テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2019年12月23日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
60歳女性から、夫が3ヶ月前に他界、夫の姉二人から、認知症の母の施設入所につき、年金で不足した分の負担と亡くなった場合、喪主をして葬儀費用を負担しろと言われる。姻族関係終了届を出そうかとまで思ったが・・
加藤諦三氏の〆の言葉『親族関係に付け込まれるな』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

急逝した夫の母の扶養について

相談者は60歳女性、夫60歳は3ヶ月前に他界、娘三人、末の娘夫婦と一緒に暮らしている。義母94歳は認知症で夫の下の姉61歳が面倒を看ており、上の姉は68歳。

※家族構成・年齢確認

加藤諦:それでどんな相談ですか?

相談者:はい、ええっと、その亡くなった、夫の母の扶養についてなんですが。

加藤諦:はい。

相談者:はい。

相談者:えっと、夫には・・上に二人、姉がいるんです、はい。

加藤諦:上に二人・・お姉さんがいる?

相談者:はい。

加藤諦:はい。

相談者:68歳と61歳なんですが。

加藤諦:はい。

相談者:でぇ父が・・亡くなりましてから。

加藤諦:はい。

相談者:わたし達夫婦が・・

相談者:夫の実家に入って。

加藤諦:はい。

相談者:13年間ぐらい・・母と一緒に暮らしてきたんですが。

加藤諦:はい。

相談者:認知症を患いまして。

加藤諦:お母さまが?

相談者:はい。

加藤諦:はい、何歳ですか、今?

相談者:94です。

加藤諦:94歳・・はい。

相談者:はい。

相談者:でぇ・・わたし達の手に、負えなくなってしまって。

加藤諦:はい。

相談者:施設入所も考えたんですが。

加藤諦:はい。

相談者:すぐ上の、61歳の・・姉が・・

加藤諦:はい。

相談者:今から7年前から引き取って。

相談者:母の面倒を看てくれています。

加藤諦:はい。

相談者:それにあたって・・うちの夫は・・

相談者:母に毎月・・

相談者:10万円ずつの、送金をしてきました。

加藤諦:はい。

相談者:それで夫の死後なんですが。

加藤諦:ええ。

相談者:姉たちに・・

相談者:次の二つのことを言われました。

加藤諦:はい。

相談者:一つは・・

相談者:母を看て・・くれている姉が。

加藤諦:はい。

相談者:そろそろ体力的にも限界なので。

加藤諦:はい。

相談者:施設入所を・・考えていると。

加藤諦:はい。

相談者:でぇそれにあたって・・

相談者:母の年金で不足する分の費用を・・

加藤諦:はい。

相談者:あなたが出してちょうだい。

加藤諦:はい。

相談者:あともう一つは・・

加藤諦:はい。

相談者:母が亡くなった場合。

相談者:お葬式を・・あなたが出してほしい。

加藤諦:はい。

相談者:という2点について言われたんですが。

加藤諦:はい。

相談者:ま、夫が、生きていたら・・たぶん、そうするんだろうなって思うんですが。

加藤諦:はい。

相談者:彼が死んだ今。

相談者:夫に代わり・・

加藤諦:はい。

相談者:わたしがそんなことまでしなければいけないのか?・・ということと。

加藤諦:はい。

相談者:あと・・

相談者:同じ兄弟なのに。

加藤諦:はい。

相談者:金銭的にも・・なんか・・長男だっていうことで、今までもかなり・・負担してきたし。

加藤諦:はい、はい。

相談者:こんなに負担が・・

・・

相談者:しなければいけないのかっていうこと・・

加藤諦:はい。

相談者:をちょっと・・ご相談したくて、お電話しました。

加藤諦:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦:まあ・・

加藤諦:3ヶ月前で亡くなられて、あなた・・としては・・

加藤諦:まだ、3ヶ月ですから・・

相談者:まだ3ヶ月です、うん。

加藤諦:気持ちの動揺も・・

加藤諦:あってぇ。

加藤諦:お母さまの葬式どうのこうのなんて、ゆっくり、落ち着いて考え・・るのもなかなか難しい、動揺している時期でもあるんでしょうね。

相談者:まだ、夫の死すら・・受け止められていません(涙声)。

加藤諦:ああ、ご主人の死・・あの、アレはねぇ。

相談者:はい。

加藤諦:今日の相談っていうのはもう・・

加藤諦:非常にはっきりしていて。

加藤諦:94歳の認知症になったお母さまが・・

相談者:はい。

加藤諦:施設に入られて。

加藤諦:それでその年金不足を・・

加藤諦:あなたが・・不足分を払って欲しいと。

相談者:はい。

加藤諦:そしてお葬式は・・まぁ、あなたが長男の嫁だから・・

加藤諦:喪主になれって、具体的な意味なのかなぁ?

相談者:そう・・ですね、あと葬式費用・・ですかねぇ?

加藤諦:あ、費用・・

相談者:ええ・・

加藤諦:その他、**をね。

相談者:はい。

加藤諦:そこまで・・

加藤諦:長男の嫁・・っていうことは、でぇ、しなければならないのか?っていうことね。

相談者:はぁい。

加藤諦:はいわかりました、今日はあのスタジオに、弁護士の野島梨恵先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生の締めの言葉「・・・に付け込まれるな」に尽きますね。
    理不尽な要求に屈してはいけません。
    他人に嫌われることを恐れるな、ということです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA