テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2019年12月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
31歳女性から、夫のモラハラがひどくて1ヶ月前から別居中。離婚を考えているが慰謝料はとれるか?または、婚姻費用をもらって別居を続け実績を作ろうかと思っているが・・
加藤諦三氏の〆の言葉『モラルを唱えながら相手をイジメる。モラルハラスメントと言います。』

目次

スポンサーリンク

今日の相談・夫のパワハラが酷く別居中

相談者は31歳女性、自営業の夫は41歳、子供は二人で11歳と7歳。20歳の時に恋愛結婚し、1ヶ月前から別居中。

※家族構成・年齢確認

相談者:あの、夫のですね、モラハラが・・え・・年々ひどく・・なってきて。

相談者:だんだん、だんだんこう、子供の前でも・・

相談者:大声を出したり・・

相談者:あの、罵倒したり・・する言葉を・・発するようになってきて。

加藤諦:はい、あの、子供の前でも・・罵倒する言葉って、具体的に、例えば・・どんな言葉ですか?

相談者:「育ちが悪いからだ」・・とか・・

加藤諦:うん。

相談者:「お前は大学行ってないから」・・とか・・

加藤諦:うん。

相談者:「養ってやってるんだ」・・ですね。

加藤諦:うん。

・・

加藤諦:結婚・・したのは結構・・若いですね、あなた?

相談者:はい。

加藤諦:何歳ですか?

相談者:二十歳(はたち)です。

加藤諦:二十歳の時に結婚した・・恋愛結婚でしょう?

相談者:はい。

加藤諦:うん、最初はうまくいってたの?

相談者:はい。

加藤諦:最初から問題があったの?

相談者:あっ、いえ、最初は全くそういうことはなく。

加藤諦:うん。

相談者:だん・・だんとですね。

加藤諦:だんだんと?

相談者:はい・・はい。

加藤諦:いつ頃から・・

加藤諦:そういう・・

加藤諦:暴言を吐くようになったんですか?

相談者:「これは暴言だな」って思うようになったのは・・

加藤諦:うん・・

相談者:いや、8年前ですね。

加藤諦:という事はかなり8年間っていうのは、長いですよねぇ。

相談者:そうです・・ねぇ・・はい。

加藤諦:でぇ、それはあのぅ・・

加藤諦:一気に・・

・・

加藤諦:そうなった?少しずつ、少しずつなったの?

・・

相談者:きっかけは些細な夫婦喧嘩だったんですけど。

加藤諦:うん。

相談者:あのぅ、夫がわたしの意見を全く聞き入れてくれず。

加藤諦:うん。

相談者:「俺は一点も悪くない、お前がすべて悪い」っていうふうに言われてぇ。

加藤諦:うん。

相談者:もうそれから何かある度に・・

加藤諦:うん。

相談者:すべてをわたしのせいにされるっていう・・感じ・・が、だんだんふ・・回数が増えて来たっていう感じで。

加藤諦:回数が増えてきた・・

相談者:はい。

加藤諦:ご主人は・・普通のサラリーマンですか?

相談者:いえ・・自営業です。

加藤諦:自営業?

相談者:はい。

加藤諦:で、自営業のほ・・方は、アレですね。

相談者:はい。

加藤諦:この夫婦関係、親子関係とは別に・・順調にいってるわけ?

・・

相談者:いえ、決して順調といえるものではないです。

・・

加藤諦:これはあるの?自営業が・・

相談者:はい。

加藤諦:上手くいかなくなりだしてから、こういう暴言が・・

加藤諦:ひどくなりだしたとか?

相談者:ありそうですね。

相談者:仕事が大変な時期に・・あたられる事が多いです。

・・

加藤諦:ということは・・仕事のストレスを・・

相談者:はい。

加藤諦:あなたに向かって、晴らしているという・・

相談者:はぁい。

・・

加藤諦:ストレスは・・

相談者:はい。

加藤諦:あなたとの関係じゃなくて、夫は自営業で・・

相談者:はい。

加藤諦:なんかうまくいかなくて・・

相談者:はい。

加藤諦:イライラしてると。

相談者:はい。

加藤諦:だけどそのイライラを仕事場では・・

加藤諦:発散できないと。

相談者:はい。

加藤諦:そこで家に帰ってきて・・あなたに・・怒りを・・ぶつけている・・というふうには考えられるの?

相談者:それもあり得ますね。

加藤諦:うん、いや、それもあり得るという事は・・それぇ・・

加藤諦:が原因というよりも・・なんか・・

加藤諦:他に・・

加藤諦:つまりこの、この夫のね。

相談者:はい。

加藤諦:パーソナリティっていうか、人柄の問題なのか・・

相談者:はぁい。

加藤諦:それとも・・いろんな仕事のストレスでこうなってるのか。

相談者:はぁい。

加藤諦:そこら辺のところを聞こうと思って、ちょっと聞いてるんですけどもね。

相談者:あの、モラハラパーソナリティーの・・

相談者:先生の本とか読んで。

加藤諦:はい。

相談者:ものすごく当てはまる部分が多くて。

加藤諦:うん・・

相談者:「あっ、彼はこれなのかな」

相談者:って思ってます。

加藤諦:う、うん・・

・・

加藤諦:という事は・・アレですかぁ・・あのぅ、日常的には非常に立派なことを言っていると。

相談者:はぁい。

加藤諦:それでちょっと気に入らないことがあると「お前が悪い」と言う。

相談者:はぁい。

加藤諦:「お前は・・」

加藤諦:「もっといい、良い母親であるべきだ」

相談者:はい。

加藤諦:「お前は・・もっと良い妻であるべきだ」

相談者:はぁい!

加藤諦:それなのに・・

加藤諦:実際の・・お前はこうだと。

相談者:はい。

・・

加藤諦:「だから・・すべてお前が悪い」・・っていう、こういう論法?

相談者:はぁーい!まったくその通りです。

加藤諦:う、うーん・・

加藤諦:それで今の状態っていうのはどうなの?家庭生活、四人での家庭生活ってのは?

・・

相談者:一ヶ月ほど前から、別居してます。

加藤諦:あっ・・

・・

加藤諦:別居っていうのは・・

・・

加藤諦:父親が家を出て行ったんじゃなくって・・あな・・たが・・この二人のお子さんを連れて・・出たの?

相談者:いえ、わたしと子供たちは・・

相談者:自宅に残って、主人だけ・・出て行ってもらいました。

加藤諦:と、主人が出て行くっていうことは・・

相談者:はい。

加藤諦:あなたとの喧嘩でね。

相談者:はい。

・・

加藤諦:あなた結構・・強いんだよねぇ?

相談者:ふふふ・・はぁい。

相談者:あ、ほめ・・られてます(褒められてます)?これ?

加藤諦:だって・・

加藤諦:「この野郎!出てけ!」っていうような・・

相談者:はい。

加藤諦:ご主人じゃないんだよねぇ?

相談者:そうです・・ね、あの、ひと・・あたり・・はすごくよくて。

加藤諦:うん・・

相談者:最初はわたしが家を・・出て行って、子供たちと実家に行ったんですけど。

加藤諦:うん。

相談者:「子供たちを学校に通わせて欲しい」

相談者:と言われて。

加藤諦:うん。

・・

相談者:「じゃあ、自宅に戻るので・・」

加藤諦:うん。

相談者:「あなたとは一緒に暮らせません」っていうことで・・

加藤諦:うん。

相談者:「じゃあ・・俺が出るよ」っていうことになりました。

加藤諦:ということはね。

相談者:はい。

加藤諦:結構、あな、あなた強いんだよねぇ。

相談者:はぁい。

加藤諦:うん。

加藤諦:だ、今日のあなたの相談としては・・

相談者:はい。

加藤諦:とにかくもう、夫が・・「育ちが悪いの」、「大学出てないの」や、「養ってやるの」と、ひどいことばっかり言って・・

相談者:はぁい。

加藤諦:喧嘩になって・・

相談者:はい。

加藤諦:今、別居になっている。

相談者:はい。

加藤諦:どうしたらいいんでしょうね?っていう・・

加藤諦:ことですか?

相談者:はい。

加藤諦:はいわかりました、今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. モラハラ夫、妻(相談者)をなめてたんだろうなあ。
    反撃されて自分が家を出るハメになった。
    自業自得だ。みずから自分の幸せをぶち壊しちゃったんだ。
    でもなあ、妻や子供たちだって幸せじゃあないよ。

    相談者としては不本意であっても次善の策をとるしかないわけだな。
    モラハラ夫なんか振り捨てて前へ進むしかないよ。道は開ける!と信じたい。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA