テレフォン人生相談
今井通子・塩谷崇之

今井通子・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2020年1月25日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
48歳男性から、同一敷地内に別棟を建てた姉が亡くなったらしく、娘である姪が、半ば父を脅して土地名義を自分の物にしたらしい。詐欺にあったような物だと父が言う、それが本当なら取り返したいのだが。

目次

スポンサーリンク

詐欺のように取られた土地を取り返せるか?

相談者は48歳男性、妻は46歳、子供は男の子二人で18歳と15歳、父86歳と同居している(母は20年ほど前に他界)。
姉が二人、長姉は癌で存命なら52、53歳(8ヶ月ほど前に他界したとのこと)、姉の子(姪)24、25歳、姪の子(男の子で1歳半)
次姉51歳

親族間の事で相談したい。
主に相談に関わるのは、相談者、父、長姉、姪

長姉、離婚して父の名義の土地に家を建てて娘を一人連れて、18年ほど前に戻ってきた(※のちほど15年前とも言っている)

同一敷地内に2軒の家が建っている状態。

長姉、今から8ヶ月ほど前に亡くなったようだ(※癌を患っていた)。
娘(姪)本人から、亡くなったことは直接聞かされてない。
同一敷地内に住んではいるが没交渉。

姪、結婚して1歳半の男の子がいる(※のちほど相談者は結婚式に招待されてないと判明)
別居婚という形で、子供と一緒に住んでいるらしい(※詳細不明、おそらく姉の建てた家に)

相談者は正確に聞いていないと前置き
三ヶ月ほど前、長姉が既に他界してるかどうか、次姉と父が姪に確認したそうだ。

(※編集でカットされてるか?一気に本題に入る)

家が建っている土地を、(長姉が)亡くなった後に、自分(姪)の名義に変えてしまったようだ。
父親が書類を用意しないと出来ないことではある。
権利書は相談者が持っており、今も手元にある。

名義を変えたのを知ったのはつい先日で、父親に確認したところ、三ヶ月ほど前に、脅されるように書類を目の前に突き付けられて、司法書士が居る前でサインをさせられた・・とのこと。

長姉、もともと父親が所有している土地に家を建てた、それが15年ぐらいでいいと思う。(※前述の18年前と矛盾)
土地の名義は父、建てた家は姉名義(※お金をだしたのは姉でいいと思う)

今井通子:お姉さまとあなた、ほとんど交渉がないということ?

姪が結婚する時、相談者は結婚式に呼ばれていない。
相手の方、妻にすら挨拶もなかった。
そういうスタンスで付き合いたいのか?と思った。
同じ敷地に居ても、詮索しないで生きてきてしまった。

今井通子:ということは、なにか事があって、喧嘩別れしたってことじゃなくて・・お互い・・

それなりの要素はあった。
5、6年前くらいからずっと没交渉。

次姉と長姉、話が出来る状態でもなかった。
長姉、姪共に、次姉に距離をおいているところがあったはず。

父名義で権利証は相談者が持っている土地を、姪の名義にしてしまったようである。
まだ、確認はとれていない。

父親、脅されて詐欺にあったようなものなので取り返したいと言っている。
本人の意思に反してだと思われる贈与にあたるようなこと、(土地を)返してもらえるのか?が相談。

今井通子:ただちょっとここで問題なのは、あちこちから聞いてる話だけで、何も見てないじゃないですか?

今井通子:本当にその司法書士が入った時に、名義を書き換えた書類というのも、見たわけではないわけですよね?

相談のまとめ

18年?15年前に離婚した長姉が姪を連れて戻ってきて、同一敷地内に家を建てて住み始めた(当然、父親承諾の上)。

5、6年ほど前から相談者夫婦と長姉、姪と何かトラブルが発生し、没交渉となる。
それ以降、姪が結婚するも結婚式に呼ばれることはなく、相手も挨拶すらしない。

8ヶ月ほど前、姉が他界したらしいが、父親が確認したのは3ヶ月ほど前、その頃に、半ば脅され、詐欺のように土地の名義を贈与する書類にサインをさせられた・・とのこと、これを相談者が知ったのは「先日」

父親の意思に反し、脅され詐欺のようにしての贈与、取り返すことはできるのか?

※ほぼ、伝聞のようなことばかりで、裏取りされてないことばかり。





目次に戻る

塩谷崇之アドバイス

塩谷崇之

塩谷崇之:あなたが住んでいる敷地と、お姉さん名義だった・・家、えっと、今、姪の名義になってるということなんですけども・・その、敷地っていうのは同じ・・土地なんですか?

※1つの敷地には1つの建物
「可分・不可分」という言葉を覚えておくと便利かも。
人生相談でも、よく同一敷地内に・・という話が出ますが、家を建てる上では、1つの土地に1つの建物と決まっており、同一敷地内に家を2棟建てたいのなら、土地は分筆もしくは分割(机上の線)で分けられてなければいけません(道路に2m以上の接道条件を満たして)。
ただし、主たる建物、従たる建物といったように、離れという形で部屋だけがある(キッチン・風呂・トイレ等がない)場合は分筆、分割の必要はありません。

1枚だが(土地が続いているという意味)、建物を建てる時に分筆をしなければいけないということで、分筆してある。
登記上の住所は末尾が変わっている。(※1番1とか1番2というふうに)

相談者の住んでいる土地については、父親名義のままでいい・・らしい。
長姉の家があった所だけ、名義が変えられてしまった・・が、判明したばかりで、自分では確認していない。
今現在、長姉の家の名義もどうなっているかは不明。

まず、調べないと前提となる事実はわからない。
勘違いであれば、アドバイスも空振りになる。

土地建物の名義の調べ方
法務局で、誰でも閲覧できる。
以前は、登記簿謄本と言っていたが、今は全部事項証明書と言い、土地の登記内容を誰でも閲覧できて、証明書を取ることができる。
土地と長姉の住んでいた建物の登記内容を確認する。

父親、元々の所有者だが、自分の意思に反して所有権移転してしまったということならば、司法書士からどういう申請書が出て、こういうことになったのか確認ができる。
「登記申請書・附属書類の閲覧」

贈与かどうか確認、贈与したが意思に反するものだった、脅されてやったということであれば、その段階で、父から姪への贈与の取り消しが出来るかどうか・・法律問題になる。

問題は、脅されて、騙されて、というのは、本当にそうなのかどうか?
きちんと確認しないといけない。
86歳の父親、本当にそういうことがあったのかどうか?
なにか相談者に言えない事情があって、自分の意思でサインしながら、相談者には「騙された、脅された」と言い訳のように言っている可能性もある。

塩谷弁護士の気付き
話しを伺っている限りでは、なにかある。
「お姉さんが8ヶ月前に亡くなったようだ」と言ったが、亡くなったのは確かなのか?
亡くなった理由は、癌を患っていたから。

父、相談者、姉二人、この四人の関係が今一つわからない。
もしかしたら、父親として不本意だったかもしれないが、自分の意思で名義変更している可能性もある。

いろんな可能性のある中で、不確定要素が多すぎる。
この場合、なにをどう進めていけばいいのかわからなくなる。
まず確定できる部分、不動産の名義とか、どいう理由で名義移転がなされているのか?を法務局で確認をする。

確認後、父親に突き付けて、本当の話を聞いてから姪にアクションを起こしていかないと、思い込みで姪に対して「脅した」「騙した」と話を持っていくと、更に人間関係が悪くなり、本当の真実にたどりつかない可能性もある。

客観的な確定。
父親から真実の聞き取り。
これをまずする必要がある。




目次に戻る

管理人のチョット考えてみた

塩谷先生が、「なにかある」って言っていた件ですが、父と長姉と、長姉と次姉の確執?不仲?の理由っていうのは、なんとなくわかりますね。

あくまでもベースの話、全てが伝聞なので、確定事項ではないです。
そもそも、相談者本人も法務局で確認云々って言っているので、その後で電話すればよかった話なんですがね、それだけ気が動転しちゃったんでしょう。

まず、父と亡き長姉との間で、おそらく土地については相続なり贈与なりされる約束があったと思います。

シンプルな話、土地を分筆してます。
塩谷先生のアドバイスでちょっと「可分・不可分」の説明を書き込でおきましたが、分割・・図面上の線でも問題ないんです。

建築基準法上の、建ぺい率、容積率、接道条件や採光条件など通常の建物を建築するのに必要な条件を備えるだけの敷地があればいいので、要件を満たせばなにも高いお金を払って分筆する必要はありません。

長姉の家を建てるために分筆したってことは、その家の為に敷地を分けたことになります。
田舎などでこういうケースの場合、その分は建物の所有者に譲る予定ってことですからね、そういうことなんだと思います。

86歳の父親が忘れてしまったのか、息子には言い辛かったのか、おそらく後者だとは思いますが、15年?18年前の話で86歳、忘れていたって不思議じゃない。

亡き母から聞いた話を、姪が祖父である父親に迫ったとして、強気で迫られたら、脅しって思うのも不思議ではないかもしれません。

そしてもう一つ、権利書なんか、後生大事に保管していたって、所有権者でもなければ、あまり意味はありません。
紛失しちゃうことなんて、山ほどありますからね。
ハガキ一枚で終わり・・それも父親の元に届きますから、お父さん、息子に内緒で協力してるし(笑)。

三ヶ月前、司法書士とやり取りして、署名して実印押して、印鑑証明書とハガキを揃えて、なんやかや準備して全部終わった頃に、息子に報告・・が先日ね、確信犯やん(笑)

それで、ここから長姉と次姉の確執?不仲?の構図も見えてくる。
息子である長男が跡を継ぐのは、まあ、同居してますからね、次姉も納得でしょう。

でも、長姉はあくまでも離婚して戻ってきただけ。
おそらく他に土地がないから、そこに家を建てたんであって、次姉が同価値の相続すべき他の動産、不動産がなければ、面白くない。
当たり前と言ったら、当たり前の話ですよね。

そして結婚して別居婚して住んでるっていうのが肝。
母親の存命中は、母親が建てた家に居たかったんでしょう、
もしかしたら、癌を患っていた母親の希望だったのかもしれない。
おそらく病院で亡くなったんでしょうけど。

結婚したって、母親の面倒を看たいから別居していても不思議ではないし、もう売却の話も進行してそうです。
そうそう、だから父親も隠し通すことができなくなった。

売却すれば、普通にバレますからね。
どうしようもなくなってから報告でしょう。
おまけと言ってはなんですが、居住用の資産の売却なら、おそらく税金もね、たぶんない。

ということで、おそらくもう、事態はかなり進行していますね。




スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 管理人さんが仰るように、「脅されてしかたなく・・・」というのは父親の言い逃れでしょうね。
    相談者があまり父親を責め立てても良い結果は得られないような気がします。
    どんな事情があったのかわかりませんけど、死んだことすら教えてもらえない人間関係って寒々しいことです。相談者にもなにかしら非があったのかもしれないと思わせるような雰囲気でした。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA