テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2019年12月19日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
57歳男性から、10年ほど前に父が他界、母が3ヶ月ほど前に他界し、自身は独身で一人になってしまった。結婚する気もないので、今後の人生設計についてお伺いしたい。

目次

スポンサーリンク

孤独な57歳男性、後顧の措置を憂う

相談者は57歳男性(独身・会社員)父は10年ほど前に他界、母は3ヶ月ほど前に他界。再婚の父は前妻との間に娘(姉と思われる)がいるが、遠方で疎遠。

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、もしもし?

柴田理:こんにちは。

相談者:こんにちは。

柴田理:今日はどんなご相談ですか?

相談者:え・・わたくしの。

相談者:え・・今後の人生設計・・ということで・・

柴田理:あ、あ・・

相談者:お伺いしたいんですが。

柴田理:はい、えっとあなた今、おいくつですか?

相談者:57歳です。

柴田理:57・・えっと、ご結婚なさってますか?

相談者:え・・独身です。

柴田理:独身・・はい。

柴田理:えっと、じゃあ、ご両親はいらっしゃるんですか?

相談者:父はですねぇ。

柴田理:はい。

相談者:約、10年ほど前に亡くなりました。

柴田理:あ、ああ、そうですか。

相談者:ええ。

柴田理:お母さまは?

相談者:母は・・

柴田理:はい。

相談者:3ヶ月ほど前ですかね。

柴田理:ああ・・

相談者:亡くなったんですよ。

柴田理:そうですか。

相談者:ええ。

柴田理:あらじゃあ・・お寂しいですねぇ。

相談者:そうですねぇ。

柴田理:うん・・ご兄弟は?

相談者:ええ、わたくし・・一人だけなんですよ。

柴田理:あ、じゃあ今・・

柴田理:お一人だけ・・に、なられたんですねぇ。

相談者:そうです。

柴田理:はい、はい。

相談者:はい。

柴田理:お仕事は?

相談者:えっと、会社員です。

柴田理:会社員・・はいはい。

相談者:はい。

柴田理:でぇ、人生設計というのは、どういうことでしょうか?

相談者:えーっと、具体的に言いますと。

柴田理:はい。

相談者:今、現在もう、身体・・丈夫なんですけども。

柴田理:はい。

相談者:えーっと、一応わたくし・・

柴田理:はい。

相談者:え・・約・・60歳で・・定年を迎えるんですよ。

柴田理:はい。

柴田理:はい。

相談者:それで、迎えた後。

柴田理:はい。

相談者:まぁ、両親はもう、亡くなったんですけども。

柴田理:はい。

相談者:まぁ、亡くなる・・生前から、「後のことは頼むよ」ってことで。

柴田理:はい。

相談者:母・・や、わたくしが・・

柴田理:はい。

相談者:まぁあのぅ・・後片付けをして。

相談者:それでぇまぁ、過ごしてきたわけなんですが。

柴田理:はい。

相談者:えーっと、その母も亡くなって。

柴田理:はい。

相談者:わたくしがあのぅ・・亡くなった時に。

柴田理:うん。

相談者:じゃあ、僕のことあと頼むよ・・っていう・・人が周りに居ないんですね。

柴田理:はぁい。

相談者:いわゆるあのぅ・・まぁ、お通夜、葬儀はやるかどうかは別として。

柴田理:うん。

・・

相談者:わたくしがじゃあ、病院で亡くなったとすれば。

柴田理:うん。

相談者:わたくしの遺体を運んで。

相談者:少なくとも火葬にしなくちゃならないじゃないですか。

柴田理:はい。

相談者:そういうことをやって・・いただけると言う方が・・

相談者:心当たりがないんですよ、頼む方が。

柴田理:ご親戚とかは・・

相談者:えーっとですねぇ。

柴田理:どなたかいらっしゃるんですか?

相談者:あの、父はあのぅ・・再婚でして。

柴田理:はい。

相談者:えーっと、前妻さんとの間に・・

相談者:娘さん、一人居るんですよ。

柴田理:ああ、ああ・・はい。

相談者:でぇ・・

相談者:それでまぁ、遠方に住んでおられるんですけど。

柴田理:うーーん・・

柴田理:です・・

相談者:ま、そのぅ・・方とはもう、父の相続・・のこと、片付けなければいけないということで。

柴田理:はい。

相談者:えーっと一度・・お会いして。

柴田理:はい。

相談者:それは、無事終了したんですけども。

柴田理:あ、ああ・・はい。

相談者:まぁ、その方・・

・・

相談者:とも会ってからもう、一切、連絡もとってませんし。

柴田理:はぁぁ・・はい。

相談者:よく・・遠くの親戚よりも、近くの他人って・・ねぇ。

柴田理:うん・・・

相談者:言うもんですからねぇ。

柴田理:はい。

相談者:まぁあのぅ・・僕が亡くなった時にいろいろ・・

相談者:頼むっていうのも、なにかなぁ・・っていうこともあるんですよ。

(スタジオ内で小声で何か話している)

柴田理:まあ、ねぇ・・

・・

柴田理:でぇあのぅ・・じゃあ、例えば・・

柴田理:おじさんとか、おばさんとか、そういう方は?

相談者:あっ、あのぅ、父の・・兄弟?

柴田理:いとことか・・うん、はい。

相談者:妹・・

・・

相談者:なんかはいるんですけども。

柴田理:うん。

相談者:その***とも、仲が悪くて。

柴田理:あっ、ああ・・

相談者:普段から疎遠なんですよ。

柴田理:じゃあ、あんまり、親戚・・とも、そんなに・・仲良くな・・仲良くしてないっていうかね、やっぱり・・ちょっと・・

相談者:そう・・そうですね。

柴田理:疎遠にしてらっしゃるんですね。

相談者:でぇ僕が亡くなるときは、当然その、おじさん、おばさんも、もう当然ね。

柴田理:うん。

相談者:失礼ながら、亡くなっていると思うもんですから。

柴田理:ああ、そうですね、いとこもね。

相談者:ええ、そうすっと、その子供や孫っていうことになりますよね。

柴田理:うん。

相談者:その人達とも・・あんまり会いたくないものですから。

柴田理:はあああ・・

相談者:頼んでね。

柴田理:ああ、そっか・・

相談者:そいでぇ・・僕の・・後を頼むよ・・っていう・・こともね。

柴田理:うん。

相談者:そういうこともアレですし、母の方も・・

柴田理:うん。

相談者:親戚が・・遠方に居るもんですから。

柴田理:あ、ああ・・

相談者:もう、頼めるような状況じゃないんですよ。

柴田理:なるほど。

相談者:ええ、母の・・兄弟とは比較的、良好なんですけれど。

柴田理:はい。

相談者:如何せん、遠くに居るものですから。

柴田理:ああ、なるほど。

相談者:ええ。

柴田理:っていうか・・もう、その、57歳で。

相談者:ええ。

柴田理:ご自分が亡くなられたこと心配してらっしゃるんですけれど。

相談者:あっ、あ、そのねぇ。

相談者:それぇ・・そういうふうに思われてるかもしれないんですけれど。

柴田理:はい。

相談者:いずれはそういう時、来るんですよね。

柴田理:いずれはね。

相談者:ええ、それねぇ・・

柴田理:うん、そうなんですけれど。

相談者:ええ。

柴田理:57歳だったら。

柴田理:これから結婚・・ってことも、考えられるんじゃないですか?

相談者:うん、まぁね、そういうふうに思われるかと思うんですけれど。

柴田理:はい。

相談者:まぁ、僕はもう・・このまま一人で、いいっていうふうに。

相談者:決めつけてるわけじゃないんですけど。

柴田理:はぁい。

相談者:性格上、そういうタイプなもんですから。

柴田理:ああ、なるほど。

相談者:そういう生き方なんだなっていうふうに・・

柴田理:あっ・・

相談者:僕自身が思ってるもんですから。

柴田理:ああ、わかりました。

相談者:ええ。

柴田理:結婚を、なさる気は、ないわけですね。

相談者:ええ・・まったくありません。

柴田理:ああ・・なる、なるほど。

相談者:はい。

柴田理:そしたら・・

相談者:ええ。

・・

柴田理:例えばねぇ。

相談者:ええ。

柴田理:遺言とかでぇ。

相談者:ええ、ええ。

柴田理:散・・骨とか、いろいろあるじゃないですか、自分のこの・・

柴田理:終い方のね。

相談者:そうですね。

柴田理:選択。

相談者:ええ。

柴田理:そういうことを・・なさるとかっていう方法もあるけど、まだわたしねぇ、ん、ん・・

柴田理:亡くなる時のこと、考えんの早いような気がするんですけど、違いますかねぇ?

相談者:ええ、そうですね。

柴田理:うん・・

相談者:それでぇ、まぁ・・

相談者:先だって、ちょっと、うちの・・両親の・・墓のあるご住職に。

柴田理:はぁい・・その、うん。

相談者:え・・ちょっと、お話・・したんですよ。

柴田理:はい。

柴田理:はい。

相談者:お話だけでもね。

柴田理:うん。

相談者:聞いてもらうと助かるということで。

柴田理:うん。

相談者:聞いてもらいました。

柴田理:はい、はい。

相談者:ええ。

相談者:でぇ、それ以外にね。

相談者:あのぅ・・誰か・・

相談者:最期に・・あのぅ・・看取ってやってくれる方が・・ね、例えば行政でもあるのかなぁ?とかね。

柴田理:うん。

相談者:知識がないものですから。

柴田理:うん・・

相談者:ちなみに。

柴田理:はい。

相談者:それらのことを、すべてやって・・

相談者:くれる・・方が。

柴田理:うん。

相談者:まぁ、身内なのか、他人なのかわかんないんですけど。

相談者:そういうこと・・が、やってくれる方がおられるんだったら。

柴田理:うん。

相談者:その方に全て、相続してもらいたいな・・っていう気持ちなんですよ。

柴田理:ほうう・・

柴田理:あ、いろいろ・・相続なさる・・なさってなっしゃるいろいろなものが・・お有りなんですか?土地とか・・そういうものとか・・

相談者:あっ、えーっとねぇ・・

相談者:土地・・と、まぁ、預金だけですね、あとは、何もないです。

柴田理:うん・・ああ・・なるほど。

相談者:ええ。

・・

柴田理:うん・・

相談者:まっ、とにかく・・

・・

相談者:いろいろ最期、看取ってもらって。

柴田理:うーん・・

相談者:それでじゃあ、亡くなったって連絡が入ったなら。

相談者:ちょっと引き取ってね。

相談者:それでお通夜、葬儀・・まぁ、そういうのをやってもらうかどうかわかんないけども、とにかく火葬してもらってねぇ。

柴田理:ああ。

相談者:そういう・・ことで、後始末してくれるっていう方がね、それが・・

相談者:身内・・かもしれないし、身内じゃないと思うんですけども。

柴田理:うん。

相談者:他人、あるいは行政かもしれないんですけど。

柴田理:うん。

相談者:どういうルートがね、あるのかなぁと思ってまして。

柴田理:はあ・・

・・

柴田理:じゃあ、今日のご相談は、そういういろんなルートを・・

柴田理:知りたいってことですか?

相談者:ま、そういうことですね。

柴田理:はああ・・

相談者:ええ。

柴田理:はい。

柴田理:わかりました。

相談者:はい。

柴田理:え、今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。

柴田理:先生、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA