テレフォン人生相談
柴田理恵・大原敬子

柴田理恵・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年1月16日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育)
55歳女性から、2ヶ月くらい前に義母が他界、その1週間くらい前から大人しくて人見知りの夫が豹変、暴言を吐くようになる。49日を前に「家を出ていけ」と言うようになり、1週間ほど前に家を出て親戚の家に身を寄せている。

目次

スポンサーリンク

義母の死を境に暴言を吐くようになった夫

相談者は55歳女性、夫は61歳、夫婦で農業を営んでいる。娘二人(長女29歳・次女27歳)は家を出ている。2ヶ月ほど前に義母(姑)が他界。

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ・・

柴田理:こんにちは。

相談者:こんにちは、よろしくお願いします。

柴田理:はい・・今日はどんなご相談ですか?

相談者:あ、あのぅ、夫のことなんですけれども。

柴田理:はい、え、あなたおいくつですか、今?

相談者:わたしは55歳です。

柴田理:はい、旦那さんは?

相談者:61歳です。

柴田理:はい・・お子さんいらっしゃいますか?

相談者:はい、おります、二人おります。

柴田理:はい。

相談者:えーっと、長女が29。

柴田理:はい。

相談者:はい、次女が、え・・27。

柴田理:27歳・・

相談者:えーっとみな、家を離れてます。

柴田理:あっ、そうですか、はい。

相談者:はい。

柴田理:旦那さんのことってなんでしょうかねぇ?

相談者:あっ、あのぅ・・ですね。

柴田理:はい。

相談者:え、二ヶ月・・ぐらい前に。

柴田理:うん。

相談者:主人の、お、母が亡くなりましてぇ。

柴田理:はい。

相談者:そのぅ・・前から、なんか主人が・・

相談者:普通に会話して、わたしと会話していても。

柴田理:うん。

相談者:急に、言葉尻を掴んで。

柴田理:うん。

相談者:あの、暴言吐くように・・なったんです。

柴田理:旦那さんが。

相談者:はい。

柴田理:ぅ、ご自分のお母さんが亡くなられてから急にですか?

相談者:亡くなる・・

相談者:一週間ぐらい前から・・

柴田理:うん。

相談者:なんかそんな感じ・・情緒不安定かな?・・っては、思ってたんですけども。

柴田理:うん、うん。

柴田理:うーん、うん。

相談者:そのぅ・・亡くなってから、そして特に、あのぅ・・

相談者:そういう・・暴言っていうか・・ええ。

柴田理:えっ?暴言って具体的にどんな感じですか?

柴田理:例えば?

相談者:う・・「今のはなんだ?」って。

相談者:「何を言っているんだ?!」みたいな感じで。

相談者:あのぅ・・

柴田理:お二人で話ししてる最中に?

相談者:すごく、目つきもキツクなり。

柴田理:うん。

柴田理:うん。

相談者:「お前に何が分かる?」

相談者:そして後、昔のですね、こと、例えば10年くらい前・・のこととか。

柴田理:うん。

相談者:え、20年くらい前のことを持ち出して。

柴田理:うん。

相談者:そのことを・・いろいろわたしに責めてくるんです。

(わん、わん)

柴田理:これまではそんな・・

相談者:あっ、あのぅ・・

柴田理:不仲ではなかったんでしょう?

相談者:まぁあのぅ・・喧嘩、することはよく・・

柴田理:うん。

相談者:わたし達は、の、農家ですから。

柴田理:はいはい。

相談者:二人で、やっ・・まずやってるんですけども。

柴田理:はいはい。

相談者:具体的に疲れたりして・・いると・・

柴田理:うん・・うん。

相談者:やはりあのぅ・・ちょっとした、ことでぇ・・

柴田理:うん・・

相談者:そのぅ・・言い争いとかはあったんですけども。

柴田理:うんうん。

相談者:今のような・・1週間とか10日、口利かなかったりぃ。

柴田理:うん。

相談者:例えばあのぅ・・「出て行け!」って言う事も・・言われまして、わたし。

柴田理:うんうん。

相談者:でぇ、あのぅ・・義理の、母が・・

柴田理:うん。

相談者:亡くな・・って・・2週間くらい経ったときに。

柴田理:うん。

相談者:え、「お前はもう出て行け」って言われましてぇ。

柴田理:突然?

相談者:ええ、それの、理由も・・

相談者:わたしもちょっと・・わからない・・

相談者:かったし。

柴田理:うん。

相談者:それでぇ、まず・・その義理の母の四十九日が過ぎるまで、わたしは絶対あのぅ・・

相談者:この、母の、義理の母のために。

柴田理:うん。

相談者:供養し・・

相談者:すると思って。

柴田理:うん。

相談者:まず、我慢してた・・

相談者:んですね。

柴田理:うん・・うん、ふん。

相談者:ところが、その四十九日前にも・・

柴田理:うん。

相談者:急に普通の会話をしててぇ。

柴田理:うん。

相談者:あのまた、言い争いっていうか、その・・

相談者:今のことはなん・・なんなんだ?っていう言葉が・・

柴田理:うん。

相談者:ホントに、「わたし今、何を言った?」って・・

柴田理:うーん・・

相談者:あのぅ、問い返しても。

柴田理:うん・・

相談者:何が気に入らなかったんだか?もう・・今度は、「四十九日過ぎたら出て行け」って。

柴田理:あ、あーん・・

相談者:ただ・・言われましてぇ。

柴田理:うーん・・

相談者:でぇ、だんだんわたしも・・母が亡くなって、二人っきりになってしまったのでぇ。

柴田理:うん・・

相談者:なんか・・

相談者:夫の顔を見るのも・・

柴田理:うん、うん・・

相談者:やはり怖いような・・

柴田理:うん・・

相談者:ええ。

柴田理:それまでは、あの・・義理のお母さん・・と、一緒に暮らしてらっしゃったんですか?

相談者:はいそうです。

柴田理:ああ・・じゃあ、一緒に義理のお母さんと・・あのぅ・・あなた達ご夫婦で・・

相談者:はい。

柴田理:その、なんかやってらっしゃったんですねぇ?

相談者:そうですねぇ、ええ。

柴田理:じゃあ、その義理のお母さん、あなたは・・じゃあ、仲良かったですね?

相談者:あのぅ・・すごく、仲が・・いいっていう・・

相談者:わけ・・わけではないって言ったらおかしいですけども。

柴田理:うん、なる・・うん、う、うん。

相談者:でも病院連れて行ったりとか。

柴田理:うーん・・

相談者:あの、食事の面とか・・

柴田理:うん。

相談者:まぁホントに、あのぅ、一応、気を使ってぇ。

柴田理:ねえ。

相談者:自分ではあのぅ・・ちゃんと・・あの、面倒は・・看た・・つもりではいるんですけども。

柴田理:うん・・

相談者:夫にしたら、それもちょっと、不満だったようで。

柴田理:お、おお・・

相談者:ええ。

柴田理:これあの・・

・・

柴田理:旦那さん・・がね。

相談者:はい。

柴田理:急にこのぅ・・

柴田理:「お前に何がわかる」みたいに、言うようになったっていうのは。

相談者:はい。

柴田理:あの、娘さんたちには、ちょっと・・お話なさいました?

相談者:あっ、ええっと、子供達にもこの状況は・・

柴田理:うん。

相談者:ええ、話してます。

柴田理:言ったら、なん・・て言ってます?

相談者:そして実際あの・・

相談者:娘たちも帰ってきたのでぇ。

柴田理:うん。

相談者:その時に、夫と、娘たち・・三人で。

柴田理:うん。

相談者:話をしたようなんですけども。

柴田理:うん・・うん。

相談者:あの、やっぱり娘たちの話は・・聞かなかったっていうか・・

相談者:まぁ、「何がわかるんだ?」みたいな感じだと思うんですけども。

柴田理:聞き・・ああ・・じゃあ全然娘さんたちのことは聞き入れてくれない?

相談者:ええ。

柴田理:うーん・・

相談者:ですからあのぅ・・今は、あの、親戚の家に、おります。

柴田理:あっ、ああ、ああ・・じゃあお母さんだけもう、出て来ちゃったんだ。

相談者:はい。

柴田理:それは、いつのことですか?

柴田理:いつから出てきた・・

相談者:1週間くらい前です。

柴田理:1週間前?でぇもう・・

相談者:そしてですねぇ、あと・・

柴田理:うん・・

相談者:ちょうど・・母が、義理の母が亡くなった時に・・

柴田理:うん。

相談者:あのぅ・・姉の・・

柴田理:うん。

相談者:夫から・・

柴田理:うん、姉の夫っていうのは?

相談者:義理の兄ですね。

相談者:義理の兄から・・

柴田理:うん。

相談者:今まであの、農業で苦労してきたのでぇ。

柴田理:うん。

相談者:欲しい物とかあったら・・

柴田理:うん。

相談者:あのぅ・・投資するから、それを買いなさいって言われたんですよ。

相談者:それでぇ、あのぅ・・400万・・する・・あの重機を買ったんですね。

柴田理:あっ、はぁいはぁいはぁい。

相談者:はい。

柴田理:はい。

相談者:そしたら・・そっからもう・・なんか、夫の・・気分がすごく高まって・・この仕事をして、アレもして・・こっちもして、あっちもしてみたいな感じでぇ。

柴田理:うん。

相談者:「そんなに一回に出来ないよ」って、周りが言っても。

柴田理:うん。

相談者:全然聞き入れずに。

柴田理:うん。

相談者:ええ。

相談者:あの、逆に・・「なんで俺の気持ちがわからないんだぁ?」みたいな感じでぇ。

柴田理:うーーん・・

相談者:ええ、興奮してきてぇ。

柴田理:うん・・

相談者:でぇ、泣きだしたり・・あと、机叩いたり・・みたいな。

相談者:今までは、全然本当に大人しく・・あの、どっちかっていうと人見知りもするタイプですし。

柴田理:あ、あーん・・

相談者:大人しく真面目に、ホント、仕事だけしてきた人なんでぇ。

柴田理:うん。

相談者:ええ・・親戚の・・人も。

柴田理:うん。

相談者:あのぅ、夫と会って話して。

柴田理:うん。

相談者:今までとは違うから、ちょっと・・病気・・じゃないか?ってことでぇ。

柴田理:うん。

相談者:精神科の先生に・・

柴田理:うん。

相談者:相談してみたんです。

柴田理:はい・・はいはい。

相談者:ええ、そしたら・・実際、診察はしてないからわからないんですけど。

柴田理:うん・・

相談者:聞いた限りでは・・

相談者:躁鬱病・・

相談者:なんか、今は躁鬱病とは言わないみたいなんですけども。

柴田理:うん、うん・・

相談者:それに近いんじゃないかっていうことで。

柴田理:うん・・

相談者:出来るだけ早く、あのぅ・・

相談者:精神科・・の方を・・受診するように・・ってことは・・

相談者:ええ、言われてきました。

柴田理:あ、ああ・・

柴田理:じゃあちょっと・・先生に聞いてみましょうかね。

柴田理:今日の回答者の先生は、幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:はい。

柴田理:先生よろしくお願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者の夫って、情けない野郎だなあ。
    自分の気持ちくらい素直に言えばいいじゃん。
    その努力を怠っていていきなり「出ていけ!」は無いだろ。
    人としていかがなものか?
    こういうタイプの人って、自然を相手の仕事だから何とか務まるけど、人とかかわる仕事には向かないだろうな。
    奥さんに出ていかれて一番困るのは自分自身だろうに。

    回答者も言ってたように、この相談者にとっての救いは、周りに理解してくれる人々がいてくれることだね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA