テレフォン人生相談
今井通子・大迫恵美子

ドリアン助川・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2019年12月18日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
39歳男性から、成績も良く、スポーツも出来る小学6年生の息子が4ヶ月ほど前から学校へ行ったり行かなかったりの状況、親としてどう対応すればいいのだろうか?

目次

スポンサーリンク

小学6年生の息子が不登校

相談者は39歳男性、妻あり(年齢不明)、子供は二人、中学2年生の娘と小学6年生の息子。

ドリ助:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願いします。

ドリ助:はいよろしくお願いします。

ドリ助:はい今日どんなご相談でしょう?

相談者:4ヶ月ほど前ほ・・

相談者:くらいからですね、あのぅ・・息子の方が・・まぁ学校に・・ちょっと、行ったり行かなかったり・・ちゅう状況に・・

相談者:なって、いるのでちょっと、対応についてどうしたらいいか?っていうことで、相談させてもらいます。

ドリ助:学校に行ったり、行かなかったり?

相談者:はい、はい。

ドリ助:息子さんはおいくつですか?

相談者:小6・・です。

ドリ助:小6?

相談者:はい。

ドリ助:あなたおいくつですか?

相談者:39です。

ドリ助:39歳。

相談者:はい。

ドリ助:お子さん1人ですか?

相談者:中2の娘がいます。

ドリ助:はい・・え・・奥さま・・も、いらっしゃる・・わけですね?

相談者:はい、はい。

ドリ助:さて、この小6・・の息子さんが。

相談者:はい。

ドリ助:え・・学校に行ったり、行かなくなったりというのは。

ドリ助:ただなんとなくではなくて何か理由がある?

相談者:朝、学校前になると、お腹が痛くなったり気持ちが悪くなったり、頭が痛くなったりということで、はい。

ドリ助:はい。

相談者:はい、あの、休み・・ますね、はい。

ドリ助:うん、まぁだからそれはその・・症状としてねぇ。

相談者:はい。

ドリ助:そういう事、訴えだしたんでしょうけども。

相談者:はい。

ドリ助:その、もっと前の話しで・・何か・・そこに理由はありますか?

相談者:本人すごい真面目で頑張り屋で、ちょっとおとなしい感じなんですが。

ドリ助:はい。

相談者:非常に、何事にも一生懸命ずーっと今まで・・なってきましてぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:でぇ・・

相談者:スポーツの習い事をしてたんですが。

ドリ助:はい。

相談者:まぁそれが一段落した・・あたりから・・

相談者:急に、そういうじょ、症状が始まってきたのでまぁ、なんか・・疲れたのか、緊張の糸が切れたのか・・

ドリ助:はい。

相談者:っていうふうにちょっと、はい思っているんですが。

ドリ助:ふぅーん・・

ドリ助:そうですか、じゃあまずねぇ、一つ、あのぅ・・え、ここでじゃあ・・

ドリ助:イジメの可能性っていうのないですか?学校で?

相談者:は(わ)、学校なんかともう、いろいろ相談したんですが、そういったのは一切・・ない・・ですね、はい。

ドリ助:あ、イジメの問題ではなさそうだと?

相談者:なさそうですねはい。

ドリ助:え・・クラスではどうなんでしょう?あのお、お友達はいるんでしょうか?

相談者:そうですね、はい、あのぅ・・

相談者:比較的・・なんでしょう?その、目立つ方、目立つと言いますか、運動も勉強も・・

相談者:結構しっかりやる方なのでぇ・・

ドリ助:ええ。

相談者:はい友達なんかも、多いと思います。

ドリ助:友達は多い?

相談者:はい。

ドリ助:うーん・・

ドリ助:でぇ、成績の方も、まぁいい方だと?

相談者:そうですね、はい。

ドリ助:ふぅーん・・

ドリ助:えーっと、中学受験とか考えてらっしゃいます?

相談者:具合悪くなる前までは考えてたんですが・・

ドリ助:ええ、ええ。

相談者:まぁ本人も、そういう意思も、あるようだったのでぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:ただ今は、ちょっと・・やる気が今なにやっても、ちょっとやる気がないような感じでぇ・・

ドリ助:ふぅーん・・

相談者:まぁ受験もしないっていう風に言ってます・・が。

ドリ助:あ、そうですか。

相談者:はい。

相談者:結構、わたしが比較的・・習い事とかもしっかりやれ・・ちゃんとやったか?とか、勉強もちゃんとやったか?って形で、まぁ結構なんでしょうね、あのぅ、厳しくというか・・

ドリ助:はい。

相談者:はぁ、熱心に・・ちょっとみて・・い・・た、感じはありますね。

ドリ助:お父さんが。

相談者:はい。

ドリ助:え・・勉強の面もスポーツの面も厳しくみてた?

相談者:はいそうですね。

ドリ助:厳しくっていうのはどのぐらいの厳しさなんだろ?

相談者:まぁや・・

相談者:っていなければ・・なんでやってないんだ?と。

ドリ助:はい。

相談者:でぇまぁ・・ゲームとか、テレビ見る時間削ってでも、やりなさい・・っていうような・・

相談者:感じですねぇ。

ドリ助:あ、ああ・・

相談者:まぁ、手をあげたりっていうのは、一切無いんですけど。

ドリ助:あ、手をあげたりはない?

相談者:ないですはい。

ドリ助:まぁただ言葉では・・あのゲームしてる時間があったら勉強しろ!と。

相談者:あ、まぁ、そういう感じです、はい、はい。

ドリ助:まぁそういう感じね?よくある言葉ですけどね。

相談者:はい。

ドリ助:ま、そのぐらいは言ってると。

相談者:ああ、はい。

ドリ助:はいはい。

ドリ助:でぇそのとき、お子さんどんな感じですか?

相談者:黙って従うみたいな感じですねぇ。

ドリ助:あ、ああ・・

相談者:はい。

ドリ助:でぇ、成績のほうは、でもそんな悪くわけですよね?

相談者:うんまぁ、良い方でした、はい。

ドリ助:いい方なんですね。

相談者:はい。

ドリ助:そうするとお父さんとしては・・

相談者:はい。

ドリ助:何ら問題なかった子供が。

相談者:はい。

ドリ助:え・・そのまま頑張れば中学受験も可能だった。

相談者:はい。

ドリ助:何ら問題ないはずのお子さんが・・

相談者:はい。

ドリ助:急になんかこう・・弱気になってしまって。

相談者:はい。

ドリ助:え・・お腹痛いよ、頭痛いよ、って学校に行かなくなり始めたと。

相談者:はいそうです。

ドリ助:それで4ヶ月くらい前ですね。

相談者:はい。

ドリ助:よーく、あのぅ、その頃振り返ってほしいんですけども。

相談者:はい。

ドリ助:まぁ、4ヶ月くらい前からそのぅ・・事が起きたとすれば、5ヶ月前、6ヶ月くらい前から・・

相談者:はい。

ドリ助:何かお子さんに何か、こう変な動きがあったとか。

相談者:うーーん・・

ドリ助:例えばね。

相談者:はい。

ドリ助:これぇ・・誰か女の子、好きになっちゃったと。

相談者:はい。

ドリ助:でで、その女の子から・・嫌われちゃったとか。

相談者:はい。

ドリ助:そういった事、例えば息子さんが言わないまで・・も。

相談者:はい。

ドリ助:奥さんから聞いたりってないですか?

相談者:あっ・・ええっと・・まぁちょっと妻とよく話すんですが。

ドリ助:はい。

相談者:まぁあのぅ・・ま、運動の習い事をしてて。

ドリ助:はい。

相談者:まぁ、だいぶちょっと、相当厳しい・・ところでずっとやってまして。

ドリ助:ええ。

相談者:もう、主力のメンバーではずっとやってたんですが。

ドリ助:はい。

相談者:相当・・厳しくですね。

ドリ助:ええ。

相談者:もう・・毎回泣くくらい・・厳しくずーっとやってて。

ドリ助:なんか嫌だね、それね。

相談者:まっ・・

相談者:あはは・・

ドリ助:なんの運動かわかんないけど。

相談者:まあ・・ただそん中で、本人もキャプテンっていうことでずっと・・あのぅ・・やってまして。

ドリ助:はい。

相談者:ただぁ・・毎回怒られて本人はすごい行きたくなかったと思うんですが。

ドリ助:うん・・

相談者:ずーっとそれを・・

相談者:口に出さずずーっと頑張って・・

相談者:って、でぇ、まぁ一段落・・世代交代の時があって・・

ドリ助:はい。

相談者:で、そっから・・

相談者:なんか・・急に・・

相談者:無気力というか・・

相談者:なかそういう・・感じになったぁ・・感じが・・します。

ドリ助:まさか小6で、燃え尽きちゃった?

相談者:うふふ・・なんか、なんか・・感じ的にはそういうふうに・・

ドリ助:あらぁ!

相談者:でぇ、あのぅ・・まっ、そのせいだけじゃなくわたしもそういう厳しいところで・・あの育ってたんで、家帰っても・・厳しく厳しくずっとやってきてるので、まぁ・・その反動かなっていう気がしてるんです。

ドリ助:疲れちゃったのかねぇ。

相談者:か、そうじゃないかなぁと、はい。

ドリ助:ありゃりゃ・・

ドリ助:まぁそのキャプテンってことは、これはアレですね。チームスポーツだったわけですね。

相談者:それはそうですはい。

ドリ助:という事はその一人一人のプレーに対してのその、大人が厳しくあたるし。

相談者:はい。

ドリ助:お前しかもキャプテンなんだから、しっかりしろと言って・・

相談者:あ、ああ・・

ドリ助:人一倍・・厳しくあたられていたと。

相談者:そうです、もう誰よりも厳しく、はい、あたられてます。

ドリ助:でぇ、泣いて帰ってきて・・

相談者:そうですねはい。

ドリ助:でぇ家帰ったら今度お父さんが厳しいと。

相談者:あはっ、それもそうなんです、はい。

ドリ助:それで、一気になんかポキっと。

相談者:はい。

ドリ助:もういいよ・・みたいな。

相談者:うーーん・・

ドリ助:感じになっちゃったんでしょうか。

相談者:そう・・

相談者:なのかもしれませんね、はい。

相談者:今はもうこういう状況なのでぇ・・

ドリ助:ええ。

相談者:家であのぅ・・テレビ見る時間だ、ゲームする時間ってほとんどなかったので、今は・・

相談者:あのぅ・・そういう時間を・・

相談者:を、作るようにというか、放棄に任せて今は・・やっているような感じですね。

ドリ助:なぁぁ・・

相談者:はぁい・・

ドリ助:ま、人生ねぇ、これから先長いですから。

相談者:はぁい。

ドリ助:そういった時期もあるかとは思うんですけども。

相談者:はい。

ドリ助:でぇ問題どういうふうに・・また歩き出すかですよねぇ。

相談者:ああ・・はい。

ドリ助:うん。

ドリ助:でぇ、今はなんかこう・・

ドリ助:気が抜けちゃったような感じで?

相談者:そうですねぇ、あのぅ・・

ドリ助:はい。

相談者:無気力というか、はい、そういう感じですね。

ドリ助:でぇ、どうしたいのと。

相談者:はい。

ドリ助:君、何をしたいのと。

ドリ助:もっと優しくでもいいんだな。

相談者:はい。

ドリ助:あの、なんかこれからしたいことあるの?って、そういうこと聞いたことありますか?

相談者:ああ・・そうですねぇ、あのぅ・・まっ・・

相談者:ま、将来何になるかとか・・う・・中学校行ったら部活・・何やりたい?とかそういった話は・・

相談者:あのぅ、よくするんですが。

ドリ助:はい。

相談者:ぅ、ま、まだ、わからないっていうのが(苦笑)・・

ドリ助:まだわかんないよね、それ。

相談者:ははは・・はい。

ドリ助:将来何したいなんて、小学生に聞いて・・

相談者:うふふ・・

ドリ助:そりゃわかりませんよ。

相談者:そうですねぇ・・

ドリ助:うん・・

相談者:はぁい。

ドリ助:お父さんとしては・・無気力なとこ出して・・

相談者:はい。

ドリ助:また小学校に普通に通うようになってほしいと。

相談者:そうですねぇ・・はい。

ドリ助:うん・・息子さんの心の中に起きていることが・・

・・

ドリ助:こう、わからなくて・・

ドリ助:お父さんも困ってるってことですね。

相談者:そうですね、あとどういうふうに・・その導いていくというか、はい。

ドリ助:はい・・

相談者:どういうふうにしようかなっていうのが、正直悩んでます。

ドリ助:うん・・

相談者:はい。

ドリ助:まぁ、行きたくなるまで・・じゃあゴロゴロしてろよって、言うだけの、そのぅ、それはお父さんにないんですね、今?

相談者:そうですねぇ、まぁあのぅ・・

相談者:家でまぁ最低限・・まぁ学校で出た宿題とかは・・

相談者:やりなさいっていうことは、今してますが。

ドリ助:はい。

相談者:まぁそれ以外の・・やってる教材だとか、そういったのは今、前はよくやれやれって言ってたんですけども。

ドリ助:うん・・

相談者:今は一切、言ってないですね、はい。

・・

ドリ助:お父さんは人生充実してますか、今?

・・

相談者:今ですか?

ドリ助:はい。

相談者:ははは・・今は、ちょっと・・ぉ・・そのことがあっていっぱいで・・

ドリ助:はい。

相談者:どうですかねぇ、はぁい。

ドリ助:まぁお子さんのことが頭いっぱいで?

相談者:そうですねぇ、はい。

ドリ助:うーん・・そっか・・

・・

ドリ助:じゃあまぁその辺の事聞いてみますかねぇ。

相談者:はい。

ドリ助:お子さん、どうやったらまた・・

・・

ドリ助:歩き出すような気分になるのか。

相談者:ああ・・はい。

ドリ助:あるいは放っておいた方がいいのか。

相談者:あ、はぁ、そうですね、はい。

ドリ助:うん、その日をお父さんも気長に待った方がいいのか。

相談者:ああ、そう、はい。

ドリ助:その辺聞いてみましょうかね。

相談者:はぁい。

ドリ助:はい、今日の回答者、紹介致します。

ドリ助:精神科医の高橋龍太郎先生です。

ドリ助:よろしくお願いしまーす。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA