テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2019年12月26日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
67歳男性から、娘26歳が勤め先のクリニックで横領発覚、弁償すれば示談という話だったので相談者が立替払いするも、今度は医療報酬の請求をしていないことまで発覚する。お金もないし、娘と自分、どうすればいいか?

目次

スポンサーリンク

娘が勤め先のお金を横領

相談者は67歳男性、妻は55歳、クリニックに勤める長女26歳、長男23歳、次男18歳。

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:もしもし!!

柴田理:はい、こんにちは!

相談者:こんにちは、どうも、お世話になります。

柴田理:はい・・今日はどんなご相談ですか?

相談者:ええ、娘が・・

柴田理:はい。

相談者:クリニックでぇ。

柴田理:はい。

相談者:え・・仕事をしてるんですがぁ。

柴田理:はい。

相談者:そこであの先生から預かった・・

柴田理:はい。

相談者:お金ありますよねぇ、あのぅ・・支払とか。

柴田理:はい。

相談者:業者さんに・・支払う・・

柴田理:はい。

相談者:それを、え・・

相談者:何年間かにわたってぇ。

柴田理:はい。

・・

相談者:横領をしていたと。

柴田理:はあ?

相談者:いうことなんですよ。

・・

相談者:ほでぇ・・それがわかったのが1ヶ月ぐらい前なんですよ。

柴田理:はい。

・・

相談者:娘から電話がありましてぇ。

柴田理:はい。

相談者:でぇ、「ちょっと話がある」と。

柴田理:はい。

相談者:いうことでぇ・・

相談者:うちの方に戻ってきたんですけど。

柴田理:うん。

相談者:その時そういう話を聞きましてぇ。

柴田理:はい。

相談者:それが2か月ほど・・前ですね。

柴田理:はい。

相談者:その時の金額が・・

柴田理:うん。

相談者:200・・30万だか40万だか・・

柴田理:はい。

相談者:そのぐらいだったんですよ。

柴田理:はい。

相談者:期間としては・・

柴田理:はい。

相談者:3年・・ぐらい?

柴田理:はい。

相談者:にわたってやっていたと。

柴田理:はああ・・

相談者:ええ・・

柴田理:あの、娘さんは今、おいくつですか?

相談者:えーっと今、26ですねぇ。

柴田理:26歳、はい、あなたは今おいくつですか?

相談者:ええ、67です。

柴田理:はい、えっと、奥さまは?

相談者:妻、55です。

柴田理:はい・・

相談者:でぇ・・娘は長女でぇ・・

柴田理:はい。

相談者:26でぇ・・

柴田理:はい。

相談者:え・・その下が・・男で20・・3・・

柴田理:はい。

相談者:ほれと18です。

柴田理:はああ・・18歳の方も男の子?

相談者:はぁい・・

柴田理:はい。

相談者:男です、はぁい。

柴田理:はい。

・・

柴田理:3年間にわたって・・

相談者:はい。

柴田理:その・・ぉ・・お仕事先の・・

柴田理:お金を横領し・・

柴田理:ていたっていうこと・・だと・・

相談者:はい。

・・

柴田理:それどうやって

柴田理:わかっちゃったんですか?

相談者:娘がやってた以前は・・

柴田理:うん。

相談者:お金人がやっててぇ。

相談者:え・・それでぇ・・

相談者:その方が辞められてぇ。

柴田理:はい。

相談者:娘に引き継いでぇ。

柴田理:はい。

相談者:したらちょっと、お金が・・合わないと。

柴田理:ふん。

相談者:いうことになったんですよ、でぇ、その時は全然、わかんなかったらしいんですよね。

相談者:でぇ、なぁーんかやってても・・合わないと。

柴田理:うん。

相談者:いうことでぇ・・

柴田理:うーん・・

相談者:長い事、3年・・ぐらいですか?

柴田理:うん。

相談者:やっててぇ。

相談者:それでこれを支払ってもらわないと。

柴田理:うん。

相談者:横領として?

柴田理:うん。

相談者:警察の方に被害届を出すと。

柴田理:うーん・・

相談者:いうことで言われてまして、まぁ・・それは当然ですよね。

柴田理:うん・・

相談者:はい、それで言われてましてぇ。

柴田理:うん。

相談者:でぇ、「今これを払っていただければ・・」

柴田理:うん。

相談者:「まぁ、示談ということでぇ・・」

柴田理:うん。

相談者:「警察の方・・」

相談者:「には被害届は出さない」と。

柴田理:うんうん。

相談者:いうことでぇ・・

柴田理:うん。

相談者:わたしもその時は娘を・・罪人にしたくなかったんでぇ。

柴田理:うん・・うん。

相談者:その、穴埋めに・・

・・

相談者:振り込んだんですよ。

柴田理:はい。

相談者:それでぇ・・

・・

相談者:これから・・

相談者:どう・・

・・

・・

相談者:娘と向き合ってぇ。

・・

相談者:いったらいいのかっていうのと。

柴田理:はい。

相談者:もうそのぅ・・わたしのそのぅ・・手持のお金も。

柴田理:はい。

相談者:そんなにもないもんで、出しちゃったんでぇ。

柴田理:はいはい、はい。

相談者:わたしも、もう、歳ですしぃ。

柴田理:うん。

相談者:あと何年・・ねぇ、そのぅ・・

柴田理:はいはい。

相談者:仕事ができるかわかんないんでぇ。

柴田理:はい。

相談者:その老後の不安ですか?

柴田理:ふぅーん・・

相談者:それがありましてぇ。

柴田理:はい。

相談者:でぇ、それともう一点なんですがぁ。

柴田理:はい?

相談者:えっと同じところでそのぅ・・

相談者:経理をやってるのと一緒にぃ。

柴田理:うん。

相談者:医療事務の方も・・

相談者:みてるんですよ。

柴田理:その娘さんが?

相談者:はぁい。

柴田理:はい。

相談者:あの保険請求の・・

柴田理:ああ、はいはい。

相談者:やってですねぇ。

柴田理:はい。

相談者:それも、なんか・・

相談者:請求しなければいけない金額を・・

柴田理:うん。

相談者:請求してなかった・・

相談者:と。

柴田理:はあああ・・

相談者:それも3年間らしいんですよ。

柴田理:はあああ・・

柴田理:娘さんは・・

相談者:はい。

柴田理:その、横領してたの、何に使ってたんですか?

相談者:えーっとねぇ、たぶん遊興費だと思うんですけどねぇ。

柴田理:ふぅーん・・

相談者:月にだからたぶん、10万とか・・

・・

相談者:7万とか・・

柴田理:あ、ああ・・

相談者:それでぇそのぅ・・もう一件の保険請求の方も。

柴田理:はい。

相談者:えーっと、この間、聞いた話では・・

柴田理:はい。

・・

相談者:2、3千万・・

・・

相談者:請求漏れがあると。

・・

柴田理:へええ・・

相談者:トータルでねぇ、っていうか・・

柴田理:それは横領って言うんですか?

相談者:なんですか?

柴田理:計算がいい加減だっていうことですか?

相談者:そうそうそうそうそう。

・・

柴田理:計算がいい加減だ・・

相談者:医療事務のそのぅ・・診療・・請求の・・

・・

相談者:仕事を・・

柴田理:うん。

相談者:適当にやってたって・・

相談者:いうふうなのしかないですよねぇ。

柴田理:うーん・・

柴田理:でぇ、それは今から・・

相談者:はぁい。

柴田理:ちゃんと、こうキチンとし直して。

相談者:はい。

柴田理:請求すれば・・

柴田理:そのぅ、先生のところには、入ってくるお金なんですか?

相談者:入ります。

柴田理:じゃあ・・

相談者:それを今、他のスタッフの・・

柴田理:うん。

相談者:の方達が・・

相談者:仕事終わって・・から・・

柴田理:うん。

相談者:前部、今・・見直してるらしいんですよ。

柴田理:やり直してるわけですね?

柴田理:娘さんは?

相談者:やってます一緒に。

柴田理:一緒にやってんだ?!

相談者:はい。

相談者:まだ今・・一緒に仕事してます。

柴田理:はぁ、まぁ、責任とるまで・・

相談者:はぁい。

柴田理:やるってことですかねぇ?

相談者:ええ、そういうことですね。

柴田理:娘さんが横領した・・

相談者:はい。

柴田理:お金・・

柴田理:360万円・・

柴田理:を、返しましたよね。

相談者:はいはい。

柴田理:えっと、娘さんが返さなきゃいけないのは、それだけですか?

相談者:えーっとだからこれから・・

柴田理:うん。

相談者:え・・保険請求・・

相談者:今、し直してるんですけども。

柴田理:はい。

相談者:そのたぶん、損害が・・

・・

相談者:500万・・から・・

相談者:700万じゃないかって・・

・・

柴田理:ほう・・

相談者:いり・・言われたんですよ、この間。

柴田理:はいはいはい。

相談者:でぇ、それを・・

相談者:どういうふうに、払おうかとかね。

柴田理:あ、やっぱりそれは、返さなきゃいけないわけですね?

相談者:はぁい。

相談者:ですねぇ。

柴田理:うーーーん・・

相談者:ほんでぇ今娘・・が・・先生から言われてぇ。

柴田理:うん。

相談者:えーっと、一ヶ月の給料から・・

柴田理:うん。

相談者:3万円を引いて・・

柴田理:うん。

相談者:返済に充ててると。

柴田理:はい。

相談者:それプラスのボーナス?

柴田理:うん・・

相談者:だいたい計算したら70万・・ぐらい年間返せると。

柴田理:うん・・

相談者:いうことなんですがぁ。

柴田理:でも700万円の・・10年・・10年・・

相談者:700万円って言ったら、10年ですよねぇ。

柴田理:うーーん・・

相談者:だからわたしの方も、少しは・・助けなきゃいけないのかなぁ・・と思ってぇ。

柴田理:娘はそこで10年、続きますかねぇ?

相談者:まず無理だと思います。

・・

柴田理:無理?

相談者:うーん・・でぇ、看護婦さんいますよねぇ?

柴田理:はい。

柴田理:看護婦さん、はい。

相談者:その方が言うにはもう・・

柴田理:うん。

相談者:「一緒には仕事したくない」と。

柴田理:まっ、そりゃそうでしょうねぇ。

相談者:うん、だと思います、はい。

柴田理:うん・・

相談者:ですから・・

柴田理:娘さんは、なんて言ってるんですか?

相談者:うーん、もう泣いてぇ・・

・・

相談者:「ごめんね、ごめんね」って言う・・

相談者:だけなんですよねぇ。

柴田理:はぁぁぁ・・

相談者:だ、もう・・

柴田理:じゃあ、あらためてぇ・・

相談者:はい。

柴田理:今日のご相談は・・

相談者:はい。

柴田理:あの、どういう・・

柴田理:かた・・ことですかねぇ?

相談者:ええっと・・まず一つは娘と・・

柴田理:うん。

相談者:どういうふうに向き合って・・いけばいいか?

柴田理:いけばいいか・・はい。

相談者:それと・・わたしの今後?

柴田理:はい。

相談者:老人生活に入った時に。

柴田理:はい。

相談者:どういうふうにしてったらいいのかな?っていうのがもう・・

柴田理:生活設計みたいなことですか?

相談者:はぁい、わかんなくなっちゃっててぇ。

柴田理:はぁ・・わかりました。

柴田理:でぇ、先生に聞いてみましょうか?

相談者:はぁい。

柴田理:はい、え・・今日の回答者の先生は・・弁護士の塩谷崇之先生です。

相談者:はい、よろしくお願いします。

柴田理:先生お願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. う~ん・・・・娘さんに非があるのは言うまでもないことなのですが・・・

    このクリニックの対応にも落ち度がありますね。
    横領したお金を返させるのは当然としても、実害(230~240万円)よりも多い300万円を要求したのは行き過ぎです。
    保険の請求漏れについては後からでも請求すれば保険は降りるのですから、クリニックの要求が妥当なのかには疑問が残ります。焼け太りじゃないでしょうか?

    それに雇用主には従業員を適切に教育・監督する責任があります。
    キチンと監査も指導もせずに長年放置していたのは雇用側の落ち度です。
    定期的に監査をしていれば、こんなに被害額が大きくなる前に発見・是正できたはずです。
    それにまた、定期的に監査をすれば、監査される側にとっては不正の抑止力になります。
    人間誰でも出来心ということはあります。悪心が起きた時「ああ、でもこんなことをすれば監査ですぐバレてしまうから止めておこう」と、そこで思いとどまれば、罪人にならずに済むのです。
    不正をする隙を作らないということも大事なのです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA