一、姉妹で四分の一ずつ父から相続していた。

今現在、土地は某会社へ3000万円で売却、その時、妹から見せられたのが、土地の持ち分、妹三分の二、自分が三分の一の持ち分。

母が遺言を書いた時、施設に入っていて、姉妹で顔を出していた。

※時系列混乱中、相談者、主語なく話すので、いつ何があったのか今井通子整理するも・・

3年前に父が他界、その半年後に母親が次女に1500万円の現金を贈与する。(相談者は知らず)
母のタヒ後、通帳には60万円しかなく、それも三分の二と三分の一で分ける。(自分は20万しかもらっていない)

遺言に異議申し立てをしたくて、裁判をしたいのだが、遺言が先行(本人の言)するのか、それとも裁判でどうにかなるのか?




坂井眞アドバイス

ーもう一回、確認をしますね。

ー3年前に、お父さんが亡くなった。
その時は、法定相続分通り、お母さんが二分の一、姉妹が四分の一ずつ相続をしました。

ー8ヶ月前にお母さんが亡くなったけれども、その後で遺言者が出てきた。
土地の共有持ち分、お母さんが二分の一もっている。
それと、姉妹が持っている持ち分を合わせて土地を売った。
3000万円は、土地の売却金額なので、お母さんの取り分は、1500万円となる。

ー公正証書遺言として話を進めていく。(どういう遺言かわからないので仮定として)

ー2年半前に贈与があった。
その1ヶ月後・・つまり2年5ヶ月前に遺言で、妹三分の二、相談者三分の一に分けるという内容。

※自分の気持ちだけ話そうとして、整理しようとする坂井眞弁護士を結果的に邪魔する相談者

ー遺言書があると分かったのは、母親が亡くなってから。
3年前、お父さんが93歳で亡くなりました。
相続は、法定相続分通りの手続きをする。
お父さんが亡くなって半年後に、1500万円の贈与があった。
今から2年半前の話。
その1か月後、今から2年5ヶ月前に、遺言書が書かれていた。
今から8ヶ月前、お母さんが亡くなったので、遺言書が示されて、自分が三分の一で、妹が三分の二ということがわかった。
争うのは嫌なので、それで納得。

ー遺言書がおかしい、争えないか?という質問。
お母さんに能力があり、形式を満たした遺言書であれば、遺言書がおかしいと争うことは難しい。

相談者、唸る。

ー遺留分について、親子なので、子供には遺留分がある。
法定相続分の半分、お母さんについては、四分の一については最低もらえる。
亡くなる1年前の贈与については、相続財産の中に入れて計算できるという規定がある。
すると、1年以上前になるので、遺留分計算の基礎に入れられなくなる。

相談者:わたしは知らなかった。

ー知ってる知らなかったは関係ない。
相続開始前の1年間だから、お母さんが亡くなる前の1年間。

相談者、唸る。
※既に話を聞ける精神状態にない相談者。

ー実際、時系列が関わってくるので、法律相談に行かれてもいい。
納得のいくように、相談した方がいい。




今井通子まとめ

-おわかりいただけましたか?

相談者:はい、はい、わかりました。

ー遺言書が、本当に有効かどうか、贈与の日にち、1年より前だったかどうか、そういう事も含めて・・(法律相談に行った方がいい)

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。