テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子


テレフォン人生相談 2019年11月11日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
57歳女性から、夫の暴力が原因で離婚届けには署名捺印済みの状態。お酒を飲んでいた夫に対し、次男の発したひと言から、夫がキレ、次男や長男に初めて暴力、当初は相談者と子供二人が家を出ていたが責任を感じ次男だけ家に戻る。今、離婚原因は自分だと責任を感じ引きこもりの状態。
加藤諦三氏の〆の言葉『親は気が付かないうちに子供に破壊的なメッセージを与えています』

目次

スポンサーリンク

今日の相談・責任を感じ引きこもった息子

相談者は57歳女性、夫は58歳、長男16歳、次男14歳、夫の両親と一緒に6人で暮らしていたが、今現在、相談者と長男は家を出ている状態。離婚届には署名捺印済み。

加藤諦:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦:はいテレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

※家族構成・年齢確認

加藤諦:でぇ、どんな相談ですか?

相談者:はい、え・・14歳の次男の、えっと相談です。

加藤諦:はい。

相談者:はい、え・・先月、夫と、もめ、揉め事がありまして。

加藤諦:はい。

相談者:夫が、お酒を飲んでいたので。

加藤諦:ええ。

相談者:その揉め事のことで、次男が発した言葉に対して夫がキレて・・

加藤諦:ええ。

相談者:子供達に・・暴力をふるってしまったので。

加藤諦:あの暴力は今までは、ふ、ふるってなかったんですね?

相談者:はい、子供達にはなかったです、わたしに対しては、暴力と言うか、物を投げたりとか突き飛ばすっていうことは、ありましたけれど。

加藤諦:いや・・そ、それは・・突き飛ばすじゃあ・・大変な暴力じゃないですか。

相談者:はい、それはあのぅ・・普段はないんですけど、お酒を飲むとちょっと人が変わったような形になって、ちょっとしたことで怒ってしまって、何が、原因でキレてしまうのかっていうところが、よくわからなかったところもあったんですけど・・

加藤諦:はぁい・・それでその、先月・・夫と揉め事があ、あった時、次男の発した・・言葉でそういうふうに・・

相談者:ひと言、はい。

加藤諦:すると・・

加藤諦:もし、よろしければ・・

加藤諦:どういう言葉を言ったんですか?その言葉、次男の言葉っていうのは?

相談者:えーっと・・

・・

・・

相談者:うーーん・・

相談者:まぁ、ちょっと、あまり・・

加藤諦:言いたくない?はい。

相談者:人間的な、否定・・するような、もし次男が聴いていたら、まずいので・・

加藤諦:あっ・・

相談者:あの、はい。

加藤諦:はいわかりました。

相談者:ちょっと、人間的に、夫の性格を否定するような、言い方のひと言ですね。

加藤諦:はいはいはい。

相談者:はい、それを言ったことで、夫がお酒を飲んでいたので。

加藤諦:はい。

相談者:キレてしまって。

加藤諦:はい。

相談者:首根っこを、こう、いきなり掴んで。

加藤諦:はい。

相談者:殴る体制にな・・

相談者:って。

加藤諦:はいはい、はい。

相談者:こう、揺さぶるというような形ですかね。

加藤諦:うん・・

相談者:もう、今・・にもこう、殴りかかる・・

相談者:ような形です。

加藤諦:うん・・

相談者:それを・・夫の・・母が・・

・・

相談者:一緒に住んでいるので、夫の両親、一緒に住んでいるので、夫の母が来て止めて。

加藤諦:うん・・

相談者:でぇ、あのぅ・・一応、少しおさまった状態になって、夫は・・

相談者:別の部屋に行ったところに、長男が居て・・

加藤諦:うん・・

相談者:でぇ、夫がいきなり長男に・・向かって・・

相談者:なんかちょっと、嫌味・・

相談者:みたいな、ちょっとひと言を言ったら、それに対して長男がまた・・ちょっとひと言、言い返したら、それにまた夫が・・同じようにキレて・・

加藤諦:うん。

相談者:でぇ、長男は、え・・わたし達が居る方に、ま、次男とわたし達が居る方に、走って逃げて来て・・

相談者:それで結局、最後、わたしが謝るっていう形になって・・

加藤諦:うん。

相談者:とりあえず収まったんですけど・・

加藤諦:うん。

相談者:長男は泣き・・崩れてしまって。

加藤諦:うん。

相談者:でぇ、ちょっとこれでは、この、一緒に住む・・今日、一緒に・・もう、寝るっていうのはちょっと・・

相談者:よくないからってことで、そこからホテルに、三人・・まぁ、長男と次男を連れて・・

加藤諦:うん・・

相談者:ちょっと、わたし、指、怪我を・・してしまったので。

加藤諦:うん。

相談者:「医者に行く」と言いながら・・

相談者:家を出て・・

加藤諦:うん。

相談者:ホテルに・・住んだんです、ホテルに行っちゃったんです。

加藤諦:うん・・

相談者:でぇ、今、長男と・・

加藤諦:うん。

相談者:はい、一緒に今、住んでまして、もう、夫とはそのぅ・・結果、離婚っていう話にも、なってるんですけど。

加藤諦:うん、でえ、夫も離婚は・・

相談者:はい、承諾してます。

加藤諦:承諾してる・・

相談者:はい、離婚届も、もらっていて、わたしの手元にあるんですけど。

加藤諦:はぁい。

相談者:ただ、次男のことで・・あのぅ・・

・・

・・

相談者:ちょっと困っているので、あのご相談、今出していない(離婚届)状態なんですけど。

加藤諦:次男のことで、困っているというのは具体的にはどういうことですか?

相談者:はい・・はい、あのその揉め事があって、ホテルに泊まった時に・・次男が、自分が発したひと言で、夫がキレてしまったので・・

加藤諦:はい。

相談者:自分のせいだと言って・・

加藤諦:ああ、あ・・

相談者:「僕は家に帰る」と言って。

加藤諦:うん、じゃあ・・

相談者:でぇ・・

加藤諦:今は、次男は・・

加藤諦:お父さんでしょ暮らしていると?

相談者:そうですはい。

加藤諦:はい。

相談者:はい。

相談者:それで次男は・・

相談者:家に、それから帰ってしまっているんですけれども・・

加藤諦:はぁい。

相談者:それで何度か、あのぅ・・迎えに行ったりだとか。

加藤諦:うん。

相談者:してるんですけど。

相談者:最初のうちは話もしてくれて。

加藤諦:はい。

相談者:あのぅ・・「僕が行ったら迷惑かけちゃう」とか、そういうような、話を、してたんですけど・・

加藤諦:はい。

相談者:だんだん・・あ、先月の末には・・

相談者:「もう、来ないでいい」とか、「さよなら」みたいな、「僕はここで生活するからいいから、さよなら」みたいなことを言いだして。

・・

相談者:先月・・までは学校に行ってたんですけど、今月からはもう・・学校にも行かなくて。

相談者:食事もあまり、食べなくて。

加藤諦:うん。

相談者:でぇ、家で、布団なの中で、ずっと、パジャマで引きこもっているような状態なので。

加藤諦:うん。

相談者:布団から顔も出さないし。

加藤諦:はい、あなたが行ってもね?

相談者:その中でずっと・・はい、その中でずっと泣いてるだけで。

加藤諦:はい。

相談者:何を言っても・・

相談者:動かないし・・

相談者:でぇ、学校の方にも相談に行ってるようなんですけど。

・・

・・

相談者:あのぅ、いい結果は得られず・・出来ればわたしは、次男も引き取りたいんですけど。

加藤諦:はい。

相談者:夫も、次男が、「そっちに行きたい」って言えば・・

・・

相談者:い・・引き渡しもいい・・っていうふうに言ってるんですけど。

・・

・・

加藤諦:はいわかりまし・・

相談者:次男が動かないもので、どうしたらよいかと思って、ご連絡を・・はい。

加藤諦:はいわかりました。

加藤諦:スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・

相談者:はい・・

加藤諦:伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 次男が父親の元へ戻ったというのがポイントでしょうねえ。
    この相談者が言っているほど悪い父親なら、そうはならないでしょう。
    大原先生が見抜いたように、この相談者が子供にこぼした愚痴が積もり積もってこういう形になってしまったのでしょう。
    離婚するのは仕方ないとしても、この次男に対するフォローだけは母親としてキッチリやって欲しいものです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA