テレフォン人生相談
ドリアン助川・大原敬子

ドリアン助川・大原敬子
テレフォン人生相談 2019年12月4日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
53歳男性から、大学2年、20歳の次男はスポーツ推薦で大学に進学、しかし練習帰り、原付に乗っている時に交通事故に遭う。大きな手術にリハビリを受けるも復帰ならず、大学には残れるが学力が足りずやる気を失ってしまっている。どう対応してあげればいいか?

目次

スポンサーリンク

今日の相談・スポーツ推薦で大学進学した息子

相談者は53歳男性、妻は49歳、長女24歳、大学4年の長男22歳、大学2年の次男20歳。

ドリ助:もしもし・・

相談者:あっ!

ドリ助:テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、もしもし?

ドリ助:はいよろしくお願いします。

相談者:よろしくお願いします。

ドリ助:え、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:あっ・・

相談者:えーっと、次男の・・

相談者:進路っていうか、についてちょっと相談したいですけれども。

ドリ助:息子さんの進路?

相談者:進路っていうか、まぁ、今後の。

ドリ助:今後の?

相談者:はい。

ドリ助:はい・・

ドリ助:まず貴方様おいくつですか?

相談者:えーっと、わたし53歳です。

ドリ助:53歳・・でぇ・・え・・奥さまは?

相談者:奥様は49歳です。

ドリ助: 49歳。

相談者:はい。

ドリ助:はい、そしてお子さん何人いらっしゃるんですか?

相談者:えっと三人いまして。

ドリ助:ええ。

相談者:長女が・・20・・4歳。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、長男・・が、20・・2歳。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、次男が・・二十歳です。

相談者:はい。

ドリ助:はい、でぇ、今日・・の・・電話、くださったのは、この二十歳の・・

相談者:そうです・・

ドリ助:***のことで?

相談者:次男の・・件で、はい。

ドリ助:はい、え・・進路、あるいは、これからどうしたらいいのかという・・お話ですねぇ。

相談者:そうですねぇ・・

ドリ助:えっと今、なにが起きてますか?

相談者:えーっとですねぇ、今、大学・・の2年生なんですけども。

ドリ助:はいはい。

相談者:ちょっと大学のほうも、あの、スポーツ推薦で・・

相談者:大学に入学しまして。

ドリ助:はい。

相談者:ま、入学してすぐになるんですけど。

相談者:そのスポーツで、練習の帰りに・・

相談者:えっと、原付で・・まぁ、練習に通ってたんですけど。

ドリ助:ええ。

相談者:そのぅ・・帰り道にちょっと、交通事故に遭っちゃいまして。

ドリ助:ほうほう。

相談者:結局、入院とか、手術とか、ま、いろいろやってて、まぁ、リハビリもしてたんですけど。

ドリ助:はい。

相談者:結局そのスポーツが、出来なくなっちゃったんですよね。

ドリ助:うん・・

相談者:身体的・・なことで。

ドリ助:はいはい・・はいはい。

相談者:でぇ・・ま、ちょっと本人も、やる気・・っていうか、もうなくなっちゃって。

ドリ助:ええ。

相談者:ま、一年・・以上、近く、まぁ、リハビリとか入院とか、かかってたんですけど。

ドリ助:はい。

相談者:手術も、二度三度してたもんで。

ドリ助:あ、ああ・・

相談者:でぇ・・

相談者:ま、ちょっともう、部活の方も、出られないし。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ・・まぁもともと・・ちょっと、学力が足んなくて、スポーツ推薦で・・無理に入れてもらったっていうか(苦笑)・・

ドリ助:うん・・

相談者:まぁ・・とってもらった・・学校だったんですけど。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、学校の方は、そのぅ・・

相談者:部活辞めても、その、学業に専念してもらえれば。

ドリ助:はい。

相談者:っていうことで言われてるんで。

ドリ助:ええ。

相談者:ま、通学することは可能なんですけども。

ドリ助:はい。

相談者:なんかもう、本人のモチベーションももう・・下がっちゃってて。

ドリ助:ええ。

相談者:でぇ・・まぁ、親としては。

相談者:まぁ、なんとかね、頑張って4年間・・

相談者:まぁ、頑張って行って。

相談者:でぇ、そこから就職・・

相談者:して、その・・

・・

相談者:今後の人生・・

・・

相談者:の為には、その方がいいんじゃないかっていうふうに・・話はしてたんですけども。

ドリ助:はいはいはいはい、はああ・・

相談者:でぇ、たまたまですね。

ドリ助:うん。

相談者:あの、長男がここでぇ・・卒業で・・就職活動ちゃんとや・・

相談者:長男も、やっぱり同じスポーツ推薦で、大学入ってたんですけど。

ドリ助:はい。

相談者:まぁ、長男のほうは、まぁ、無事に・・4年間終わりまして。

ドリ助:ええ。

相談者:で、就活も無事に終わって。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、今度の今、内定、今、もらってて・・来年の4月からはもう社会人になるんですけども。

ドリ助:はい。

相談者:だ、そういうちゃんとした会社に・・ま、こう・・入って。

相談者:ま、長男ができてるもんで。

ドリ助:はい。

相談者:ま、次男の方にも・・

大原敬:咳払い

相談者:ま、そうした方が・・

相談者:まぁ・・なんて言うんですかねぇ・・生涯・・獲得・・

・・

相談者:金額っていうんですかねぇ、そういうのも・・

相談者:ま、なんかこのままだと、フリーターとかなんとか、そのまんまになっちゃいそうな気がして。

ドリ助:うん・・

相談者:ちょっと心配してるんですよね。

・・

相談者:ただだから、無理して、そのぅ、大学・・通わせた方がいいのか?

相談者:それともその本人・・の、尊重して、そのぅ、ま、好きなことっていう、あ・・アレでもないんですけども・・

相談者:ま、ちゃんと就職・・する方向・・

相談者:に、その・・

相談者:本人は、そのつもりでいるみたいなんですけど。

ドリ助:ふぅーん・・

相談者:それを聞いた方がいいのか?

ドリ助:なるほど。

相談者:ちょっとそこ相談したいんですよ。

ドリ助:うーーん・・まぁ、これぇ・・

・・

ドリ助:ねえ・・その、げん・・つき(原付)の事故さえなければ。

相談者:そうなんです。

ドリ助:ま、そのことがまず悔やまれるんですけども。

相談者:はぁい。

ドリ助:起きてしまったことですからねぇ。

相談者:はぁい。

ドリ助:そこから先、前向きに・・生きてかないと。

相談者:はぁい。

ドリ助:はい、それでぇ・・

相談者:はい。

ドリ助:え・・このぅ・・部活はもう辞められてしまったんですか?

相談者:えっとね、まだ、籍はあるんです。

ドリ助:はい・・籍は・・

相談者:はい、ま、監督さんのほうにも。

ドリ助:ええ。

相談者:あの、一応まだ・・「休ませてくれ」っていう、そのぅ・・「リハビリも続いてるし」っていうことで。

ドリ助:ふぅーん・・

相談者:一応、「休ませてくれ」っていう話で、まだ、籍は一応あるんですけども。

ドリ助:ああ・・

ドリ助:あの、わたしの・・友人でね。

相談者:はい。

ドリ助:ま、結構激しい・・あの、スポーツ・・で・・

相談者:はい、はい。

ドリ助:や、やはりスポーツ・・推薦で入った・・

相談者:はい。

ドリ助:のがいるんですけども。

相談者:はい。

ドリ助:大学一年の試合でそのぅ・・膝の中を、もう、グチャグチャになるまで怪我をしまして。

相談者:あ、ああ・・

ドリ助:で、結局彼は・・その選手の道を諦めて。

大原敬:う、うん・・

相談者:はい。

ドリ助:え・・チームに貢献するという意味でトレーナーという道でその後、生きたんですよ。

相談者:はい・・はいはいはい。

ドリ助:まぁ、体育会ですから、就職も良くてですねぇ。

ドリ助:誰もが知っているような会社に彼は入ったんですけども。

相談者:はぁい、はい。

ドリ助:だからその選手として・・

ドリ助:ダメでも。

相談者:はい。

ドリ助:そのぅ・・みんなのために・・ぃ・・今度は・・あのぅ・・力を尽くすんだということで。

相談者:はい。

ドリ助:そんな道もあるような気がするんですけども。

相談者:はい。

ドリ助:そういった考え方というのは、ご本人はまだ持てていない・・んですかねぇ?

相談者:はい、それがですねぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:あのぅ・・まぁ、一応・・やっぱり・・その大学・・同じチームメートなんかでも。

相談者:ま、ちょっと芽が出ないなとか、出れる・・アレがないな・・って、思った子達は、わりと・・

相談者:その学生コーチに・・変わったり・・してる子も、いるんですけども。

ドリ助:はいはい。

相談者:でぇ、うちの・・次男っていうのが、こう、人と話すのが苦手っていうか。

相談者:そのぅ・・まぁ、アルバイトをするにしても、このぅ・・対面で接客みたいな・・

・・

相談者:ことが苦手なんですよね。

ドリ助:うん・・うんうん。

相談者:でぇ・・人としゃべってもこう・・

相談者:会話が長続きしないっていうのかなぁ・・

ドリ助:はい。

ドリ助:じゃあこれ・・

ドリ助:ご本人のねぇ、気持ちっていうのはやっぱり・・それ目指してやってきて体の怪我で出来なくなると・・

相談者:うん・・

ドリ助:相当、心の傷、負ってると思いますのでねぇ。

相談者:そうなんです、はい、はい。

ドリ助:それによって、いろいろ今、見えなくなっちゃってる部分もあるかと思うんですが。

相談者:はい。

ドリ助:え・・さぁ・・どんなふうに・・

相談者:うん・・

ドリ助:お子さんと・・

ドリ助:え・・これからの、人生について語るべきなのか。

相談者:そうですね、あ、もう、この・・うん。

ドリ助:あるいは放っておくべきなのか?

相談者:はい。

ドリ助:え・・全て・・ひっくるめて・・

相談者:はぁい、そうです。

ドリ助:今日の回答者の先生に・・

相談者:はい、よろしくお願いします。

ドリ助:ええ、相談してください。

相談者:はい。

ドリ助:今日の、回答者の先生紹介致します。

相談者:はい。

ドリ助:幼児教育研究の、大原敬子先生です。

相談者:あっ、はい。

ドリ助:よろしくお願いします。

相談者:はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA