テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

大迫恵美子

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

大迫恵:もしもし?

相談者:はい・・お願いします。

大迫恵:はいこんにちは。

相談者:こんにちは。

大迫恵:はい・・

大迫恵:えーっとですねぇ。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・あなたの方が離婚したいっていう・・理由は・・どういうことがありますか?

相談者:えーーっと、まず暴力、暴言・・

大迫恵:はい。

相談者:と、子供に対して・・の、対応の仕方・・とか・・やはり・・

相談者:わたしとまったく、こう、考え方が違うので。

大迫恵:ええ。

相談者:子供にすごく悪影響を・・まぁ、もう、及ぼしてはいるんですけど。

大迫恵:うん・・

相談者:まぁこれ以上そう・・いったことを・・が、続かない・・

相談者:方がいいなっていうふうにもう・・思いましてぇ。

大迫恵:うん・・

・・

・・

大迫恵:あの具体的にはどんな悪影響ですか?

相談者:ハァ・・

相談者:結構主人が・・

大迫恵:はい。

相談者:子供の前で怒鳴ったり・・

大迫恵:はい。

相談者:わたしに暴力ふるったりするんですね。

大迫恵:はい。

相談者:ま、そういった事・・があったので。

大迫恵:ええ。

相談者:まあ・・

相談者:うちの両親は仲が悪い・・だろうなって事は、わかってると思いますし。

大迫恵:うん・・

・・

大迫恵:まぁあの、暴力とか暴言というのは。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・さっき5、6回あったということなんですけど。

相談者:はい。

大迫恵:日常的にしょっちゅう起こるんですか?

相談者:日常的に・・ではない・・

相談者:ですかねぇ、すごく、こう喧嘩がヒートアップした時に、手が出てくるっていうような感じで。

大迫恵:うん・・

相談者:でぇ、最後に2年ぐらい前に一番・・こう、わたしとしてはもう、それを機に、離婚しなきゃいけないって思ったんですけど。

大迫恵:はい。

相談者:あのぅ、わたしが・・

相談者:喧嘩が終わった後にしばらくこう時間を、置いてわたしが・・あのぅ・・

相談者:普通に・・

相談者:な状態で居た時に、いきなり後ろから頭を殴られて。

大迫恵:はい。

相談者:でぇまぁ、床に倒れ込んで。

大迫恵:ええ。

相談者:一番まぁ、今まででひどい・・

・・

相談者:暴力があって・・

大迫恵:ええ。

相談者:まぁ、それも子供の目の前で・・

相談者:あの暴力を振るわれて。

大迫恵:ええ・・

相談者:でぇ、子供ももう、泣き・・泣いて。

大迫恵:ええ・・

・・

相談者:しまった・・っていう感じ・・が、あったんですけど。

・・

大迫恵:うん・・あのね、その時に、あなたが何か怪我をしたとかね。

相談者:はい。

大迫恵:そういう事はありました?

相談者:えーっと、尻餅をついたのでぇ・・

大迫恵:はい。

相談者:あのぅ・・お尻に痣ができて。

大迫恵:ええ。

相談者:はい。

大迫恵:それはなんか、あの、写真で撮ってあるってことあります?

相談者:ああ・・撮りました。

大迫恵:ああ、はぁ、はぁ・・・

相談者:はい。

大迫恵:診断書はもらってない?

相談者:ああ、もらってないですね。

大迫恵:ふぅーん・・

・・

大迫恵:えーっとですねぇ。

相談者:はい。

大迫恵:あの、まぁ・・

大迫恵:非常にねぇ、あのぅ・・難しいところだと思うんですが。

相談者:はい。

大迫恵:要するに婚姻生活を継続しがたいようなね・・事由があるということが・・

相談者:はい。

大迫恵:離婚の・・理由なんですけど。

相談者:はい。

大迫恵:今の話だとね、もうご主人のほうは離婚考えてないみたいなので。

相談者:はい。

大迫恵:え・・嫌がっている、嫌がってるというか、その気のない人と、離婚しなきゃいけないのでね。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:え・・それなりにちゃんと・・まぁ、一方的に・・離婚できるだけの・・理由があるのかっていう問題なんですけど。

相談者:はい。

・・

大迫恵:うーーん・・まぁ・・

大迫恵:あのぅ・・

大迫恵:この後、どういうふうに・・

相談者:はい。

大迫恵:どうするって考えてるかの問題なんですけど。

相談者:はい。

大迫恵:あなたは離婚してね。

相談者:はい。

大迫恵:例えば経済的には・・

相談者:はい。

大迫恵:え・・それは耐えられる・・状況なんですか?

相談者:ああ・・はい、大丈夫だと思います。

大迫恵:まぁもちろんお子さんを引き取りたいっていう気持ちはあるんですよね?

相談者:はい。

大迫恵:お子さんを引き取って。

相談者:はい。

大迫恵:え・・生活を・・なんとかやっていく事は、可能なんですか?

・・

相談者:はい、あのぅ、養育費・・

相談者:をもらえれば・・大丈夫かなと思うんですが。

大迫恵:うん。

・・

大迫恵:養育費はちゃんと、大丈夫、ちゃんと払ってくれそうなんですか?

・・

相談者:いえあのぅ・・

・・

相談者:「養育費とか払ってもらって」っていうことをなんかわたしの方で言ったら・・

大迫恵:ええ。

相談者:「もうそんなの払うわけないでしょう」っていう・・

相談者:感じで。

相談者:あの・・「お金なんか一銭もあげない」みたいな。

大迫恵:でぇあなたそのぅ、離相談者:婚後の生活はどういうふうにやっていこうと思っているんですか?

相談者:え・・

相談者:仕事・・始めて・・

相談者:まぁ生計立てて・・いこうと思っているんですけど。

大迫恵:あの、今の家には誰が住むんですか?

相談者:あっ、今のこの家は・・

相談者:まぁ、わたしが住みたいんですが・・

大迫恵:それは誰の・・

大迫恵:借りてるんですか?

相談者:いえ、あのぅ・・持ち家なんですけれども。

大迫恵:でも名義はご主人の物でしょう?

相談者:えーっと、少しだけわたしになってるんですが。

大迫恵:あ、ああ・・はい。

大迫恵:ま、そういうことも話し合わないといけないですけど。

相談者:はい。

大迫恵:少なくとも今そこの家に住んでるとね。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・まぁ・・

大迫恵:はっきりした離婚原因がないのでね。

相談者:はい。

大迫恵:向こうが嫌だって言ってるとなかなか・・

大迫恵:あのぅ・・離婚にもってくことは難しいと思いますよ。

相談者:はああ・・

・・

相談者:じゃあ・・

相談者:別居したほうがいいんでしょうか?

大迫恵:何年間かずっと別居していると、そこにはまぁ夫婦関係が、あのぅ、形骸化してしまってね、夫婦の関係がないので。

相談者:はい。

大迫恵:え・・もう、あの、破綻、完全に破綻してるっていうことで、それは1つの
離婚・・事由にはなりますよね。

相談者:はああ・・・

・・

・・

・・

相談者:それは時間・・何年か・・っていう・・

大迫恵:もちろん何年かかかります、特に、下のお子さんがまだ12歳なのでね。

相談者:はい。

大迫恵:そのお子さんが、まぁ15歳を過ぎる・・ぐらいの年・・まぁそ、それだと3年ですけど。

相談者:はい。

大迫恵:3年では足らないと思いますね。

相談者:はああ・・

・・

相談者:そうなんですねぇ・・

大迫恵:ええ。

・・

大迫恵:あとまぁ、あなたはね。

相談者:はい。

大迫恵:その離婚しようと思っているならば・・

相談者:はい。

大迫恵:そのぅ・・

大迫恵:もう少し準備をちゃんとしておかないとね。

相談者:はい。

大迫恵:お金の名義やなんかでも。

相談者:はい。

大迫恵:もう、これから働いて生計を立てられるようになんていうことで。

相談者:はい。

大迫恵:大丈夫なのかしらと思っちゃうのとね。

相談者:はい。

大迫恵:あと、まぁ・・財産分与だとかね、そういうような問題もあるんでぇ、いったい向こうがどのくらいの資産をもっているのかとかね。

相談者:はい。

大迫恵:そういうことも・・日々・・郵便物なんかをきちんと点検するとか(笑)。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・あなたのほうも作戦を立てて行動しないとね。

相談者:はい。

大迫恵:なんとなく嫌いだから、もういられない・・なんてだけで・・離婚はできないですよ。

相談者:はあ・・はい。

・・

大迫恵:大丈夫ですか(苦笑)?

・・

相談者:はい、離婚をしたいので・・がんばります・・

大迫恵:ええ、それはじゃあ、きちんと相談してね。

相談者:はい。

大迫恵:法的な手続きを取るのであれば・・

相談者:はい。

大迫恵:弁護士の相談を受けるとか。

相談者:はい。

大迫恵:そういうことも、した方がいいです。

相談者:はい。

大迫恵:はい。

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 離婚後の生活が成り立つ見通しが立てられないというのがポイントでしょう。
    相談者に生活力があれば、大迫先生もすぐに離婚へ向けての具体的なアドバイスをしたでしょうに。
    離婚したいと言っていながら、そのための準備ができてないようでは、弁護士さんも迂闊に離婚を勧められないですよ。

    他者に寄り掛かって生きてきた人は、自立する努力をしない限り理不尽な仕打ちを撥ね退けることはできません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA