テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年10月21日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
51歳女性から、5人兄弟の双子の19歳の末っ子が、わがままで困っている。同じように育てたのに、自分の何が悪かったのか?経済的な事情もあり高校卒業後に働いて欲しかったが、大学へ行くと言って、実力以上のところを受験するも不本意な大学しか受からなかった。浪人すると言いつつ入学するも、結局、行っていなくて休学に。
加藤諦三氏の〆の言葉『最愛の人に対する最大の憎しみ loving hate』

目次

スポンサーリンク

今日の相談・末っ子だけどうして?

相談者は51歳女性、夫は59歳、子供は5人、28歳、26歳、23歳、19歳の双子。19歳の双子の兄と一緒の3人暮らし。

加藤諦:5人に育てあげて。

相談者:育てあげたかったんですけど、一番下の子・・が、あの、なんか、上手くいかなくて・・

加藤諦:一番下の・・子が、上手くいかないっていうのは、この19歳の双子の・・下?

相談者:はい、そうです。

・・

加藤諦:が、うまくいかなかったっていうのは、具体的にはどういうことですか?

相談者:あ、はい・・大学を受験・・したんですが・・実力以上のところを・・

相談者:あの、何校も受けまして。

加藤諦:はい。

相談者:すごく、無駄だとは何か、思っていたんですけど、本人が全然言うこと聞いてくれなくて。

加藤諦:はい。

相談者:やってみれば、そのぅ・・ことが分かるだろうと思って。

加藤諦:うん。

・・

相談者:やらせてみたんですけど。

加藤諦:うんうんうん。

相談者:でぇ、やっぱり経済的にも、苦しいので。

・・

相談者:まぁ、実のところは就職して欲しかったんですけど全然、聞く耳を持たないでぇ。

加藤諦:はい。

・・

相談者:でぇ、でもまぁ、ん、ねぇ、やりたいようにやらせてみようと思ったんですけど、結局、やっぱり・・

相談者:それで受からなか・・

相談者:ったんですが。

加藤諦:った、はい・・はい。

相談者:でも大学はどうしても行きたいということだったので、なんとか1つだけ、あのぅ・・本人にとっては不本意なところだったんですが受かったんですね。

加藤諦:はいはいはい。

相談者:でも絶対行きたくないっていう感じで・・仕方がないから浪人・・予備校に通って浪人してもいいかなと・・

相談者:まぁ、主人と、こう思って・・

加藤諦:はい。

相談者:説明会にも行って、手続きをしようとしたときに。

加藤諦:はい。

相談者:浪人したら・・

・・

相談者:今以上に良いところに受からない・・と、っていうふうになるから・・それも厳しくなるから、じゃあ、受かったところに行く・・っていうふうに、あの変えたのでぇ・・

加藤諦:はい。

・・

相談者:まぁなんか、じゃあ、良かったなと思って(笑)・・行ったんですけど、結局はなんか・・気に入らなくて、その大学が。

加藤諦:はい。

相談者:行かなくなってしまって。

加藤諦:あの・・「行かなくなった」っていうのは、いつ頃から行かなくなったんですか?

相談者:もうあの・・すぐだと思うんですね、あの一人暮らしさせてたので・・はい。

加藤諦:いつ行かなくなってるかはもう・・わかんないわけね?

相談者:うーんでもなんとなくわたしの様子・・あの勘ですけど、1日か2日ぐらいでもう嫌になったような・・

相談者:感じがします。

・・

加藤諦:うーん・・

相談者:それで、でも受験の時から、参考書などはやたらと買って、でも、わたしも受験までだと思って、結構、言う事聞いて、買ったりしてたんですけど・・

相談者:ま、その時から部屋もすごく散らかってしまってて。

加藤諦:うん・・

相談者:うん、なんか過去の問題とかをプリントアウトして・・

加藤諦:うーん・・

相談者:あのぅ・・すごくあの紙とかも、お部屋に散乱してたんですね。

加藤諦:うーん・・

・・

相談者:んでぇ・・あんま、受験が終わって駄目だった時に・・もうなんか・・

相談者:わたしが・・ちょっと、「頑張ってないって言った」と言って・・わたしの、あのぅ・・寝室に、その紙をすごく・・撒き散らしたりしてたんですね。

加藤諦:うーん・・

相談者:でぇ、でもそれで結局は、あのぅ、話は戻るんですけど。

加藤諦:うん。

相談者:その、大学に、行くってことになって、行きだしたけど、止めてしまって。

加藤諦:うん。

相談者:夏休みくらいには・・

加藤諦:うん。

相談者:一人暮らしを止めてもう、実家のほうに戻ってたんですね。

相談者:でぇ、その部屋も、ものすごくなんか、物で溢れたり・・

加藤諦:ええ・・

相談者:もう、すごく散らかった状態で・・

加藤諦:はい。

相談者:でぇ、本人も荒れてる状態だったので・・

相談者:家の中で荒れてると言っても、なんかそこはかと言い合いになると・・物をわたしにぶつけてきたり・・早く、このぅ・・

相談者:引っ越ししたいんだ・・って言ってきたり・・

・・

相談者:でぇ・・

加藤諦:そうすると、要するに、もう学校は辞めちゃってるわけですし・・

相談者:あのぅ、はい、休学・・ですね、休学届、一応、出してるんですけど・・はい。

加藤諦:はい・・はい、だからもう、学校は行ってないわけですし、当然、働いてもいないわけですよね?

相談者:はい、はい。

・・

相談者:うん、そうなんですけど、でぇそれですねぇ、えーっと・・

・・

相談者:近所には、行きたくないんですよ、人に会いたくないっていう・・

・・

相談者:のがあって・・

加藤諦:はい。

相談者:たぶん同級生に会ったときに、今の自分の状況が恥ずかしいからかわからないですけど。

加藤諦:はい。

相談者:どこか行くときも、最寄り駅ではなく遠い駅まで乗せてってとか・・

加藤諦:そいで、そういうような生活ですけど、今日のあなたの、相談というのは、どういう・・

相談者:はい・・はい・・そう、あっ、そうですね、それでぇ、んーっと・・結局・・アパートを借り・・また、借りて・・もう、契約してもう、あと10日ぐらいで引っ越しなんですが・・

加藤諦:はい。

相談者:なにが悪いんだろうと思ってしまうんですね、わたしの?

加藤諦:あっ、はっ・・

・・

加藤諦:なにが・・自分の育て方に、どこが問題が・・

相談者:そうです・・

加藤諦:あって・・

相談者:そう・・はい。

加藤諦:こうなってしまったのか?と。

相談者:はい。

加藤諦:いうことね?

相談者:はい。

加藤諦:あなたの側からすれば・・

相談者:はい。

加藤諦:同じに育てたという・・

相談者:はい。

加藤諦:だけど、他の子には、こういう問題はなかったと。

相談者:はい。

加藤諦:ということですね。

相談者:はい。

加藤諦:今日はスタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

・・

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.