テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

「テレフォン人生相談・・・でしたっ!」相談内容を語る

※KBCでの放送後に今日の相談を語るコーナー要約
相談者は70歳男性から、奥様も70歳、一人娘のお嬢さんが34、35歳。
びっくりしました、「だと思いますけど」って。
自分の娘の年齢もわからない。

距離感がわかっちゃいますよね。

その娘さんが摂食障害である。
体重が30キロぐらいしかないと。

3、4年前に、奥様の弟さんが癌になって、看病のため奥さんが1ヶ月、家を空けたと。
その間、お嬢さんが食事の準備をしてくれたんだけれども、自分の仕事が遅かったりなんかして、食べてあげられなかったと。

その辺からおかしくなったんじゃないかと。
ご相談者はおっしゃってましたが。

もう逃げるなよと。
ただ逃げ回ってるだけじゃないですか、お父さん。
お父さんですから、お父さんが逃げてどうするですか。
自分の娘のことですから。(コンバット満)

親父としては、逃げちゃだめだろうと、大変だとは思うけど。
お父さんは逃げてるよね、完全に。

完全に出てますね、それがもう本当にダメだし。
だって自分は朝早く家を出て、夜遅く帰ってきて、娘さんと会わないようにしている。
総じて車の中に居るわけですから。
こんなことするのって、大変なんですよって・・

まず家に居て、娘さんとちゃんと会話していただきたいですし。
筆談で、トントントントンされるから、それが嫌だと。
それが嫌なのわかりますけど、ちゃんと向かいあわなきゃダメでしょ。

まずそうなったのはなぜかってことですものね。
もしかしたら摂食障害になったのは、お父さんのせいかもしれない。
可能性も、無きにしもあらずじゃないですか。

その前から、ちゃんとコミュニケーション取ってなかったんだろうなと。

ただ唯一、娘さんも、言葉を発しないけれども、文字を書いて「読め」っていうの、ムッとするかもしれないけれども、コミュニケーション取る方法を探って、それしかないと思ってるところあるじゃないですか。

なにか、わたしが思ったのは、お父さんの話を聞いていると、自分はこうやってあげたのにみたいな言い方をしてたので、そういう考え方があって、今の現状があるんじゃないかと思ったんですよ。(山田優子)

娘さんも、このお父さんと会話が出来ないから、筆談になっちゃったんじゃないかなぁ・・って思ってるし、それが助けを求めているんだとしたら、ちゃんとそこに向き合わないと、娘さん、治るものも治らないですよね。(山田優子)

これ会話じゃなくて筆談で、机を叩いて、「読め!」っていう態度は嫌って、それを言ってる限り無理だよね。(川上政行)

「でも」ばっかり言ってましたよ。

これは、回答の中にもありました、マドモアゼル愛さんもおっしゃってましたけれども、問題を抱えながら三人で生きていくと・・いうことを考えないと、この先、上手くいかないんじゃないかとありました。

食事は一緒のするんだけれども会話はないと。
不思議なんですけどもね。
まずは、そこからかなと。

問題が解決できないから逃げる・・っていう態度はもう、これ全然よくならないので、先がないよね。

お父さんが逃げるから、トントントンとやる。
そのうち、トントントンもしなくなったら、コミュニケーションしなくなったら、もう終わりですね。

精神面のこと、しっかり治さないと、繰り返してしまいますからね。

摂食障害は、心因的要因が根底にあると、よく言われますが、食べ方の問題とか、そういうふうに捉えちゃいけないとか、よく言いますが、そんなことじゃない。
心の奥底に何があるか?っていうのを、わかってあげないといけないってよく言いますが・・

今井先生の最後の、「本人がその気じゃなかったら治らない」って、そんな病院ダメ、ちゃんとした病院探しなさい・・って、確かに、そういう病院は治療を放棄してますよね。
うちじゃ無理です・・っていうようなもんだよね。

それを治してもらうのが、病院じゃないかと思ってしまいましたが。

【リスナーメッセージ】
●ポンタさん。
人生相談のお父様、奥様と娘さん、家族バラバラなんですね。
会話が少な過ぎる。
夕ご飯を食べないことを言い訳にしている?会話を増やしてください。
家族の時間を大切にして、同じ趣味を持つ、映画を一緒に観るとか、触れ合って欲しいです。

●ナミソさん。
子どもの頃から、「ぜーんぶ普通です」と答えるお父さん、娘さんが「苦しい」「辛い」と言う時に、きちんと向き合っていないんじゃないかな・・と思いました。
その、娘さんの筆談、よく見て、その文章の裏側にある娘さんの気持ちに気付いて、娘さんは栄養どころか、愛情も不足してるんじゃないかな?

◇なにもなかったんじゃなくて、気付いてなかっただけなのかも。
お父さんは、小、中、高校時代、普通だったっていう・・普通ってないですもんね。
娘の事を聞かれて、普通だったって答えないですよね。
たくさんありますよね。
日々の変化も気づきますよね。

お父さん、これを機会にですね、なんとかお嬢さんとの距離を縮める為に、努力・・逃げてばっかりじゃあ、問題は解決しないと、先生方もおっしゃっていました。
正面から向き合うことが、必要なんじゃないかと思いますね。

夫婦で協力してもらいたいですね。
悲しいとか、可哀想とか、先が見えないとか言っても、まったく問題解決しないんで、お父さん、行動を起こす時じゃないでしょうか?

※自分も参加したい番組にモノ申したいという方は、以下からご連絡を
zuki@kbc.co.jp(@は小文字に変換)
FAX:092-722-4242

管理人

深読みし過ぎて、怖いんですが
『このままなら三人で、他へ行ったらいいのかな・・って気がする。』
思い過ごしならいいんですがね

このお父さん、逃げて、逃げて、逃げて
もう、逃げ場がない
向き合うのも、辛過ぎるんだと思うな

おそらく・・ほぼ・・間違いなく
原因が、自分にあったとしても

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 食事をしないならしないで、ちゃんと連絡しなくちゃ!電話くらいできるでしょ。そんなことさえしないから当然娘さんは怒るよね。
    でもそんなことくらいじゃ摂食障害にはならない。
    なにかもっと大きな事件があったはずなんだ。
    娘とだけじゃなくて奥さんとも会話してない。それどころか逃げてしまっている。
    今までいつもなにか困難なことがあるたびに逃げていたんじゃないの?耳をふさいで見て見ぬふりして。
    だから摂食障害の原因になった事柄も、相談者の中では無かったことになってるんじゃないの?
    まともな父親なら、自分が身代わりになってでも娘を守ろうとするよ。逃げるなんて最低。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.