テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年10月18日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
51歳女性から、酒癖の悪い夫58歳から、何かといえば「離婚」を連呼、娘が20歳過ぎるまで我慢と思い次女が20歳を迎えた。出会い系サイトで知り合った5歳下の男性といい仲に、でもその彼は独占欲が強くマザコン、一緒に住むも離婚、再婚、どうすべきだろうか?

目次

スポンサーリンク

今日の相談・夫か不倫相手か

相談者は51歳女性、夫は58歳、結婚23年目、長女22歳、次女20歳、出会い系で知り合った彼46歳。

今井通:今日はどういったご相談ですか?

相談者:えーっと、ちょっとまぁ、家族ありながら・・ちょっと今・・なんて言うか・・不倫みたいな感じになってしまって。

今井通:はい。

相談者:それでぇ・・その今までの、その家族の、その主人ですけども・・もう23年ぐらいになるんですけども・・

相談者:でぇ、いろいろっていうか、喧嘩・・とか・・まぁ、大いにありながらも、すぐ、まぁ、主人のほうから、なんかこう・・「離婚」の話が出てくるので・・

相談者:うん、それでまぁ、主人のほうはそんなに、なんて言うか・・重要さを感じてないでしょうけど、わたしの中ではもう、それがずっとずっとなんかもう、この人とは離婚・・

相談者:するんだって感じでずーっと・・思い込みが・・強くなってしまって・・

相談者:それで、えっと・・子供も娘が2人いるんですけども。

今井通:はい。

相談者:でぇ、娘ももう20歳過ぎたので、えーっと、親権問題がなくなると思・・ってずーっと・・その、次女が・・20歳になるまで自分がずーっと
我慢してたんですね。

今井通:はい。

相談者:その、別れる・・感じで。

今井通:はい。

相談者:それでやっと20歳越えたので、ちょっと娘とかに相談をしつつ・・もう娘たちは・・なんかこう・・わたし達の、喧嘩状態を、あんまり見たくない、聞きたくないってことで・・

相談者:「もういいんじゃないの」って感じで、娘たちが言ってくれる反面もあったので、「あ、そうなんだ」って感じで・・

今井通:はい。

相談者:うん、わたしは思ったんですね。

今井通:はい。

相談者:でぇ、そんな矢先に・・もう・・ちょっとやっぱ心が、ずーっと病んでしまう中・・

相談者:こう・・知り合いっていうか・・まぁ、要はこう、出会い系サイトみたいな形で、ちょっとあのぅ・・

相談者:新しく知り合った方・・

相談者:とは、今、ん・・もう4ヶ月ぐらいのお付き合いなんですけど・・

相談者:でぇ、その方も、やっぱり離婚歴とかもあって・・

相談者:そいでまぁ・・お子さんもいたらしいんですけども、でぇそのぅ・・

相談者:彼が、わたしよりは、えっと5つ年下なんですけども・・結構、こう、甘えとか・・

相談者:えっと寂しがり屋っていう、まぁ一人っ子なので・・甘えとか寂しがり屋があるんですけども・・

相談者:そのわたしと、その彼とのやり取りの・・今のこう、LINEっていう、メールのLINEですね。

今井通:はい。

相談者:の中で、彼の方が、みんな母親に・・

相談者:なんて言うか、わたしのLINEを見せてしまう。

今井通:うん・・

相談者:から・・

相談者:まぁ、わたしも、彼と、知り合う前はいろいろあ・・ったんですけど・・そういう中も・・踏まえて全部、そのぅ・・彼・・が、母親に全部・・教えてしまう?

今井通:はい。

相談者:ので、わたしはその母親って方から・・

・・

相談者:なんかこう・・

相談者:怒られるって言うか、注意されるって言うか。

今井通:はい。

相談者:でぇ、その彼っていうのは、すごいわたしにとって、なんかこう独占欲がある方なんですね。

今井通:はい。

相談者:でぇ、いつどこで何やっての?とか、それをいろいろ話・・をしてるなか、ちょっと・・まぁ、わたしも間違えてこと言ってしまうと、その間違えたことに対しての言葉が・・

相談者:すごくこう・・

相談者:なんていうか、ほ、掘り下げるようにすごいずーっと、ずっと、言ってくるんですね。

今井通:はい。

相談者:まぁ、そういう、彼のことがやっぱ、こう、重いように思ってしまうので・・

相談者:嫌いにはなれないんですけども・・そういうなんていうか、独占力強い方っていうのは・・ちょっと・・どうなのかなと思って(笑)・・

相談者:いるんですね。

※年齢など家族の確認

今井通:でぇ、まずねぇ・・一番最初に・・その、ご主人・・の方ね。

相談者:はい。

今井通:今の。

今井通:ご結婚何年目でしたっけ?20・・

相談者:20・・3年です。

今井通:23年目ねぇ?

相談者:はい。

今井通:でぇ・・何かと言うと・・「離婚」「離婚」って言われたのはどんなことで?

・・

相談者:もう・・やっぱあのぅ・・結婚をお酒とかビールを飲む方なので、ビールを飲んだ勢いとかで・・

相談者:なんか・・

・・

相談者:こう、ささいなことから始まって、わぁーって怒鳴ったりとか、家の中でも、そうするともう、わたしが居ると・・

相談者:もう・・

相談者:なんて言うか、「お前とはもう、やってらんねぇんだ」って感じで、怒鳴られたり・・

・・

相談者:したもあるし・・

今井通:ああ、ああ・・

相談者:それと、あと・・

今井通:あ、え、要するに・・あのぅ、暴力をふるったりはしないけど、暴言は吐くということ?

・・

相談者:え、まぁ・・言葉の暴力っていうのもありますけど、一回、ちょっと、背中を蹴られたり・・は、ありました。

今井通:あ、あーん・・

相談者:その、子供が居る目の前で。

今井通:あらまぁ。

・・

今井通:え、え、じゃあ、酒癖はよくない?

・・

相談者:もうだんだん、酒癖っていうか・・だんだん、ん、ん・・飲んじゃうと、だんだんエンジンがかかってくるっていう感じですかねぇ・・はい。

今井通:うん、うん・・でぇ・・その、なにかにつけて、「離婚」「離婚」と言っていて・・

相談者:そうですね、本人はそんな・・

今井通:だから、うん、そう。

今井通:何か本人は口癖のように・・言ってるだけなんでしょう?

相談者:はぁい。

今井通:だけどあなたはそれがどんどん・・あの、頭の中に響いてきてて・・

・・

相談者:そうですね。

今井通:いずれは離婚かなぁ・・ぐらいまで、思いつめてしまった?

相談者:はぁい。

今井通:はい。

今井通:でも・・まだ離婚はしてないんですね?

相談者:そうですね。

今井通:あのぅ・・そうするとその・・あなたが、お嬢さんとも相談した上で・・「離婚したい」っていうことを言ったの?

相談者:あ、主人にですか?

今井通:うん。

・・

相談者:ああ・・はぁい。

今井通:それ何時頃?り・・

相談者:それでちょっと、離婚届を、置いて・・

・・

相談者:あるんですけど、まだちょっとサインがされてないんですね、わたしもちょっと、思いらないとダメだと思って・・

相談者:それで離婚届をちょっと書いて・・

相談者:わたしの方だけ・・それでちょっと置いといたら・・

・・

相談者:まぁ、その・・

・・

相談者:まぁ、中身は見た・・らしいんですね。

今井通:うんうん。

相談者:らしいというか、メールが来たんで・・「離婚届みたからな」みたいな感じで。

今井通:はぁい。

相談者:でぇ、「それからどうするつもりなんだ?」っていう、感じだけで・・しか・・うん、話は、わたしとは、話してないので。

相談者:はい。

今井通:はい・・それでぇ・・あなた自身は、これ・・

今井通:彼氏のほうの家にいるの?

・・

今井通:それとも・・あなたのお家に・・来てるの?

・・

相談者:はい?彼氏がですか?

今井通:うん。

相談者:あ、うーん・・わたしは今・・そのぅ、はい、彼氏の方の家に・・ちょっと居るんですけど・・

今井通:ああ、もう、そっち引越しちゃってるのね?

相談者:あ、はい・・

今井通:はい。

・・

今井通:でぇ・・今ねぇ、話を聞いていたら・・今出会い系サイトで・・付き合った人?

相談者:はい。

今井通:って言うのは、自分より5歳年下っておっしゃいましたよね?

相談者:はい。

今井通:でぇ・・一人っ子で甘えん坊で・・

今井通:独占欲が強くて。

相談者:はい。

今井通:え・・マザーコンプレックスじゃないけど・・

相談者:そう・・ですねぇ、はい。

今井通:え・・あのぅ・・お母さんにあなたのメール全部見せちゃって・・

相談者:はい。

今井通:でぇ、お母さんからあなたに、お叱りのメールが入って(笑)?

相談者:はい。

今井通:この人と、あなたは・・この後結婚すつもりなの?

・・

相談者:まぁ彼は、何か・・

相談者:できれば・・

相談者:はい、あのぅ・・

相談者:を、こう・・自分の・・その籍に・・来て欲しいって。

・・

相談者:ですからまぁわたしも、まぁ、ん、そんな感じで今ちょっと・・うーん・・ちょっと彼を手助けするっていうか、感じに、なっちゃって・・

今井通:あ、ちょっと待ってよ、あの、今わたしの質問は、「あなたは結婚するつもりがあるの?」って聞いたんで、彼がどうだかは関係ないんだけど。

相談者:ああ、その離婚されてから再婚って形ですね?

今井通:そうです。

・・

相談者:はぁい・・ん・・考えてますけど。

・・

今井通:あ、この彼と再婚したいと思ってるの?

・・

相談者:なん・・ですけど・・

今井通:はい・・

相談者:ちょっと、自分的にも、なんかこう、今すごい、そういう独占力が強く、なんかちょっと怖い面もあるんですけど・・なんかその彼を放っておくと・・

相談者:なんて言うか・・

相談者:自殺されてもなんか怖いなぁ、と思っちゃって・・いるんですね、わたしは。

・・

今井通:わかりました。

・・

今井通:っていうことで・・

・・

今井通:あのぅ、えーっと今の事情はわかったんですけども、そうすると、今日のご相談は何なんですか?

相談者:うーん・・だからそういう独占力が強い方と・・なんて言うか・・

・・

相談者:ウーン・・

・・

相談者:い、い、居たんですけど、どういうふうに接したらいいのかな?とか、いろいろ考えちゃう中、自分もなんか疲れてきちゃって・・

相談者:迂闊になんか言葉を発しちゃうと、その言葉が彼の中、頭の中でインプットされちゃうので・・

相談者:「さっきもこういうふうに言ったよな!」って感じで・・

相談者:なんか始まっちゃうので、なんかそういう面が今、怖いんですね。

・・

今井通:うん。

今井通:いや、だから?

相談者:だからなんかこう、相談っていうか、自分がなんか・・うーーん・・

・・

相談者:彼とそういうふうに・・居てもいいのかな?って感じでもあるんですけど、居てもいいのかな?ってなっちゃうと、自分の・・考えしかちょっと出来ないんですけど・・

・・

相談者:ぇ、ダカラ、ちょっと自分の気持ちがなんかこう・・今、落ち着かないんですね。

・・

相談者:彼のアパートにたいんですけど、なんか、自分の家のこともあるから、なんか、行き来、行き来してる、なんかこう・・

相談者:なんか用事を忘れてしまったりとかいろいろあって・・

相談者:戸惑ってる感じ(苦笑)。

今井通:うん・・いや戸惑ってて、どうしたらいいでしょう?ってことですか?それは?

相談者:そう・・ですね。

・・

今井通:今日はですねぇ、三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由紀子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います、先生よろしくお願いします(笑)。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 以前から離婚しようと思っていたと言っている割には、離婚してからの生活設計なんかは全くできてない。
    真剣に離婚を考えてたわけじゃないんだろうな。ぼんやり離婚もアリか?なんて思ってただけなんだろうね。
    浮気相手ができたから旦那から乗り換えようか?となったんでしょうね。
    この浮気相手というのも、ロクでもない男ですよ。
    自活して生きて行く力をつけなきゃ、離婚してみたところで将来の展望は開けないよ。
    今までいい加減に生きてきた結果が現状なんだ。
    自分は努力しないで他人に寄りかかって生きてきた人の末路だね。回答者たちも「自己責任でどうぞお好きなように生きてください」という態度だった。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.