テレフォン人生相談
加藤諦三

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

坂井眞:その法律的な、慰謝料請求とか、いう問題は、もちろん正式に婚約をして・・結婚する約束を・・も、ちゃんとした場合ですね。

坂井眞:これ、理由もなく破棄をしたら・・慰謝料請求っていう問題は当然可能なんですね。

相談者:ん・・はぁい。

坂井眞:うん、だけどまぁ、それがポイントじゃないので、そこからは、離れてこれからお話ししますけれども。

相談者:はぁい。

坂井眞:ちょっと確認しておきたいんですけれども。

相談者:はい。

坂井眞:え・・今は、疲れたあなたは、どういう関係なんですか?よく会うんですか?側にいるとか?・・その辺はどうなんですか?

相談者:最初は頻繁・・1週間に2回ぐらい会ってたんですけど。

坂井眞:はい。

相談者:でぇ、向こうは・・突然・・ドタキャンしてくるぐらい当日に。

坂井眞:はい。

相談者:でぇ、そういうこともあってわたしは何か・・連絡を・・途絶えるようになりました。

坂井眞:そうすると、1年前は、上手くいってたから婚約をしたじゃないですか。

相談者:はぁい。

坂井眞:でぇ、破棄したのが6ヶ月前で・・破棄された後も最初は週に2回ぐらいは会ってた、こういうことですか?

相談者:はぁい。

坂井眞:だけれども、ドタキャンするようになってあんまり会わなくなったのは、何ヶ月ぐらい前ですか?

相談者:もう1、2ヶ月・・前ですね。

坂井眞:そうすっと婚約破棄の後も、3ヶ月とか4ヶ月とか・・

相談者:はい。

坂井眞:あ、は(わ)・・会いに来たり・・っていう感じではあったわけ?

相談者:あ、そうです。

坂井眞:だけど、オシメ替えるでもなく?

坂井眞:SNSだけに載せていたって、こういう話ですね(笑)・・わかりました。

相談者:そうなんです、ふふふ・・

坂井眞:そうするとこの1、2ヶ月は・・

坂井眞:ほとんど会ってないということですか?

相談者:向こうの、して今、なにしてるか、もう全然わからなくて、仕事とかも、当的に・・ん、なんか・・

坂井眞:婚約した時は、会社に勤めてたんですか?

相談者:まぁ、相手が、あのぅ・・夜の仕事なんですよ。

坂井眞:ああ・・

相談者:はぁい、でぇ・・

相談者:全然職種は違うんですけど、職場が本当に同じビルで、すごい近くて。

坂井眞:はい。

相談者:でぇ、入れ違いで、わたしが帰る頃に・・

坂井眞:ああ・・

相談者:あの、相手がやってきて。

坂井眞:て・・

相談者:もう・・すれ違うというか、もうそういう感じで。

坂井眞:あ、それがなに?職場が近くて知り合ったって、さっきおっしゃったって2年前?

相談者:はぁい。

坂井眞:そ、そういうのがきっかけ?

相談者:あ、そうですそうです。

坂井眞:うん、でぇ、夜の仕事っていうことは、飲食店とかそういう関係ですか?

相談者:あ、そうです。

坂井眞:なるほど。

・・

坂井眞:でぇ、それ・・は、最近何やってるかはわかないってことは、仕事変わってるかもしれないってことですか?

相談者:あ、そうです、知り合った場所の・・職場・・を、辞めて。

坂井眞:はあ・・ん。

相談者:そのあとは・・

坂井眞:でぇ、その後、どうしてるかは知らない?

相談者:はぁい。

坂井眞:ふぅーん・・なるほど。

坂井眞:結婚してなくてもお父さんなんだから。

相談者:はぁい。

坂井眞:そのお嬢さんの・・育てるための費用は・・お母さんと一緒に・・

坂井眞:負担しなきゃおかしいじゃないですか。

相談者:はぁい。

坂井眞:そういう事は、負担はしてきたんですか?

相談者:別れた月に・・

相談者:最初そういう話になったんですけど、わたしが、それが、お金で解決するみたいで、なんか勝手に、一方的に嫌だと思ってて、拒否してて。

坂井眞:うん。

・・

相談者:でぇ、もう今になってもうなんか、諦めなきゃいけないなぁと思って。

坂井眞:うん。

相談者:でぇ、そういう話を・・今進めてやっと、今月から、そうなるのかなぁ?・・って感じですね、でぇ、今、職・・も、どうなってるかわからなくて、ちゃんと払えるのかなぁって。

坂井眞:うん・・じゃあ、今月からいくらか入れてもらうことに・・は、なってるわけ?

相談者:はぁい・・はぁい。

坂井眞:まだ、まだ入ってないけど?

相談者:そうですそうです。

坂井眞:いくらくらいもらうことになってるんですか?

相談者:一応、5、6万・・

坂井眞:5、6万は出しますと?

相談者:はい。

坂井眞:なるほど。

・・

坂井眞:でぇ、そのぅ・・婚約・・の時点で、別に同棲してたとか、そういうことではないんですか?

・・

相談者:子供が3ヶ月・・4ヶ月くらいまで・・一緒に住んでて。

坂井眞:それはどこで?

・・

相談者:相手の、実家ですね。

坂井眞:相手の実家?あ、ああ・・

相談者:はぁい。

坂井眞:相手も、実家・・が、そばにあるんですね?

相談者:あ、そうです。

坂井眞:そうですよね、高校もそばだ・・一緒だって言ってたし。

相談者:はぁい。

坂井眞:あ、そうなんですか。

相談者:はぁい。

・・

坂井眞:でぇ、3ヶ月経ったところで・・

相談者:はぁい。

坂井眞:相手の・・

・・

坂井眞:じっ・・か(実家)から・・それはまだ、婚約中ってことですよね?

相談者:あ、そうです、その時は、そうです。

坂井眞:でぇ、え・・相手の実家に居て、まぁ、だから順調に婚約のあと、結婚に向けて進んでたって感じですね。

相談者:はぁい。

坂井眞:だけれども、3ヶ月で戻ってきたというのは、別に関係が悪くなったからではないんですか?

相談者:は(わ)、その時は・・あの、相手の家に冷房がなくて、たまたま。

坂井眞:はい・・あ、なるほど。

相談者:わたしの実家に・・帰ってて。

坂井眞:なるほど。

相談者:でぇ、その後に(苦笑)・・ちょっと浮気?

坂井眞:はい。

相談者:というか、そういうのを、してて。

坂井眞:はい・・相手が?

相談者:はぁい。

坂井眞:はい。

相談者:でぇ、それを・・わたしが見つけて。

坂井眞:うん。

相談者:でぇ、そっから・・

坂井眞:ムードが悪くなっちゃった?

相談者:はぁい。

・・

相談者:でも、別居もしてるし、わたしがもう、向こうの家に戻るのが嫌になっちゃって。

坂井眞:うーん・・

相談者:そこからズルズルで・・もう、ここ・・別れる感じですね。

坂井眞:そいで6ヶ月前の・・婚約破棄になる、ちょっとなんとなく・・あのぅ、一つ理由が、突然のようでいて、相手の浮気という重大な・・問題があったわけね。

相談者:はぁい・・はい、でぇ、それ、生まれる前にも・・あったみたいで。

坂井眞:あ・・あ、そうなんですか?

相談者:はぁい。

・・

相談者:それで生まれてから・・わたしが気付いて。

坂井眞:うん・・でぇ、言ったら・・どう言った?謝った?

相談者:すごい謝ってはいたんですけど。

相談者:わたし的、衝撃的すぎて、すごく問い詰めて、問い詰めて・・

坂井眞:うん。

相談者:でぇ・・

相談者:そしたら・・

相談者:「もう嫌だ」って、「自分の時間が欲しい」って。

坂井眞:ふふふ(笑)・・え・・

相談者:うふふ・・

坂井眞:なんか、本気で反省してるの?って感じもしますよねぇ。

相談者:はぁい。

坂井眞:わかりました、そ・・うん、ちょっとそれは、あの、なぜ、婚約から・・婚約破棄になったのかっていう重要なエピソードのような気がしますけれども。

相談者:うふふ・・はぁい。

坂井眞:浮気して責められて・・

坂井眞:結局・・「日本の結婚は堅苦しいから、もういいです」とか・・言って・・

相談者:うん・・

坂井眞:来なくなっちゃってる人・・

・・

坂井眞:であれば・・

相談者:はぁい。

坂井眞:なかなか、無理矢理くっつけようったって、相手の気持ちが戻って来なきゃどうしようもないから。

相談者:はぁい。

・・

坂井眞:あんまり追っかけてもしょうがないのかな・・っていうのが、わたしの・・

相談者:はぁい。

坂井眞:なんとか・・考えかなぁ・・でぇ、お子さんについては・・両親が責任をもたなくちゃいけないから・・

相談者:はぁい。

坂井眞:でぇ、彼も、「子供かわいい」って言うんであれば・・それはちゃんと、子供育てるための養育費は・・

坂井眞:払わなきゃいけないし。

相談者:はぁい。

坂井眞:それは、婚約破棄したってなくなる話じゃないでね。

相談者:はぁい。

坂井眞:でぇ、それをもらうのは、恥ずかしいことでもなんでもないし・・

相談者:はぁい。

坂井眞:え・・彼がそれをやれば・・彼も胸が張れるわけですよ。

相談者:うん・・はぁい。

坂井眞:まぁ、お父さんお母さん上手くいかなかったけれども、子供のことはちゃんと、責任もって、二人で育てなきゃいけないけど。

相談者:はぁい。

坂井眞:あのぅ、男と女・・婚約をしていた同士としては・・これはもう、心が離れちゃったのかな・・っていうような・・

相談者:うん、はい。

坂井眞:感じに、わたしは、お話を聞いていて・・感じました。

相談者:はぁい・・はい、わかりました、ふふっ(苦笑)・・はぁい。

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA