テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年10月19日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
63歳女性から、息子夫婦が同居し二世帯住宅を建てたいと言ってきた。夫も嫁も賛成で、息子の所有する古い家屋を建て直す方向で検討中だが、同居していた友達が、共有物分割の裁判を起こされ家を出ることになった話を聞く、不安に思う相談者。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・同居と二世帯住宅への不安

相談者は63歳女性、夫は68歳で二人暮らし。結婚した子供が二人、娘と息子。36歳の娘には10歳の女の子がおり、39歳の息子には6歳の男の子と2歳の女の子がいる。

今井通:もしもし、テレフォン人生相談です、今日はどういったご相談ですか?

相談者:息子と同居するについて、ご相談したいんですけども。

今井通:あなたは何歳?

相談者:63歳。

今井通:ご主人は?

相談者:68です。

今井通:お子さんは、息子さんお一人?

相談者:娘もおります。

今井通:息子さんが上?

・・

相談者:はい、39歳。

今井通:お嬢さんは?

相談者:36歳です。

今井通:みなさんご一緒に住んでらっしゃるの?

相談者:いえ、別々です。今主人と2人で暮らしております。

今井通:ああ、なるほど。

相談者:はい。

今井通:息子さんも、お嬢さんも、ご結婚されてるの?

相談者:はいそうです。別世帯です。

今井通:はい。

相談者:これから・・えっと、共稼ぎ・・が始まるので、「一緒に住みたい」と言われておりまして・・そいじゃあ・・はい。

今井通:ああ・・なるほどねぇ。

相談者:はい、息子夫婦は、今、土地と家と持っているんですけれども、「古いし小さいので建て直したい」ということで、子供の面倒も看て欲しいし、「一緒に建てないか?」という提案をされました。

今井通:あなた方は・・別に・・土地、家をお持ちなの?

相談者:も・・はい持ってます。別の場所です、離れております。

今井通:息子さんの方が、土地と家を持ってらして・・

相談者:はぁい。

今井通:で、ここの方が広いわけ?

相談者:3倍ぐらいは・・あります。

今井通:おお、そうですか。

相談者:二世帯住宅・・

今井通:じゃあ・・

相談者:にして、一緒に住んで、共稼ぎを続けたいと。

今井通:お嬢さんの方からは何も言ってこないのね?

相談者:今はちょっと、あの娘の方の子供の面倒もみておりますけれども、息子夫婦が、遠くにいるので・・ちょっと行ったり来たりに・・なって大変なので、息子は同居したいということなんですね。

相談者:で、娘のほうも子供の面倒はみてるんですけえれども、もう大きくなってるので・・

今井通:はい。

相談者:もうそろそろ手を放しても大丈夫かなと。

今井通:はあ、なるほどなるほど。

相談者:はい。

・・

今井通:息子さんの方は、お子さんは?

相談者:6歳の男の子と・・2歳の女の子で・・

相談者:娘の方が・・10歳の女の子です。

今井通:で、お嬢さんのほうも共稼ぎなんですか?

相談者:そうです。

今井通:ああ・・

・・

今井通:で、お嬢さんのほうは「もういいわ」っておっしゃってるわけ?

相談者:しょうがないかなと思っていると思います。

今井通:息子さんが、持っている土地と、建物のところに・・

相談者:二世帯住宅を・・

今井通:二世帯住宅を建てるっていうことは、家、小っちゃいから、息子さんの家も壊して・・

相談者:古いので・・

今井通:あ、古い?

相談者:もう、50年ぐらい経つので・・

今井通:なるほど。

相談者:壊して、二世帯住宅を建てたいと。

相談者:子供と同居しているお友達がいまして・・どんなものかな?と思って・・電話をかけたら・・「いや実は、今・・自分は追い出されることになった」と。

・・

今井通:あら?

相談者:調停をやって、それが不調に終わり・・共有物分割・・そういう裁判を起こされて、わたしは出ることになったから・・そんなことはやめたらどう?って・・アドバイスをもらってしまったんです。

今井通:なるほど。

相談者:ええ、それでわたしも、あのぅ、心配になって、「同居するのはやめたい」と言ったんですね。

相談者:そしたらまぁ息子も、同居するっていうつもりになってたし、主人も、今住んでいる所貸して、息子のところで住んだら・・経済的にも楽になるし・・

相談者:それはいいアイディアなんじゃないかって言うので、わたし一人がなんか、こう・・あのぅ、反対という形になってしまったんですね。

今井通:はい。

相談者:でも、ホントにそういう風に・・追い出されるような裁判がないなら建てたいなと思うので・・ホントにそんなことって起こるのかということを、知りたいんですけども。

今井通:う、うーん・・

今井通:これあの・・一個の家の方、二世帯にしてるってことですね?

相談者:はぁい、しようと思ってます。

今井通:別々の、家を、二つ・・建てる・・っていう方針はないんですね?

相談者:建ぺい率がすごく低いんですね。

今井通:うーん・・

相談者:土地は大きくても・・

・・

相談者:そんなに・・

・・

相談者:大きなものは建てられない、40%ぐらいしか建てられないので・・まったくの、別所帯を建てようと思うと、とても・・

・・

相談者:狭くなってしまうので。

今井通:うん、例えばあの、上下に分けて、別々に・・バストイレ、キッチン付き・・とかっていう感じ、それとも・・

相談者:いえ、左右に分けて・・簡単には行き来できないようにしつつ、一つの家・・

・・

今井通:で、お嫁さんの意見はどうなんですか?

相談者:お嫁さんはもうぜひ、一緒に住んで・・手伝ってもらいたいということなんですけれども。

今井通:あ、じゃあ、お嫁さんも、お、オッケーなんですね?

相談者:はぁい。

今井通:で、あなた一人で・・

・・

相談者:が・・

今井通:また、追い出されちゃいけないっていうんで、不安を感じてらっしゃると?

相談者:はい。

・・

相談者:でも本当にそんな・・お金を出して建てた家から、追い出されることが・・あ、あるのか?・・っていう疑問も・・あるにはあるんですけれども・・

・・

今井通:そうすると今日のご質問はそれ?

・・

相談者:そこです。一緒に住みたいけれども・・ホントに不安になったときに・・追い出される可能性が・・

・・

相談者:あるという・・

・・

相談者:事例を見てしまったので・・

今井通:はい。

・・

相談者:どうしたらいいかな?と。

今井通:わかりました。

相談者:はい。

今井通:え・・今日はですねぇ、弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 二所帯住宅って、上手くいかないことが多いですよ。
    表面上上手くいってるように見えても、たいていは誰かが無茶苦茶我慢して耐えてるのが普通です。
    一軒の家に同居するんじゃなくて、隣り合って二軒建てて住むくらいにしといた方がいいんじゃないでしょうか。
    まともで善良な人々同士でも、同居しちゃうと色々あるもんです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.