テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子


テレフォン人生相談 2019年11月21日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
47歳女性から、別居している22歳の娘が鬱病、経済的、精神的にもどういうふうに支えていけばいいか?どういうふうに接していけばいいか?母親としての覚悟の決め方を教えて欲しい。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・うつ病の娘にどう接したら?

相談者は47歳女性、離婚しフリーランスの自営業で生活を営んでいる。オーディションに受かり夢を叶えた娘22歳、独立して息子20歳。元夫も自営業でモラハラが酷かった。

柴田理:もしもし?テレフォン人生相談です。こんにちは!

相談者:こんにちは、よろしくお願いします。

柴田理:今日はどんな、ご相談ですか?

相談者:はい、別居している、あの娘が鬱病なんですけども。

柴田理:はい。

相談者:ま、経済的にも、あの精神的にも、あのどういうふうに支えていったらいいのか?また、どういうふうに接していったら・・いいのか?

柴田理:はい。

相談者:その、まぁ、わたしの覚悟の決め方ではないですけれども。

柴田理:はい。

相談者:そういうことをあのぅ・・ご指示いただけたらと思いまして。

柴田理:はい、あなた、おいくつですか?

相談者:40・・7歳です。

柴田理:はい、ご結婚、なさってるんですか?

相談者:数年前に、離婚しました。

柴田理:ああ・・なるほど、はい。

相談者:はい。

柴田理:じゃあ、あの、元の旦那さんというか、その娘さんの・・お父さんとは、まだ連絡は取っていたりするんですか?

相談者:全く取ってないです。

柴田理:あ、はい、わかりました、お子さんは娘さん・・

相談者:と、その弟、長男・・

柴田理:あ、はぁ・・

相談者:二十歳で・・その子も、あの、社会人になって、今、一人暮らししております。

柴田理:はい、娘さんおいくつですか?

相談者:22歳です。

柴田理:はい・・鬱病になられたっていうのは、いつから・・

相談者:わかってる、だけで、ま、2年前ぐらいから、あのぅ、彼女が言うには、発症したらしく、それからあのぅ・・あの、ちゃんと病院にも、自分から通って、薬も、もらってっていう・・ことなんですけれども。

柴田理:うんうん・・

相談者:ま、そのぅ・・

柴田理:二十歳の頃・・

相談者:はい?

柴田理:だとすると、その時はお勤めなさってたんですか?

相談者:あっ、そうです、病院で言われたのが、まぁ・・やっぱ元お父さん?

柴田理:はい。

相談者:が、原因・・で・・え、離婚原因が、ま、いわゆるモラハラ・・なんですね。

柴田理:あ、ああ・・

相談者:そうなんです。

柴田理:はい。

相談者:わたしに対しても、子供達に対しても、何をやっても、何を頑張ってもまぁ・・認めない・・

柴田理:ふぅーーん・・

相談者:ま、毎日ダメ出し・・というか(苦笑)。

柴田理:うん、ふんふん。

相談者:はい、ま、その当時わたし・・が・・

相談者:わたしはまぁ、今あのぅ、自営業、やってるんですけども。

柴田理:はい。

相談者:主人もその時は、ま、自営業、別のことをやってまして。

柴田理:うん。

相談者:わたしが、生活も、そのぅ、主人の分の、自営業の分の・・まぁ、経費なり、なんなりも・・ま、経済的にも支えてて。

柴田理:はい。

相談者:経済的にも支えてたにもかかわらず、ま、家事もして、やってたんですけど。

柴田理:うん。

相談者:毎日とりあえずありかに怒っていて(苦笑)。

柴田理:うん、うん・・

相談者:でぇあの、あたる・・子供たちも・・ま、誰が見ても素直な良い子なんですけども。

柴田理:うん。

相談者:まぁ、それはあの・・

相談者:お父さん怒らせないためっていうのもあるんですけどね。

柴田理:うん・・

相談者:あのぅ、いい成績とってきても・・

相談者:褒めないし、子供たちが、一回、泣いてこう・・「お父さん、認めて、褒めてよ」って言ったこともあるんです。

柴田理:うん・・うん・・

相談者:家族で会議したこともあるんですけど。

柴田理:うん・・

相談者:認めないというか、なんというか、なんか怒っているという・・それでまぁ・・

柴田理:元ご主人の・・

相談者:はい。

柴田理:仕事がね、うまくいってなかったんですか?

相談者:いってないですね。

柴田理:ぅ、ぅ・・む、虫の居所が悪かった?って、感じなんですか?

相談者:まぁ・・そこだけ見たらそうなんですけども、元、主人も・・やっぱり両親から認められずに育ってきてるんですね。

柴田理:あ、ああ・・

相談者:そうなんです、それで、自分は家族もったら、「俺はあんな両親みたいにはならん!」って・・まぁ、わたしが・・10代の頃から・・一緒に、居たもんですから。

柴田理:うん。

相談者:あの、ずーっと言ってたんですけど。

柴田理:うん。

相談者:いつの間にか・・

相談者:同じような・・

相談者:感じ・・に、なってて。

柴田理:うーーん・・

相談者:ま、それをわたしが言うと・・

相談者:やっぱり自分の過去の、子供のことに触れられると、逆上すると言いますか。

柴田理:逆上っていうのは・・肉体的に暴力とかもふるうんですか?

相談者:いえ、暴力は振るわなかったですけれども、ま、物を投げられたことは、ありますねぇ。

柴田理:うんうんうん・・

相談者:なんかまぁ、主人もホントに認めて欲しい・・かまって欲しいばっかやと思うんですけども。

柴田理:うん・・

相談者:ま、そういうことが、大前提であって。

柴田理:うん・・

相談者:でぇ、娘が、ちょっと主人と、お父さんと、似た感じの人を見ると・・パニくってしまったらしくって。

柴田理:あ、ああ・・なるほど。

相談者:それがきっかけ、やったらしいんですね、そのぅ・・

相談者:いきなりこう、電車に乗って、仕事行く・・時に、あの、降りようと思っても降りれなくなってみたいなことがあって。

柴田理:うん。

相談者:でぇ、まぁ、自分で病院行ったら・・「うつ病ですね」と。

柴田理:ふぅーーん・・

相談者:言われて、はい、それがまぁ、2年ぐらい前やったと思うんですけども。

柴田理:うん・・

相談者:はぁい。

柴田理:なるほど。

相談者:はぁい。

柴田理:今、娘さん、お仕事なさってらっしゃらない・・んですか?

相談者:いえ、あのぅ、仕事と言いますか。

柴田理:うん。

相談者:まぁあの・・

相談者:夢を叶えて、オーディションに合格してっていうような仕事に・・あの、今、就いてるんですね、まぁ、家の関係というか、なんと言いますか、でぇ、それ1本ではまだ・・食べれませんので。

柴田理:うん。

相談者:アルバイトをして・・やってたんですけど、その、メインのその、夢を叶えたほうは何とか・・行けてるみたいです。

柴田理:うん・・

相談者:それで・・アルバイトの方で生活費を賄ってて・・

相談者:家賃はもともとわたしが払ってあげてます。

柴田理:うんふんふん。

相談者:でぇ、その生活費のほうのバイトが・・まったく行けてなくて。

相談者:でぇ、今、わたしが・・家賃と、生活費と、でぇ、月に、した・・

相談者:10・・5、6万・・は、あのぅ、仕送り・・しています。

柴田理:うーん、うん。

相談者:多かったら、20万くらいかかってるときもあって。

柴田理:うん、うん。

相談者:でぇ、わたしの仕事も・・まぁ・・

相談者:フリーランスでやってるんですけども。

柴田理:う、うん。

相談者:ま、仕事は、上手くいってます。

柴田理:うん。

相談者:それであの・・なんとかギリギリまで、あの、仕送りもしつつ・・

柴田理:うん。

相談者:自分の生活もしながら、元主人にもまったく、ゼロ円離婚でしたし。

柴田理:うん。

相談者:もらわずに、やっていけてるんですけども。

柴田理:うん。

相談者:何年先まで続くのかな?って不安と。

柴田理:うん・・

相談者:100%娘のことはもう、支えてあげたい・・気持ちと。

柴田理:うん。

相談者:それとあの・・

・・

相談者:長期で、帰省して来たりするんですね、娘は、わたしのこと慕ってくれてて。

柴田理:うん。

相談者:でぇ、帰省してきたときに、ま、ずっと、しんどい時は寝てるんです。

柴田理:うんうん。

相談者:それは全然、かまわないんです、かまわない・・と、思ってるのに。

柴田理:うん。

相談者:なんか・・

相談者:こんなん、あんたがちょっと、やっぱりこう・・

相談者:こっちがすごく忙しかったりすると・・

柴田理:うん。

相談者:「ああ!働けないのかな?」と、思ってしまったりするんですよね。

柴田理:うんうん、うんうん。

相談者:これは病気だから、仕方がないと・・わたし、自分には言い聞かせるんですけども。

柴田理:う、うん。

相談者:娘自身も・・

相談者:もう、アルバイトして、お母さんに迷惑かけないようにしないと・・って一番思っていて。

柴田理:うん・・

相談者:それがなかなか出来なくて辛そうですから・・

柴田理:う、うん・・

相談者:まず、どういうふうにこう・・支えていけば?その、心の持ちようをこう・・

相談者:誰にも・・相談できず・・みたいな・・だから、はい?

柴田理:うん、お互いにね、思いやってるのに、上手くいかないっていうのは辛いですよねぇ。

相談者:そうなんです、そうです・・

柴田理:うん・・

相談者:はぁい。

柴田理:うーん・・じゃあ・・

柴田理:ちょっと先生に聞いてみましょうかね。

相談者:はい、お願いします。

柴田理:はい・・今日の回答者の先生は・・

相談者:はい。

柴田理:三石メソード主宰・・

相談者:はい。

柴田理:作家で翻訳家の、三石・・由起子先生です。

相談者:はい。

柴田理:先生、お願いします。

三石由:はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA