テレフォン人生相談
ドリアン助川・高橋龍太郎

高橋龍太郎

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

高橋龍:あっ、はじめまして高橋です。

相談者:よろしくお願いします。

高橋龍:今は行ったり行かなかったりっていうのはどれぐらいのペースなの?

相談者:一日おき・・ぐらいですね。

高橋龍:あ、一日おきぐらい?

相談者:でぇまぁ、週に・・2日か3日、学校へ行く・・

相談者:行くような感じです。

高橋龍:うん・・そしたら・・あんまり心配しなくていいんじゃない。

相談者:ああ・・

高橋龍:うん。

相談者:そうなんですかねぇ?

高橋龍:行かないとなったらホントに(笑)・・行かないから。

相談者:はぁい。

高橋龍:でぇ・・逆に言うと、休みながら行くっていうの・・

相談者:ああ・・はい。

高橋龍:まあ・・子供たちにとっては結構、決まりの悪いことだけれど。

相談者:はい。

高橋龍:それを逆に・・ちゃんと1日おきぐらいに行ってるということは・・

相談者:はい。

高橋龍:まぁ・・そんなに・・何か追い込まれて・・

相談者:はい。

高橋龍:自閉的になってるわけでもなし。

相談者:はい。

高橋龍:それこそ・・

相談者:行ってみれば・・修復活動をしてるところかな。

相談者:あ、ああ・・

高橋龍:もともと・・例えばスポーツっていうのは・・

相談者:はい。

高橋龍:特に小学生あたりに・・

相談者:はい。

高橋龍:もう、成績つけて・・

相談者:はい。

高橋龍:キャプテンやらせて、目標定めて。

相談者:はい。

高橋龍:追い込んでってこと自体がもう・・

高橋龍:ホントに、小学生スポーツの有り様からしたら・・

相談者:はい。

高橋龍:ちょっと・・大人の都合が、あまりにも前面に出すぎでしょう。

相談者:あ、ああ・・

高橋龍:まぁ例えば・・万、万が一、学校の勉強でね。

相談者:はい。

高橋龍:なんか差をつけて・・そういう風に追い込まれることがあるとしても。

相談者:はい。

高橋龍:でもスポーツが救いになって。

相談者:はい。

高橋龍:もうスポーツやってるときでも・・発散させて、勉強無理強いされてるのは・・なんとなく解消するよっていうようなパターンの・・本来は存在なわけだから。

相談者:はぁい。

高橋龍:スポーツなんかはね。

相談者:ああ・・はい。

高橋龍:それがキャプテンやって、結果・・出さないからって言って泣くぐらい・・厳しい指導を受けて。

相談者:うーーん・・

高橋龍:そいでお家に帰ったら、今度お父さんが。

相談者:はぁい(苦笑)。

高橋龍:そんな(笑)、ああだこうだああだこうだ。

高橋龍:スパルタまではいかないけど、あるいは殴りはしないけど、強い調子で。

相談者:はい。

高橋龍:追い込んでいったらば。

相談者:はい。

高橋龍:それは小学生の体と心は持たない持たない。

相談者:ああ・・そうですか・・

高橋龍:だから・・

相談者:はい。

高橋龍:一段落しただけで。

相談者:はい。

高橋龍:でも・・少し・・ホントに休みたいなと思うけれど。

相談者:はい。

高橋龍:まぁでも学校の勉強も心配だから、1日おきに行っておけば。

相談者:はい。

高橋龍:頭のいい子だから、あっ、これで取り戻せるなっていうちょうどいい・・

高橋龍:バランスのところに今いるわけですよ。

相談者:あ、ああ・・はい。

高橋龍:うんだから・・宿題はちゃんとやるし。

相談者:はい。

高橋龍:学校の勉強には追いついていけてるので。

相談者:はい。

高橋龍:逆に言うと、集中して勉強する勉強の仕方もこういう中で身に付けるだろうし。

相談者:あ、ああ・・はい。

高橋龍:うん、このまんま・・中学に行って。

相談者:はい。

高橋龍:不登校が続くとか、そういうことはまずないと思います。

相談者:あ・・あ、そうですか。

高橋龍:今、小学校を、自分なりのペースで勉強するのがどういうことかっていうことを。

相談者:はい。

高橋龍:今、獲得してる最中だね。

相談者:あ、あ、ああ・・はい。

高橋龍:うん、だから・・

高橋龍:相当・・

高橋龍:お子さんは賢いと思いますよ、変な言い方だけど。

相談者:あ、ああ・・

高橋龍:要するに世間的な知恵が・・

相談者:はい。

高橋龍:そうやって・・

高橋龍:自分の自立を促すように・・自分で選択してるんだと思う。

相談者:あ、ああ・・はい。

高橋龍:うん・・だから・・そんな心配しなくていいような気がしますね。

相談者:はぁ・・そうですか。

高橋龍:うん。

相談者:はい。

高橋龍:まぁちょっとお父さんが、若いお父さんが・・血気にはやって・・

相談者:はい。

高橋龍:例えば、自分のキャリアを超えるような子供にしたいって気持ちはわからないでもないけど。

相談者:うーーん、はい。

高橋龍:やっぱり、子供を育てるときには。

相談者:はい。

高橋龍:自分がこの年齢の時に。

相談者:うーーん・・

高橋龍:どんなふうな子供だったかっていうことを、親は全部忘れちゃうんだよね。

相談者:ふふふ、そうですね。

高橋龍:うん。

相談者:はい。

高橋龍:だから自分の、時の状態を思い出して。

相談者:はい。

高橋龍:その時の・・

高橋龍:気持ちで子供に接するってことがすごく大事。

相談者:はああ・・

高橋龍:もちろん。

相談者:はい。

高橋龍:父親的役割もうちょっと先に行った時。

相談者:はい。

高橋龍:要するに・・第二次成長が終わって・・各人が自立して行かなきゃなんない時に・・

相談者:はい。

高橋龍:初めて父親役割が出てくるけれども。

相談者:ああ・・はい。

高橋龍:今は、むしろ自分の、小学校時代に立ち返って。

相談者:はい。

高橋龍:お子さんと一緒に・・もうとにかく生きてるっていうことを楽しむっていう前提で、一緒に時間を共有したほうがいいよ。

相談者:はぁぁ・・そうですか、はい。

高橋龍:でも、息子さんは、相当・・自分なりの選択でうまくやってる状態だと思います。

相談者:あっ・・はい。

高橋龍:はい。

相談者:そうですか。

高橋龍:うん。

相談者:はい。

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA