テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年11月29日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育)
67歳女性から、自営業で一人息子39歳の住むマンションへ、週一定期の領収書整理に行ったところ息子の彼女と鉢合わせ。聞けば連れ子がいて結婚するつもりとのこと。後から怒りの電話が息子からあり、親子断絶状態に。全ての連絡方法をブロックされ、息子との人間関係をどう修復すればいいのか?

目次

スポンサーリンク

今日の相談・息子の彼女と鉢合わせ

相談者は67歳女性、夫は71歳、夫婦二人暮らし。自営業の一人息子39歳はマンション暮らし。息子の彼女はバツイチに連れ子がいる。

今井通:もしもし・・

相談者:はい。

今井通:テレフォン人生相談です。今日はどういったご相談ですか?

相談者:えーっと、一人息子の・・結婚についての、あの、ご相談なんですけども。

今井通:あなたはおいくつですか?

相談者:67歳です。

今井通:67歳・・息子さんおいくつ?

相談者:39歳です。

今井通:39歳・・

今井通:ご主人いらっしゃいますか?

相談者:はい、71歳です。

今井通:今そうするとご家庭は、この・・

今井通:三名で住んでらっしゃるの?

相談者:あのぅ・・夫婦二人で、はい。

今井通:息子さんは何かもう、外で・・

相談者:自営業しております。一ヶ月ほど前・・に・・あの、起こった出来事が、発端なんですけども。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・わたしの方が、まぁ、息子の・・マンションのほうに、週一くらいで、え、領収書の整理等で、ま、その頻度で、ま、行ってたわけなんですけども。

今井通:はい。

相談者:駐車場に・・赤い車が、ま、入れてありまして。

今井通:はい。

相談者:その、車・・の中を・・見た時にですね。

今井通:はい。

相談者:子供の・・あの、椅子(チャイルドシートかな?)が・・あったんですね。

今井通:はい。

相談者:確かめないと・・っていうのが頭に・・

相談者:先に立って。

今井通:はい。

相談者:でぇ、そのマンションに、まぁ、鍵は持ってますので、入ったんですね、いつも行く・・女性が居て。

今井通:はい。

相談者:まぁ、鉢合わせした・・っていう形なんです。

今井通:はい。

相談者:ビックリしまして。

今井通:はい。

相談者:でぇまぁ、いろいろ・・まぁ、お尋ねしたんですけれども。

今井通:はい。

相談者:相手が・・まぁ、とんでもない、お母さん・・っていう・・ような形で。

今井通:はい。

相談者:まぁ、受け取・・ったんですね。

今井通:はい。

相談者:2時間ぐらいで・・わたしは、今日はね、突然のことでビックリしたけど。

相談者:二人が、結婚っていうことを思ってるんだったら。

今井通:はい。

相談者:まぁ・・

相談者:二人の・・意思を、まぁ、尊重するってことも必要だし。

今井通:はい。

相談者:でぇ、子供が・・

・・

相談者:いるってことが、わかりましたので。

今井通:はい。

相談者:三人が・・ま、幸せに・・なるっていうことの・・方向で・・

相談者:だよね・・っていうふうに、まぁ、話して、帰ってはきたんですね。

今井通:はい。

相談者:だからそんなに息子が・・怒るとは思ってなかったんですけど。

・・

今井通:はい。

相談者:息子が・・怒った理由はですねぇ。

今井通:はい。

相談者:そのマンションにいるってわかっているにもかかわらず。

今井通:はい。

相談者:マンションに入ったってことが許せない。

今井通:はい。

相談者:っていうのが・・一つで。

今井通:はい。

相談者:親子の・・縁を来るくらい。

・・

相談者:初めて、あんなに・・怒った、息子をみたんですね。

今井通:はい。

相談者:だからわたしはその時に、すごーく、そのことに関しては、反省はしたんです。

今井通:はい。

相談者:いくら、あのぅ・・親といえども、プライバシーを侵害するようなことをした・・っていうことにおいては・・ズッ・・

相談者:申し訳なかったなっていうふうに・・

相談者:思ってるんですけども。

今井通:はい。

相談者:あのぅ、親子の断絶みたいな状態に・・なって。

今井通:はい。

相談者:今現在に至るっていうことなんですね。

今井通:はい。

相談者:だから今日聞きたかったのは、息子との人間関係の修復と、今で言う、バツイチの女性と。

相談者:息子の結婚について。

相談者:どう親として・・理解して・・

相談者:どういう態度ですればいいのか?っていうことを・・お聞きしたいんです。はい。

今井通:息子さんからは、話は全く聞いてなかったわけですね?

相談者:女性・・のことは全く聞いてなかったんですけども。

今井通:はい・・領収書・・の整理その他っておっしゃったけど、要するに息子さんのマンションに、週一に通ってらしたわけですよねぇ?

今井通:これは・・あの、決められた日だったんですか?それとも・・

相談者:そうです。決められた日です。

今井通:赤い車があった日は・・その日に当たったの?当たらなかったかったの?

相談者:当たりました。

今井通:ご存知なかったあなたは・・わざわざ確かめに入ってわけでしょう?

相談者:はい・・

今井通:さっきの話だと。

相談者:はい。

今井通:自分の用事があって行ったんじゃないんでしょう?

相談者:用事があって行って・・そしてその車を・・見て。

今井通:うん。

相談者:確認で、入ったということです。

今井通:用事のために・・もともとその部屋には入らなきゃいけなかったわけですよね?

相談者:はぁい。

今井通:だから、あの、息子さんの怒ってるのがよくわからないんだけど。

今井通:車があったら・・

今井通:入らないのが当たり前だと怒っているんでしょう?

相談者:はぁい。

今井通:そういうことを、予測できるだろうって話?

・・

相談者:そうですね、一ヶ月くらい前に。

今井通:うん。

相談者:あのぅ・・まぁ、例えば何曜日に。

今井通:うん。

相談者:は(わ)、もう・・行く、行く曜日に、「来ないでいいよ」とかっていうのが・・メールで入ってきた事は・・入ってたんですけども。

今井通:ああ、そうすると、あなたは・・

相談者:それはその・・

今井通:薄々何かが・・あるんだろうなぁというのは・・考えていたわけ?

相談者:はい。

今井通:そうするとあなたのほうも・・反省しましたと言っちゃってる以上は。

相談者:はい。

今井通:そのぅ・・人のプライバシーっていうか、息子さんが・・何かがある怪しいな、確かめてやろうっていう気はあったわけね?

・・

相談者:まあ・・ないって言うと、嘘になりますよね。

今井通:うん、彼女を問い詰めた?

・・

相談者:まぁ、問い詰め・・

今井通:「あなたは誰?」から始まって。

相談者:そうですね、「どなた・・どちら様ですか?」っていうことは聞きましたですねぇ。

今井通:はい。

相談者:あの、名前を言って、歳聞いて・・

今井通:はい。

相談者:家庭環境聞いてとかっていうことですね。

・・

今井通:うん、でぇ、その時にまだ・・

今井通:え・・息子さんの彼女だとは気が付かなかったの?

・・

相談者:いえ・・

相談者:そりゃ・・

相談者:部屋に居るんですから。

相談者:どうして居るの?っていうことで・・結婚を・・

相談者:しようと思ってます・・

相談者:っていうことは言ってましたですねぇ。

今井通:2時間くらい問い詰めたわけ?

相談者:問い詰めるっていうほどではないですけど、居た時間は・・あ、2時間くらいは居ました。

相談者:お昼に・・

相談者:ちょうどなったので・・

今井通:ええ、(咳払い)。

相談者:「お食事いきましょうか?」って言って、食事にも行きました。

・・

今井通:でぇ・・結局息子さんが怒っているのは・・

今井通:確かめるために入ったっていう事のところを、怒ってんでしょう?

相談者:あっ、たぶんそうですね、そう・・

今井通:これは、車があったら、普通は帰るはずなのにみたいな?

相談者:はい、はい。

今井通:うん・・

今井通:車が・・お、あろうが、あるまいが・・自分の仕事をしに入るのは当たり前じゃないですか?

相談者:はい・・

今井通:だから、あなたは息子さんに何かを言ったんじゃないの?

・・

・・

相談者:いいえ・・なんにも・・だからその・・相手の女性の方が。

今井通:はい。

相談者:説明をしたんだと思います、わたしが行って・・

今井通:うん。

相談者:こういうことを言われて。

今井通:うん。

相談者:こういう事をされたっていう事を。

今井通:うん。

相談者:はい。

今井通:え、息子さんが、は、同席してなかったんですよねぇ?

相談者:あっ、そうですそうです、はい。

今井通:でぇ、そのぅ、後から電話掛かってきたわけですよね?

相談者:はぁい。

・・

今井通:でぇ、息子さんが・・から、あなた達には・・

相談者:はい。

今井通:なんか、結婚する相手がいるとかいないとか・・

相談者:はい。

今井通:前には何も聞かされてなかったの?

相談者:はい。

相談者:バツイチで子供がいるっていうことを、親に言い難かったのかな?・・っと思ってます。

今井通:彼女から聞いたことでは「結婚しようと思ってる」って言われたんですよねぇ?

相談者:はぁい。

今井通:でぇ、その後、その息子さんが・・え・・電話で怒ってきました。

相談者:はい。

今井通:でぇ、それに対してあなたは何を?どう対応しました?

・・

相談者:いや、もう・・対応するっていう・・状況じゃなかったのでひたすら聞くっていう形でした。

相談者:ん、だからそういうことを・・

・・

・・

相談者:やったっていうことに対して、許せないっていうことです。

今井通:でぇ、「ごめんなさい」って謝って。

・・

相談者:ま、その件に関しては・・

今井通:うん。

相談者:「申し訳なかった」とは言いました。

今井通:でぇ、その後は?

相談者:連絡はないですね。

相談者:もう、LINEもブロックしましたから、向こうが。

今井通:はい。

相談者:電話も・・もうブロックしてありますので。

今井通:はい。

相談者:はい、でぇ・・

今井通:そうすると領収書の整理は、あなたはもう行ってないの?

相談者:もう行かないですね、はい。

今井通:行ってない?はい。

相談者:はい。

今井通:そこで今日のご質問はなんですか?

相談者:息子との・・

今井通:うん。

相談者:そのぅ・・ま、人間関係の修復と。

今井通:はい。

相談者:それからもしその人と結婚するっていう・・

相談者:ま、今、前提ですので。

今井通:はい。

相談者:どういうふうにして、まぁ、受け入れてったらいいのかな?っていうことです。

今井通:あ、はい、わかりました。

・・

今井通:今日はですねぇ・・

相談者:はい。

今井通:幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてますので。

相談者:はぁい。

今井通:伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・

今井通:先生、よろしくお願いいたします。

相談者:よろしくお願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA