テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞


テレフォン人生相談 2019年11月23日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
76歳女性から、次女50歳は県外に嫁いでおり、娘婿の親と同一敷地内の別棟に一人で住んでいる。詳しく言わないが浮気した夫は親の住まいで暮らし別居状態が10年ほど続いているらしい。辛いだろうから、戻ってきて欲しいと思っているのだが。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・娘に戻ってきて欲しい

相談者は76歳女性、夫は10年ほど前に他界し一人暮らし。結婚し独立した子供は三人、長男55歳、長女53歳、次女50歳。

今井通:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

今井通:はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:えーっと、娘にもう、戻ってきて欲しいんですけど。

今井通:はい?

※家族構成・年齢確認

今井通:その、今の問題の、次女の方は?結婚されてる?

相談者:はい。

今井通:はい。

今井通:でぇ、戻ってきて・・欲しいと言うのは?ど・・どういうこと?

相談者:もう・・

相談者:えっと、孫が三人おるんですけど。

今井通:はい。

相談者:みんな、あの・・

相談者:大学行・・って・・

今井通:はい。

相談者:それから・・上の子は、働いてるんですけど。

今井通:はい。

今井通:お孫さんは・・男のお子さん?女のお子さん?

相談者:女の子が、一番上で。

今井通:はい。

相談者:男の子、男の子です。

今井通:男のお子さん、男のお子さん・・

今井通:でぇ・・あのぅ・・その、お嬢さんのご主人は?

相談者:ん、50・・いくつかな?

今井通:うん・・

・・

今井通:でぇ・・ご家族は、その、お嬢さんの家族は、別家族なのね?

相談者:あの・・

今井通:あなたとは?

相談者:はいはいはい。

相談者:県外ですので。

今井通:はい、でぇ、別家族で。

相談者:はい。

今井通:でぇ、戻って欲しいっておっしゃるのは、どういうこと?

相談者:もう・・みんな・・

相談者:今期から、大学行ったりなんかして。

相談者:娘一人になったんですわ。

今井通:はぁい。

相談者:ほんでぇ、同じ敷地内に、向こうの両親も、住んでるんですけど。

相談者:棟が違うんですが。

・・

相談者:うん、なんか・・

・・

相談者:女性問題かなんかで。

今井通:ええ。

相談者:婿が・・

相談者:両親の方へ、行ったみたいで。

今井通:あぁ、実家へ帰っちゃったっていう(笑)。

相談者:はい、はい。

今井通:はい。

相談者:あの、今、娘は一人なんです。

今井通:あ、お一人で、その、同じ敷地内の・・

相談者:あ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。

今井通:まぁ、要するに、若夫婦だった・・若夫婦の家みたいな、形のところに。

相談者:はい。

今井通:あなたのお嬢さんが、一人でお住まいなわけね?

相談者:はい・・はい、はい。

今井通:でぇ、その、大学生の、お子さんとか・・

相談者:うん。

今井通:働いてるお嬢さんは、もう、独立してっていうか、どっか、他へ、行って、住んでらっしゃるわけ?

相談者:はい・・はい、はい、はい。

今井通:なるほど。

今井通:でぇ、お嬢さんとしては、どういうつもりなんですか?

相談者:一番下の・・

相談者:孫が、大学行っとるんですけど。

今井通:はい。

相談者:大学で、あのぅ・・えっと・・

・・

相談者:えっと、高校で、あの、実習・・

相談者:しますわね。

今井通:大学生・・の・・一番下の、男のお子さんですね?

相談者:はい・・はいはい。

今井通:はい。

相談者:その子が。

今井通:はい。

相談者:高校・・で。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・

・・

相談者:なんか・・

今井通:あの、その大学生のお孫さんが、高校の・・

相談者:はい。

今井通:え・・いわゆる、教育実習かなにか?はい。

相談者:ああ!そうですそうです、それです、それです。

今井通:はい。

今井通:きょうい・・

相談者:それ・・に。

今井通:うん。

相談者:今、住んでいる娘。

相談者:が、おるところ・・

相談者:の、高校へ行ったもんで。

今井通:ええ。

相談者:その子が・・

今井通:うん。

相談者:二十歳ぐらいまでは、おりたいようなこと言うんですけど。

今井通:あっ、なるほど。

今井通:このぅ・・お孫さんっていうのは、大学1年生?2年生?

相談者:1年かな?

今井通:1年生?

相談者:はい。

今井通:と、18か19?

相談者:はいはい、そうです。

今井通:なるほど。

今井通:っていうことは、その、もと、元の・・

相談者:はい。

今井通:若夫婦の。

相談者:はい。

今井通:家・・あなたのお嬢さんが一人で住んでらっしゃると?

相談者:はい。

今井通:いうところに・・今は・・

相談者:はい。

今井通:お嬢さんの、お子さんが。

相談者:はい。

今井通:大学生のお子さんが、一緒に住んでらっしゃるわけ?

相談者:いえ、もう、みんな出て行ったんですが、大学行ったもんで。

相談者:県外に行ったんです。

今井通:はい、ただ、教育実習で戻って来て。

相談者:来た時に。

今井通:うん。

相談者:自分の・・

今井通:あっ・・これ、想定なわけね?

今井通:もしも、来たらばッて話?

相談者:来るのはわかっとるみたいで。

今井通:うん。

相談者:自分がそこにおらんと。

今井通:うん。

今井通:それはいつ頃になりそうなんですか?

相談者:1年・・後か、2年後か。

今井通:ああ、1から2年後?

相談者:はい。

今井通:はい。

相談者:こっちへ帰ってくると。

今井通:はい。

相談者:なんの世話も出来ないし。

今井通:はい。

相談者:心残りがある・・って言うんですわ。

今井通:なるほど。

相談者:はい。

今井通:でぇ、あなたとしては・・お嬢さんに、戻って欲しい、理由はなんなんですか?

相談者:そんな・・

相談者:辛いですわねぇ。

相談者:同じとこにおるのは。

今井通:これはあの・・ご主人が、浮気されたとかいう話だけど。

相談者:そうそう、はい。

今井通:その・・浮気相手の方が、あの、ご主人のご実家の方にいるの?

相談者:いえいえ。

今井通:そんなことはない?

相談者:はい。

・・

今井通:でぇ、ご主人の方が、ご実家に戻られちゃって。

相談者:はい。

今井通:お嬢さんとは・・

今井通:普段。

相談者:はい。

今井通:せ・・あ、あ、あの・・

相談者:全然ない。

今井通:全然・・

相談者:ない。

今井通:交流がないという状態なの?

相談者:はい、そうです、そうです。

今井通:ふぅん。

今井通:でぇ、お嬢さんは、そこに居ること自身を、嫌ってる?

今井通:それ、もしくは・・

相談者:まぁ、その・・

相談者:その辺りに住みたいって言うんです、近所に。

今井通:ああ、高校の近所にね?

相談者:はい。

・・

今井通:え、え、高校の近所に住みたいから、そこの、今はその、え・・ご主人の・・

相談者:はい。

今井通:ところの、家、家に居るわけでしょう?

相談者:はい。

今井通:うん。

相談者:でぇ・・

今井通:お嬢さんの。

相談者:はい。

今井通:気持ちと、気持ち上はどうなんですか?

相談者:その気持ちが、男の子が。

相談者:二十歳までは。

相談者:そこに・・

今井通:そこに居ると?

相談者:はいはいはい。

今井通:言われてて。

相談者:うん。

今井通:でぇ、あなたは・・そんなとこに居たら辛いでしょうと。

相談者:はい。

今井通:思いやりっていうか、あなたが、思ってるわけね?

相談者:はい、はい、そうです。

今井通:うん。

今井通:でぇ・・お嬢さんとは、そ、そういう話はしているの?

相談者:はい。

今井通:でぇ、お嬢さんは、その・・まぁ、その、そこの場に居たいとおっしゃってるわけですね?

相談者:その場ではなくっても、ま、その近所におりたいって言うんです。

今井通:うん。

・・

今井通:でぇ、あなとしては、お嬢さんが・・

相談者:はい。

・・

今井通:こんな、そのぅ・・

・・

今井通:もう、まったく没交渉の夫と。

相談者:はい。

今井通:同じようなところに居ること自身が・・

相談者:はい。

今井通:辛いでしょうからって。

相談者:はい。

今井通:いうことだけ?

・・

相談者:そうです。

今井通:戻って欲しいっていうのは?

相談者:はい。

・・

今井通:でぇ・・今日のご相談は、そうするとなんですか?

相談者:ど、あの娘が、どうしたらいいかわからない・・まぁ、わたしはもう・・

相談者:思うようにしな、しょうがないかなぁとは思っとるんですけど。

今井通:はい。

相談者:そこにとどまった方がいいか?

・・

・・

今井通:お嬢さんにとって。

相談者:はい。

今井通:ここに居る方がいいのか?

相談者:はい。

今井通:それともあなたが思うように。

相談者:はい。

今井通:あなたの方で引き取った方がいいのか?

相談者:はい。

・・

今井通:の、ご相談?

相談者:はい。

・・

今井通:今日はですねぇ、弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:すいません。

今井通:先生、よろしくお願い致します。

相談者:よろしくお願いします。

坂井眞:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「娘のためを思っての相談だ」と、この相談者は言ってますけど、本当は自分が寂しいからなんでしょうね。
    娘さんにしてみれば、実家に帰って母親の面倒を見るよりも、自分の息子の面倒を見てあげたいと思ってるわけだ。当然だよね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA