テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞


テレフォン人生相談 2019年11月12日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
47歳男性から、母78歳と二人暮らしの独身無職の兄50歳が、母に手をあげ、緊急避難として1週間ほど前から近くに住む姉の家に居る状況。母の希望は最期は亡き父と建てた家でとの事だが、兄が居座っている状態。家庭内暴力が酷く、相談者、姉も被害に遭っていたのでトラウマで面と向かって出て行ってくれと話が出来ない。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・兄に対する恐怖のトラウマ

相談者は47歳男性・独身(実家から離れた場所に住む)、父親は小さい頃に死別、母78歳、兄50歳・独身・無職、姉48歳は結婚し夫と子供二人(男女)、母と兄が実家で二人暮らし。

今井通:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、もしもし・・

今井通:はい。

相談者:こんにちは、よろしくお願いします。

今井通:はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:兄について・・どのように、接したらいいかといった・・相談です。

今井通:お兄さん?

相談者:はい。

※家族構成・年齢確認

今井通:でぇ、お兄さまのこと・・とおっしゃるんですけど、どういうことでしょう?

相談者:はい、え・・今、ま、母と・・二人、え・・実家の方で、え、暮らしているんですけれども。

今井通:はい。

相談者:え・・もう・・

相談者:ここ最近ずっと毎日・・母と喧嘩をしてる・・ということも、母から、え・・伺ってまして。

今井通:はい。

相談者:でぇ・・現状として、そのぅ・・

相談者:定職に就いていない状態で。

今井通:はい。

相談者:ちょっと・・

相談者:え・・家にいるような状態で、まぁ・・昼夜がこう逆転したような生活をしている・・ということで、まっ、顔合わせても喧嘩をするといったことを聞いてまして。

今井通:はい。

相談者:でぇ・・ちょっと、最近・・

相談者:え・・は、高齢の母親に対してちょっと手を・・あげたということを姉の方から聞きまして。

今井通:はい。

相談者:でぇ・・まぁ・・

相談者:ちょっとわたし離れたとこに居るもんですから。

今井通:はい。

相談者:まぁ、姉は結婚して、まぁ・・

相談者:そう遠くないとこに・・居るもんですから、まぁ、一時避難的に、そちらの方に・・い、まぁ避難して・・

相談者:くれということで今避難させてるんですけれども。

今井通:はい。

・・

相談者:こういう状態が10年ぐらい続いてる・・という現状もありまして。

今井通:はい。

相談者:まぁ、わたしと、姉・・の、まっ、意見としてはもう・・家から出て行って欲し・・まぁ、母親もそうなんですが、もう家から出て行って欲しいということなんですが、ま、定職に就いてないのでぇ、まぁ・・

相談者:定期収入がないので出て行けないといった現状がありまして。

今井通:はい。

相談者:どのように接したらいいかと思いまして。

今井通:なるほど。

・・

・・

今井通:そうすると、今あのぅ・・緊急避難されている、お姉さまの・・ところへは、お母さま、な、ど、どれぐらい行ってらっしゃんの?

相談者:一週間ぐらいです、

今井通:あっ、一週間ぐらい?

相談者:はい。

・・

今井通:そもそも・・お兄さんは・・

相談者:はい。

今井通:例えば、子供の頃からは、どんな・・お兄さんでした?

・・

相談者:まぁ、幼少の頃からまぁ・・あの、父親がまず、死んでいなかったものですから。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・家庭内暴力・・

相談者:を・・繰り返して、いるような・・あのぅ、兄でして・・

今井通:えっ?

今井通:ちょっと待って、幼少の頃から家庭内暴力って、暴れん坊だったっていうこと?

相談者:そうですね、はい。

相談者:でぇ、まぁ、わたしや、姉、まぁ、母親も・・肋骨を・・折られるような、こともありましたし・・***・・

今井通:えっ?それはなに?お兄さんおいくつぐらいの時?

相談者:中学校、高校時代が・・

今井通:あっ・・

相談者:酷かったです・・はい。

今井通:ちゅ・・あ、ああ・・中高の頃ねぇ、はい。

・・

相談者:でぇまぁ、わたしなんかももう・・家出をするようなことはも何回もあったんですけれども。

今井通:はい。

相談者:まぁ・・無事に、大学に、行きまして、大学卒業して・・まぁ、就職して都会の方で働いてたんですけれども。

今井通:はい。

相談者:10年ほど前に・・

相談者:え・・突然辞めて帰って来て、それから、今、現状のような状態になってるという・・

今井通:ということは、お兄さまも・・あっ、一時は、あのぅ、一人で・・

相談者:はい。

今井通:生活をされていたことがある?

相談者:はい、そうです。

・・

今井通:でぇ・・そのぅ・・えーっと、今、よん・・50歳だから・・

今井通:、40歳ぐらいまでは・・普通にどこかに勤めてらしたわけね?

相談者:はい。

・・

今井通:この会社は・・

今井通:一ヶ所でずーっと勤めてらしたの?

・・

・・

相談者:いえ、まぁ・・何年かごとに、やはり、変わるような、感じでした。

・・

今井通:うーん・・

・・

・・

今井通:それで、お兄さまも、一回も結婚したことがない?

相談者:はい。

・・

・・

今井通:でぇ・・今・・その・・お姉さまのところ?

相談者:はい。

今井通:お姉さまのところは家族構成は・・

相談者:はい。

今井通:ご主人と・・お姉さまと・・

相談者:はい。

今井通:お子さんいらっしゃるのかしら?

相談者:はい、子供二人。

今井通:お二人いらっしゃる?男のお子さん?女のお子さん?

相談者:一人ずつです。

今井通:あっ、一人ずつ、はい。

今井通:でぇ、そこに今、お母さんが、一週間ほど・・

相談者:はい。

今井通:え、緊急避難してらっしゃると。

相談者:はい。

今井通:じゃあ・・お姉さまとあなたの間で・・

相談者:はい。

今井通:何か、ご、こう、今後、どうしよう?ってご相談はされてる?

相談者:はい、え・・もう、母も・・高齢なものですから。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・そういう状態では一緒に・・兄と住まわせてるわけにはいかないということで。

今井通:はい。

相談者:まぁ・・本末転倒なんですが、もう本来は兄が出て行くべきなんですが出て行かないのでもう、母に・・あのぅ、出て、行く・・

相談者:もう別に居を構えるようにという、まっ・・姉のとこ行ってもいいですし、わたしのとこに来てもいいというような形で、提案はしてるんですが。

今井通:はい。

相談者:ま、母の希望として・・

相談者:家え・・やはり・・ん、まぁ・・そこでぇ・・もう、最期まで・・え、迎えたいと・・いうような・・希望がありましてぇ。

今井通:はい。

相談者:わたしと姉の・・意見としてはもう・・家、土地をもう、売ってしまって・・

相談者:ない物にしてしまって、あのぅ・・

相談者:わたしか姉か、もしくは嫌であれば、どこか、あのぅ、施設なんかでも、行けば、どうですか?・・という形では、言ってるんですけれども。

今井通:はい。

今井通:ああ・・そっか、お母さまが、それを、「うん」とおっしゃらないわけねぇ。

相談者:そうですね、や、やはりあのぅ・・ん、ん、まぁ・・

相談者:そのずっとこう・・自分たちで建てた・・家、土地なので、そこで、***も、迎えたいという希望が・・

今井通:うんうん・・

・・

今井通:のにも、お兄さまに「出て行け」とも言えずということですかね?

・・

相談者:ん、そうですね、それはもう、ずーっと言ってるみたいなんですけれども。

今井通:うん・・

相談者:出て行かない・・という・・

今井通:なるほど。

今井通:そうすると今日のご相談は何になります?

・・

・・

相談者:そう・・ま、現状は一時避難という形で出てるんですが・・

今井通:はい。

相談者:現状・・まぁ、これを続けて行くっていうのも難しいのでぇ・・まぁ、一旦・・

相談者:まぁ、四人で話し合いをしたいとは思うんですけれども。

今井通:はい。

相談者:まぁ・・結論としてはもう、「出て行って・・くれ」ということを伝えたいんですけれども。

今井通:はい。

相談者:ただ、わたしも、姉も、やはり幼少からそういった、あの、トラウマが、あるもんですから。

今井通:はい。

相談者:やはりあのぅ・・面と向かって話をするというのがちょっと・・あのぅ・・恐怖・・心があるんですね。

今井通:ええ。

相談者:ですので、どのような形で・・話し合いをしたらいいかという・・

・・

今井通:わかりました、今日はですねぇ・・弁護士の坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

今井通:先生よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA