テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年11月22日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
59歳女性から、7年前に大動脈解離で危険な状態になった夫、鞄の中から風俗のカードが15枚、梅毒によるものでないか疑う妻(結果、陰性だった)が、数年前、出張先で淋病にかかっている。今回、脳の血管近くの動脈瘤が5センチに達し、手術の後遺症で介護が必要になるリスク25%とのこと、昨日は、こんな夫とは離婚とまで考えていたが・・

目次

スポンサーリンク

今日の相談・夫の風俗通いが判明

相談者は59歳女性、夫は59歳、長男33歳は結婚し独立、次男27歳も社会人として自立して家を出て行った。

今井通:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、こんにちは、よろしくお願いします。

今井通:はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:はい・・主人と、不仲なんですけども。

今井通:はい(笑)。

相談者:ええ・・病気の、その主人の、後遺症とか残る今後、あの、手術をする・・ことになっていて。

今井通:ええ。

相談者:介護が必要なるかもしれないんですね。

今井通:はい。

相談者:でぇ、それで・・

相談者:自分のこれからの、心の持ち方?

今井通:うん。

相談者:を、相談したくて、お電話しました。

今井通:なるほど。

相談者:はい。

今井通:あなたおいくつ?

相談者:59歳です。

今井通:59歳・・ご主人はおいくつ?

相談者:59歳です。

今井通:59歳・・

今井通:え・・お子さんいらっしゃいます?

相談者:はい・・長男33歳。

今井通:はい。

相談者:次男27歳。

今井通:あ、お二人?

相談者:はいそうです。

今井通:はい。

相談者:二人です。

今井通:え、もう、独立されてます?

相談者:長男は結婚して、はい、おります。

今井通:はい。

相談者:え・・次男は、家を出て、自立して、社会人として働いております。

今井通:わかりました。

・・

今井通:さてそうして。

相談者:はい。

今井通:不仲ってとこから行こうかな。

相談者:はい。

相談者:えーっとですねぇ・・

今井通:どうして不仲なの?

相談者:はい。

相談者:7年前に。

今井通:うん。

・・

相談者:大動脈解離という病気で。

相談者:え、救急車に、運ばれまして。

今井通:はい。

相談者:お医者様に・・身内の方を、すぐ呼んで下さい・・って。

今井通:はい。

相談者:「大動脈解離という病気は・・いつ、亡くなるかわかりません」ということで。

今井通:うん。

相談者:で、呼ばれて行きました。

今井通:はい。

相談者:主人は、一時期、ちょっと呼吸が・・状態が悪くなって。

相談者:人工呼吸器をつけて。

今井通:うん。

相談者:それであのぅ・・主人のカバンを開けることになりました。

今井通:はい。

相談者:そのところに、えっと、風俗のカードが・・

相談者:15枚ほど入っておりました。

今井通:うーーん・・

今井通:なるほど。

相談者:はい。

今井通:これ、そうするとあな・・病院から・・いわゆる、ちょっと、性病の話とかも聞いた?

相談者:え、それは・・先生、おっしゃらなかったんですけども。

今井通:うん。

相談者:あの、わたしがちょうど、医療関係勤めておりまして。

今井通:あっ・・わかっちゃった。

相談者:それであのぅ・・泌尿器科の先生が。

今井通:うん。

相談者:家族に言ってないって・・おっしゃられたんですけど、冗談っぽく。

今井通:うん。

相談者:わたしはやっぱり主人をかまいたかったんで。

今井通:うん。

相談者:「うちは、そんなにお小遣いあげてないから行けないよ、先生」って・・

今井通:うん。

相談者:でぇ・・**・・

今井通:やり過ごしはしたけど・・あなたとしてはわかってる話ね?じゃあ。

相談者:それであのぅ・・

相談者:主人がかかっている、えっと・・

相談者:循環器の先生に。

今井通:うん。

相談者:そういうカードが出てきたので。

相談者:性病の検査をしていただけないかな?ってことを。

今井通:うん。

相談者:主人に内緒で、していただきました。

今井通:うん。

今井通:で、結果は?

相談者:結果は・・梅毒はマイナスだったんですけど。

今井通:はい。

相談者:一回・・わたしも、ホントに・・

相談者:呑気と言うか・・

相談者:数年前に出張先で・・

相談者:「お金を送ってくれ、病気になったから」って言って・・「何の病気なん?」「淋病だ」って、「えっ!?」

今井通:うん。

相談者:「それ、遊んだんじゃないの?」って言ったら、「そんなことは僕はしない」とか言って。

今井通:うん。

相談者:「トイレでうつったんだ」って言われて。

今井通:うん。

相談者:突っ張られて。

今井通:うん。

相談者:それを、わたしも、間抜けで信じておりました。

今井通:なるほどあなたが医療関係者でしかもご主人が、そういう・・

今井通:まぁ、浮気とは違うんだけどね。

今井通:逆に言うと。

相談者:でも、か・・はい、あの、まぁ、はい・・まぁ・・それは・・頭では分かっているんですけど、現実に・・

相談者:カードを見た時はやっぱり・・

相談者:心臓に針を刺され***・・

今井通:ああ・・そりゃそうでしょう、はい。

相談者:はい。

今井通:そして今回は・・大動脈解離が、かなり大きくなっちゃった?

相談者:あっ、解離を・・起こした後に・・

今井通:うん。

相談者:あの、今度、動脈瘤・・

今井通:ああ、動脈瘤。

相談者:大動脈瘤が・・

今井通:うん。

相談者:二つ・・経過を見ていただいてたら。

今井通:うん。

相談者:ありまして。

今井通:はい。

相談者:大きくなっていて。

今井通:うん。

相談者:手術をする方・・ぐらいの、大きさだ、ということで。

今井通:4センチ、超えちゃいました?

相談者:いえ、5センチです。

今井通:ああ・・5センチになっちゃったね。

相談者:はい。

今井通:はい。

相談者:それであのぅ・・とっても、場所がとても悪く。

相談者:脳の血管へ近いので。

今井通:おお・・っとっとっとっと。

相談者:こう・・

今井通:はい。

相談者:後遺症が・・とてもある・・

今井通:うん。

相談者:リスクさということで。

今井通:うん。

相談者:お医者様が・・おっしゃって、おられます。

今井通:うん。

相談者:はい。

今井通:そうするともう・・手術を受けるのは・・

今井通:決まったわけね?

相談者:動脈瘤が二つと、冠動脈が二つ狭くなってるのと。

相談者:逆流性の弁、弁も交換しなきゃいけないっていうのと。

今井通:おお!

相談者:あと、お腹の動脈瘤も、以前・・

相談者:解離を起す前に・・人工血管を入れたんですけども。

相談者:今度は、そこの方も、4.5センチ・・***小腸の方にあるということで。

今井通:うん。

相談者:かなり、やっぱ・・

今井通:うん・・これは相当大変ですよね。

相談者:はい、あのぅ・・

相談者:25%のリスクがありますって・・おっしゃられました。

今井通:うん、まぁ、その、ちょっと待ってよ。

今井通:不仲な・・

今井通:夫婦なんでしょう?

相談者:えっと、その、不仲っていうのは・・一回は、7年前は。

相談者:揉めたんですけども・・子供が学生だったり、いろんなことがあった・・ことを考えて。

今井通:うん。

相談者:仕切り直して。

相談者:やってたんです。

今井通:うん。

相談者:だけど・・

相談者:まだ、タバコ・・を、やめれなかったりとか。

今井通:うん。

相談者:とか、いろんなことで・・今、不仲な状態になってるんです。

今井通:でもね、今ね。

相談者:はい。

今井通:わたしがわざと不仲・・なんでしょう?って言ったのは。

相談者:はい。

今井通:リスクがね。

今井通:25%あるっていうことを、先におっしゃったよね?

相談者:はい。

今井通:これが・・要するに、手術は終わりましたが。

今井通:これだけの・・いろいろなことが・・あるのでぇ。

相談者:はい。

今井通:2、3ヶ月、もっと言ったら、半年、1年。

相談者:はい。

今井通:結局は介護が必要になっちゃう。

相談者:あっ、それはあの、そうです。

今井通:それを・・

今井通:不仲だけど・・心配してるよねぇ?

相談者:そう・・ですかねぇ?なんか・・その、分からないです。そこが自分でわからないです、あの・・

相談者:この解離という病気が・・

今井通:うん。

相談者:そういう女性遊びで・・

相談者:をきっかけで、全部が全部じゃなくても。

相談者:多少なりとも、そういう・・ことが原因で。

相談者:起こる・・ことで。

今井通:うん。

相談者:わたしは介護ができるんだろうか?っていうこと・・です。

今井通:うん、ただ・・梅毒じゃなかったんでしょう?

相談者:はい、マイナスでした。

今井通:だからこの、動脈性解離は・・

今井通:要するに、性病によるものではないと。

今井通:いうふうに判断した方がいいと思いますよ。

相談者:あっ、ありがとうございます。

今井通:うん。

相談者:そう思うと、ちょっと、そうこう・・精神的に楽になりました。

今井通:うん。

今井通:そう。

相談者:はい。

今井通:そこは違う、淋病ではならないから(笑)。

相談者:はい。

今井通:はい。

今井通:あの・・

今井通:人生60年代・・時代ぐらいの・・昔の話はね。

相談者:はい。

今井通:もうほとんど・・

今井通:梅毒の人達・・の場合、動脈瘤が出来たり・・うん、言われてたけど。

相談者:はい。

今井通:それは、早めのうちに血管弱っちゃうからの話で。

相談者:はい。

今井通:今みたいにもうねぇ・・

今井通:人生60年で死んじゃうんじゃなくて。

相談者:はい。

今井通:もう、59歳になってもまだ、生きてるわけじゃないですか。

相談者:はい。

今井通:こういう元気な人達、80まで生きて、100歳までも生きるっていう時代だから。

相談者:はい。

今井通:性病的なものだけじゃなくて、もう動脈瘤っていうのは、ホントに・・

今井通:次々に起こってて、意外に若い人にも・・出てきてますので。

相談者:あっ、はい。

今井通:うん。

今井通:だからそこは・・

今井通:ちょっとはずす、外したほうがいいよ。

相談者:そうおっしゃっていただけると、すごく気持ちが楽になりました。

相談者:はい。

今井通:え・・不仲、不仲と言いながら、やっぱり・・

今井通:心配してるじゃない。

・・

相談者:あ(笑)、そうです・・それはありますね。

今井通:うん。

相談者:はい。

・・

・・

今井通:それで今日のご質問はなんなんですか?そうすっと。

相談者:はい。

相談者:そう言いながら、昨日は、離婚したいと思っている自分がいました(笑)。

今井通:おお!

相談者:それは、やっぱし・・

・・

相談者:梅毒から来てたら・・

今井通:うん。

相談者:女遊びをした・・

相談者:この人を。

今井通:うん。

相談者:介護になった時に。

今井通:うん。

相談者:わたしは・・

相談者:こんな人の介護はしたくないって感じで。

・・

相談者:昨日の夜は、離婚したいっていう気持ち、そうなってました。

今井通:なるほどね。

相談者:はい。

今井通:じゃあ、その・・

今井通:離婚・・した方がいいですか?よくないですか?って話?

相談者:えっ、ごめんなさい、離婚、そう、そう思っていたんですけど・・総合的に、いろんなことを考えたら・・

今井通:うん。

相談者:離婚は、しな、しないつもりでいます、あ、ほぼしません。

今井通:はい。

相談者:はい。

相談者:最期まで、看取る・・つもりでいます。

今井通:はい。

相談者:はい。

今井通:そうするとご相談はなに(笑)?

相談者:あっ(笑)、な、介護とか・・

相談者:植物人間になった時の・・心の・・

相談者:持ちようです。

今井通:それを、どう、どういうふうに・・

相談者:はい。

今井通:お、おさえ・・したらいいかってことね?

相談者:そうです、はい。

今井通:わっかりました。

今井通:今日はですねぇ、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願いします。

今井通:先生、よろしくお願い致します。

マド愛:はい、どうも、こんにちは。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA