テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2019年12月16日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
60歳男性から、2週間前に妻と取っ組み合いの喧嘩をしたら妻が家出をしてしまった。その後、警察に妻が事情を説明し呼ばれることに。1週間前、妻の代理人から「お金はいらないから離婚に応じて欲しい」と通知書が届く。離婚したくないのだが・・
加藤諦三氏の〆の言葉『甘えている人ほど傷つきやすいです』

目次

スポンサーリンク

今日の相談・家出した妻から離婚請求

相談者は60歳男性、妻は57歳、結婚34、5年、二人暮らし(2週間前に妻が家出) 子供三人は独立、長男32歳は結婚し子供あり、次男27歳と長女24歳は独身。

加藤諦:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お願いします。

加藤諦:最初に、年齢を教えてください。

※家族構成・年齢確認

加藤諦:でぇ、どんな相談ですか?

相談者:え・・妻が、約2週間前ほど・・

相談者:家出をしまして。

・・

加藤諦:妻が家出をした?

相談者:はい。

加藤諦:でぇ、家出ということは、すっかり、荷物を揃えて出てってしまったのか、それとも・・

加藤諦:なんか喧嘩して、その場だけで・・パッと出て行ったのか・・家出の実態はどんな?

相談者:荷物を持って行ったかどうか、ちょっと・・うーん・・わかりません。

加藤諦:スゥ・・

加藤諦:あなた・・会社・・

加藤諦:勤めですか?

・・

相談者:今は無職です。

加藤諦:そうするとあの・・会社から帰って来たら・・居なかったとかっていうんではなくてぇ・・

相談者:はい。

加藤諦:あなただいたい、今、ずっと家に居るわけですね?

相談者:はい。

・・

加藤諦:「今は」って先ほどおっしゃいましたけど、ずーっと家に居るの・・ようになったのはいつ・・いつ頃からですか?

相談者:2週間ほど前からです。

加藤諦:あの、家に居るようになって・・

加藤諦:その日からトラブルが、あったわけね?

・・

相談者:はい・・

・・

加藤諦:そのトラブルっていうのは、どんなトラブルですか?

・・

相談者:取っ組み合いの・・

相談者:つかみ合いの喧嘩になりまして。

加藤諦:はぁい・・

相談者:わたしが妻の髪を引っ張って、ちょっと髪抜け・・

・・

相談者:たのかな?

・・

加藤諦:はい。

相談者:うん・・次・・

・・

相談者:の日からもう、帰って・・来なくなりました。

加藤諦:次の日から・・

相談者:まぁ・・夫婦生活・・

相談者:なんですけども。

加藤諦:はい。

相談者:わたしに・・の・・

相談者:求めに・・

相談者:え・・応じなく・・な・・

・・

相談者:ったりとか。

加藤諦:はい。

・・

相談者:夫婦生活中に、なんか・・

加藤諦:うん。

相談者:「しつこい」とかということを言われ・・

・・

・・

相談者:たことがありました。

・・

・・

加藤諦:あなた・・としては、かなり傷ついてますよねぇ?

相談者:はい。

加藤諦:奥さんの言動にねぇ。

相談者:はい。

・・

・・

相談者:えーっと、妻は・・

加藤諦:はい。

・・

相談者:え、夕方から・・あ・・夜中の2時まで仕事・・

・・

相談者:してるんですけども。

加藤諦:はい。

・・

相談者:え・・ここ何ヶ月・・か・・前から・・

加藤諦:ええ。

・・

相談者:え・・その仕事が終わって。

・・

・・

相談者:え・・6時から・・10時まで、ちょっとアルバイト始めたんです。

・・

・・

加藤諦:ちょ・・夜中までやっていて、その仕事が夜中終わって、それからまた仕事?

相談者:はい。

・・

・・

・・

相談者:アルバ・・

加藤諦:という・・

加藤諦:と、すごい・・働い・・ているわけですね。

相談者:でぇ・・

加藤諦:はい。

相談者:やっぱり、ま、疲れてるからっていう・・

相談者:スゥ・・ことで、拒否され・・

・・

・・

・・

相談者:たのが・・

・・

相談者:ちょっとストレス、溜まってたと思います。

加藤諦:と・・

・・

加藤諦:でぇ、今日のあなたの相談は、どういうことですか?

相談者:妻が家を出て行った後・・

相談者:警察・・に・・行って、事情を話して。

加藤諦:はい。

・・

・・

相談者:それではわたしが、警察・・に・・呼ばれて。

加藤諦:うん。

・・

・・

相談者:でぇ、携帯電話を・・

・・

相談者:を、見られたり、あと・・

・・

相談者:誓いの・・書類を・・

・・

・・

相談者:うん、書かされました。

加藤諦:うん。

相談者:でぇそれから・・

相談者:もう、妻の居所もわからなくなって。

加藤諦:うん。

相談者:連絡も取れなくなって。

加藤諦:うん。

・・

相談者:でぇ、1週間ほど前に。

加藤諦:うん。

相談者:妻の、代理人っていう弁護士から・・

加藤諦:うん。

相談者:離婚に応じて欲しいという内容の通知書をいただきました。

加藤諦:はいはい。

加藤諦:あなたとすれば、離婚・・請求の・・

加藤諦:書類が、来たということは・・

相談者:はい。

加藤諦:意外なわけ・・

加藤諦:ですね?

相談者:どちらかというと、はい。

・・

加藤諦:でぇ、あなたとしてはこれを、離婚請求に対して、どうしたらいいかわからないということね?

相談者:うーん・・わからないというか、出来れば、離婚したくない・・

加藤諦:じゃあ、離婚しないためには、どうしたらいいか?ということね?

相談者:はい。

加藤諦:はい、わかりました、今日はスタジオに弁護士の、野島梨恵先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. もう元通りには戻れないよ。
    暴力振るったらオシマイ。
    今まで奥さんはずっと我慢してきたんだろうな。
    孤独な老後は自ら招いたもの。
    いまさら反省したって後の祭り。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA