テレフォン人生相談
柴田理恵・大原敬子

柴田理恵・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年1月30日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育)
30歳女性から、5年前に再婚、しかし自分自身に至らないことが多過ぎて主人に申し訳ない。夫のがっかりする顔を見るのが怖い、自分をどう変えればいいか?

目次

スポンサーリンク

良い妻になれない

相談者は30歳女性、仕事をボランティアをしている。5年前に今11歳になる長女を連れて再婚、夫は37歳、夫との間に二人の子、長男4歳、次男2歳がいる。

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは。

柴田理恵:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:えっと・・わたしと主人との関係性・・

柴田理恵:はい。

相談者:で、あの・・お伺いしたいんですけれども。

柴田理恵:はい、あなた今おいくつですか?

相談者:30です・・30歳・・

柴田理恵:30歳・・はい。

相談者:主人が・・

柴田理恵:ご主人が、はい?

相談者:37歳。

柴田理恵:37歳・・はい、ご結婚して何年ですか?

相談者:はい、えっと、5年・・になります。

柴田理恵:5年・・はい、お子さんは?

相談者:はい、えっと・・わたしが再婚でしてぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:一番上の・・お姉ちゃんが連れ子になります。

柴田理恵:はい。

相談者:そのお姉ちゃんが11歳。

柴田理恵:11歳・・はい。

相談者:と・・はい、今の主人との間に・・

柴田理恵:はい。

相談者:えっと長男の4歳と・・

柴田理恵:はい。

相談者:あと、次男の2歳が、おります。

柴田理恵:はああ・・そうですか、はい。

柴田理恵:お幸せな感じですけれども、今・・ご主人との関係っていうのは?

柴田理恵:どういったことですか?

相談者:もうほとんど・・わたし自身に問題があるって思ってます。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ、ここ最近で言うと。

柴田理恵:うん。

相談者:主人の顔色・・

相談者:を見てぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:すごく・・あの人の表情の変化がすごい怖いです。

柴田理恵:うーん・・

相談者:あのそれは、その、なんでかっていうと、わたしが、至らないことが多すぎるので・・

柴田理恵:うん・・

相談者:また・・怒らせてるんじゃないかとか・・

柴田理恵:うん・・

相談者:がっかりさせてるんじゃないかとか・・

柴田理恵:うん・・

相談者:っていう面でぇ・・

柴田理恵:うん・・

相談者:その顔を・・見るのが怖いというか・・

柴田理恵:うん。

相談者:あのぅ・・

相談者:理由がわかってるなら・・

相談者:自分で・・変えればいいのに。

柴田理恵:うん。

相談者:っていうのもわかってるんですけど。

柴田理恵:うん。

相談者:日々の、生活と、仕事と・・

柴田理恵:うん。

相談者:ボランティア活動とかでぇ・・

柴田理恵:うん。

相談者:結構もういっぱいいっぱいで。

柴田理恵:うん。

相談者:帰りが遅い主人・・を、待ってぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:温かい食事を出してあげるとか。

柴田理恵:うん。

相談者:が・・

相談者:できていません。

柴田理恵:うんうん。

相談者:はい、それで・・

柴田理恵:あなた今お仕事なさってるんですね?

相談者:はい・・はい。

柴田理恵:それはずーーっと・・

相談者:あっ、そうです。

柴田理恵:結婚なさる前からの・・

相談者:あのぅ・・そうです。

柴田理恵:うん・・

相談者:はい。

柴田理恵:仕事をなさってて・・

相談者:はい。

柴田理恵:ああ・・そっか・・

柴田理恵:でもじゃあご主人は本当に怒ってるんですか?

相談者:例えば、主人にとっては・・

柴田理恵:うん。

相談者:理想形があったみたいです、その、結婚する前から。

柴田理恵:うん。

相談者:家庭とはこういう感じで、嫁っていうのはこういう感じでぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:っていうのが・・自分の母親像というか。

柴田理恵:うん。

相談者:主人の、お母さんがとっても・・***的な方で・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:ホントにいい方なんですね。

柴田理恵:へええ・・

相談者:だからその・・お母さんのよう・・ようにとは言われてないですよ、言われてないんですけど。

柴田理恵:うん。

相談者:自分はそういう・・環境で育ってるから・・

柴田理恵:うん・・

相談者:ちょっと、なんで・・お前がそういうふうになってるのかは、俺にはわかんないけど・・

柴田理恵:うん・・

相談者:それが、しょうがないのであれば・・

柴田理恵:うん。

相談者:もうなんか諦めるしかないから・・別に期待もなんもしてないよ・・っていうことは・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:幾度となく、そういう話し合いとかになると言われるのでぇ。

柴田理恵:うん・・

相談者:すごく・・

相談者:心痛くなるし・・

柴田理恵:うん・・

相談者:申し訳ないなっていう気持ちもありつつ・・

柴田理恵:うん・・

相談者:わかって欲しいなっていう身勝手な気持ちも出つつ(笑)・・

柴田理恵:うん・・

・・

相談者:あのぅ・・はい。

柴田理恵:だってぇ・・あれでしょう?

柴田理恵:あの、仕事に加えて・・日常の一般の家事も加えて・・

相談者:はい。

柴田理恵:ボランティアもなさってるんでしょう?

相談者:はい。

柴田理恵:わたし・・今、こうお話聞いてるとね。

相談者:はい。

柴田理恵:ご主人の・・「期待してないよ、諦めてるよ」っていうのは・・

相談者:はい。

柴田理恵:認めてる・・よ・・っていうふうなセリフに聞こえますけれど。

・・

柴田理恵:実際、すっごく・・「もう止めてくれよ」とか、「俺の飯はどうなってんだよ?」とか・・あったかいもん食べさせてくれるとか・・そういう、具体的なことは言われたことあるんですか?

相談者:あ、ああ・・ありますねぇ。

柴田理恵:うん・・

相談者:だから・・よくため息ついてますね。

柴田理恵:ああ・・

相談者:なんか・・

柴田理恵:うん。

相談者:それでrぇ・・

相談者:あのぅ・・なんて言うんですかね?小言じゃないけど・・

柴田理恵:うん・・

相談者:でぇ、わたしも今・・

柴田理恵:うん・・

相談者:あのぅ・・今ねぇ・・ホントに主人の顔見ると・・

柴田理恵:うん。

相談者:「ごめんね」って言えないんですよ。

柴田理恵:うん・・

相談者:昨日の夜・・

柴田理恵:うん・・

相談者:ご飯作ってあげられなくてごめんね(涙声)・・とか。

柴田理恵:うん・・

相談者:言えばいいんですけど・・言えなくてぇ(涙声)・・

柴田理恵:うん。

相談者:でぇなんか・・

柴田理恵:うん。

相談者:朝の・・

・・

相談者:顔見ると。

柴田理恵:うん。

相談者:ああ、また・・またがっかりさせてるんだろうな・・って思ってぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:あのぅ・・顔見れなく・・なって・・

柴田理恵:うん。

相談者:これなんかすごい悪循環で・・

柴田理恵:うん。

相談者:もっとちゃんと・・わたしが言葉で言ったり、行動で示さなきゃいけない・・のは・・ホント重々わかってるんですけど。

柴田理恵:うん。

相談者:ああ、上手くいかないなぁ(苦笑)・・と思ってぇ。

柴田理恵:うん・・ホントは上手くいきたいんでしょう・

相談者:ホントは上手くいきたいですねぇ(涙声)。

柴田理恵:うん・・

相談者:うん・・

柴田理恵:なんか、勇気だして、「ごめんね」って・・なんで言えないのかなぁ?

相談者:なんかどっかでね、なんか溝がある気が・・しますね。

相談者:話し合っても・・

柴田理恵:うーーーん・・

相談者:とことんお互いの・・ってわけでもなく。

柴田理恵:うーん・・

相談者:結局・・

相談者:ああ・・わたしの中ですよ、わたしの中での結論では・・

柴田理恵:うん。

相談者:ああ、わたしが・・

相談者:全部・・完璧に出来れば・・

柴田理恵:うん・・

相談者:こういう・・

相談者:事ってないんだろうなぁ・・喧嘩する・・こともないんだろうなぁ・・っていうのが・・

・・

相談者:わかってるんでぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:まぁ、なん・・「ごめんなさい」・・な、なんで相談、電話したの?って感じなんですけど。

柴田理恵:う、ううん。

相談者:なんかあのぅ・・

柴田理恵:でもいい旦那さんですよねぇ。

相談者:そうですね。

柴田理恵:だってぇ・・前の・・旦那さんとの、お嬢ちゃんも・・

相談者:うん・・うんうん。

柴田理恵:一緒に面倒看てくれてぇ・・

相談者:うん。

柴田理恵:んでぇ・・下の男の子二人も、一緒にねぇ・・

相談者:うん。

柴田理恵:三人、仲良くしてるわけでしょう?

・・

・・

相談者:そうですねぇ。

柴田理恵:いい方ですねぇ・・すごく。

相談者:うん・・よく言われます。

柴田理恵:うん・・

・・

相談者:あの・・

柴田理恵:そのぅ・・いいご主人・・だからこそ・・「ああ、悪いなぁ・・」って思う気持ちもよく・・

柴田理恵:わたしもわかるんですけれど。

相談者:はぁい。

柴田理恵:うん・・

・・

柴田理恵:うーーん・・

柴田理恵:じゃあ・・

・・

柴田理恵:今日のご相談はアレですかぁ?

柴田理恵:そういう・・ご主人・・

・・

柴田理恵:と・・

相談者:はい。

柴田理恵:上手くやっていくには、どうしたらいいだろうか?・・っていうご相談でしょうかねぇ?

相談者:(苦笑)・・上手く・・そうですねぇ・・

・・

相談者:上手く・・

相談者:うーーん・・

柴田理恵:自分はどう変わっていったらいいだろうか?ってご相談でしょうかねぇ?

相談者:そうですねぇ・・そう、そういうことですね。

柴田理恵:うーーん・・

・・

・・

柴田理恵:わかりました。

相談者:はい。

柴田理恵:じゃあ先生に聞いてみましょう。

相談者:はい、ありがとうございます。

柴田理恵:はい、今日の回答者の先生は、幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:はい。

柴田理恵:先生お願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA