テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年1月1日(水)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者は65歳男性、3、4ヶ月前に結婚した次男がお嫁さんの母親(夫とは死別)の家を建替えて同居したいと言ってきた。長男は遠方に居を構えて帰って来ないし、お墓や自分たちの老後は次男と思っていたのだが、どうすれば止めることができるだろうか?

目次

スポンサーリンク

息子が嫁の家を建て替えて同居と言い始めた

相談者は65歳男性、妻は60歳、長男38、9歳は結婚し遠方に居を構える。車で10分くらいの所に住む次男35、6歳、3、4ヶ月前に34、5歳のお嫁さんをもらう。お嫁さんの母60歳くらい、車で10分くらいの所に住み、旦那さんとは死別し一人暮らし。

今井通:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:はい・・お世話になります。

今井通:はい、今日はどういったご相談・・はい。

相談者:あっ・・

相談者:あのですね。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・

・・

相談者:えっと、わたしの方のですね。

今井通:はい。

相談者:え・・子供が・・

今井通:はい。

相談者:二人いるんですが。

今井通:はい。

相談者:あのぅ・・一人がですね。

相談者:まぁ、3、4ヶ月くらい前に、一応結婚しまして。

今井通:はい。

相談者:今、あのぅ・・

相談者:二人で・・まぁ、マンションに住んでいるんですが。

今井通:はい。

相談者:上の一人は、まぁ、遠くに・・近くに居なくて、遠くに居るもんですから。

今井通:はい。

相談者:あのぅ、なかなかこちらの方、まぁ、面倒看てくれるちゅうことが出来ないのでぇ。

今井通:はい。

相談者:まぁ、次男の方に看てもらおうかなぁと・・いうふうに一応思っていたんですが。

今井通:はい。

相談者:え・・まぁ先方の。

今井通:はい。

相談者:まぁ奥さんの。

相談者:まぁ、お母さまと。

今井通:はい。

相談者:一緒に、まぁ同居したいと。

相談者:いう話がちょっと出て来たんです。

今井通:はい。

相談者:で、なぜかというと、まぁ、家がちょっと、かなり古いので。

今井通:ええ。

相談者:あ、あ、まぁ、あのぅ・・

相談者:修理もしなきゃいけなくなるし、まっ、リフォームがかかると。

今井通:はい。

相談者:いうんであればもう、建て直してそこに一緒に住んだらどうでしょうか?というような話になってるんで。

今井通:はい。

相談者:でぇ、息子はそこに行きたいと。

今井通:ええ。

相談者:いうふうに、一応まぁ、話がで・・出ています。

今井通:はい。

相談者:でぇ、わたしの方としてはまぁ・・あの、一人はまぁ・・遠くに居るもんですから。

相談者:そういうまぁ、こちらのまぁ、お墓とか・・

相談者:まぁ、一応財産とかいろいろあるもんですから、そういうものを引き継いで。

相談者:まぁ、みてほしいなぁと、いうふうに、一応考えてたんですけども。

今井通:はい。

相談者:そういうことでまぁ、そちらに、先方に行ってしまうとそういうことも出来なくなるのかなと。

相談者:いうことでちょっと悩んでます。

今井通:なるほど。

相談者:うん。

今井通:まず、あなたおいくつですか?

相談者:え、65です。

今井通:65歳・・

今井通:奥さまは?

相談者:え、60です。

今井通:60歳・・

今井通:お子さんは・・ご長男はおいくつ?

相談者:えーーっと、30・・8、9だと思います。

今井通:はい。

・・

今井通:でぇ・・問題のご次男は?

相談者:30・・5、6くらいです。

今井通:5、6ですね、はい。

相談者:はい。

今井通:でぇ、先ころ、結婚された?

相談者:ええ、3、4ヶ月くらい前です。

今井通:あっ・・

今井通:おめでとうございます。

相談者:はい、ありがとうございます。

今井通:あなたの、そのぅ、奥さまは?

相談者:えっ?

今井通:え・・あの、だから、お嫁さんは何歳?

相談者:歳、同じくらいです。

今井通:35くらい?

相談者:34、5くらいです。

今井通:はい。

今井通:でぇ、お嫁さんの方の・・

今井通:お母さまってお一人なの?

相談者:はい、一応あの、お母さまは、え・・ご主人さまが何年か前に亡くなられて。

今井通:うん。

相談者:今一人で、なんか生活されてるようです。

今井通:なるほど。

相談者:はい。

今井通:でぇ、おいくつぐらいなのかしら?

相談者:え、うちの家内と同じくらいというふうに、一応、お聞きしてるんですが。

今井通:じゃあ、60歳?

相談者:60歳前後だと思います。

今井通:まだ、お元気ですよね?

相談者:はい、一応元気です。

今井通:はい。

・・

今井通:それで、そのぅ・・

今井通:あなたのお家と・・

今井通:ご次男のお家は近いんですね?

相談者:車でぇ・・

・・

相談者:10分くらい・・

今井通:ああ、すごい・・近いですねぇ。

相談者:10分くらいですね。

今井通:はい。

今井通:でぇ・・

今井通:あちらのですねぇ、お嫁さんのお母さまが・・

相談者:はい。

今井通:住んでらっしゃる。

今井通:所と・・

今井通:も、近いということ?

相談者:あっ、それも10分くらいで行くと思います。

今井通:あっ、なるほど。

相談者:はい。

今井通:お互いに町内会みたいなものなの?

相談者:はい。

今井通:はぁい。

相談者:はい、近いです。

今井通:でぇ、こちらの家を建替えて、そちらを・・要するに2世帯住宅にするのか・・同じ・・敷地内に・・別棟建てるのかわからないけど・・

今井通:なんか、そのお母さまの方へ、「行きたい」って、息子さんが言ってらっしゃるわけ?

相談者:はい。

相談者:それは一応、お母さまの方が・・そういうふうな形で娘さんに、一応話をしてるようなふうは見えるんです。

今井通:ええ。

相談者:でぇ、娘さんが、そのぅ・・うちの次男の方に、そういう話をして。

今井通:うん。

相談者:こちらの方に来たと、話が来たと。

今井通:うん。

相談者:いうことです。

今井通:なるほどね。

相談者:うん、でぇ家は、あのぅ・・今、古いんで、建て直して・・息子が建て直して・・

相談者:あのぅ・・お金を払って、そこに一緒に住みたいと。 3

今井通:なるほど。

相談者:いうようなことなようです。

相談者:え、土地は一応お母さんかお父さん(亡)の名義だと思います。

今井通:うん。

今井通:それで、あなたとしては・・

今井通:その・・

今井通:何が困るわけ?

相談者:でぇ・・あのぅ・・まぁ、わたしの方としては、そういうまぁ、一応、お墓の問題とか、うちの財産とか一応、管理をしていただきたいので。

今井通:これ、養子に行っちゃったの?

相談者:ええ、養子じゃありません。

今井通:違いますよね、はい。

相談者:はい。

相談者:だから、そういう管理をして僕欲しいというふうに、わたしは思ってたんですが。

今井通:はい。

相談者:じゃ、まぁ、そちらに行くと、そういうわけにもいかないだろうなと。

今井通:どうして?

相談者:え・・だでもう、向こうは向こう・・先方さんの・・

相談者:やっぱりお墓とかあるし、そういうもの管理をしていかないといけなくなるんじゃないかと思うんですね、それともう一つは・・

相談者:やっぱり・・

相談者:ずっと・・そのまま、順調に行けばいいですけども。

相談者:まぁ、仮になんかのトラブルが発生すると。

相談者:まぁ、息子・・さぁ、うちの息子だけに、借金が残っていくと。

相談者:いう形・・には、にもなりかねないんじゃないかと。

相談者:まぁその辺は危惧してるんですが。

今井通:なるほど。

相談者:うん。

・・

今井通:それあのぅ・・要するに息子さんが・・

今井通:建物についてはじゃあ、ローンを組んでぇ・・

相談者:そうです。

今井通:建てるっていうこと?

相談者:ええ、そうなると思います。

今井通:土地は・・え・・先方さんのもの?

相談者:先方さんの土地です。

今井通:なるほど。

相談者:はい。

今井通:はい。

・・

・・

今井通:でぇまぁ・・

今井通:お互いにうまくいかないで離婚とかなった時にも、問題だと。

相談者:うん、ええ、そうです。

今井通:そういうお話?

相談者:ええ、そういうふうになる可能性が、あるのじゃないかとわたしは考えてます。

今井通:はい。

今井通:でぇ・・

今井通:これは、あのぅ・・息子さんから・・直接お聞きになったお話?

相談者:そうです。

今井通:こういうふうにしたいっていうの。

相談者:はい・・そうです。

今井通:これは・・どういう形で、聞かれました?

今井通:「お父さん、ちょっと、お話があるんですが」って正式に?

相談者:そうです、はい、はい。

相談者:息子の方が、そういうふうに話があるからと言ってきました。

今井通:はい。

・・

今井通:それで、そういうふうにしたいと。

相談者:はい。

今井通:息子さんの方に、言われたわけですよね?

相談者:そうです。

今井通:はい。

・・

今井通:そこで今・・わたし達におっしゃってくださってる、このお墓の問題ですとか。

相談者:うん。

今井通:あとはまぁ・・

今井通:老後のその面倒を看るとかっていうこともあるのかな?

相談者:うん、まぁ、一瞬、わたしは、一応、同居する気持ちはないんですけども。

今井通:うん。

相談者:わたしなんか、年取っていきますし。

今井通:はい。

相談者:そちら・・行くと、なんかやっぱり、それ、いろんな、お支払いをしていただかざるを得なくなるんじゃないかと思うんです、正直にはですね。

今井通:なるほど、はい。

相談者:皆さん、同じだと思うんですが。

今井通:はい。

相談者:それはそういうふうに一応、考えてますので。

今井通:はい。

今井通:このぅ・・じゃあ、老後のことも、看てもらおうとか・・

相談者:はい。

今井通:思ってる一方で、経済的なこととしては、ローン組んじゃったあと、どうなるんだろう?とか。

相談者:そう、はい。

今井通:はい。

相談者:そういう問題も、発生、くる・・んじゃないかと、わたしは思ってますよね。

今井通:うん。

・・

今井通:ということで・・

今井通:あちらの・・お母さまも、同じぐらいだからまぁ・・同じくらいで今ねぇ、皆さん、長生きだから。

相談者:はい。

今井通:うん、でぇ、元気で長生きの方も多いですしね。

相談者:ええ・・

今井通:うん。

今井通:でぇ・・

今井通:ご長男も結婚されてるんですよね?

相談者:あ、結婚してます。

今井通:はい。

相談者:え、遠方におりますけど。

今井通:でぇ、ええ、遠方で、ずっと遠方なんですか?

相談者:ずっと遠方です。

今井通:あのなんかもう、そち・・

今井通:らの土地に定着した仕事をされてる?

相談者:そうです・・

今井通:なるほど。

相談者:もうそちらにもう、自宅も構えて・・

今井通:うん。

相談者:はい。

今井通:でぇ、結局、そうすると、今日の、ご相談はなんですか?

相談者:相談は、だから、先方さんに・・

今井通:うん。

相談者:まっ、家を作るなり、向こうに住むということを、出来たら、まぁ、止めて・・止めたいと。

今井通:うん。

相談者:いうことです。

今井通:なるほど。

相談者:うん。

・・

今井通:今日はですねぇ。

今井通:三石メソード主宰で。

今井通:作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますのでぇ・・

相談者:うん、はい。

今井通:伺ってみたいと思います。

相談者:はぁい、よろしくお願い致します。

今井通:先生、よろしくお願い致します。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA