テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年10月17日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
49歳女性から、繊維業を営む父77歳が2年ほど前に仕事で失敗、取引先の損害に対するペナルティで借金を背負う、以降、仕事が減り続け、ほぼない状態。借金もかさみ首が回らない状態、サラリーマンの弟や自分にお金を無心しても、絶対に会社をたたまない。自己破産しない父、どうしたらいいだろうか?

目次

スポンサーリンク

今日の相談・借金を借金で返す状態の父

相談者は49歳女性、離婚し一人息子19歳は夫の元へ。実家で繊維の会社を営んでいる父77歳、母73歳。独身の弟はサラリーマンで両親と同居中。

柴田理:え、今日はどんなご相談ですか?

相談者:え、実家の借金問題です。

柴田理:じっ・・ああ、ご実家の借金問題・・なるほど・・

※年齢と家族状況の確認

柴田理:借金問題ってどういうことですか?

相談者:え・・父がですね、借金をしておりまして・・まず2年ほど前に、取引相手とのお仕事の上で・・ちょっと間違いというか、失敗がありまして・・

相談者:そのペナルティーのお金を支払ったところから、あのぅ・・どんどん、ちょっと・・

・・

相談者:仕事が回らなくなったのと、その時の、ペナルティー金額を支払い・・ったことで作った借金がどんどん増え続けて・・

相談者:今、相当もう、完全に首が回らない状態にはなってるという・・ところです。

柴田理:はい。

相談者:はい。

柴田理:でぇ・・で、今、その中で、お父さんお母さんは、まだ一生懸命やってらっしゃるということですよね?

相談者:いやぁ・・あのぅ、もう・・一生懸命やろうにも、ホントに、仕事が・・こなければ、仕事にならないんですけれども。

柴田理:はい。

相談者:はい、あのぅ・・

相談者:父は会社をたたむ気もなく・・今、事務所が外にあるんですが・・仕事場を自宅に移すということもしないまま、こう経費だけが・・かさみ・・

相談者:また、借金を借金で返すような状態でずっと、今・・大変で。

相談者:あのぅ、弟が同居してるんですが・・弟が、あのぅ、父と母の・・食費等の面倒を見ながら・・暮らしては居るもののという・・状態です。

柴田理:えっと、弟さんはその会社は・・携わってらっしゃらないんですか?

相談者:あっ・・一切関係ありません。

柴田理:関係なく・・お母さんもかん、あの、やってらっしゃるんですか?そのお仕事、一緒に?

相談者:はい、えーっと・・実質・・的な仕事はほとんどないですけれども、あの一応会社の・・

相談者:役員として、名前が入っていて。

柴田理:ああ・・はぁ、はぁ、はぁ。

相談者:ただ有限会社で、ホントに実質、2人・・しかいない会社なんで・・はぁい。

柴田理:うーーん・・

・・

mああ、それでその借金・・お父さんの借金があ・・かさんじゃって、それは・・あなたには、影響はあることなんですか?

相談者:えーっと、わたしにはないんですが、えーっと、まぁ、会社の・・借金の他に、父が個人で作った借金の、他に・・母・・の名義で、父がやはり・・

相談者:した借金などもありまして、でぇ、本当に2人に今、生活費、年金を貰っていてもそれも全部・・注ぎ込んで・・

相談者:生活費がない状態なので・・

相談者:でぇ、それでよくお金の無心をされるんですけれども・・

相談者:そして・・同居しての弟・・なんかにもずっともちろんそういうことがあるんですが・・

相談者:もう正直、お金を渡しても、そのぅ・・

相談者:焼け石に水の・・借金の・・返済に充てられてしまうので、まぁ、ちょっと兄弟で・・相談をして、現金を渡さないようにしようということになっているんですが・・

相談者:まぁもう・・

相談者:その借金も、金融機関・・以外に・・

相談者:あのぅ・・身内など・・親族等、いろんな方・・

相談者:から・・借りてしまった・・ような経緯もあるので、本当に・・

・・

相談者:これ以上、あのぅ・・

相談者:いろんなところからお金を借りないようにという・・

・・

相談者:ような・・ことを父に言って、会社を・・

相談者:たたむお願いもしてますし、自己破産をしてもらうよう・・お願いもしてるんですけども・・一切聞き入れないまま(苦笑)、2年間、過ぎてしまったんですね。

柴田理:はああ・・

相談者:はぁい。

・・

相談者:でぇ・・それでぇ・・もう本当に、どこからもお金が借りれない状態で、今さすがに・・もう父は、右往左往はしてるんですけども、もう打つ手もない・・

・・

相談者:のに・・

相談者:会社をたたまない・・事務所の引き上げないってことをずっと・・

相談者:言っている状態で、弟に・・

・・

相談者:お金を貸してくれと言うんですが。

相談者:もう・・

相談者:毎月40万くらい(苦笑)・・を、貸してくれと言うので・・結局・・

柴田理:はぁぁ・・それじゃあ・・うん。

相談者:そうなんです、イチサラリーマン・・が・・渡せる金額ではないので・・

相談者:もう・・

相談者:弟・・を、なんとか・・

相談者:あの、守るというか・・

柴田理:うんふんふんふんふん・・

相談者:もちろん・・両親のその、生活は気にはなるんですけど・・

・・

相談者:どう・・

・・

相談者:対処していっていいのかが、まぁ・・わからない状態です。

柴田理:うーーん・・なるほど。

相談者:はぁい。

柴田理:じゃあ、あの、先生に聞いてみましょう。

柴田理:今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。

相談者:はい。

柴田理:先生、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こんな両親捨てて逃げるべきだと思うけどなあ
    もうどうにもならんでしょコレ
    こんな旦那に付き合ってる母親も大概だし
    にしても、一緒に暮らしてる弟も何だかね・・・
    その歳で引っ越すお金が無いとかどんだけ・・・
    相談者も笑ってる場合じゃないと思いますが

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.