テレフォン人生相談
柴田理恵・大迫恵美子

大迫恵美子

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

大迫恵:もしもし?

相談者:はい、お願いします。

大迫恵:はい、こんにちは。

・・

大迫恵:あのね・・断片的な情報なので。

相談者:はい。

大迫恵:よくわからないんですけど。

相談者:はい、はい。

大迫恵:そのお嫁さんがね、スマホゲームに夢中で。

相談者:はい。

大迫恵:その、子供の面倒をみないっていう話なんですけど。

相談者:はいはい。

大迫恵:まぁ・・それがその・・まぁ、嫁姑の関係の中で・・

大迫恵:あんなことでは不十分だと。

相談者:はい。

大迫恵:いうような話としておっしゃってるのか。

大迫恵:まっ、ネグレクトとおっしゃったのでね。

相談者:意味ですね、ネグレクト、完全にネグレスト(※ネグレクト)ではないです。

大迫恵:うん、だからそのぅ・・児童相談所が・・

大迫恵:乗り出してくるような話でもないってことなんでしょう?

相談者:直接わたし、なんか嫁と話・・をしてないんですよね、話す・・お互いに時間ズレとるというか、アレでぇ。

相談者:孫が・・「ママは、母親として失格だ」とか・・そういうことを、言ってくるんですよねぇ。

大迫恵:あのそれがね。

相談者:はい。

大迫恵:まぁその、単に悪口を聞いて・・そうなの?って、それはけしからんと・・

相談者:まぁ、一方的にはいかんですよね、向こうの話を聞かないと。

大迫恵:うん・・その・・ぐらいのことで済んでる話なのか?

相談者:はい。

大迫恵:もう・・見るからにお孫さんをね。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・いつ洗ったんだかわかんないような服を着てるとか。

相談者:それはないですね、はい。

大迫恵:うん・・じゃあその、ネグレクトってことは、ちょっと使い(苦笑)・・使い過ぎじゃないかなって気がしますけど。

相談者:ああ・・はい、はい。

大迫恵:まぁ・・それはね、あのぅ・・いわゆる姑の立場から見て・・え・・不十分だと。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・嫁のやり方はダメだと。

相談者:はい、はい。

大迫恵:いうようなことは、それはまぁ、いろんなところで・・

相談者:はい。

大迫恵:話しとしてはあるのでね。

相談者:はい。

大迫恵:果たしてそうなのかどうかっていうのは・・客観的にね、あのぅ、若干そのおばあちゃんよりは・・

大迫恵:仕事ができないとか、おばあちゃんより気がきかないとかいうことがあったとしても・・

相談者:あのぅ・・

大迫恵:それはまぁ普通の範囲内ならいいんですけど。

相談者:家の掃除も・・

相談者:しないもので、息子がずっとしてたみたいなんです、わたしとしては、親が・・

相談者:出しとんだから、まぁ忙しいだろうし、大変だろうけど・・掃除もしてくれたらいいのになぁ・・思うんですけど。

大迫恵:まぁ、あのね(苦笑)・・えっとまぁ、そうなのかもしれませんけど。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:どこに問題があるのかがね。

大迫恵:あなたの・・お話だと・・

相談者:はい。

大迫恵:断片的なのでぇ。

相談者:はい。

大迫恵:あの、ちょっと・・断定できないんですよ、要するに・・

相談者:はい。

大迫恵:離婚・・する・・ようなことなのかどうかもね。

相談者:離婚に至った場合、場合にどうなるか?ということです。

大迫恵:うーん、まぁ、そんなこと・・ホントに離婚にならないのに、心配しても仕方がないような気もしますけど。

相談者:は、は、はぁ・・はい。

大迫恵:でぇ・・こういうふうにね。

相談者:はい。

大迫恵:息子さんの実家が・・まぁ、同じ敷地内になってね。

相談者:はい。

大迫恵:それで、え・・あんまり行き来がないのでお互い・・どう思ってるのかわかんない関係の中で。

相談者:はい。

大迫恵:離婚っていうことになった時にね。

相談者:はい。

大迫恵:まぁ、財産分与・・だとか、その、どういうふうに物を分けるかっていうのは・・

相談者:はい。

大迫恵:基本的には話し合いなので。

相談者:はい。

大迫恵:それはどんな場合だってあり得るわけですよ。

相談者:法律的・・に、どうこういうことはないんですか?

大迫恵:だから法律的に・・って言うけど、話し合って決めるっていうことだって、法律的なことですからね。

相談者:ああ・・はい。

大迫恵:だけど普通は・・こういう状態の、すぐそばに、姑が住んでる敷地内の家にね。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:お嫁さんが「この家をくれ」と。

相談者:はい。

大迫恵:言うのは、とても珍しいなぁ・・と思います。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:その、そういう時の、話し合いの・・やり方としてね。

相談者:はい・・はいはい。

大迫恵:建築費は誰が出したんですか?

相談者:わたしです。

大迫恵:全額ですか?

相談者:はい、全額出しました。

大迫恵:はあ・・それでぇ、それは息子さんの名義の家を建てる用・・として、あなたが出したってことですね?

相談者:はい、そうです、はい。

大迫恵:うん・・あなたにもらった、息子さんの財産ですからね。

相談者:はい。

大迫恵:これはあのぅ・・別に夫婦二人で作ったわけじゃないので。

相談者:はい。

大迫恵:離婚の時の財産分与の対象になるわけではないです。

相談者:あ、ない・・ないですか?はい。

大迫恵:はい。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:それからその土地もね。

相談者:はい。

大迫恵:ご主人から、相続したってことなんでしょう?

相談者:はい、そうです、はい。

大迫恵:うん・・そうすると、それも、財産分与の対象ではないです。

相談者:ああ・・はい、わかりました。

大迫恵:だから・・半分寄越せってことは、お嫁さんは言えません。

相談者:はい・・はい。

相談者:今日の相談はそれなんですけど、でも一番は、その・・

相談者:どうしたらいいかわからないんですね?孫のことも、今回のことも・・

大迫恵:いやいやいや(苦笑)、あの、どうしたらいいかわからないって言うけれども。

相談者:はぁい。

大迫恵:あなたね、どうしたらいいかわからないほど、お孫さんの面倒看てないんじゃないですか?

相談者:うん、やっぱ、見えん***でしたね、自分のこと・・

大迫恵:いやいやいや、見えん・・か、見えたかはともかくとしてぇ。

相談者:うん・・うん・・

大迫恵:実際にね、あの例えばそのぅ、まぁ、あなたが言ってるように、本当に奥さんのね、ネグレクトがあったんだとすると。

相談者:はい。

大迫恵:誰かが代わって、子供、育てなきゃいけないわけですけど。

相談者:はい・・はい。

大迫恵:それをあなたがもう、半ば母代わりに、ご飯もずっと食べさせたり、洗濯もしたりね。

相談者:はい。

大迫恵:して、育てましたって言うんだったら・・まぁ、それ・・それはそれなりに、それなりの解決の方法、口出しの方法もあると思うんですけど。

相談者:はい・・そこまではいってないです、はい。

大迫恵:まあ・・まったく関係ない、隣に住んでるだけですよね?

相談者:はい、はい、いきなり住んで、まぁ・・ちょこちょこ・・

大迫恵:まぁ、心配はしてるんでしょうけど。

相談者:はい。

大迫恵:だけど・・まぁ、遠くに住んでるおばあちゃんとあんまり変わらないぐらじゃないですか?

相談者:そうですね、うん・・

大迫恵:うん・・あのぅ・・まぁ、小さいお子さんたちはたぶん、お母さんと暮らすって言うんじゃないんですか?

相談者:そうですね、そこはわからないですけども(苦笑)。

大迫恵:うん、そうするとね。

相談者:はい。

大迫恵:その時に。

相談者:はい。

大迫恵:あのぅ・・財産分与で取られることはないかもしれないけど。

相談者:はい。

大迫恵:あの、お孫さん達が住むところ・・がね。

相談者:はい。

大迫恵:ないような状態でぇ。

相談者:はい。

大迫恵:どっか、追い出しちゃうってことも、なかなか・・

相談者:それは、可哀想です。

大迫恵:出来ないじゃないですか?

相談者:はい、はい。

大迫恵:そうすると、そのぅ、名義は・・ご主人名義かもしれないけど。

相談者:はい。

大迫恵:ここには、お嫁さんと、子供達を住まわせるっていう・・ような形でのね。

相談者:はい。

大迫恵:離婚の話って、ありえませんか?

相談者:そうですね、はいはい・・はい。

大迫恵:だから・・あなたがアレは、あの家はどうなるんだ?どうなるんだ?ってやきもきしててもね。

相談者:はい。

大迫恵:結局、今と同じ状態でぇ。

相談者:はい。

大迫恵:え・・お嫁さんがそこに住んでるっていうことになる、可能性もあるんじゃないですか?

相談者:はい。

相談者:わかりました、ああ・・はい。

大迫恵:だからそれ・・やきもきしてもしょうがなくないですか?

相談者:はい、そうですね(苦笑)、もう、取り越し苦労で、いろいろ考えるもので、はい、すいません、はい。

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA