テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2019年12月7日(土)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
30歳女性から、実家の父と母が父方の祖母から借金を繰り返している。それを「止めてくれ」と独身で祖母と暮らしている叔父、父の弟から連絡を貰った。嫁いだ自分にはどうにもできない。実家で同居の三女は一切関わらないし、独身の次女は、自分が叔父に返していくような事を言っている。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・どんどん借金をする両親

相談者は30歳女性、夫は31歳、5歳と3歳の子供二人。
実家の父57歳、母56歳、家を出た独身の次女29歳と親と同居している三女26歳。

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは。

柴田理:今日はどんなご相談ですか?

相談者:えっと、わたしの両親のことなんですけども。

柴田理:はい。

相談者:どんどん借金をしてまして。

柴田理:はい。

相談者:はい、これからどうして行ったらいいのか、対応していったらいいのか・・

柴田理:はあああ・・

相談者:が、わからなくって・・はい。

柴田理:はい、あなたおいくつですか?

相談者:はい、30です。

柴田理:ご兄弟、いらっしゃるんですか?

相談者:えっと・・下に・・二人、妹が・・いてます。

柴田理:あ・・妹さん達、おいくつですか?それぞれ?

相談者:29歳と・・

柴田理:うん。

相談者:26歳です。

柴田理:あ、じゃあ皆さん、成人なさってるんですね?

相談者:はいそうです。

柴田理:皆さんは・・全部、独身ですか?

相談者:わたしだけ・・結婚してまして。

柴田理:はい。

相談者:一番下の妹だけが、実家暮らしをしています。

柴田理:今、おいくつですか?ご両親は?

相談者:父が57歳・・母が56歳です。

柴田理:はい、ご両親の借金っていうのは、どういうことですか?

相談者:一番最初の過去・・は・・

柴田理:うん。

相談者:え・・母が・・

柴田理:うん。

相談者:わたしが小さい頃に・・

柴田理:うん。

相談者:カード・・の、金融会社の借金を、してたんです。

柴田理:はああ・・キャッシングってことですか?

相談者:そうです!

柴田理:ふんふん。

相談者:はい、たまりにたまって・・

柴田理:うん。

相談者:返せなくなったので。

柴田理:うん。

相談者:父の・・母と言いますか、祖母にあたるんですけど、わたしからしたら。

柴田理:はい・・はいはい。

相談者:に・・肩代わりしていただいてたんです。

柴田理:はいはい、じゃ、それはそれで、返せた?

柴田理:いくらくらいですか?

相談者:その金額は聞いていないんですけど。

柴田理:うんふん。

相談者:はい、また次の・・

・・

相談者:ことで、えっと、父が・・

柴田理:うん。

相談者:クビに・・なった・・

相談者:ことで、会社経営自体があの・・閉店していって・・

柴田理:うん。

相談者:自主退職を求めるような。

柴田理:あ、ああ・・会社が潰れちゃって。

相談者:そうです、そうです。

柴田理:はあ、はぁはぁはぁはぁ。

相談者:でぇ・・それが・・

柴田理:別にお父さんが何したってわけじゃないんですね?

相談者:ではないんです、はい。

柴田理:あ、ああ・・はいはい・・はい。

相談者:でぇ、父も・・自主退職を勧められて・・

柴田理:はい。

・・

相談者:辞めたのですが、その・・時に、あの母がやり繰りをしてたみたいなんです。

柴田理:うん。

相談者:わたしが、成人・・した後くらいに。

柴田理:うん。

相談者:家賃滞納・・で・・仮押さえになったんです。

柴田理:はああ・・あの、じゃあ、その・・

相談者:それが、借金・・(笑)・・500万ぐらい・・

柴田理:あ、あ、あ、ああ・・

相談者:溜まってたそうで相談者:。

柴田理:つまりその、えっと、お父さんが会社を辞められたってことで。

相談者:はい。

柴田理:生活費の為に・・お母さんがいろいろ・・やってるうちに。

相談者:はい、家賃を・・返済してなかったりとか・・

柴田理:あっ、そうか、家賃・・のために・・溜まっちゃったんですね。

相談者:そうなんです。

柴田理:500万っつうのは、でっかい・・家賃ですねぇ。

相談者:そうですねぇ、はい。

柴田理:ふぅーん・・

相談者:はい。

柴田理:で、それはどうなさったんですか?二十歳の・・今から10年くらい前ですよね。

相談者:はい、その時も・・

柴田理:うん。

相談者:またあの、父の・・

相談者:母が・・肩代わりしまして。

柴田理:うん・・

相談者:そこまでは、あのぅ、一応、両親が・・

相談者:祖母と話合った・・

柴田理:うんうん。

相談者:形で、返済していくって話に、まとまって・・いったんですけども。

柴田理:はいはい。

相談者:また、新たに問題が出まして。

柴田理:うん。

相談者:昨年。

柴田理:うん。

相談者:あのぅ、父の、弟さん・・から、300万ほど、祖母に、借りに来ているという連絡が、わたしに来まして、でぇ、あのお金の管理を・・していただけないかと。

柴田理:でも、お父さんもお母さんも、その、どうしてそんな300万、借りに行かれたんですかね?

相談者:それをあのぅ・・妹・・に・・

相談者:相談し、したんです。

柴田理:うん、うん。

相談者:こういうふうに、弟さんから連絡来たんですけど、どうしたらいいですか?と。

柴田理:うんうん。

相談者:でぇ、「どういう状態になってるの?」っていう話を・・

柴田理:うん。

相談者:聞いたところ。

柴田理:うん。

相談者:あのぅ・・株に投資をしていたみたいで。

柴田理:はああ・・

相談者:二回目の500万の返済中に・・

柴田理:うん。

相談者:父が、投資をしていて、失敗して、それを繰り返して。

柴田理:うん・・

相談者:たま・・

相談者:った(溜まった)・・お金を、また祖母が・・に借りて、300万借金を・・

柴田理:はああ・・

相談者:したみたいなんです。

柴田理:借金はしたんですか?

相談者:はい、したんです。

柴田理:300万?・・あ、ああ・・

相談者:はい・・それも、金融関係で、父が・・

柴田理:あ、つまり・・

相談者:してました、はい。

柴田理:前に・・

・・

柴田理:おばあちゃんに借りた・・

相談者:はい。

柴田理:500万を返そうとして。

相談者:はい。

柴田理:その、株に投資したんですね、お父さん?

相談者:そうでそうです。

柴田理:うん・・したらそれが失敗して。

相談者:はい。

柴田理:でぇ、その、おばあちゃんにまた300万・・

相談者:はい。

柴田理:借金、借りちゃった。

相談者:はい。

柴田理:あらぁ・・元も子もないですね。

相談者:そうなんです。

柴田理:うーん・・

・・

柴田理:これぇ・・うん。

相談者:でぇ、わたしは・・もう・・家庭を持ってますし、嫁に行った側なので。

柴田理:はい。

相談者:長女とは言えど・・もう、どうすることにも・・

柴田理:ふぅーん・・

柴田理:でも、おばあさんも・・

相談者:はぁい・・

柴田理:随分、資産家ですねぇ。

相談者:そうですねぇ。

柴田理:うん・・

・・

柴田理:お、おばあさんは・・

相談者:はい。

柴田理:要するに、お父さんの弟さんから・・

・・

柴田理:と、一緒に住んでらっしゃるわけですか?お父さんの弟さんと?

相談者:はいそうです、弟さんは、独身の方なのでぇ。

柴田理:あ、ああ・・はあ、はあ、はあ、はあ。

相談者:はい、一緒に暮らしては(はります)・・ます。

柴田理:じゃあ、割と大きなお家なんですか?

相談者:いえ、そんなことはないですね。

柴田理:あ、うーん・・

相談者:あの、コツコツと・・あの、貯めてる・・方なので。

柴田理:ああ・・

相談者:はい。

柴田理:でも、そうすっと・・

相談者:はい。

柴田理:お父さんの、弟さんが・・

相談者:はい。

柴田理:ちょっと・・心穏やかじゃないですよね?

相談者:そうですねぇ・・

柴田理:うん。

相談者:母が作った借金も、父が作った借金で、どうすることもできないから、わたしに連絡が来たんだと思うんですけども。

柴田理:うーん・・ふんふん・・

相談者:わたしとしてはもう・・

相談者:関りたくないというか・・

柴田理:うーん・・

相談者:はぁい。

柴田理:うーん・・

相談者:桁が桁なだけに・・

柴田理:あなたのご主人とか。

相談者:はい。

柴田理:ご主人、ご主人はおいくつですか?ごめんなさい、うん。

相談者:ご主人、31です。

柴田理:31歳・・

相談者:はい。

柴田理:お子さん、いらっしゃるんですか?

相談者:はい、5歳と3歳がいてます。

柴田理:あ、ああ・・妹さんとかには・・お話なさいました?・・29歳の妹さん・・とか・・うん。

相談者:あっ・・お話をしたら、妹はもう・・

相談者:あの、自分は独身だから、仕送りで・・返済できるならば、そこから・・

柴田理:うん・・

相談者:あのぅ、弟さんの方に・・

柴田理:うん・・

相談者:少しずつ・・返していくようにはしていくけども・・

柴田理:うん・・

相談者:あのぅ・・わたしに対してはもう・・嫁に行ったんやから、そっちはそっちの家庭で、あの、していったらいいから、もう、ここ、こっちは関わらなくていいよ・・とは・・

柴田理:うん・・

相談者:言ってくれたんですけども。

柴田理:いい妹さんですね。

相談者:はぁい。

柴田理:あっ、じゃあ、実家の住んでる・・

柴田理:妹さんの方は?

相談者:は(わ)、もう・・一切、両親に関わりたくないと。

柴田理:うん、ふんふんふん。

相談者:拒否してます。

柴田理:うん・・ふん。

相談者:はい。

柴田理:そういう気持ちも、わかりますよねぇ。

相談者:はぁい。

柴田理:ぁぁ、どうしたらいいんでしょうかねぇ、じゃあ・・

相談者:はい。

柴田理:先生に聞いてみましょうかね。

相談者:はいお願いします。

柴田理:はい、今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。

柴田理:先生、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者に苦情を言ってくる叔父さんって卑怯で腹黒い人。
    苦情を言うのなら相談者の父親に直接言うべきです。
    相談者もこんな非常識なクレームに悩まされてるなんて、知識無さすぎで情けない。
    それはともかく、相談してよかったね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA